ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2011年12月01日(木)  わらび餅大好き関西人
このわらび餅やさん、お店は川崎大師にあるそうです。

川崎大師っつったら、くず餅=久寿餅らしいんですが(でも、葛が入ってるわけじゃあないし、原材料は小麦粉なので、うち的には却下却下却下!な食べ物なのです)
お店のヒト「そんな中、頑張ってますので。よろしければお越し下さい(にっこり)」
と。

お店の名前は『大谷堂』
調べてみると、津田屋支店内にあるらしいです。
今、人気みたいで、いろんなヒトがブログに「おすすめ♪」って書いてました。
それを読み回っていて、謎(=なぜ京都からの助っ人?)が解けました!
どうも、京都嵯峨野の豆菓子専門店『峯嵐堂』の支店のようだとか。

味は、きなこしか食べてませんが、他に抹茶と竹炭があります。
なんだろう、あのなめらかさはどう説明すればいいのかしら。
とにかく、なんか、たまらん〜♪♪♪って感じです(全然、わからんはっ!)

ああ、食べたくなってきた。
よし、買いに行こ。

■ 2011年12月02日(金)  誘拐?
120211.jpg 190×265 31K野毛山動物園へ向かって、笑顔で歩く2人。
しかし、この後。
Rieuたんは、初めての『マジ迷子』になるのです•••。

中央図書館から野毛山動物園までは、長い上り坂になります。でも、道路は1本道やし、信号もないし、歩道も道路の両脇にちゃんとあるし。今まで何回も歩いたことのある、どちらかといえば歩きやすい道です。

迷子になったのは、動物園からの帰り道でした。

3時ごろ、動物園にて(この先、迷子になろうとは。全く予想だにしてないです)Rieuたんがメソり始めます。いー加減、眠いからといってメソメソするのをどーにかせんといかん、来年は小学校っつうお子様なんですがねぇ。多分、Rieuたん、眠さピークだったんでしょう。
Rieu「じゅーすのみたい」
私「だから、買われへんって」
Rieu「なーんで!(泣)」
私「ここに、釣り銭切れって書いてるやん」
Rieu「なんでなの!(泣)」
私「みんながいっぱい買って、いっぱいおつり出したから、なくなってもーてんやろ」
Rieu「だから、なんで、かえないのって!(泣)」
私「だからぁ、10円とか100円玉がないから、おつりが出てけーへんの。おつり出されへんから、買われへんの!」
Rieu「じゃあ、おつりなしで、かえばいいじゃんよう!(泣)」
私「だから、千円札しかないっつってるやろ!」
Rieu「じゃあ、ひゃくえんだまで、かえばいいじゃんよう!(泣)」
私「だから、持ってないっつってんの!」
眠いんやろうなってのは、わかってても。
ほんっまにアホちゃうか、こいつ。理解力ないし!(普段も理解力はないけど、眠くなければもーちょっとマシである)
と、こっちもイライラ。

Rieu「じゅーすのみたい〜(泣)」
私「あのさぁ、買ったらへんって言うてるわけちゃうねんからさぁ。おつりが出る自販機探せばいいんやろ?なんで泣いてるわけ?」
Rieu「いまがいい〜」
私「無理やっつーてるやろ!!!じゃあ、こっちの自販機はおつりが出るから、こっちで選べばいいやろ!コーヒーか、お茶か、水か!それなら買えるわ!」
Rieu「しゅわしゅわのみたいの!(泣)」
私「じゃあ、自販機探しに行こうや。しゅわしゅわなんて、どこにでもあるやろ」

と、動物園を出てちょっと歩いたところの自販機で、ファンタオレンジを見つけて買って。やあああああっと、機嫌よぉなって。うちの後ろをしゅわしゅわ片手についてきてたRieuたん。

その日は、木曜日で。
3時半には家に帰っとらんと、4時からの体操に間に合えへんからと、さくさく坂を下って行きました。メソメソ虫は、絶対うちの横に並んで歩かへんので(笑)うちは、ちらちら後ろを振り向きながら、てくてくてくてく。

私「ほら、次のとこであっち側に渡るで」
と振り返って、、、
あれ?
私「Rieuたん?」

1本道やのに?
私「Rieuたーん?」
おらん。

まさか、ガードレールまたいで歩道へ飛び出すなんつーおバカ行為はせんやろう?
•••。
え?

私「Rieuたーん!!!」
しーん。
え?
え?
え???
もしかして、誘拐?!!

■ 2011年12月03日(土)  捜索中
私「Rieuたんが、おらんっ!!!」
Kママ「え?どしたの?」

Rieuたんの名前を呼びながら、失踪場所から、野毛山動物園方面へ駆け上がり。
知らん間に、うちの横を通り越して図書館へ行ったんかも?と、図書館へ走り下り。
やっぱりおらんくて、動物園まで駆け上がり。
5秒おきくらいに、RieuたんRieuたん叫びながら疾走する存在に、歩行者の皆さんも「?」やったろうなぁ。そん時は、そんなこと微塵も思わんくて、ただただ必死やったけど(笑)

そして、数回往復しても見つからへんくて。
動物園で別れたばっかのKママさんに電話しちゃいました。

Kママ「落ち着いて落ち着いて」
無理!
Kママ「どこでいなくなったの?」
私「坂の途中」
Kママ「どこ歩いてたの?」
私「歩道の方」
Kママ「公園の道の方、下りてったんじゃない?」
私「いや、そっちは通ってない」
Kママ「本当に?」
私「だって、途中まで一緒におったもん。Rieuたーん、Rieuたーん!!!」
Kママ「いたの?」
私「いや、おらん。とりあえず、走り回って叫んでるんやけど」
Kママ「図書館は?そこに自転車置いてたんでしょ?」
私「行った。おらんかった」
Kママ「公園じゃないかなぁ。行きはさ、そっち通って動物園に行ったでしょ?」
私「そっちはおらんと思う」
Kママ「でも、そこ、1本道でしょ?消えるわけないんだからさぁ。あたしも、今ちょっとそっち行けないし。動物園に戻ったとか、ない?」
私「あるかも」
Kママ「こっちに来たら、連絡するね」
私「うん。お願いします」

やっぱり、うちの横は通り抜けてないと思うから。
理由はよくわからんけど、なんでかわからんけど、Rieuたんがうちを見失ったとして。
図書館に行くか、動物園に戻るか、してて欲しい。それくらいのオツムはあるよね?あるよね???
動物園に戻ったとしたら、Kママさんが捕まえといてくれるハズ。
戻ってないとしたら、ここら辺におるハズ。
ああ、とにかく、探さんと!!!

うちは、何分間くらい叫び続け、走り続けてたんでしょうか。多分、20分弱くらいやと思うんですけど。勿論、うちにはすんごい長い時間のように感じました。

なんで、しっかり手をつないで歩かへんかってんやろう。
なんで、せめて同じ歩調で、姿の見える速さで歩かへんかってんやろう。
どうしよう、誘拐されて、殺されたりして(←そーゆー類いの小説ばっかり読んでたんで、どーしても思考がそっちへ行く)
最後に見たRieuたんの顔は、泣き顔で。
最後にまーの、怒ってたなぁとか思いながら、この世を去って!!!
あかん〜、うちも一緒に死ぬから〜(泣泣泣)

完全に、誘拐と思ってるし(汗)
今考えると、アホなんですが。
ほんとーに、その時は必死だったのデス。

結局、交番にも
私「すいませんっ、子供がいなくなったんですけどっ!!!」
飛び込んじゃったわ(苦笑)
おまわりさん「あ、はい〜。では、こちらでお子さんの特徴を〜」
って、ゆっくりデスクに座ってれるかぃ!!!
私「Rieuたーん、Rieuたーん!」←戸口に立ったまま、外見て叫ぶ。
おまわりさん「あ、お子さんの名前は」
私「Rieuです」
おまわりさん「身長は」
私「110です。Rieuたーん、Rieuたーん!」←全く、おまわりさんの顔見ず。
おまわりさん「今日着ていた服とか、わかりま、、、」
私「黒のジャンバー着て、ファンタグレープ持ってます!」
おまわりさん「では、どこで見えなくなったんですか?」
私「この坂のとこです」
おまわりさん「はい、それでは、わたくしも探してみますので」
私「お願いしますっ!Rieuたーん!、Rieuたーん!!!』
あー、もう、頼りにならん!
こっちは必死やねんからっ、はよう探せ、はよう!!!
そら、迷子なんて多いやろうけどな、うちの子は誘拐されてん、誘拐!
迷子になるハズがないとこで、おらんようになってん!
連れて行かれたに決まってんやんかっ!
捜査本部とか、作れ、捜査本部とか!!!

