ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2010年10月01日(金)  ぐるぐるぐるぐるどっかーん(と、コケないよう)
100110.JPG 270×205 33Kととろ?
いや、てとろ。

手で漕いで走るトロッコなので、てとろ。
おお、安直なネーミング。
でも、かわいい。

Rieu「りゅーたん、すっごいはやくできるよ!」
ぐるぐるぐるぐるー。
はえ〜。
でも、あんまり勢いよく手を回しすぎると、左右にぶれて脱線しますよ。
適度にお願いします。

■ 2010年10月02日(土)  やっぱり、買わされた
トミカ博もプラレール博も大鉄道博も、ぜーんぶそうですが、
「散財させまっせ〜。ただでは帰しまへんで〜」
と言わんばかりのおもちゃの数々、がね、苦手です。

もともと電車好きな子供らなんですもん。めっちゃ欲しいもんがなくっても、
「なんか買って欲しい」
「なんか買いたい」
あんな山盛りのおもちゃ見たら、そんな気になるっしょ!

うちのコてつも、例には漏れず
Rieu「りゅーたん、なんか、かいたくなっちゃったー」
私「買いたく、じゃなくって、買って欲しく、やろ」
Rieu「りゅーたん、なんか、かってほしくなっちゃったー」
しっかり全部言い直してくれて、ありがとう( ̄う ̄;)

私「・・・」
Rieu「・・・」←上目遣いに見ている。
私「で、何が欲しいわけ?」┐(´ー`)┌
Rieu「わかんなーい!」
私「ほな、探しなはれ。あんまりでっかいのはあかんで」
Rieu「わかった!」
と、たったか走って行ってしまったんですが、1度見失うと大変です。おもちゃの山とヒトの山で、完全に姿が見えん。

私「りゅうううたあああーん!」
・・・。
やばい、マジで見失った?
私「りゅうううたあああーん!」
・・・。
私「りゅうううたあああーん!」
・・・。
私「りゅううううううたあああああああーん!!!」←そろそろ、本気で探さんとヤバいと思ってるヽ(;´Д`)ノ

Rieu「まあの!こっちだよ!」
当の本人は、すこぶる上機嫌でプラレールを物色中。
私「また、プラレールか?もぉ、欲しいもん全部もってるやろが」
Rieu「りゅーたん、ちゅーおーせんもってないよね」
私「持ってるやろ」
Rieu「もってない!」
私「えー?なんか、その形、見たことあるでー」
Rieu「もってない!」
私「うそーん?」
Rieu「これは、あたらしいけーひんとーほくせんのかたちといっしょなの!おれんじいろはもってないの!」
私「じゃあ、色、塗り替えればいいやん」
Rieu「いやだ」
私「やっぱり!?(笑)じゃ、さー、Rieuたん、買うんなら、ヨドバシで買おうや」
Rieu「なんでよぉ?」
私「ポイントで買えるから。あと、ヨドバシの方が断然安いから。ここ、定価やんか」
Rieu「りゅーたん、ここでかいたかった・・・」
私「あああああああ、わかった、わかったから、メソメソ泣くな!こんなとこで泣くんなら、もー連れてこんぞ!」
Rieu「わかった」
私「買う買う。じゃ、ピ、しに行きまっせ、ピ!」
ああ、やっぱりイベント会場で買うと割高ぁ〜( ; _ ; )

ん?
私「あれ?これって、走らせれるらしいで」
Rieu「え?」
私「ほら、ここの建物の入り口んとこから、ずーっとレールがあったやん?上からぐるーって回って下まで。あそこを走らせれるんやって」
Rieu「へぇ〜」

レジの横で電池を借りて、1度会場を出て、建物の入り口までえんやこら移動せんといかんという(再入場用にスタンプももらわんといけません)、チョーめんどくさい手順があるんですが。

私「走らせたい?」
Rieu「はしらせたい!」
ま、そりゃ、そー答えるやろうな(それをわかってて、聞いてしまううちもうちである)
私「じゃ、行くかぁ」
Rieu「やったぁ!」

てけてけ。

ではでは、セットして下さい!
100210.jpg 200×256 20K

■ 2010年10月03日(日)  シャアアアー
100310.JPG 270×203 24Kシャアアアアアアアアアー。
動き出した動き出した!
って、当たり前である。超長生きエボルタくんが入ってるんやから。

Rieu「まーの!みて!はしってるよ!」
ええ、ええ。
良かったどすなぁ(^_^)

Rieu「これ、りゅーたんのだよ!これね、かったの!」
おっちゃん「へぇ〜、すごいね〜」
今度は会場へ向かう見知らぬヒトへ話しかける。流石、休みたい身体に鞭打って、我が子を大鉄道博へ連れて来てくれるようなおとーさんたち。明らかにコてつな我が子を無視することなく、対応してくれています。うちは、小声で「ありがとうございます、ありがとうございます」とつぶやきました。

今から会場入りする子供たちは、シャアアアアアアアーって走ってるのが個人の車両であるってことは知らんから、触ろうとするわ、止めようとするわ。
そのたーんびに
Rieu「さわっちゃだめ!りゅーたんのなの!」
と必死に中央線を守るRieuたん。
Rieu「ぼーくーの!はしらせてるんだから!」
その必死具合が、面白かったです〜。

■ 2010年10月04日(月)  再発火
100410.jpg 210×244 24Kそろそろ習い事を、、、と思い始めて、はや数ヶ月。
またまた、火がついて行ってきました。
無料体験第三弾。
今度は『少林拳』

理由その1:両足飛び蹴りとかするから。
格闘技、イットコー!
と、めっちゃ単純。

理由その2:丁度、無料体験があったから。
むしろ、こっちの方が理由その1なんじゃないかと思います(だって、このステキな4文字を見かけなければ、習い事体験に火はついてない)

だから、少林寺拳法と少林拳が違うモノであるってことも気付かず(無料体験の帰りにもらったパンフレットで、初めて知りました)とりあえず、参加してみたんです。

日時は、土曜日の16:30ー18:00
実は、この時点で、すでに習い事候補から外れております。
だって、まだお昼寝しまくるRieuたんが、お昼寝なしに16:30から身体動かすワケがない。お昼寝したとしたら、無理矢理起こして連れてっても、起き抜けで身体動かすハズがない。

よって、この体験日も必死になって起こし続けてました。これが終わったら、仮面ライダーオーズの食玩見に行こうな、、、と(多分、それだけを楽しみに、カレは眠気と戦っていたような気がする)

無料という言葉に弱いんは、うちだけではなかったようで。
体験者が6人もおりました。
4、5歳3人(うち1人は女の子やったけど、お昼寝を無理矢理中断させられたようで、ずっと泣き続けてました)、あとは小学生1、3年くらいが3人(またまた、そのうち1人が女の子)

小学生ともなると、先生が
「では、こっちに立って、一緒にやってみようか」
と誘うと、ちゃんと一緒にやっています(まぁ、きっと自分の意志で来たんやろうから、当たり前かもしらんけど)
でも、4歳児は全然。ママから離れず。ま、仕方ないよな、十中八九、ママが子供に体験「させる」ために連れて来てるんでしょうから。
Rieuたんも同じくです。

私「ほら、行っておいで?」
Rieu「・・・」
私「ほら」
Rieu「まーのと」

先生が、体験者よりも年上の子供をつけてくれて、なんとかママから離れる子供たち。一緒に柔軟をし、鏡に向かって突きや蹴りの練習。マットを持ってきて、受け身の練習(体験者は、前転とか側転をやる)

そこらへんから、ダレ始めるRieuたん・・・。
おにーちゃん「先生!Rieuくん、疲れたって・・・」
と、一緒にペアになってくれた2年生のおにーちゃんが先生に伝えてくれ、Rieuたんはうちの足にまとわりついてきました。

Rieu「だるい」
私「うんうん」
Rieu「ねむい」
私「わかったわかった」
Rieu「つかれた」
私「疲れたなぁ」
Rieu「・・・」
多分、「かえりたい」って言いたかったんじゃないかと思うハハ。でも、流石にそれは憚れたんか(苦笑)
私「もーちょっとで終わると思うからな、終わったらジュース買いに行こうな。まーの、持ってくんの忘れたからさ」
Rieu「まーのがわるいんでしょ」
私「おお、悪い悪い」
Rieu「はぁー」
私「だから、もーちょっとガマンな」
Rieu「・・・」
多分、誰もおらへんかったら、メソメソして泣き出してたんじゃないかと思うハハ。でも、流石にそれはできへんかったんか(苦笑×2)
成長したな(´∀`)