その手の小説、しばらく控えようかな(汗)
今ではそう思います(笑)

■ 2011年12月04日(日)  感動の再会
動物園の方から、Kママさんが探しにきてくれました。
Kママ「いた?」
私「おらんっ」
Kママ「落ち着いて落ち着いて」
私「ムリムリムリ!」
Kママ「だーから、落ち着いてって。絶対、どっかにいるんだから。こっちがすっごい心配してるのに、ヒョウヒョウとしてるんだから、ね」
私「•••」
Kママ「あたしは公園の方、探してみるからさ」
私「あ、ありがとう」

走り過ぎて心臓マヒ起こすんちゃうかって思うくらい、何度も何度も坂道を往復し。もーいっかい図書館の方を見てみようと、走り下りてた時。

はっ!?

見覚えのある、ファンタオレンジ!
を持った、黒いジャンバー!!!

私「Rieuたん!!!」
Rieu「まーの!!!」
感動の再会です。
かなり、感動です!!!

図書館の清掃員のおばちゃんが、側に。
おばちゃん「図書館のベンチで、ジュース飲んでむせててね。でも、1人だから、気になって。ママは?って聞いたら、いないって言うから。なんか、子供を探してるヒトがいるみたいですよって聞いたもんだから、一緒に来てみたんだけど。いやぁ、良かったわ〜」
makirin、泣きすぎてロクにお礼も言えず。
ただただ、ありがとうございましたを連呼するしかできませんでした。

ぷるぷるぷる。
Kママ「どう?見つかった?」
私「見つかったぁぁぁ」
Kママ「どこにいたの?」
私「図書館でむせてたとこを、掃除のおばちゃんが連れてきてくれはってな」
Kママ「やっぱり〜」
私「ありがとう、ごめん、ありがとう」
Kママ「安心してるだろうけどさ、ここはぴしっと怒らないとだめだよ。勝手にどっか行っちゃだめなんだって」
私「うんうん」

Kママさんと合流するまでの間、なんで迷子になったんか。Rieuたんに行動を聞いてみました。
私「Rieuたん、どこに行ってたん?」
Rieu「みずのとこ」
私「水?」
Rieu「そう。なんか、みずがながれてたから、ざりがにいるかなぁとおもって」
私「へ?どこの???」
Rieu「あっち」
Rieuたんについて行ってみると、1本道の下り坂の途中に、左へ入る道が。
Rieu「ほら、おみず、あるでしょ?」
おみず•••。
ザリガニ•••。
私「あっても、勝手に行ったらあかんやんか!!!」
Rieu「まーのってよんだよ?」
私「聞こえてないし。まーの、振り向いた?」
Rieu「ううん」
私「じゃあ、聞こえてないんやん。聞こえてないってことは、気付いてないってことやねんから。どっか行ったら、どこ行ったか、わかれへんやん」
Rieu「うん」
うちがその左へ入る道を通り過ぎてズンズン歩いて行ったのに、Rieuたんは左へ入ってしまい。
多分、入った直後に、うちが振り向いて異常を察知し、坂を上り始める。
その時、Rieuたんはザリガニを探して、池を覗き込んでて、うちの声など耳に入らず。
まーのがいない!と気付いたRieuたんは、図書館への道を下り始めるが、その頃、うちはすでに坂を上りきって、上の方でRieuたんReiuたんと叫んでたと。

はぁ。。。
見つかったからいいけどさぁ。
寿命縮んだわ、マジで!!!(いや、それは主に、勝手に誘拐と決めつけてた己のせいだろうよ?)

で、再会した時って、
「ああ、もう、絶対視野から外さない!」
とか
「一瞬先は何があるかわからんから、イライラしない!優しくする!」
とか、思うんですけど〜。

私「体操間に合えへんから、さっさと帰るで〜」
Rieu「まーの、りゅーたん、おかしたべたい〜」
私「そんなん買ってるヒマないって言うてるやろ〜」
Rieu「あおとしろのおみせで、おかしかって、たべたい〜」
私「いー加減、ローソンって名前覚えろや!って、覚えてても無理!時間ないのっ!!!」
Rieu「だって、おかし、たべたいんだもん!(泣)」
ぷっちーん。
私「アホか!!!」
数分後には、その決意は砕け散るのでした。

■ 2011年12月05日(月)  久々の江ノ島水族館
久々に、えのすいに行きました。
Rieu「ぬいぐるみ、かえるね!」
私「ちょいちょいちょい、待ちなはれ」
Rieu「なに〜」
私「水族館って、どーゆーとこか知ってる?」
Rieu「ぬいぐるみ、かうとこでしょ」
私「いやいやいやいや。チガウから(にっこり)」
Rieu「えー?ちがわないよ〜」
私「いやいやいやいや、買ったるけど。買ったるけど、それは、そうやなぁ、お勉強したら」
Rieu「えー」
私「10個、何でもいいから、お勉強してください」
Rieu「えー」
私「いや、簡単でいいから。これは何てゆう魚とか覚えてもいいし、どこに住んでるとか覚えてもいいし」
Rieu「わかった〜」

というわけで。
じっくり、見学(めっちゃ混んでて、むぎゅ〜って押しつぶされながら)
初めてでした。
全部の水槽を、見たの。
いっつも相模湾の大水槽見て、カメとかクラゲとか見て、
Rieu「ぬいぐるみいくよ!」
と、出口へ向かってたんです。
それが、うちの出すクイズに答えながら、全部の水槽をとりあえずは見た。もーなんか、それだけでも大進歩なんですけどね。
うちの出すクイズにも、

私「相模湾で見つかった、新種のお魚の名前は?」
Rieu「げん、、、げ?」

私「ゲンゲは、深海何mくらいにいるでしょうか?」
Rieu「せんひゃくめーとるくらい」

私「岩をぴよぴよ上って行く魚は?」
Rieu「ぼうずはぜ」

私「アカウミガメとアオウミガメ、草食なのはどっち?」
Rieu「あおうみがめ」

私「じゃあ、アカウミガメは何を食べる?」
Rieu「えびとか、かい」

私「クラゲには2つの種類があります。1つは、刺胞といった糸みたいなんを持つやつ。では、もう1つの方のクラゲには、どんなクラゲがいるでしょうか?」
Rieu「くしくらげ」

私「エラの下あたりにある、脚みたいなんで動き回る魚は?」
Rieu「ほうぼう」

私「すーんごいぺったんこやったエイは?」
Rieu「なんだったっけ?つばくろえい?」

私「シノノメサカタザメは、サメでしょうか、エイでしょうか?」
Rieu「えい」

私「サメとエイの違いは?」
Rieu「えっとねー、えらがね、さめはここで、えいはこっちなの」

おめでとうございまーす!!!
ちゃんと正解したしね。

でも、残念ながら、えのすいのお土産コーナーには、かわいいぬいぐるみがないのです。
ていうか、すでに大量に持ってるから、もう買うの(=気に入ったの)はないんじゃないかい!?
無理して買わんでいいのにさ。それほど欲しくないシャチとか手にして〜。
よ〜く考えよ〜、お金は大事なんだよ〜!!!

■ 2011年12月06日(火)  ビビリンボ脱出?!
grp1220221707.jpg 200×262 30KRieu「りゅーたん、さめ、さわりたい〜」
え?
なんですってぇ(きらきら)
あんなに怖がっていた、タッチングプールへ、自ら行きたいと?!
そうおっしゃいました???
私「おお、行こ行こ♪」
やっと、ビビリンボRieuたんから脱出ですか〜。
いやぁ、待てばやってくるんだね〜、そんな時期がさ〜。

Rieu「やっぱり、やめとくわ」
は?!
私「アホか!」
Rieu「だって〜」
私「大丈夫!絶対、大丈夫やから。じゃ、まーのが触ってこ〜。サメの肌〜」
Rieu「りゅーたんも!」
ほっ。
いつまでこーやって誘導せんといかんのか〜(苦笑)

あれあれ?
昔は、エイもいたような気がするんですが。
今はサメだけしかいませんねぇ。ドチザメとネコザメ。ドッチーがいいわ、ドッチーが♪(あのシュッとした顔が好き)

私「きゃ〜。気持ちい〜。ザラザラで(笑)」
Rieu「ほんとだ〜」
おそるおそるといった感じですが、ちゃんと触ってます。
成長したわ〜。

■ 2011年12月07日(水)  ウミスズメ
120711.JPG 260×195 32K
私「え、ウミスズメ?」
なにこれ?
え?
ウミスズメ???