私「ほら、最後の挨拶だけはしておいで。ありがとうございましたって」
というと、素直に並びに行きました。歩く姿は、ダレダレで、先生に申し訳なく思ちゃう程でしたけど(汗)

習ってる子たちは、礼儀正しく、優しくて。みんな、やる気に満ちあふれてて。先生もアメとムチの使い分けができそうな先生で。
ああ、いいなぁ、ココ、って思いました。
が、肝心の御子がねぇ・・・。

教室が終わった途端、ニッコニコんなって
Rieu「なんで、くろいのー?」
と黒帯指して聞いてるし。
お前、さっきの死にそうな、ダルそうな顔はどこいってん!?
Rieu「ばいばーい!ぼく、かめんらいだーおーずのけん、かいにいくんだー!」
大声で飛び回ってます。
嗚呼・・・。

私「どーやった?」
って聞くと
Rieu「たのしかった」
とは答えるんですが・・・。
どー見ても楽しそうに見えなかったんですけど?!
まぁ、いいか。
少林寺拳法じゃないし、この時間は無理やろし。

私「明日もココで、別のヤツの体験があるからな」
Rieu「それって、からて?」
私「ううん、違う」
Rieu「りゅーたん、みてるだけがいいなぁ・・・」
私「今日、すごい上手にできてたのに?明日も大丈夫やと思うで?」
Rieu「りゅーたん、みてるだけがいいなぁ」
私「じゃ、見学だけでもいいから。やりたくなったらやってみたら?」
Rieu「うん。じゃあ、まーの!はやく、おーずのけん、かいにいくよー!」
まだ、買うとは言ってませんが?!

■ 2010年10月05日(火)  ジークンドーって知ってる?
無料体験第四弾は『ジークンドー』
なんじゃそれ?(笑)
ブルースリー拳法とも呼ばれます。
カンフーの技術に、空手、ボクシングなど様々な格闘技のエッセンスを取り込んだ武道、、、らしいんですが、実はうちも知りません。

理由その1:ブルースリーの拳法だから。
すいませんっ!
ブルースリーって単語だけで、キャー!!!ってなってまいました。
以上!

日時は、日曜日10:00―10:50
しかも、月2回。やる気がないのか、先生の個人的理由なのか。
しかし、土日を習い事で潰したくないうちにとっては好都合。月に2回だけ、しかも11時にはフリーになれるんなら、バッチグー。

教室に入ると、先生らしきヒトがヌンチャクを操ってます。
キャアアアアアー!
ダメだ。
それだけでダメ。
やりたい!(うち自身が!!!)

私「ヌンチャクや、ヌンチャク」ウキウキ。
Rieu「ぬんちゃ?」
私「あれ、ヌンチャクっていう武器やねん」
Rieu「りゅーたん、やらない???」
私「そんなビビらんでええがな。やらんやらん」
Rieu「りゅーたん、けんがくだけ・・・」
私「わかってるって。やりたくなったら、やればいいから」
相変わらず、気が小さい御子だこと。

クラスが始まっても、先生らしきヒトは無理矢理体験者を並ばせたりしません。
習ってる数人の子に混じって、体験に来たのであろう数人が自発的に並んでます。ママにぴったりくっついてる子はRieuたんと、、、あ!昨日、少林拳で見た4歳児(中国人でした)がおる!今日も来てたんか〜。

準備体操をして、礼の仕方等の説明、そして
「これが、ジャブといいます」
いきなりっすか?!
それから、ストレート、アッパー、ウラケン、キックと続きます。一通り終わると、サンドバッグに向かって各種パンチの練習。ココで
Rieu「りゅーたん、これだけやりたいなぁ」
私「おお、じゃあやってくれば?あの赤い服のおにーちゃんの後ろについて、おにーちゃんのよく見て、まねっこしてやってみ?」
Rieu「うん!」
自発的に行った行った。

が、それが終わって、攻撃の流し方の練習とかになるとまたうちんとこへ戻って来る。
コイツ、もしかして、おいしいとこだけやりたいってことか?!

ジークンドーは50分やったんで、途中でそんなにダレることもなく(そーでもないか?終わりの方は、まだ〜?とか聞いてたな)無事終了しました。

Rieu「ぼくね、いまから、かめんらいだーおーずのけん、みにいくんだ!」←昨日、売ってなかったので、今日もまた見に行くらしい。
と、先生らしきヒト(って、先生だろうよ?!)に満面の笑みで話しかけ、さっさと教室を出て行ったカレ・・・。

私「どーやった?」
Rieu「たのしかった」
ホンマか?!
まぁ、でも、自発的に参加した場面もあったんで、昨日よりはマシか?

続くは第五弾へ!

■ 2010年10月06日(水)  ミズかけゴハン
100610.JPG 280×199 28KNHKの子供向け番組、ダーウィンが来た、飛び出せ科学くん、空から日本を見てみよう、ドラえもん、くれよんしんちゃん、毎日かぁさん、仮面ライダー、ゴセイジャー以外はTVを見ない我が家。

ですが、時々親の都合でTVをつけてる時があります(UFO特集とか心霊特集とか)
その日もたまたま、秘密のケンミンSHOWが始まってて、消そうとしたら
Rieu「てれび、みたい!」
と言われたので、つけっぱにしてみました。
すると
「みずかけごはん」
なるものが。

なんでも、山形の内陸部では、ご飯を水で洗い、さらに冷たい水をかけて食べるという。
山形っつったら、Kくんパパか。

私「Kくんパパに、今度聞いてみたら?ミズかけゴハン、食べたことある?って」
Rieu「Kくんぱぱって?」
私「あの、スキーで足の骨折った」
Rieu「ああ、びょういんにいたひとね。きいてみる!」

コメ好きのワタクシですが、水かけてコメを食うとは・・・(しかも、単独で)
出来なくはないが。なんで、茶漬けじゃあかんねん?

Rieu「まーのお」
私「なに?」
Rieu「りゅーたん、みずかけごはん、たべたいなぁ」
えー?!

私「・・・わかった。作ったるから、待っとき」
Rieu「え?!やったあ!」
私「さては、その喜びようは、絶対食べさせてもらわれへんやろなーと思ってたな?」
Rieu「そう」
私「いいけど、絶対、クエよ」
Rieu「うん!」

コメ嫌いのRieuたんが食べてくれるんなら、ミズかけでも何でも作ったるがな!

でも、用意したのはほんの2口程度のお米。
きっと、お茶碗いっぱい渡しても、食べへんから。
で、冷水で洗って、冷水を注ぐ。

私「ほいよ」
Rieu「わー!」

画面はすでに、北海道のカツカレー棒を紹介しています。うちは、こっちの方がいいなー。じゅる。

私「どう?」
Rieu「おいしい」
私「まぁ、一応コシヒカリと、浄水ですから」
Rieu「なに?」
私「いえ、何もないんで、黙ってお食べ下さいまし」
Rieu「おいし〜よ〜」

以外に好評でして、その次の週にも、突然
Rieu「あの、ごはんのつめたいの、なんだっけ?」
とか言い出し、食べてました(笑)

■ 2010年10月07日(木)  無料体験最後は?!
『空手』です。

少林寺拳法が『武道』ちゅーよりは『修行法』とされ(教範、科目等アリ)、戦うためだけのモノではないってことから、うちの中でのNo.1は少林寺拳法なんですが、実は空手は・・・ランク最下位(笑)

というのも、昔尊敬してた生物の先生が
「空手は、武道の中では〜〜〜〜〜〜〜で、〜〜〜〜〜〜〜〜だから、レベルが低い」
と言ってたのを、20年経った今でもしっかり覚えているからで(汗)

すいませんっ、全国の空手家の皆様!
すいません、空手師範のSちゃんパパ!

それでも一応空手教室を見てみようかと思ったのは、
見学理由その1:イエチカ
家からチャリで5分!

見学理由その2:お月謝3500円

・・・。
すいません、すいません、全国の空手家の皆様!
許して下さい。

見学理由その3:殴り合いが嫌いと心優しい御子がいうので、ちーさい時は組み手をやらないらしいトコへ

曜日はいつでも、時間は17:00−18:30
ということで、保育園後、ちろっと見学に。
私「今日は、空手の見学に行きますー」
Rieu「りゅーたん、みてるだけがいいなぁ・・・」
私「うん、わかってる」
Rieu「やらなくていい?」
私「いいです、やらなくて」
なんだこの潔さ?!(潔さ???)

すいません、すいません、全国の空手家の皆様!

道場に入った瞬間、
むおおおおっ。
ななな、なんじゃこの空気の澱みっぷり。
あーんど、異臭。
Rieuたん、入ろうとしません(汗)
私「お、おいで・・・」
と、一応呼んではみるが。
あー、でも、うちもこのニオイは無理かもしれんっ。

柔道部でしたが。
柔道部でしたけど。
確かに、汗臭かったし、据えたニオイも嗅いでたし、でも全然平気やったけど。
ななな、なんか、これは違う。
歴代のお弟子さんたちの汗を吸った床が臭ってるんか?
もしくは、少年少女のクラスの前に行われてた、むさい大人たちのニオイなのか?(そんな気がする)

無理だ。。。
逃げたい。。。ヽ(;´Д`)ノ

と、思ったけれど。
道場に入ってしまったからには、見学せねばなるまい。しかも、あと1時間も。
ああ、こんなに急いで来るんじゃなかった・・・。

すでに、習う気ゼロになってしまっている自分の心を悟られまいと、一応真剣(に見えるよう)に見学。
丁度、近々あるらしい審査会のための型の稽古中やったようで、4歳から10歳までの12人の子供が、同じ型の練習をしてました。女の子が4人おったかな。その4人がかっちょよくって、びっくり。
先生は、ごっつくて、まぁ空手の先生やってるくらいやから、熱血!真っ直ぐ!アッチッチ!なおっちゃん。でも、勧誘してくる時は、めっちゃ笑顔で怖かった〜。

そう!
勧誘がね、すごかったんす。
勧誘も熱い。

異様な臭気と異様な湿度と異様な熱気に、頑張って耐えて耐えて耐えて耐えて。
やっと18:30になったー!
私「ありがとうございましたっ!」←やっと帰れる!と思って、すっごい気合いでお礼を言った。
イスから立ち上がって、帰ろうとしたら、
「おかあさん、どうぞ、こちらへ」
えええええええー?!
先生のお部屋ですか。
拉致られますか、アタシ(;-;)

入った瞬間、スズシィ〜。
って、それにも「え?」って思ったんよなぁ。
習っとる人間たちはむさーいあつーいくさーいとこでやってんのに、自分のスペースはこんなに快適なんか?!
と。
勿論、稽古中は道場におるからむささもあつさもくささも共有してるんやろうけど。
休憩の度に、自分、自分の部屋に入ってたよなぁ?
みんなはむさくてあつくてくさいトコにおんのにさぁ?!
と。
まぁ、それもその日だけやったんかもしれませんが。
あまりの臭気にやられて下降気味やったうちの「習い事熱」を冷まさせるのには充分でした。一気にマイナスまで冷却されましたもん。

部屋に連れ込まれた後は、夜の部の稽古が始まる19:00まで、どーやって時間を稼ごうかということしか考えられず。
「おかあさん、どうですか?」
を連発するおっちゃんに対して、Rieuたんの性格とかそーゆーのをベラベラしゃべりーの。ああ、でも、まだ18:40!

「子供の場合はねぇ、親が強制的にやらせてる場合がほとんどです。子供の意志とかね、そーゆーのは期待しない方がいい。置いて行ってもらって、稽古が終わったら迎えに来てもらう、そうしてもらってます」
はぁ。
「女の人もたくさんいらっしゃいますよ。初心者がほとんどなんですよ。おかあさんも、どうですか?」
ああ、うちも何かやりたいとは思ってるんですが(少林寺拳法ですが)
「親子できていらっしゃる方もいてね、毎日。たまたま、今日はいらっしゃいませんが」
たまたま?
「お仕事は何時から何時までですか?」
「場所は?」
「お子さんの幼稚園は?」
「家は?」
なんかいろいろ聞かれて、時間を稼ぐためにベラベラベラベラしゃべったけど、全然時計がすすまねぇ。

「どうですか。ふふふ」
却下。

18:50( х х。)
「どうですか、ごいっしょに。一度、やってみてからでもいいですし。道着なら、今ならお貸しできますから」
ああ、じゃあ、あの、また、体験させていただくときお電話さしあげますんで!

さいならー!!!

近かったのになぁ。
残念。

■ 2010年10月08日(金)  原価なんぼ?
100810.JPG 276×202 32KRieu「がおおおおー。ぎゃううううー」

トリケラトプスVSティラノサウルス。
2セット180円の段ボール工作キット。

1体90円にしては、よくできてるモノだと思います。
が!
戦うと、すぐに肋骨が外れて
Rieu「まーの、つけて(泣)」
とメソメソするのには困ります( ̄ー ̄;)

私「じゃ、接着剤でくっつけようか?」
と提案したんですが
Rieu「いやだ」
即、却下(乗ってくると思ってたのに)
すぐ外れて困っちまう肋骨が、ブラブラしてるのがイイんだとか。
なんじゃそれ!

■ 2010年10月09日(土)  子供たちの興味
100910.JPG 280×195 25Kこっちは、クワガタムシVSカブトムシ。

現在、興味の対象は、恐竜、クワガタムシ・カブトムシ、サメ・エイ、ヘビ・カメ、イルカ・クジラあたりをウロウロしております。

次は何でしょうか。
両生類きてないから、次はカエルとかどうざんしょ?
イキモノから離れて、星とかロボットとかは?

他の子たちって、一体何に興味を持ってるんやろか?
と不思議に思ったので、ちょいちょい耳をダンボにして調査してみると
「ベイブレードだよ」
は?
何ですか、ソレ?
「DSにハマっちゃっててさ〜」
4歳にして?
「毎朝、Wiiやってるよ」
ああ、さいですか。

どうも、聞く対象を間違ったようです。
「子供と一緒に動物園や博物館?何があっても行かないよ、そんなの!くさいし、わかんないし、第一めんどくさいじゃん♪」
とコメントする親から、イキモノや科学大好きな子供が生じるハズがない?!か。
そーいえば、保育園の絵本タイムでも、彼らが図鑑を取り合ってるトコなんて、見たことないし。

こんな作んのチョーめんどくさそうな段ボール工作キットなんか、絶対興味持たへんねんやろうな。それどころか、コレあげるーって渡しても、数秒で抹殺されそうや(笑)

■ 2010年10月10日(日)  野球観戦
101010.jpg 220×250 26K
初・野球観戦〜!!!
ベイスターズVSジャイアンツ。
あらかじめ、野球なるものを刷り込んでおこうとしたんですが、今って、あんまり野球中継してないんですねー。うちが小さい時なんか、ジャイアンツの試合なんて100%中継してたような気がするんですが。

というわけで、刷り込み失敗のまま、横浜スタジアムへ。
毎日、スタジアムへと流れていく人混みに、真っ正面から突っ込みつつ帰宅してるんですが。今日は、うちらもその流れに参加です。

どーせ、30分くらいで飽きるんやろうなぁ・・・。
どーにかして、時間を稼がねばなりません。
何かを食べてる間は、大人しく球場にいるだろうと(笑)
あらかじめ、冷凍オレンジジュース、コアラのマーチとトーマスキャンディを用意。あとは、屋台でやきそばを買って。

行くぜぃ!!!