私「これが、ウミスズメなーん?!」
shots「なに?どうしたの?」
私「小学校で習ったやろ?ウミスズメ、ウミスズメ、銀の点々、ウミスズメって」
shots「知らない」
私「えー?あれは必修やろー?国語の時間に、ウミスズメっていう詩、習ってへんの?」
shots「知らないよ、そんなの」
私「ウミスズメ、ウミスズメ、銀の点々、ウミスズメ、波ゆりくれば、ゆりあげて、波ひきゆけば、、、なんちゃらって」
shots「知らないって」
私「うそやー?どーせ、忘れてんねんやろ!」
shots「知らないって」
私「こんな、ぶっさいくな魚のことやったなんて•••。かなり、ショック」
shots「どんなの想像してたの?」
私「ん〜、トビウオみたいなん」
shots「じゃあ、トビウオって言うでしょ」
私「いや、だって、銀の点々やで?これ、全然、銀色じゃないし。しかも、海面より上で見れるってことやろ?だから、トビウオみたいに、ぴよぴよ飛んでんのかと」
shots「上からのぞいたんじゃないの」
私「いやいやいや。うわ〜、それにしても、ショックすぎ〜」

本当にショックだったんですが、ウミスズメ違いでした〜。

このウミスズメは、ハコフグ科のお魚で。
白秋が見てた?(詠んだ)ウミスズメは、鳥でした、鳥!

ウミスズメ:チドリ目ウミスズメ科の海鳥。体の大部分は黒色で、首と腹は白色。夏は、後頭部に白い模様が出現。10羽ほどの小さな群れで行動し、普段は海上に浮かんで生活する。繁殖時には、海岸の岩の隙間に巣を作るが、孵化すると海上で子育てをし、巣には戻らない。

あ〜。
それなら、わかるわ!
こっちの方がいいわ、ウミスズメ(いや、だから、こっちだってば)
どーしても、ハコフグじゃあ、情景が思い浮かばずに難儀しとったんですよ。
それが、海上に浮かんでる鳥の方ならわかる。
きっと、銀の点々って白い部分やねんやろうな〜。
波がざっぶーんってきたら、見えて(おそらく浜辺とかにいる白秋から)、波がひいたら見えへんようになるんやろな〜。
って。
詩の通り!

あ〜、調べてよかった〜(笑)

『海雀』北原白秋
海雀、海雀
銀の点々、海雀
波ゆりくれば、ゆりあげて
波ひきゆけば、かげうする
海雀、海雀
銀の点々、海雀

■ 2011年12月08日(木)  細やかなばんざ〜い
120811.jpg 194×263 18Kえのすい、好きなんですが。
提携の駐車場がないのがイタイ!
県営の駐車場が横にあるから、いつもソコを利用しますが。ゆっくりしようとすると、げしげしお金が加算されていくんですもの。

あー、どーすっかな〜。
今回も2時間以内に切り上げるか〜って思ってたら。
『4時間以上は一律1600円』って文字をはっけーん♪
じゃあ、どーせなら4時間以上いましょうぞ。
満喫するわよ、水族館!と、かなりマターリしました(支払い時、やっぱりshotsさんが「たかっ!」と言いましたが。一律1600円がなければ、多分2000円越えてまっせ〜)

で、水族館だけじゃなく、砂浜も満喫したんです。
いつもなら、駐車場代が〜って言って、ソッコー帰るドケチなわたくしたち。
しかし、今日はチガウ。
「ごっじかん止めても、せんろっぴゃくえーん♪」
と、のんきになって。
するすると引き寄せられるかのように、波打ち際に寄って行った、うちが悪いんですけどね(笑)

でも、海に来たらさ〜、水にぬれへんように、どんだけ耐えられるか!?どんだけ遠くへ行けるか!?
って、必須っしょ!!!

今までのビビリンボさんなら、
私「ほら、行こうや」
って誘っても
Rieu「いや!」
って、瞬殺してたんですが。

さっすが、サメが触れるようになったRieuた〜ん。
波に対しても、ちょっとおにーさんな態度。
うちのマネして、波が来たら
Rieu「きゃああああー」
って走って逃げる。
が、できるようになりました〜(ばんざーい)

■ 2011年12月09日(金)  やっぱし
120911.jpg 185×271 16Kでもね。
すぐにね。
Rieu「きゃああああー」
あ!
間に合ってないがなっ!!!

ざざー。
Rieu「まーのぉ、くつ、ぬれちゃった(えへ)」
私「お脱ぎなさい(汗)」
裸足に(笑)

shotsさんは、とーくの砂浜でRieuたんを眺めております(だよね?)
私「靴、ぬれました」
shots「あーあー」

別にぬれてもいーねんけど。
このくっそ寒い中、海に入ろうとは思ってなかったんで。
タオルも着替えも持ってきてないぞ〜。
それ以上、ぬれんなよ〜。

■ 2011年12月10日(土)  寒そう、すぎ!
121011.jpg 195×259 18K冬の波とたわむれるおバカさんはRieuたんだけかと思いきや。
ノンノンノン。
いるんだわ、これが。
しかも、結構な数(勿論、全員子供ですが)
中には、素っ裸になって海に入ってるお子様もいまして。
うっわー、寒そうー!!!
見てる方が寒い。
まぁ、それは乾布摩擦でもやって鍛えてんのかい?的な、ごくごく一部のお子様だけで。
大部分のお子様は、ズボンがぬれへんように自分でスソをまくり上げて、波に向かって行きます。

こんな寒い中、まさか海になんて入らんっしょ!?
って思ってたんのは、うちだけじゃなかったハズ。
周りにいた保護者の方々の、約9割9分4厘くらいは、うちと同じで
「えー????」
って思ってたハズ。

だから、勿論、皆様お着替え用意なし(汗)
それを知ってか、子供の方もぬれたらあかん!って思って、あーやって自然にスソを持ち上げ(ようとし)てるんでしょうねぇ。
子供なりの心がけみたいな?(笑)
まぁ、それも意味ないに等しいっちゃ等しいんですが(最終的には)
努力は認めるは〜。

■ 2011年12月11日(日)  お約束(してないけど)
121111.jpg 195×259 25Kこの日は、結構風があって。時々ですが、ちょっとデカめの波がやってきてました。
まぁ、それでも波に飲まれるこたぁないやろうし、好きにさせとこ♪
と放置。
でも、マージで気温も下がってきてるから、あと10分で帰るでって言おかな。

あ。
波が。
思いのほか、速い(デカいし)
あ、間に合う?
え?
間に合ってない、間に合って、、、

コケタ!!!
ドリフか〜!!!(爆)

Rieu「まーのー!こけちゃった〜」
私「知ってる(笑)」
Rieu「どうしよう」
私「いや、どーしよーもないし(笑)」
Rieu「びしょびしょなんだけど」
私「うん、見たらわかる(笑)」
Rieu「えへへへへ」
私「で、寒ないわけ?」
Rieu「だいじょうぶ!」
私「まぁ、でも、あと10分したら帰るで。寒なってきたしな。風邪ひいたら困るやろ」
Rieu「わかった!」
私「んじゃ、行ってこい!あ、でも、寒くなったら帰ってこい!」
Rieu「わかった!!!」