Nくんに合わせて、19時に会場入り。すでに4回の裏でした。

とってもとってもとってもとっても弱いらしいベイスターズが勝ってて、さらに丁度攻撃ん時やったんで、ベイスターズ側は盛り上がりまくりです。
「わああああああああー!」
という歓声とともに、立ち上がって応援応援。
混じるぜ混じるぜ!
Rieuたんを抱っこして持ち上げ、
私「わあああああああああああー!」
Rieuたん、キョトン顔です(笑)

それから、やきそばを食べながら野球のルールについて説明しぃの。
私「白いユニフォーム着てるのがベイスターズで、今その人たちが攻撃してんのな。そんでな、、、」
Rieu「ゆにほーむって、なにー?」
私「あー、服や、服。白い服着てるのが同じチームで、今攻撃してて、、、」
Rieu「こうげきってー?」
私「えっと、グレー、いや、灰色の服着てるのがジャイアンツっていうて、まぁベイスターズからしたら敵でな、そいで、、、」
Rieu「てきって、わるもん?」
私「いや、悪もんじゃないんやけど」
Rieu「じゃあ、いいもん?」
私「いや、正義の味方と悪もんが戦うのとはちょっと違うねんなぁ、野球って」
善と悪、その2つしか理解できへんところは、アメリカ人やな。

私「どっちが強いか、競争?んんー、、、戦って、、、いや、、、どっちが強いか決めてんねん。いっぱい点数取った方が勝ちやねん」
Rieu「てんすうってー?」
私「いや、説明するから聞いときや。でな、白い服の、、、」

カキーン。
「うおおおおおおおおおおー!!!」
私「おおおおー!打った打ったー!抜けた抜けたー!回れ回れー!!!」
Rieu「???」

すんません、1人で興奮して(汗)

私「今、白い服の人がバットでボール打ったやろ?で、、、」
Rieu「ばっとってー?」
私「あの棒や、棒。あれでな、灰色の服の人が投げたボールを打つねん。で、こっちの白い四角いのあるやろ(←1塁側内野席に座ってました)、あれがベースって言うねんけどな、それに向かって走ってきてな、ボールより早く着いたらセーフやねん」
Rieu「ぼーるで、たっちしたら、まけなんだっけ?」
私「そうそう、なんで知ってんねん。知ってるやーん、すごいやーん」
Rieu「あー、おやまになってるねー」
私「は?」
Rieu「なげるところ、ちょっと、たかいじゃん」
私「ああ、あれはマウンドって言うねん」
Rieu「まうんどってなにー?」
私「だから、投げるとこやん。自分、今、ちょっと高くなってるって言うたやん」
Rieu「あ、そっか!」
私「で、あの白い四角いベースってやつを3つぐるーっとまわって、戻ってこれたら1点入んねんけどな。ボールにタッチされたりしたらな、アウトになってな、、、」
Rieu「あうとってー?」
私「ばってんぶーってこと」
Rieu「そっか」
私「で、3ばってんぶーになったら、白い人と灰色の人が交代してな、灰色の人が今度は攻撃して、、、」
Rieu「こうげきってー?」
私「えっと、ボールをバットで打って、点数を入れようとすること」
Rieu「そっか」
私「あー、3ばってんぶーになったわー。あ、ほれほれ、見てみ。交替してるやろ。今度は灰色の人が打つねんで。白い人が投げるからな」
Rieu「しろいひと、じゃなくて、しろいふくのひと、でしょ」
私「はいはい、すんません」

ベイスターズ打線バクハツな試合やったんで、ルールを説明しながら(説明になってかはビミョー)も
カキーン!
私「わああああああああー!」
ベイスターズがヒットを打つ度に、立ち上がって叫ぶ叫ぶ。
Rieuたんよりも、はるかにうちの方がコーフンちゃん!(笑)
別にファンでもないから、ベイスターズが勝とうが負けようがどっちでもいいんやけど。それでも、大観衆の中で試合を観てる、かつ、皆でベイスターズを応援してるっていう一体感が心地よく。ま、そーでなくても単純に楽しかったです。

結局、8回裏が終わったとこで、えも言われぬ高揚感に包まれながら帰宅(その後、9回表でジャイアンツ打線がバクハツして、ベイスターズ大ピンチ!最後までファンをドキドキさせる試合だったらしいっす)こんなに楽しい野球観戦になるとは思ってなかったんで、Rieuたん用のイベントというよりは、自分のストレス発散用のイベントって感じでした。Rieuたん、また、来年もチケット当てて下さいまし♪(と、期待したら当たらんのやろな〜)

■ 2010年10月11日(月)  インラインスケートって知ってる?
101110.JPG 260×215 37K
インラインスケート体験に行ってきました。
本牧市民プールが、冬、どーなってるんかと思ったらっ!
プールサイドが、インラインスケートの滑走場になってるらしく(プール閉鎖期間中の土日しか開いてないらしいんですけどね)
そのオープン&スポーツフェスタを記念して、滑走料が無料やったんで、Kくんと一緒に行ってきました。

スケートと防具を装着!(レンタル料500円也)
子供たちだけでいいよね、防具。
って思ってたのに、しっかり親の分も渡される。
私「これはなんだ?どこにつけるんじゃ?わかんねー!どっちがどっちよ!?」
とぶつくさ言いながら、適当に着けて滑ろうとしてたんですが、
Kママ「すいませーん!これ、どーやって着けるんですか?」
Kくんママは、さくっとインストラクターぽいおっちゃんを呼びつけ、教えてもらってる(性格でるな〜)
適当に誤摩化そうと思ってたうちは、2人のやりとりをチラ見して装着完了(笑)

じゃ、早速いこっか!

ローラースケートと同じようなもんやろ?
ヒカルゲンジがローラースケートで踊りまくってた時代、うちも流行に乗って、踊ってたしー♪
だから、大丈夫っしょ!
って思ってたら、あれ〜?
こっちの方が難しい?

じゃ、アイススケートと同じようなもんやろ?
丁度、ウィアーにハマって、アイススケート体験行ってきたとこやし♪
その続きみたいな感じに滑れるっしょ!
って思ってたら、あれ〜?
なんか、違う!

インラインスケートって、ブレーキ、ついてない?
ローラースケートには、靴の前に丸いゴムみたいなのがついてたし。
アイススケートには、やっぱり靴の前方にギザギザがあって、それでガリガリ削りながら、歩いたり止まったりしてた。
でも、インラインスケートにはそのブレーキがない。
立つためには、完全に重心をコントロールせんといかん。ゴムやギザギザ部分のような、摩擦バリバリの頼るべきもんがない。
滑る時も、ゴムやギザギザがないから、地面を蹴って滑るわけにもいかん。同じように地面を蹴りだそうとすると、バナナ踏んでコケましたコントみたいにすってんつるりん。

「とりあえず、やってみよっか!」
と、意気込んでたものの、結局講習を受けることに(30分500円也)
子供の分も払ったから、おっちゃんたちがマンツーマンで見ててくれ(当たり前なんですけど)親は自分の技術向上に専念。だって、親が滑れんとどーにもならんもん(笑)

なんとか滑れそうだ!
なレベルにはなったけど、どーにもこーにも、暑くってさ・・・。

朝から「くもり」予報やったのに、なぜかカンカン照り。後で聞いた話によると、気温は34度くらいだったそうな。そんな中、一切日陰のナイ場所で汗だくになりながらのレッスンっしょ?疲れ果てたKくん親子は、ベンチに座り込み。うちは、Rieuたんとコースを一周したら、それでダウン。持ってった紅茶と新たに買ったペットボトル1本を飲み干しても、それでものどの渇きは癒されず。あぢぃ(−_−;)

私「滑らんの?」
Kママ「だって、あっつくってさぁ・・・」
私「陰、ないなぁ」
Kママ「どっこにもないよ!焼けるよ〜」
私「うちも、もう無理かも」
Kママ「このまま、フェイドアウトする気、満々ですので」
私「賛成、かも」

あの暑さがなければ、さむーいさむーいアイススケートよりは、マシなような気がするんですが(アイススケートは、クソ寒い中、締め付けられる足がガマンできないので、あまり好きくない)
でも、難しかったなぁ。うち1人なら何とかなるけど、Rieuたんと一緒に滑るとなると難しい。先述通り、ちょこちょこ歩くってことができへんし、手を引いて滑れる程摩擦が小さいわけでもないし。

あんな不安定なもん履いて、スラロームだのジャンプだのスピンだのできるってのがスゴイわー。侮ってました、インラインスケート。すんません(ヒカルゲンジも、インラインスケート履いてたら、あんなに上手に踊れんかったやろなー)機会があったら、リベンジします!

■ 2010年10月12日(火)  夏休みの思い出
101210.JPG 280×180 15K
保育園で『夏休みの思い出』というタイトルで絵を描いたらしいRieuたん。
描いたのが
『ばぁばとおじいちゃんといぬ』

え?
なんですって???(−_−;)

夏の思い出が、
ばーばと、じーじと、いぬ?

アンタ・・・。
鴨川でシャチ見てさー、サファリパークで大騒ぎしてさー、恐竜展にも、鉄道博にも、海にも、プールにも、盆ダンスにも!
行ったよねぇ?!

なのに。
なのにさー。
夏の思い出、ソレなの???

かなり、ガックリ。
がっかりっすー(T_T)

でも、この絵って・・・。
ハハのカンですが、自発的に描いたのではないような気がする。

このお絵描きの日、Rieuたん休んでたんよなぁ。だから、後から1人もしくは同日に休んでた数人で、描かされたんよな(1週間後くらいに、付け足して貼られてたから)
で、いきなり『夏休みの思い出』って言われて、1ヶ月半以上前に会ったばばじじいぬの絵を描くわけがない。何かを絵にするってことに関しては、1日以上記憶が保てへんもん、このヒト(笑)
多分、先生に
「秋田に行ってたじゃん!」
とか言われたんやろなー。で、
Rieu「あ、そっか!」
とか言ってさぁ・・・。

目に浮かぶっす( ̄ー ̄;)

まぁ、でも、一応シャメにして、ばーばに送っておきましょう。
これで、Rieuたんのお株が上がるといいのですがね。

■ 2010年10月13日(水)  ぜんぶ
無料体験の最後の最後で、ガツーン!と落とされてしまい(って、勝手に落ちたんですけど)、やややる気のなくなった習い事探し。終わりよければ全て良し、になればよかったんやけど、終わりがアレじゃあなぁ・・・。ま、一応、Rieuたんに聞いてみるか。

私「Rieuたんさぁ、見学しに行ったやん、少林拳とジークンドーと空手と」
Rieu「うん」
私「あん中で、1番どれが楽しかった?」
Rieu「ぜんぶ」
私「はぁ?うそーん?!ホンマに」
Rieu「ほんまに」
私「だって、少林拳は途中でしんどいとか言うて帰って来たし、ジークンドーはまぁちょっとはやったけど、空手はクサい中見てるだけやったし、楽しい要素がドコにあるか、やや不明なんですけど?」
Rieu「ぜんぶたのしかった」
んな、抑揚のナイ返答されてもねぇ。
ウソばればれですけど〜?

Rieuたんは変にイイ子さんなのか、
「たのしくないって、いっちゃいけない」
と思ってるようです。
確かめたことはないけど、多分そうやわ。ハハのカンやけど。

私「Rieuたんさぁ、何でも楽しいって言わんでいいんやで?楽しくないことは、楽しくないって言わんと。イヤやったのに、楽しいって言うたがために、じゃ空手毎日行こっか!ってなったらどーするわけ?」
Rieu「りゅーたん、だいじょうぶ・・・」
私「大丈夫ちゃうやろー。ちゃんと、イヤなことはイヤって言わな」
Rieu「わかった」
私「じゃ、もっかい聞くけど。少林拳とジークンドーと空手、楽しかったなぁって思ったんはどれ?」
Rieu「ぜんぶ」
私「・・・。じゃあ、また行きたいなぁって思ったんは?」
Rieu「ぜんぶ」
私「・・・はぁ」
Rieu「まーの、なんで、はぁーっていったの?」
私「いや、何でもないっす」
shots「きっと、全部、どーでもいいんだよ」
私「はぁ」
shots「Rieuたんの中で、特に気に入ったものがないんでしょ。だから、全部、なんじゃない。どれに行くって言っても、きっと行くんじゃない?」
私「そうなんか」

私「Rieuたんさぁ、ホンマにイヤなもんはイヤって言うんやで?今後な、今後でいいからな?」
Rieu「わかった」
私「楽しくないこととか、楽しいとか言うたらアカンで。楽しくないって言うたら、まーのが悲しむんかなぁとか、考えんでいいからな?」
Rieu「わかった」

ちょっと勢いで聞いてみよう。ハハのカンが当たってるんか。
私「Rieuたん、もしかして、楽しくないって言うたら、まーのが怒るかなとか、まーのが悲しむかなとか、思う?」
Rieu「おもう」
私「だから、楽しくないことでも楽しいって言うとこっかなーとか、思う?」
Rieu「おもう」
私「それはな、自分が損になるだけやから、自分が後で空しくなるだけやから、せーへん方がいいで。優しいのはわかるんやけどな」
Rieu「わかった」

多分、うちのカンは当たってるんでしょう。
でも、もしかしたら「たのしかった」を強要するような聞き方をしてたんかもしれんので、うちも反省。

私「じゃあ、その3つはどーでもいいレベルちゅーことで。さて、どーしよーかなぁ。Rieuたんさぁ、何かやりたいのある?水泳とか、体操とか、ピアノとか?」
Rieu「たいそう!」
私「え?マジで?」
Rieu「たいそう!」

じゃあ、体操教室、探してみますかぁ〜。

2010年10月14日(木) 
なかなかナイ、体操教室。
まず思いつくのがYMCA。家と保育園の間にあって、近いのはグー。
しかし、時間がなぁ。
平日は14:45からと15:15から。
めっちゃお昼寝してますがな。
土日は10:00からと11:00からとがあるけど、土日は潰したくないし(しかも、1クラス30人近くおるし、キャンセル待ちせなあかんし)
あーんど、お月謝10000円越えって、どゆこっちゃ?!(゚Д゚;)

無理無理っ!

他には、カワイがYSCとルネサンスで水曜日に体操教室を開いてる。
時間は15:30からと16:20からかぁ。
YSCは無理やなぁ。西区ルネサンスまで車で行くとして・・・。でも、駐車場が毎回空いてる保証がないのがイタイなぁ。

・・・。
ふはぁ(´_`。)

本格的な体操教室は、鶴見とか港北とか上大岡まで行かんとないし。
あとはお手軽カルチャーセンターか。

本牧カルチャーセンター、体操教室。
あー、、、ある。
木曜日16:00から。
とりあえず、体験525円いっとこか。

木曜日。
16:00前に本牧に行かんといかんってことは、15:20頃ピックアップせんといかんってことか。丁度、お昼寝終わっておやつ食べてる頃。ちょっと、ご迷惑おかけいたしますが、めちゃ早お迎えで!

体験料を払って教室へ行くと、なぜか小学生含む6人の子供たち。
はて?未就園児のクラスやったような気がするけど???
ま、いっか。

先生「じゃ、マットのギザギザの上に並んでください〜」
ささっ。
並ぶ子供たち。
先生「あれ?並ばないのかなぁ?」
嗚呼。
1人だけ、部屋の端っこに座り込む我が子。
先生「こっちおいで?並んで?」
Rieu「・・・」
呼びたくても、うちの対角線上の遥か遠くにおるため、呼べず(流石に大声を出すのは憚れる)
先生「では、体操教室を始めます!よろしくお願いします!」
子供たち「よろしくおねがいしますっ!」

教室に入る前、
私「今日は、Rieuたんがやりたいって言うてた体操です」
Rieu「やったぁ!」
私「そんなにやりたかったんか?」
Rieu「そう!」
私「じゃあ、始まったら、自分でやるんやで?」
Rieu「うん」
私「まーのは見てるからなぁ?ちゃんとやるんやで?」
Rieu「わかった」
という会話をしていたというのに!!!

全然参加してへんし!

先生も何度か声をかけてくれてはおるんやけど、基本無視(笑)
うちも、Rieuたんの自主性ってヤツ(あるんか?)にかけよう!
と、静止。
でも、必死で目で訴える。
「ちゃんと、やれ〜、やれ〜」

15分経っても、輪の中に入らへん我が子。

あかん。
このままでは、50分が無駄に過ぎて行く。
そして、多分、帰りの車の中で、うちが爆発する(自分でやりたいって言うてんから、やらんかいボケ!と)
ヤツの自主性を信じてはならん!(笑)

多分、もーすぐ、うちんとこにやってくる。
ヘラヘラ笑ってやってくる。
その時に決めよう。

ヘラヘラにやついたRieuたんが、うちの方へやってきました(ハハのカンはすばらしい!)
私「やらへんねんやったら、帰ろうか」
Rieu「いやだ」
私「だって、全然やらへんねんもん。やらんねんやったら、帰るから」
Rieu「いやだ!」
私「できへんことはやらんでもいいし、やりたくないんならやらんでいいねん。でも、ちょっとでもやりたいと思ってるんなら、やりなさい!」
Rieu「わかった」

やりたいと思ってるのに、やらん。
楽しくなかったのに、楽しいって言う。
そんな、そんな、そんな、そんな、そーんな天の邪鬼に誰がしたっ!