びっしょびしょのまま、走って行きよりました。
遠くにいたshotsさんのところへ、見えてるとは思うけど、ご報告(笑)
私「びしょびしょでございます」
shots「あ〜、Rieuたん、その波はデカいぞ〜って思ってたら。。。お約束のように」
私「コケましたな」
shots「寒くないのかね」
私「大丈夫って言うてるけどなぁ。着替えないぞ、着替え。タオルすらないっつーねん。フリーマーケットでバスタオルとか売ってないかなぁ」
shots「もう終わってるよ」
私「えー?マジっすかー。ハンドタオルしかないわ」
shots「海水って、ねちょねちょだよ〜」←流石、スキューバ男。
私「ここらへん、温泉とかないん?」
shots「えー?ないでしょ」
私「あ、でも、服ないか。服買って、銭湯とか」
shots「それならさっさと家に帰った方がいいんじゃない?」

結局、海水漬けでシワシワベチョベチョのRieuたんを車へ運び(駐車場の水道で、砂だらけの足だけは洗った)、暖房効かせて、すっぽんぽんに。べたべたする体をうちのシャツでくるんで抱っこ。
したら、数十秒で寝た(笑)
楽しかったらしいので、まぁ、良いか。

■ 2011年12月12日(月)  めがない衝撃
shots「めがない!」
私「は?」
一体何を言い出したんかと、かなり訝しげな顔をしちゃいました。

shots「めがない」
私「めがない?」
目?

shots「ほら!このキンギョ、目がないっ」
私「はぁ?」

ちら。

私「わああああああああああああああああああああああー!(汗汗汗)」
shots「ほら、わぁあああーでしょ」
なんだ、その勝ち誇ったかのような顔。
私「なななななな、なんですかっ?!」
shots「ないのよ」
私「え、え、え、え、え?えー?」

めっちゃ衝撃でした。
この衝撃を、どうお伝えすればいいのかっ!?
いや、見て。
実際、見てみて。
眼球がないキンギョ!!!
121211.JPG 260×195 24K

■ 2011年12月13日(火)  頑張れ目なしくん!と応援してたのに〜(泣)
121311.JPG 260×195 28K
私「こえ〜」
三の酉でゲットしたキンギョの目なしくん。
きっと、よろよろしてたとこを、Rieuたんに捕まえられたのでしょう(笑)

shots「目がなくても、あんまり支障はないみたいだよ」
私「まぁ、嗅覚の方が重要やろうからなぁ」
shots「でも、うまくエサ食べれないのよね〜」
私「そらそーやろ!」
shots「泳ぎ方も下手だしさぁ」
私「そらそーやろ!で、なんでこーなるわけ?」
shots「なんだっけな、エロなんとか」
私「エロモナス?」

確かに、エロモナス感染症で、目が出てくることがあるらしいけど。
私「エロモナスだけで目はなくならんらしいで。目がなくなるんは、物理的なことが原因とか」
shots「物理的?」
私「他のキンギョに突っつかれるとか」
ドジョウみたいな、根ババ魚に(じろり)
shots「まぁ、いじめられるだろうねぇ」

実際、
私「あ!」
ドジョウが、目なしくんの目(のあった場所)を突っついた!
私「あ!!」
ドジョウが、目なしくんの目(のあった場所)を突っついた!
私「あ!!!」
ドジョウが、目なしくんの目(のあった場所)を突っついた!

私「隔離しろ(怒)」
shots「いや、するつもりだけどさ〜。他のにうつったらやだし」
私「いや、ドジョウをじゃい!」
shots「なんでよ!?」
私「いじめてるから!」
shots「えー?」
私「ほな、見てみいな!」

私「ほれ!」
ドジョウが、目なしくんのがらんどうの眼窩を突っついた!
shots「この、白いぴろ〜っと出てるの、視神経の束かなぁ〜」
私「そこをターゲットに突っついとるよな」
もしかして、美味しいとか?!
私「ほら、また!」
shots「ん〜」

よろよろよろよろ泳いで。
あっちこっちに、ごっつんごっつんぶつかりながら、頑張って泳いでんのに。
ドジョウに突っつかれる度に、ビクッ。
うわ〜、可哀想すぎ〜(泣)

私「かーくーり!かーくーり!」
shots「するけど、この目のない子をだよ」
ブーブーブーブー!

ああ、いかにも弱そう。
明らかに弱そう。
頑張れ、目なしくん!(勝手に命名)
生きるんだ、目なしくん!!!

しかし、持って帰ってきた翌々日には、死亡(かなりがびーん)
1匹で飼ってたらどうやったやろうとか、ドジョウがおらんかったらどうやったろうとか、考えちゃいます(まぁ、ドジョウがおらんでも、他の和金くんたちにいじめられる可能性はないとはいわんけど)

てか、キンギョすくいのキンギョって、、、やっぱキンギョ界では「要らない」とされる子ばっかなんだね。
だからこそ、ナニクソ精神で生きて欲しかったし、生きながらえさせてあげたかってんけどなぁ•••。

■ 2011年12月14日(水)  夢の『お菓子の家』
甘いもの好きなら、1度は夢に見る『お菓子の家』
壁も床も窓も、椅子もテーブルも、ぜーんぶお菓子♪
うわ〜、憧れる〜!!!

が。

まぁ、そんなもん実際にはあり得へんので、じゃあミニチュアで我慢しよう!となりますわな。
え?メルヘン&ロマンチックなおヒトは、食べれなくてもいいって?
それって、蝋や樹脂でできたお菓子の家でいいってこと?
あ、そうじゃないの?!
実現できへんからこそ、いーんじゃないの♪って?
いやいやいや、やっぱり食べれんと意味ないっしょ!!
って、世の中の食いしん坊万歳さんたちは思ってるハズ(少なくとも、あたしゃー、そう思ってるぞ)
ま、だから、実際のお菓子でミニチュアお菓子の家を作ろう♪みたいな企画が売れるわけで。

今年もクリスマスに向けて、いろんな会社が販売をスタートしました『お菓子の家』キット。
毎年毎年夢に見て、そいで実現せんまま終了〜(主に、忘却が原因)になる、あこがれのお菓子の家を。
今年は作ってみようー!
オー!

って、思って。
スリーエフにて、数量限定で販売される『森永 お菓子の家』980円の販売を、今か今かと待っておりました。しかも、お菓子の汽車も作れるんだって!コテツの心もわしづかみやで〜。

が!

これは、、、(画像をじっくり見てみた)
もしや、チョイス?!
もしやじゃないわ。
チョイスだわ。

却下!!!

Yさん「えー?なんでっ!」
私「チーズ入ってるから」
Oさん「チーズ?」
Zさん「うそだぁ?」
私「絶対入ってるんですっ!!!」

原材料:小麦粉、砂糖、ショートニング、卵白、バターオイル、バター、植物油脂、チーズパウダー、、、
ほらね。

Yさん「全然、わかんないんだけど(汗)」
Zさん「まぁ、嫌いなものには敏感になるっていうけど、、、」
Oさん「嫌いな人にはわかるんだ〜?!」

あったぼぉよ!
視覚でチーズを感知してるわけではなく、体全体でチーズを感知して拒否するんです、あたしって(よぉは、食べたら気持ち悪くなるということで、全然嬉しくもない)

あらゆる壁がチョイスでできてるお菓子の家なんて、無理!
というわけで、今年も流れたお菓子の家〜(涙)

ジンジャークッキーで作るお菓子の家キットもなぁ(ジンジャークッキー苦手)
無印のヘクセンハウスキットもなぁ(自分で作んのめんどくさい)

う〜。
ネックは、チョイスだけなのに(大部分を自分で食べようと思ってるのがバレバレである。作るの楽しみっ、キャッ♪では、決してないのだ)
なんで、チョイス?なんで、ハーバードとかリーフィにしてくれなかったんだっ!(高いからだしょ?)

■ 2011年12月15日(木)  明治のお菓子とそれ以外(森永、ロッテ、グリコ、ブルボンなど)のお菓子、区別つく?
お菓子の家を諦めて、やっぱり今年もクリスマスムードなし〜と思ってたら(あれ?別に、お菓子の家ってクリスマス関係なくね?!)
なんと、職場で発見!