って、うちか(遺伝しとるがな!)
思いっきり、幼少期の自分を見てるよう。
だから、余計にイライラするんやな。
自分みたいになって欲しくない、そう思うから。
引っ込み思案でいてても、損はするけど、得なんかせーへんもん。

うちの目がマジだったのを感じ取ったようで、その後は一応参加してたRieuたん。
でも、ふにゃふにゃふにゃふにゃ。
あー、コレも無理かなぁ。結局、ぱーふぇくち!な習い事なんかないよなぁ・・・。

■ 2010年10月15日(金)  谷へ!
体操教室体験の翌日、保育園で
H先生「Rieuちゃん、どうでしたか?」
私「え?」
H先生「体操教室」
私「ああ。はぁ〜」
H先生「おおお、おかーさん、どーしましたかっ」
私「始まってもね、部屋の端っこでうんこ座りして、みんなを眺めてるだけでね」
H先生「えー?!」
私「20分経ってもそれ。うち、めっちゃガマンしてたんすけどね、ヘラヘラうちんとこに来たんで、やらへんねんやったら帰る!って言うたら、やっとやり始めましたわ」
H先生「えー?!そうなんですかー」
私「なんか、保育園でもこーなんちゃうかなぁって心配んなったんですけど。どーです?」
H先生「いや、保育園では・・・。一応、ちゃんとやらないといけないことは、ちゃんとやりますけど・・・。あ、でも、ちょっと待てよ。体操とかでも、他人がやってる時は、部屋の端っこに行ってたり、誰かのリュックについてるキーホルダー触って怒られたり、、、してます(汗)」
私「ああ、それや!他人がやってんのとかね、全く見ないんです。オレの出番だけでいいから!みたいな」
H先生「待ってる時間がイヤなんだ」
私「多分」
H先生「じゃ、空手とかは?どうだったって聞いたら、楽しかったって言ってましたけど」
私「でも、全くやってませんけど?」
H先生「え?楽しかったって・・・」
私「ヤツは、楽しくなくても楽しかったって言うんで」
H先生「えー?そんなに天の邪鬼なの?」
私「そーなんです」
H先生「そっかー」
私「どーしよーかなぁ」
H先生「おかーさんさぁ、入れちゃえば?(笑)」
私「へ?」
H先生「今後ね、社会性とか、やっぱり必要になってくるじゃないですか?保育園だけではちゃんとしてるかもしれないけど、他の場面も出てくるわけだし。ぽーんと!(笑)」
私「そっかー」
H先生「谷へ突き落とす(笑)」
私「落としてみるか(笑)」

すでにやる気ナシになってたハハですが、H先生の「入れちゃえば?」という一言で、
「入れちゃおぅ!」
となってしまい(かる〜!)
その週末、さっさと体操教室に入会しちゃいました。

悩んで悩んで悩んでてもしゃーないし。
多分、結婚なんかと同じで、勢いが大事♪(というか、勢いだけが必要なんかも)
とりあえず3ヶ月だけ試してみようと思います。

さてさて、どーなることやら。

■ 2010年10月16日(土)  楽描
101610.jpg 200×267 29K楽描♪ってヤツに行ってきました。
いや、連れて行ってもらいました。

前々から、ウワサには聞いてたんですが、Rieuたんは絵を描くのが好きそうじゃないしなーってことで聞き流してしまってたんですけど。夏休みに、みなとみらいで体験版があるから行かない?って誘われて、行ったのが最初。

森田ヒロ「楽描♪アートセッション」と検索すると出て来ると思います。
主催は、保土ヶ谷公園管理事務所となってるんですが、共催のジャポリズムってのが、森田ヒロさん自身が立ち上げたプロジェクトらしいです。
森田ヒロ「楽描♪アートセッション」:横浜市を拠点に様々な表現により環境をデザインする画家。近年は、子供たちの描く空想世界に魅了され、各地で開催。参加者とコラボレーションした作品を画集絵本や展覧会で発表。

ふむふむ。
ま、とりあえず行ってみませう。

すでに参加数回目というHKくんと、参加初めてのうちとKくん。Kくんはお絵描き大好き、かつ、上手!やからイイとして・・・。問題はうちのコよ、うちのコ!

お絵描きしよっかーというと
Rieu「りゅーたん、へただから、まーのが(かいて)」
と言い、家では全くお絵描きをしないRieuたん。
自己評価出来る程に成長してくれてんのは良きことなんすけどぉ〜(;-;)
今まで画用紙と色鉛筆だのペンだのを持たせへんかったうちが悪いんすから〜(;-;)
子供時代の絵なんて、枚数描いたら描く程上達するもんやねんから〜(;-;)
出来るだけ、毛嫌いせずに挑戦して欲しいねんけどなぁ。どうかなぁ。

と、思ってたら!

ママたち「おー!Rieuたんすごいね。直、だね」
ちょく?
はっ。
画用紙に絵の具をたらーり。

私「Rieuたん、それ、これ(=パレット)に出したら?」
ママたち「いいんじゃない?自由で(笑)」
私「あはは」
いいか。
そんな画伯がいても。

まぁ、しかし、ヒトの話を聞いてないのはいつも通りで。
テーマは『宇宙』やっつーのに、画用紙一面まっかっか。
私「なんで赤いん?」
Rieu「ばくはつしたの」
どうも、先日見たUFO墜落のシーンが頭にこびりついてる様子。
宇宙→宇宙人→UFO→爆発→燃える火→赤
いいか。
そんな発想でも。

■ 2010年10月17日(日)  パレットも筆もいらぬ!
101710.JPG 270×203 29K夏の作品が、保土ヶ谷公園に展示されてるっつーことで、その絵を見るついでに、またまた参加してきました『楽描』

今度のテーマは『笑顔』
今回は何をどー描いてくれるのか、画伯!

手に取った絵の具は、赤。
やっぱり!
テーマと関係なく、とにかく赤がイイ♪なのかもしれません(前回の、爆発=赤は、あとのせスッカスカな理由だったのかもしれん)
ま、好きにしてくれ。

フタを取って、画用紙に絵の具をにょりにょり。
見慣れた見慣れた(笑)
ぐりぐり。
あ!
ママたち「Rieuたん、手だ!」
ほんまや〜、手で描いてる〜!!!

前回、手が汚れただの、足に絵の具がついただの、靴下が赤いだの、ぶつぶつぶつぶつ文句を言うてはメソメソしてたお子様がっ!
今回は、手で塗り付けとるしっ!!!

私「で、何描いてんの?」
Rieu「へび」
私「なんで?」
Rieu「すきだから」
私「ほお・・・」
好きだから、って答えられたら、それ以上どないも突っ込めんがな(笑)

■ 2010年10月18日(月)  画伯度、アップ
101810.JPG 300×169 31K私「一応、テーマが笑顔らしいから、ニコニコのへびにしたってな」
Rieu「わかった」

Rieuたんは無言で描き進め、赤、青、緑のお手製へびくんたちが出来上がりました。

出来上がったものは、ハサミで切って、大きな紙に貼付けます。何人、時には何十人もの人間が描き上げた小さな作品たちがまとめられ、ひとつの大きな作品になります。

参加したのがイベントの2日目やったんで、すでに前日に描きあげられたのであろう作品が所狭しと貼付けられてます。隙間に割り込むように、Rieuたんのへびをはっつけはっつけ。

いやぁ、しかし、KHくんママも、Kくんママも、絵がうまいっすなぁ。絵心があるっつーの?いや、センスの問題か?!

おかしいなぁ、うち、美術選択やってんけどなぁ。なんかで賞も取ったような気がするんやけどなぁ。今となっては、その片鱗すらナイ。やっぱり、絵を描いてへんと、絵を観てへんと、アカンねんなぁ。とりあえず、ドガ展でも観に行った方がいいかもしれんな!

■ 2010年10月19日(火)  すりぃでぃ
101910.jpg 200×267 29K世の中では『すりぃでぃ』ってヤツが流行ってるそうな。
ヨドバシに行った時も、3D対応TVがババーン!と置いてあった。
が、肝心のメガネが置いてないので、ちょっとブレた映像が流れているだけで、何をしたいんか(ホンマに売りたいんか?)よくわからんかった。

その中で、唯一メガネがセットされていたのがココ。
ディズニー映画の一部分が、5、6本くらい流れていて、『すりぃでぃ』な画像ってやつを体験できるらしい。

得体のしれんもんには近寄らへんRieuたんが、迷いもせずにスタンド式になってるメガネに近付いて行って画面を見てるのは、先に同い年くらいの子がメガネを通してTVを見てたから。その子がその場を離れるや否や、ささっと陣取り。そして、ずーっと見っぱなし。

が、立体的に見える&飛び出る映像に惹き付けられて見続けてたわけではない。飢えた子供がゴチソウにがっつくように、TVにくびったけなだけ(多分よその子よりもTVに飢えてるもんね)3Dであるってのを理解してたわけではなく、メガネを通して見ないといけないんだろうと思って、見てたらしい。

私「何か、飛び出て見える?」
Rieu「うん」
私「ホンマに見えるんやなぁー」
Rieu「ゆきとか、ほしとか、でてきた」

じゃ、うちも見てみよう。

テーマパークやマクドの景品にあるような赤青のメガネじゃなかったんで、実はホッとした。当たり前やねんけどな、それは(だって、4原色って書いてあるし!)