私「わー!どーしたんですかぁ!!!」
みんなから徴収しているお菓子代で、買ってきたらしい。
『明治 ミルクチョコレートの家』

スッテキー!!!
私「いつ、作るんですか、いつ?!」
Yさん「これ買った(=カートに入れた)Hさんが来る水曜日かな〜」
私「じゃあ、お昼休憩をそれに合わせねばっ!」
Zさん「あたしも頑張ろ!」

私「あ、でも、これ、チョコだけなんや?」
Zさん「そーなんですよ」
私「なんか、寂しいなぁ」
Oさん「箱にはね、トッピングの例みたいなのが載ってるんだけど」
私「うわ〜、ホンマや〜」
Oさん「きのこの山、アポロ、マーブルチョコはわかるんだけど。なんだろう、これ」
私「ポイフルじゃないですか?」
Zさん「何それ?」
私「グミグミ」
Oさん「ああ、なんかあった気がする」
Zさん「これ、何だろう?すっごい気になるんだけど」
私「ポポロンでしょ」
Oさん「あー!そうそう!!!あれも、明治なんだ」
Zさん「あ!そっか、明治のじゃないと、、、載っけないか」
私「だから、チョコボールはないんですね」
Yさん「え?あれは、、、」
私「多分、森永」
Zさん「あー、そうなんだー」
Yさん「ねぇ、これって何?ポッキーぽいんだけど」
私「ポッキーはグリコですよね」
Zさん「あ!そうだっ!」
Yさん「じゃあ、何だろう?」
私「フランじゃない?」
Oさん「そうだ!」
Zさん「明治明治、他に何があるっけ?」
私「ガルボとかホルンとか?コーヒービート、チョコベビー、プッカ」
Oさん「よく知ってるね〜。お菓子買わないから、わっかんないわ〜」
す、すいません(笑)
Zさん「明治って、チョコ多いですね〜」
Oさん「そうだよね、他のお菓子メーカーって何があるっけ?」
Yさん「ロッテ?」
Zさん「ああ、そうだ。お口の恋人だー」
O さん「ロッテって、何があったっけ?」
Yさん「チョコパイ!」
私「ほ〜」
あと、コアラのマーチとかパイの実。ああ、パイの実乗っけたーい!

私「じゃあ、何か買ってこよっかな〜、デコるもの。流石に、明治じゃなくてもいいっしょ、デコペンくらいは(笑)」
Oさん「そりゃ、そーでしょっ!」
Zさん「あたしも買ってくる〜!」
Oさん「なんか、盛り上がってきましたね」
Yさん「そうだね〜」
そりゃ、盛り上げにゃいと♪♪♪

■ 2011年12月16日(金)  苦戦?!
121611.jpg 200×260 31Kさ、組み立てましょうぞ♪
Hさん「えっと、まず、壁を、、、」

組み立て作業がスタートしました。チューブにはいったチョコを接着剤代わりにして、お家と煙突の形になったチョコと、屋根用ミルクチョコレートを組み立てます。

が!

Hさん「こことー、ここにー、つけてー」
Zさん「え?どこどこ、どこにつければいいの?!」
Oさん「そっちじゃない?」
Zさん「え?わかんない」
Hさん「えっと、説明書見ますね、ちょっと、ここもっといてもらえます?」
すすまねぇ(笑)

女子って、こーゆーの、ダメなの???
ドコにのり(=溶かしたチョコ)をくっつけて、ドコとドコをくっつけて、次はココとココで、ってのがわからない、らしい。
なんで?
一目瞭然じゃね?
説明書いらんでしょ。
うち、数十秒で完成させれる自信あるんですけど。

Hさん「次はー、こことー、ここって書いてあります」
Zさん「え??ここ?と、ここ?ここにつければいいの?!」
Oさん「あー、そこじダメじゃない?」
Yさん「ここでしょ」

空間認識能力ってのが、女子は弱いんですっけ?
どうしても、わからないようで(Yさんは、まだわかってるぽかったけど)
Hさん「チョコがとけてきたっ!」
長く持ちすぎて、体温でとけてくるチョコ。
Oさん「早くっ!早くしないと!!!」
Zさん「無理〜!」

チョコペン奪い取って、さっさと組み立ててぇ〜(笑)
でも、我慢。
ひとりでささっと作っちゃったら、面白みがなくなるよねぇ〜と、我慢我慢。
結局、土台の家を作るだけで、何分かかったんでしょうか。
まだ、デコレベルゼロだっちゅーのに!(実験時間が近づいてくる〜)

■ 2011年12月17日(土)  デコり完了!
121711.jpg 200×256 34Kみんながみんな、それなりに「デコらなきゃ〜」って盛り上がってた割には、デコパーツを用意してたのは、うちとZさんだけで(やっぱり?)
うちが、デコペンピンク、マーブルチョコ、アポロ、トーマスビスケット、チョコボール(森永ですが)で。
Zさんが、デコペンピンク(かぶってる!)、マーブルチョコ(また、かぶってる!)、洋物のクッキー詰め合わせ。
それだけじゃあ、まだ寂しいと、Kさんがお土産にくれてたジンジャークッキーと小石チョコ、Nさんがくれてたサツマイモも使って〜。。。

『よしこの家』
完成〜!

M先生「お、できたんだ。すごいね」←研究所のお茶飲みテーブルでやってたんで、研究員の先生方がコーヒーを求めてやってくるのです。

Zさん「よしこの家です」
M先生「え?よしこ?よしこって、誰?」
Zさん「このサツマイモが、よしこって言うんです」←「よしこ」の由来については説明なし。
私「それから、こっちがよしおで」
Hさん「子供も作ろっか」
Oさん「子供?!」
私「よしたろうとか」
Zさん「よしみとか」
すでに、やっつけ気分?!

私「なんか、結構すごくないですか?」
Oさん「デコると、どうにか様になるもんだね〜」
Zさん「いい感じじゃないですか〜」
Yさん「でも、これってさ。見本みたいにデコろうとしたら、すごいことにならない?」
私「すっごい種類のお菓子買わんといかんから」
Oさん「すっごいお金かかるよね〜!」
私「ひとりじゃ無理やわ」
Zさん「このキットで1000円くらいでしょ?他に買ってったら、、、2000円じゃきかないんじゃないですか?ぜぇーったい無理無理!それに、チョコも消費できないし」
Yさん「鼻血出るよね」
私「ココに置いてたら、すぐなくなりそうやけど」
Zさん「そうよ!まだ、食べちゃダメ!って書いとかないと。今日来てないヒトもいるし」
Oさん「ここまでやったんだよ!って、見せたいよね〜」

ということで、1日はディスプレイされ。
翌日、サツマイモがヤバくない???ってことで、よしこ&よしお家族から食べられ(主人不在で、空き家になりました)
Yさん「はい、もういいね。食べて下さい」
解禁〜!

しかし、チョコって、そーそー大量に食べれないものですねぇ。
ポテチとか、ハッピーターンとかをテーブルの上に出した日にゃあ、ソッコーなくなるのに。このチョコの家は数日残ってましたもん。

食べられていく経過も、やっぱそーだよね!って予想通り。
まず最初に、屋根の上のデコたちがなくなり、壁にくっつけられたクッキーたちがなくなり、次に煙突がなくなった。
残るは、家のチョコレート部分。
この家部分の状態でしばらくストップ(笑)
多分、家を崩壊させる、最初のパキッ!っていうひとわりに躊躇したんでしょう、皆さん(そんなことに躊躇する人間の集まりでは、決してないと思うのだが〜)
そして、ちょっとずつちょっとずつなくなっていく壁。

ココがアメリカやったら、デコられた屋根ごとボキッと割られ、次にビスケットごと壁をもってかれ、ふんふん♪食べられておしまいだろうに(みんなに行き渡るようにとか考えへんし)

やっぱ日本人〜。
と、お菓子の家の崩壊具合で、妙に日本人を感じたのでした(苦笑)

■ 2011年12月18日(日)  綺麗なモノ鑑賞
121811.jpg 190×266 27K横浜に住むのも、今年で最後(多分)やし。
今年は、みなとみらいのツリー巡りでもしようかな〜。
なーんて思ってたのは、一瞬だけ。

保育園のお散歩で、ランドマークのツリー見に行ったみたいやし、もぉ、いっか!
えへ。
ロマンチックレベルマイナスの親ですまん〜(でも、shotsさんはもっとマイナス度高いから)
こんな親に育てられたんだもの。
きっと、Rieuたんもロマンチックのかけらもなーんもない漢に育つに違いないわ!(すでに、チョーリアリストっぷりを発揮しておりますので、確実かと思いますが)

そんな漢が!!!

Rieu「まーの、いつ、みにいく?」
私「は?何を?」
いつも唐突すぎる、話の振り方。
Rieu「ほら、くりすますの、みにいくっていったじゃん」
私「へ?」
Rieu「ほら〜、またわすれたの?もー、まーのはっ!ごびょうでわすれるんだから!」
私「すんません」
Rieu「あのさー、やくそくしたじゃん、いってきゅーのやつ」
私「いってきゅー?」
Rieu「くりすますの、き!あるじゃん」
私「ああ、イッテQクリスマスツリーか?!」

クリスマスツリーを見に行きたいと?!

『世界の果てまでイッテQ!カレンダープロジェクト2012』の12月のカレンダーは、メンバー全員で作ったクリスマスツリー。それが、汐留日本テレビ大屋根広場で公開されてるんです。
10m級のもみの木に、電飾20000球、オーナメント2000個が飾られているという、超ビッグで豪華なクリスマスツリー。
たまたまた見てたイッテQがそのツリー作製の回で、
Rieu「りゅーたん、みにいきたい!」
私「おお、そーやな〜、じゃあ行こか〜」
って、軽く返事したのを、しっかり覚えてたらしい。
で、唐突に思い出したわけね(笑)

Rieu「やっとおもいだしたの〜?」
私「思い出したわ〜。行きたいん?」
Rieu「うん」
私「そうなのー!?」
Rieu「それ、あのへんなひとのまねでしょ!」
いや、的確に指摘しなくてもいいですから(汗)

ロマンチックのかけらもない漢よりも、ロマンチストな男子の方がいいよね〜!?

私「よっしゃ、じゃあ見に行こ!」
Rieu「やったー!」

あら、珍しい!
makirinさん、ツリーのためにおもーい腰をあげるわけですかっ!?
流石、子供の願いとあらば、ちが、、、

のんのんのん。
え?

んな、ツリー見に行くだけのために、汐留に行くわけないじゃないですか!
高知から先輩ご夫婦が東京にいらっしゃるから、会おうってことになってるんで、そのついでですよ!つ、い、で♪(流石、ロマンチックのかけらもない女だ〜)

ということで、見てきました。
お昼寝なしで、今にもメソりそうなRieuたん連れて〜。

が。
私「すっげーヒト!!!」
shots「なんでこんなに•••」
Rieuたん、見えへんがな(汗)
私「ほれ、抱っこ」
近寄られへんけど、せめてココからでも〜。

私「どう?」
Rieu「ほぉ〜」
綺麗です。
マジで、綺麗♪
電飾にまんこって、すごいわ。
いやぁ、見に来てよかったわ〜。
ランドマークのとかも、すごい綺麗なんですけど、見慣れたというかなんというか(すまん、ランドマーク!)
やっぱ、夜、電飾で光ってるのっていいわ〜。

ロマンチック云々っていうより、綺麗なモノを見るってコトが、いいですね!

■ 2011年12月19日(月)  クリスマスが終わったら、どーなるんやろか?
121911.jpg 196×264 35Kツリーの前には長蛇の列。
shots「まさか、並ばないよね(じぃ〜)」
私「多分、、、」←実はちょっと鐘を鳴らしてみたかったり〜。

鳴らすと幸せになる(と、勝手にそーゆー効能を付加された)鐘を鳴らして、写真を撮ってもらおうと頑張って並んでる人々でいっぱいで、ツリーに近寄れないっ!

私「う〜」
もっと近くで見たいのに〜!
私「そや、上から見よう!」

Rieu「わー!おっきー」
デカいデカい。
上から(というか、やっぱり近くから?)の眺めは最高でした♪
来年もやるかなぁ〜。

この日は、コレを見てさっさと帰ってしまったので(笑)
来年は、カレッタ汐留にも足を運んでみたいと思います。

あ!
shotsさん、今、読んでて
「えー?」
って思ったっしょ?!
アカンで〜、連れて行くで〜!!!

■ 2011年12月20日(火)  コストコハーフシートケーキ
122011.jpg 260×200 30K
職場のヒトに、コストコに連れて行ってもらいました。

そして、ゲットしたハーフシートケーキ!
キャー!!!
一目見た時から、手に入れたくて手に入れたくて(一目惚れしとったんかい!)
でも、どーしても買えなかったこのケーキ(ひと家族用に買っちゃってたら、それはスゴイ!んだけど、そんなココロとサイフとハラの余裕がなかったわ!)
職場のお菓子にと、買っちゃいましたの。
3.1kg 2280円 48人分。

このハーフシートケーキ、ホワイトとチョコがあります。
店頭に置いてあるホワイトは普通のスポンジケーキに、ババロアクリームが挟んであって、普通のホワイト生クリームでコーティング。一方、チョコはチョコスポンジに、チョコ生クリームが挟まってて、チョコ生クリームでコーティングというチョコザンマイな仕上がり。

ですが、48時間前に注文すれば、スポンジや、スポンジの間に挟むクリーム、コーティング、絵柄、メッセージを選んで、オリジナルケーキが作れるそうです。

「いろいろありますねぇ」
「どれにしようか迷っちゃうよね〜」
「カラフルなのがいいですよね」
あっ、これかな?
あっ、こっちは?
いやーん、どうしよう〜!
と、きゃぴきゃぴしてはる女子の横で、
私「あの〜、生クリーム苦手なんで、チョコがいいんですけど〜」
ボソッ。
「あ!そうでしたねっ(汗)」
「じゃ、チョコにしましょ」
生クリーム嫌いな私の独断でチョコに決定(すんません)

で、職場まで運んで〜。
ロウソク付いてたんで、ロウソクも点けて〜。

「さ、もういいかな」←女子ボスの一声。
食べるぜー!
おー!!!

50個くらいに分けて、研究所のメンバーには断りもなく机の上にケーキを置き(食えと?!)、関係のある部署へも配給。それでも、まだ5分の1くらい余ったんで、冷凍庫へ。

食べる前に、
「どんな味なんだろう」
「アメリカのなんでしょ?」
「多分、大味だよね」
「ですよね」
「甘そ〜」
「甘そうってイメージしかないんだけど〜」
各自の予想を述べ合って(笑)

いっただっきまーす。

あれ?
「あ、美味しい、、、」
「ほんとだ、、、」
「えー?全然、普通じゃないですかー」
普通ってなんだ?(笑)
「そんなに甘くないよね?」
「クリームも甘くない」
グラニュー糖のじゃりじゃりがないっ!!!
「あー、このスポンジが美味しい〜。これなら大丈夫だ〜」
「全然、イケるじゃん」
「この味で、この大きさで、この値段ってさー、チョーお得じゃないの?」
「コストコ、すごいね〜」

普通に美味しかった。
と、皆様がそうおっしゃってました。
ちみたち、口には出してへんかっただけで、チョー甘くてクドくて、ひとくち食べたらもう無理!ってのを予想してたんでしょ!!!(笑)

その予想を裏切って、コストコケーキはかなり良い評価をいただきまして。
選んで買ってきたわたくしも、鼻が高いというものです。
オホホホホ♪

しかし、裏切ったのは皆様の予想だけではなくて。
うちの変な期待(予想?)もサクッと裏切られました。
うちは、アメリカっぽいチョー甘いのを期待(期待?!)してて。
でも、それやと98%のヒトに受け入れられへんやろうから、そしたら、どーしよっかな〜(汗)
と、ドキドキしてたんですけど(まぁ、それはそれでグフフ♪なんですが)
杞憂に終わりましたわ〜。

アメリカのアノ『グラニュー糖じゃりじゃりの生クリーム』
あれも、皆様に体験してもらいたいブツなんやけどなぁ。
コストコで無理なら、自分で作るしかないか?!

■ 2011年12月21日(水)  やっぱり手作り
クリスマスケーキ。。。
予約販売の締め切りとか、もう、終わっちゃいましたよね。
でへへ。

今年もクリスマスケーキのあてがないー!!!

•••はぁ(重いため息)
shots「どーすんの?」
私「•••」

誰かさんは、生クリームたっぷりでいちごもたっぷりのケーキとか言うてるけど(てか、それしか知らんのか?)