見てみると確かに吹雪のシーンでは雪が舞ってるように見え、爆発のシーンでは火花が飛んで来るように見えた。なんも飛び出てこんシーンでは、キャラクターたちが立体的に、、、というか距離感が目に見える=奥は奥らしく、前は前らしく見える。

でも、これ、要る???
アバターの感動を、自宅でもってこと?
3D対応TVが欲しいがために、TVを買い替えるヒトっておんのかなぁ(一般平民で。ブルジョアは別)
なんで、流行ってんねんやろ?

まぁ、引越す時に、TVは要らないと言うてた人間(=ワタクシ)が3D対応TVの必要性について考えてもなぁ、即「いらん!」って言うに決まってるか(笑)

一昔前、とあるアニメで光過敏性発作が問題になったけど。
3D対応映像を見る際の人体への影響は?
メーカーさんたち、何人使って、何年実験してる?
眼精疲労なんつー、普通のTV見てて起こるようなもんだけじゃないと思うけど???

日本より先に、アメリカで発売されてたけど、まだ、訴訟起こってないんかな?
どうなんざんしょ?

ま、とりあえず、我が家にはいつまで経っても導入されへんってことは確定やな!(笑)

■ 2010年10月20日(水)  正直すぎて・・・
Rieu「Yせんせいってさー、ちょっと、デブ、だよね」(←カタカナ登場!)
私「え?ああ、デブ、、、やなぁ。太ってるわな」
Rieu「そーだよね」
私「でもな、それ、先生に言うたらアカンで?!」
Rieu「なんで?」
絶対、Rieuたんのことイジメルから!
とは、言えない。

私「デブ、って言われて、悲しいかもしれへんやろー?(ホンマはどーかわからんけど)気にしてるかもしれへんやろー?(あそこまでいったら、痩せる気はないというかやせる努力をしようって気はないんやと思うけど)Rieuたんはデブじゃないけど、デブやったとしてな、誰かにデーブデーブって言われたら悲しくなるやろー?だから、相手に伝えることで、相手を悲しくさせたりするようなことは言わへん方がええねん」
Rieu「わかった」
私「ふむ」
なんか、自分でも思うけど、説得力のナイ説明だ(汗)

子供は残酷な程、正直。

エレベーターに乗って来たおばちゃんの香水が、もんすげぇー時
Rieu「なんか、くさーい!」
あほっ!
おばちゃん、中国人でありますように。
Rieu「まーのぉ、なんか、くさいよー?」
あほあほっ!
おばちゃん、日本語わかりませんように。
私「え?そう?まーの、わからへんなぁ」
というのが精一杯。

近くのスーパーで買い物してたら、
Rieu「ねぇ、まーの、あのひと、ふとってるね」←しかも、指差し。
あほあほあほっ!
私「・・・」
聞こえないフリして、カート移動。

ヒトが前を塞いでて、通られへん時とか
Rieu「なんか、じゃまなんだけど」
うおおおおおー!
私「すいません、すいませんっ」
Rieu「まーの、なんで、あやまってるのー?」
ううううううううー!
説明できずに、無視しちゃいました。

でも、
「そーゆーのは、思ってても、聞こえるように言うたらアカンで。いや、聞こえへんようにでもアカンか。うん、そうや。言うたらアカンアカン。もし、なんか思ったら、あとで、こっそりまーのに教えてちょいらい」
と言い続けてきたので、この頃は・・・。

くさーいおばちゃんと一緒になっても
Rieu「は!」←手で鼻と口を塞いでる。
見られませんよう、見られませんようーに!
ドキドキドキドキ。
おばちゃんがいなくなると
Rieu「はぁー。いまの、くさかったねー♪」
私「う、うん」
Rieu「まーの、りゅーたん、いわなかったでしょ?えらい?」
私「えらいえらい。ちょー、えらいっす」

■ 2010年10月21日(木)  マユゲソリ器くんの仕事
102110.JPG 260×199 21KRieu「はい、ぱぱ、あし、だしてくださーい」
shots「えー?!」
Rieu「はやく、だしてくださーい」
shots「えー!!!」
Rieu「ぱーぱ!」
私「ちょっとー!」
shots「ほら、まーのがダメだって」
私「使ってもいいけど、ちゃんと下に紙敷いてや。毛、だらけになるやんか」
shots「えー!?それだけ?」
Rieu「わかった」
私「まぁ、shotsさん、毛ほとんどないから、支障はないとは思うけど」

Rieuたんが手に持っているのは、大学時代に先輩から譲り受けたマユゲソリ器。うちのゲジマユをじょりじょり剃るために使われてるのは、この2年くらいですが(それまでは、大事にしまわれていた)、くれた先輩も使ってたやろうし、何より古くて、すでに刃もボロボロなんじゃないかと思うんやけど。

私「大丈夫?」
Rieu「だいじょうぶ」

まさか、スネ毛を剃るハメになるとは?!
思ってなかったよね、君も(笑)
かわいそうに。
でも、Rieuたんにかかったら、アウトですから。

Rieu「ぱぱー!できました!はんたいも!」
shots「反対は、明日っ!」
Rieu「じゃあ、あしたで」

明日もスネちゃまソリ、頑張ってちょいらいね〜。

■ 2010年10月22日(金)  つるつる♪
Rieu「まーの、あの、じょりじょるするやつ、だして」
私「覚えてたかー?」
Rieu「あたりまえじゃん!」

一昔前なら、一晩寝たら前日の記憶なんかぶっ飛んでたRieuたんですが。この頃は、ちゃーんと覚えてます(しかも「あたりまえじゃん」とか言います)

Rieu「ぱぱ、あしだして!」
shots「はい」←諦めたもよう。

じょじょじょじょじょー。

shots「痛いっ!」
Rieu「ごめんごめん」←全然気持ちこもってない。
shots「もーいいよー」
Rieu「だめ!ぜんぶ!」

じょっじょじょー。

Rieu「ふう」
shots「できた?」
Rieu「できた」
shots「うわぁー、つるつるになってるし〜」
Rieu「かんせいです!」

ほんの数分で終わりました。
流石、つるつるスネ男。
うちのスネなんかやと、数十分かかりますよー。

■ 2010年10月23日(土)  復活!
102310.JPG 200×258 16Kそうそう、復活しました。
のーざんぞーさん、改め、シアワセを呼ぶ黄色いゾウさん。
そりゃあもぉ、大事に大事に大事に、踏みつけられ・・・(2007年6月6日参照)愛されまくりやったゾウさん。約3年ぶりに、布団圧縮袋から救出されました。

私「これ、覚えてる?」
Rieu「おぼえてない」
私「ずっと、おしりで踏みまくっててんでー」
Rieu「りゅーたんが?」
私「他にダレがおるんや?」
Rieu「まーのとか」
私「Rieuたんです」
Rieu「えへへ」
私「ま、愛情表現やったみたいやから?」
Rieu「あいじょーひょーげんって、なに?」
私「えー?スキスキよ〜って示すねん。踏み踏みして」
Rieu「にや〜」
私「こら、今、踏むなよ?!」
Rieu「なんで?」
私「Rieuたん、もーでっかいねんから。つぶれるがな」
Rieu「そっか!」
私「そうそう」
ま、もぉ、おしりがはみ出るかもしれませんがね。

■ 2010年10月24日(日)  世代交代、しても・・・
102410.jpg 190×275 19Kshots「Rieuたん、ちょっと、背中乗って」
!?
なんか聞き覚えのあるセリフ・・・。

おとん「makirin、背中乗ってくれ〜」
うちがちーさい時、よぉ言われたセリフやがな。
平日はそんなヒマはないから、きまって日曜の朝やったなー。

おとんの背中に乗りながら、
なんで背中乗って欲しいんやろー?
って思ってしゃーなかってんけど。

shots「もーちょっと上〜」
Rieu「うえぇ?」
shots「頭の方〜」
Rieu「こっち?」
shots「そうそう。もーちょっと、もーちょっと。そうそう〜」

なんか・・・。
初めての光景やのに、懐かしい。

shots「Rieuたん、今度は腰の方〜」
Rieu「こし?」
shots「下下。おしりの方にいって〜」
私「Rieuたん、どんどんしてやれ」
Rieu「?」
私「とぶねん、そこで」
Rieu「どんどん!」
shots「ぎゃああああああああああー」
Rieu「どんどんどん!(笑)」
おとん、うちもどんどんしてましたでしょうか?