私「Rieuたーん、ケーキ、どうしようか?」
Rieu「え?」
私「生クリームいっぱい、いちごいっぱいのがいいんやろ?」
Rieu「そう」
私「ふむ〜」
Rieu「どうしたの?」
私「いや、、、作る?」
Rieu「いいよ〜」
私「じゃ、作りますか〜」
Rieu「あ!」
私「なに?」
Rieu「りゅーたんがつくってあげる!」
私「ほいほい」←どうせ作るのは自分になるので、期待してない。
Rieu「あの、なんだっけ、あれ、あれ」
私「ぜーんぜんわかりません」
Rieu「くりすますのけーきで」
私「クリスマスのケーキで?」
Rieu「ほいくえんでつくったやつ」
私「ああ、ブッシュドノエル?」
Rieu「そうそう!そのぶっしゅど!ぶっしゅど、つくるから!」
私「えー?!」
Rieu「だいじょうぶだよ、りゅーたんがつくってあげるから」
私「じゃあ、何がいるか覚えてる?」
Rieu「えっとー、ぼうる1このなかに、たまご4こ、なまくりーむはんぶん」
私「ほうほう」
Rieu「ここあとこむぎこをまぜた、こな!」
私「で?」
Rieu「えーっとねー」
私「バターいらんの?」
Rieu「いらない!」
私「へぇ〜。牛乳は?」
Rieu「いらない!」
私「それから?」
Rieu「あと、おさら」
私「お皿?」
Rieu「おさらのなかに、なんだっけ?」
私「知らんがな」
Rieu「とにかく、まぜればいいの」
私「へーい」
んじゃ、まぜますか。

まぁ、適当にまぜて焼けば、できるんすよ(笑)
Rieu「じゃ、まーの、いちご!」
私「ない!」
Rieu「えー」
私「バナナで我慢して」
Rieu「えー。いいけど。。。ほんとうは、いちごなんだからね(じろり)」
私「すんません(ぺこり)」
今年のケーキは、バナナチョコ&アップルキャラメル入り♪
122111.jpg 200×260 30K

■ 2011年12月22日(木)  巻いて巻いて〜
122211.jpg 190×268 29K生クリームにもココアを入れて、うちが食べれるようにチョコ生クリームにします(実はこれでも食べれるか微妙なのであるが)
バナナ&アップルの上に、クリーム乗っけて〜。
私「巻けぇ〜!!!」
Rieu「おー!」

■ 2011年12月23日(金)  『ぶっしゅど』レシピ
grp0104162959.jpg 190×277 30Kブッシュドノエルのスポンジ部分のレシピです。
本当にいろんなレシピがあるんですが、ふわもちの生地がよかったので、メレンゲを作ってまぜるバージョンにしました。できあがりはシフォンケーキ系(うちは、そのまま食べる方が好き)

材料
卵4個
砂糖70g
薄力粉35g
ココア15g
サラダ油大さじ1
水大さじ2

手順
卵4個は、卵黄と卵白に分ける。
卵白に塩少々と、砂糖半分をボールに入れ、しっかりしたメレンゲを作る(やりすぎると分離します)
卵黄と砂糖半分を、白いクリーム状になるまでまぜる。
サラダ油と水を加え、まぜる。
薄力粉とココアをビニール袋に入れ、ぱふぱふする(ふるってないので、せめてこうやって空気だけでも入れようかと)
粉類を3回くらいに分けて加える。
メレンゲの3分の1くらいを加え、しっかりまぜる。
残りのメレンゲを加え、さくっとまぜる。
天板に生地を流し込み、トントンして空気を抜く。
180度で12分焼く。

あとは好きなものを入れて、巻くっ!
で、
私「はいはい、クリーム乗っけて〜」
好きにして〜♪

■ 2011年12月24日(土)  べろーんべろーん
122411.jpg 200×267 29K私「こらー!食うなっ!」
Rieu「えへへへへ」
私「いや、食べてもいいけどさ〜、どうせ後で食べるんやろ?」
Rieu「まあね」
私「もーちょっと待ちぃな」
Rieu「わかった」
私「ちゃんと乗っけてや〜。足りひんようなるで〜」
Rieu「はーい」
ぺろっ。
私「って、また食べてるし!」
Rieu「だって、でちゃうんだもん」
私「そんなトコ持つからやんか。もっと上の方持ちって言うたやん」
Rieu「はーい」
ちゅる〜。
私「って言いながら、また食べとるな〜(む〜)」
Rieu「だからー、でちゃうんだってば」
私「だってばじゃないわっ」
作ってる最中に、どんどこなくなっていくクリーム。
まぁ、予想してたことやけど(笑)

■ 2011年12月25日(日)  ぶっしゅ=薪なんですけど•••
122511.jpg 196×264 34K私「完成?」
Rieu「かーんせーい!!!」
私「できましたな〜」
Rieu「ぶっしゅど、かんせいだよ、ぶっしゅど!」
私「なんか、新幹線みたい•••」
Rieu「ほんとだ!」
私「500系?」
Rieu「わー!そっくりだね!!!」

すでに『ぶっしゅど』ではない(笑)
一応、クリスマス用のケーキやから『のえる』ではあるけれど。

しかしまぁ、多くは語るまい。
この得意げな顔を曇らせるべからずですよ!

■ 2011年12月26日(月)  サンタさんは泥棒か?大金持ちか?!
私「今年は、サンタさんに、何お願いするわけ?」
Rieu「らきゅう!」
私「そーなんや?!フォーゼドライバーとかちゃうんや〜」
Rieu「まあね。ふぉおぜもほしいんだけどね」
私「まぁ、フォーゼよりはラキューの方がいいと思いますけどね」
Rieu「なんで?」
私「だって、いつまでも遊べるやん?」
Rieu「ふぉおぜもあそぶよ?」
私「いやいやいやいや。ラキューでいっす!」
Rieu「そうだ!らきゅうの、どれがほしいか、かかなくっちゃ!」
私「そうやな〜」

全く絵を描いてくれないRieuたんに、どーにか絵を描かせようと。
私「サンタさん、日本語わからへんかもしれへんから、絵で描いた方がええんちゃう?」
Rieu「そうだね!」
去年に引き続き、表向きは『サンタさんに視覚的に訴えるゾ♪』実は『Rieuたんお絵描き練習だゾ♪』作戦決行です。

私「じゃあ、紙とクーピー持ってきて、描き〜」
Rieu「はーい!そ、れ、と!これこれ」
私「?」
Rieu「これをみて、かくの」
私「ああ、カタログ?」
Rieu「そうそう。りゅーたん、みながらじゃないと、かけないからさ〜」
私「では、頑張ってちょんまげ〜」

Rieu「えっとー、なんかむずかしいなぁ」
私「どれを描くん?」
Rieu「これ」
私「え?!なんか、めっちゃデカない?」
Rieu「そうだよ」
私「そうだよって、、、」
Rieu「だって、いっぱいいるじゃん。いま、すくないからさー、つくっても、つぎ、つくるとき、こわさないとだめでしょ?いっぱいあったら、こわさなくていいでしょ?」
私「そうやけどさー。これ、5000ピースとか書いてあるがな!」
Rieu「わー!すごいね!!!」
私「いや、すごいね!じゃなくって。これは多すぎるやろ〜」
Rieu「そんなことないよ」
私「めっちゃ高そうなんですけど〜」

Rieuたんが描こうとしてたのは『ベーシック5000』という税込33600円もするシロモノでありました。

shots「たかっ!Rieuたんさー、これは、サンタさん、無理かもよ?」
Rieu「なんで?」
私「高いから」
Rieu「なんでだめなの?」
私「お金なくなるやん」
shots「Rieuたん1人に30000円も使ってたら、他の子のプレゼント買えなくなるかもしれないでしょ」
Rieu「だいじょうぶだよ」
私「いやいやいやいや、その根拠はどこにあんねん」
Rieu「さんたさんってさ、おみせでおかいものするの?」
私「かもしれんなぁ。作ったりもするやろうけど。作られへんもんは、買うんちゃう?」
Rieu「じゃあさ、よる、だれもいないときにさ、とっていけばいいじゃん!」
私「それは泥棒やないかっ!」
Rieu「え?ちがうの?」
私「違うやろ!」
Rieu「じゃあ、すっごいおかねもちなの?」
私「•••そうかも」
Rieu「じゃあ、だいじょうぶじゃん」
いや•••。

どうしよう(汗)

■ 2011年12月27日(火)  頑張れるのか、サンタさん?!
私「あのさ〜、ラキュー5000さ〜、もしかしたら、無理かもしれんやん〜。その場合やなぁ、これでもいいかな〜ってのって、あんの?」
Rieu「んー。ない」
私「えー?一応、5000が無理なら、これでもいいですってやつ、決めといたら?(汗)」
頭のいい子なら、ここらへんで「ん?」って思うかもな〜(笑)

Rieu「えー?!なんで?」
私「サンタさん、お金足りへんかもしれへんし」
Rieu「そっかー。へんなのきたら、こまるもんね」
私「そうそう(ほっ)」
Rieu「じゃあ、これ」
私「2400ピース、16800円•••(がちょーん)」
shots「どんだけ高いんだ•••」
Rieu「これならだいじょうぶでしょー」
私「サンタさん、頑張ってくれるかな〜(汗)」
shots「どうかな〜(汗汗)」
Rieu「あー、さんたさんが、らきゅうくれますように!らきゅうくれますように!おねがいします!おねがいします!おねがいします!」

が、がんばれ、サンタさん(汗汗汗)

■ 2011年12月28日(水)  我が家では、大人にもサンタさんが贈り物をくれ、、、ます?
待ちに待った24日の朝のことです。
Rieu「さんたさん、きょうだよね!」
私「そうそう。今日の夜な」
Rieu「さんたさん、くるかなぁ〜???」
私「来るやろ〜。ええ子やったし」
Rieu「まーのにもくる?」
私「さぁ〜。Rieuたんとパパには来ると思うけど。まーのはどうかなぁ」
shots「え?(どきどき)」
Rieu「まーのも、おむかえとか、がんばってるからくるよ!」
私「そうかな〜、どうかな〜。でも、ほら、早く寝やんと、けーへんねんからな?」
Rieu「はーい」
私「早く寝れるように、いっぱい動いとかな〜」
shots「きょ、今日の予定は?」
私「ない」
shots「ちょっと、横浜まで行ってくるから(どぎまぎ)」
私「ふーん(くすっ)」
Rieu「ぱぱ、どこいくのー?」
shots「ちょっと、横浜まで」
私「あー、もしかしたら、まーのにもサンタさん来るかもしれへんわ〜」

上記の会話(まーのにもくる?とかなんとか)をせーへんかったら、まーのんトコだけサンタさん来なかったんでしょうか?!
ねぇ?(笑)

■ 2011年12月29日(木)  幻聴?
122911.jpg 190×270 28K25日の朝、お布団の中で。
Rieu「あー、どうしよどうしよ」
私「おはよ〜。ど〜したん〜」←まだ寝てたいけど、一応対応してあげる優しいまーの。
Rieu「さんたさん、きたかな。さんたさん!」
私「来たんちゃう?あれ?プレゼントは?」
Rieu「たぶんね、くりすますつりーのとこにあるとおもう」
私「ああ、そっか。アメリカでは、ツリーの下に置いてあるんやもんなぁ」
Rieu「そう。さんたさん、にほんじんじゃないから」
私「ツリーんとこ、見に行けへんのん?」
Rieu「あああー、なんか、どきどきしてきた!」
私「なかったらどーしよって?」
Rieu「そうそう!あー!ありますように!ありますように!」
またお願いしてるわ(笑)

私「んじゃ、一緒に見に行きますか?」←まだめっちゃ寝てたいけど、一応対応してあげる優しいまーの。
Rieu「うん!」

リビングのテーブルの上に。
Rieu「ああああああー!あったー!らきゅうだ!!!」
私「お!良かったな〜。特別プレゼントバージョンや!」←結局『ギフトセットS』になりました。
Rieu「すごいすごい!」
私「(にこにこ)」
Rieu「あ!!!」
私「どうした?」
Rieu「こあらのまーちと、ぎゅうにゅうがなくなってる!!!」
私「あ!ホンマや〜。Rieuたんが、お腹すくだろうから、頑張ってね〜って置いといたお菓子と牛乳、飲んでったんやなぁ」
Rieu「そーだね!!!わーい!」
私「(にこにこにこ)」
Rieu「そういえばね、きのう、よのなかね」
私「夜中、ね」
Rieu「そう、よなかね、しゃんしゃんしゃんっておとがしたのー!!!さんたさんだとおもってたのー!!!やっぱり、そーだったんだ!」
私「ほう!音がしたか!?」
Rieu「そうそう。しゃんしゃんしゃんってきこえたから、まってたんだけど。こなくて。みたかったんだけど、おきてたらこないってきいたから、めぇつぶってたの!あー、そっかー、あれがさんたさんだったんだー」
珍しく饒舌なRieuたん。

夜中にシャンシャン鈴の音が聞こえてきたから、必死で寝たフリしてたけど、サンタさんが現れる気配がなかったので、仕方なく「寝なきゃ!寝なきゃ!」って思いつつ、でも今か今かと待ってたら、知らん間に寝ちゃってて、朝起きたらあったから、やっぱりサンタさん、完全に寝てないと来ないんだね!
と、リピートしてました。

そっかー、シャンシャン、聞こえたかぁ(笑)

■ 2011年12月30日(金)  名指しが大事
Rieu「ねぇ」
私「何?」
Rieu「どうして、まーのにもさんたさん、きたの?」
私「さぁ?」
Rieu「たのんでないのにね?」
私「ね」
Rieu「おねがいしてないのに、どうしてさんたさんきたの?じつは、かくれておねがいしてたんでしょー!」
私「いや、別にしてへんけど。なんでやろなぁ?(笑)」
Rieu「まーの、え、かいてないよね!?」
私「描いてないなぁ」
Rieu「さんたさん、えにかいてなくても、わかるってこと?」
私「いや、だって、別に、まーの、これ、頼んでないし」
Rieu「あ、そっか」
shots「(きっ!)」
私「ナニナニをお願いしますって、お願いせーへんかったら、とにかく『ナニカ』が来るってことなんちゃう?」
Rieu「ふ〜ん」
私「だから、欲しいもんがあるんやったら、コレが欲しいです!って、名指しでお願いしといた方がいいと思うで?」
Rieu「そうだね」
私「また、なくしそうなピアスなんて・・・」←片方だけなくしたピアスの数知らず。
shots「しゃー!!!(威嚇?)」

■ 2011年12月31日(土)  年越し
123111.jpg 195×264 34K江戸時代から定着したといわれる風習『年越しそば』
年越しそばを食べるようになった理由は、色々あるようですが、
そばは長くのばして細く切って食べる食べ物なので、
ほそくながーく→達者に暮らせることを願って、大晦日に食べる。
他の麺類より切れやすいため、
切れやすい→災厄を断ち切るために、大晦日に食べる。
といった説が一般的なようです。

が、そんなこと、まーったく知らずに食べておりました(今の今まで!)
そして、そーんなこと、まーったく知らずにもしゃもしゃ食べておるお子様がここにも〜(なんで、夜遅くにおそばを食べるんだろう?とか、思ってへんのかな???)
Rieu「りゅーたん、もっとたべたいなぁ〜」
さっさと寝ろ寝ろ!!!(笑)

私「なんかなー、年越しそばをちょっとだけ残しといて、元旦に食べるらしいで」
おかん「何ソレ?そんなん、聞いたことないわ」
そーなん?
いや、やっぱ、そーやんなぁ。
うちも、母上様から聞かされるまで、全然知らんかったし(だから、秋田での元旦の朝食には、おそばがついています)

関西にはない風習やってのはわかるんやけど、一体ドコの風習なんやろか?
と思って調べてみたんですが、どーしてもヒットしません。
それどころか
「年を越すまでに食べきらないと、翌年は金運に恵まれないと言われている」
とか発見しちまったし。
だからか!?
年々経営が悪•••。いや、なんでもない(汗)

年越しそばのご利益や色んな噂の真偽はさておき(ごほごほっ)
地震だ原発だ、なんだかんだと暗いニュースが飛び交うことの多かった2011年ですが。
大晦日に、家族全員で頭をつきあわせて、おそばを食べながら、新しい年を迎える。
その幸せにどっぷり浸りつつ、無事に年を越せたこの1年に感謝です。

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  

本館に戻る


---