こーやって、時代は巡るのですな(*^_^*)

■ 2010年10月25日(月)  10月の本
102510.JPG 200×259 30K絵本を選ぶ=予約する際、何を参考にしているかというと
『絵本ナビ』絵本出版社約100社の協力による公認絵本ポータルサイト
こちらをチラ見させていただいております。

今回の絵本の中では「きのうえのほいくえん」「うんちしたのはだれよ」「そしたらそしたら」が、そこで見つけて予約した絵本になります。多くのママから高い評価を得られているからといって、それが万人にウケるわけではないので、時々は失敗した〜と思いますが(笑)図書館で探してるだけでは見つけきれない、新しい絵本作家さん等が発見できるのでいいかな?と思います。

願わくば大人バージョンのサイトも・・・あればいいなぁ。

『お受験突撃』山手のお友達を思い出しました。みんな、お受験頑張れ!(笑)
『ミレニアム3』映画になっててびっくり!観たい〜。
『浪費バカ一代』『罪深い姫のおとぎ話』『本当は恐ろしいグリム童話』『鼻』『魔王』『夢にも思わない』『虚貌』『交渉人』『ブラックペアン1988』

■ 2010年10月26日(火)  shots水泳教室
102610.jpg 216×257 28K夏の間中ずっと、保育園でプールに入っていたようですが、Rieuたんは、最後の最後まで顔を水面につけられんかったらしいデス。

保護者宛ての連絡ノートに
「今日は、全員がプールにお顔をつけることができました!」
って書いてあったんで、
私「Rieuたんも、顔つけたんですか?」
と聞いてみると
保育士「あー、Rieuちゃんは、明日〜とか言ってましたねー」
おいおい。あの連絡ノートの内容はウソかい?!

私「明日って・・・」
保育士「まだねー、数人はダメなんですよー」
じゃあ、あの連絡ノートの内容は何なんな?

私「え?でも、全員できたとか何とか書いてあったような・・・」
保育士「あー、あれはですねー、お顔に、お水を、つけれたんです」
私「は?」
保育士「あの、顔、洗うときみたいに、ぴちゃぴちゃ、って」
えー?!
ちょっと、全然違うやん!
ってのにもびっくりしたんですが、
Rieuたんって、そんなレベルー?!
ってのにもびっくり。

シャワーぶっかけても平気になったのにー(まぁ、まだ、顔に水がかかると必死のパッチで顔拭ってるけど)
ビビリ健在やんかー。

こりゃー、鍛えんといかん!
と、鼻息荒く、市営プールへ通ってみました。

通う、とは言っても、月に2回くらい?
先生は、shotsさん。
うちが先生になると、無茶なことするから(笑)
shots先生なら教え方もうまいし、無理させへんやろうし、期待大♪

その結果・・・。

なんか、沈んでる沈んでる!
水面下に頭がっ!

後で聞いた話によると、水中でじゃんけんとかしてたそうです。
すげー!
やればできるがなー!!!

どんな手を使って、水中に潜らせたんだろう・・・。
shotsさんの教育法もすげー!

じゃ、その調子でけのびキックとかもお願いします♪
でも、もぉ寒いから来年ね!

■ 2010年10月27日(水)  運動会でしたが・・・
運動会がありました。
でも、雨やったんで、近くの小学校の体育館で行われることになりました。
折角買った『瞬足』出番ナシ(笑)

雨やったおかげで、幾つかの競技がなくなり、さくっと終わってラクチンでした(その上、お弁当もなかったもんね!)
が。
なんか、不完全燃焼な感じがするのはうちだけか?

去年は、イベント大好きなバカ理事長さえムシしてれば(笑)楽しい開花祭=運動会やったような気がするんやけど。運動会頑張るぜー!っていう、子供たちの意気込みは同じやろうし、一緒に見学してる保護者も同じやのに。グランドじゃなく、体育館でやったからか?華やかさが足りてへんのか?なんやろう???

閉会して、クラス写真を撮ってた時に気付きました。

先生や。
先生がチガウからや。

去年の演技『サバンナフェスティバル』の直前、緊張する子供たちひとりひとりのお面にニコニコマークを貼ってくれ、子供たちが心配そうにしてる時には元気と勇気が出る魔法の粉をふりかけてくれた先生。
無事、演技が終了した時、閉会式が終了した時、泣いてた先生。
子供たちも、先生のまわりに集まってた。
勿論、保護者も。
一緒に写真を撮ったり。
感動を分かち合ったり。

今は、それがナイ。
皆無。
「○○せんせい〜!」
と先生を求める声もなく。
「集まってー!」と言われへん限り、先生のまわりにたむろせーへんし。
今の担任とマンツーで写真を撮りたがる子供もおらんし、保護者もおらん。
話しかけにも行かんもんな(苦笑)
それどころか、先生からのがんばったで賞のメダルの受け取りを拒否する子供まで!(Rieuたんの横で、スな顔していらっしゃるお子様です。彼が、1番担任から精神的虐待を受けてたから・・・。その楽しくなさそうな顔は、当たり前だと思いますが)

担任の存在って大きいなぁ。
親よりも長時間一緒におるんやもんなぁ。
去年までは恵まれてたなぁ。
経営者が大手に変わって、いきなり閉園!って心配はせんでええようになったけど。なーんか、あの会社からやってくる保育士って、子供に対する愛情が感じられんのが多いというか、仕事としてこなしてる感が見え見えなんが多いというか・・・。

できれば、クラス全員が笑顔でいられるたんぽぽ組さんになって欲しいです。
102710.JPG 262×199 31K

■ 2010年10月28日(木)  この笑顔!
102810.JPG 260×201 27K
この笑顔は、この先生とでしか出ませんっ!!!
みたいな。

どーでもいいけど、帽子のゴムひも、びよんびよんすぎ〜。

■ 2010年10月29日(金)  就職活動の秋ですね
A社にしばらく在籍してて、大企業の就職って、こーやって決まるんや!?
って、内側を知っちゃいました。

まず新卒。
卒業生が大学に行って(T大とかね)優秀な学生に目をつけるんですって!
学生側も会社に興味を持ってくれてれば、ハイ!需要と供給一致!!!
みたいな。

社員さん、なんで有名どころの大学出身しかおらんのかなぁ?(高卒部門は別)
って思ってたんですが、理由がわかりましたよ。だって、社内の人間が有名どころの大学出身やねんもん。その人たちが、出身大学に行って、ピックアップしてくるんやもん。変な大学出身の人間が、どうやって内定をゲットできるんよ?

中途もそうです。
一応、公募は「一瞬」するんですが、中途の枠ってのは「ある人を会社に入れる為の枠」に作られた枠なんです。
つまりは、共同研究先にナカナカ使えそうな人材がいる、と。
そいつ、欲しいなー。
じゃあ、枠作るかー、その人材を中途採用するための枠を!なんです。

偉いさんから誘われた時、うちが「入社したいです」という返事を伝えてたら、一応の公募がなされ、一応の面接がなされ、そして入社ということになっていたのでしょう(実際、別枠でそーやって入ってったヒトと一緒に実験してたし)

全企業がそうなワケでは、勿論ないでしょうが、A社はそうやった。
どー頑張っても、そーゆートコにどっぷり漬かれる自信がないし、やっぱ断っててよかったわ。

就職活動中の皆様、世の中知らないでいいこともいっぱいある(笑)
とにかく、目の前の道を一歩一歩進んでくださいまし〜。

■ 2010年10月30日(土)  コ鉄用のハシといえば!
shots「明日、Sさんががんセンターに来るんだって」
私「なんで?」
shots「ご挨拶、じゃない?」
私「誰に?」
shots「オレ?(笑)」
私「(笑)」
shots「一応、O2先生じゃない?一応、共同研究やってるし」
私「いつまで続くんかわからん、何やってるかわからん共同研究か。ああ、可哀想に」
shots「いや、直接関わんないから大丈夫でしょ」
私「ああ、そっか。直属の上司やったら、ソッコー喧嘩しそうやけどな。まぁ、でも、shotsさんのお・か・げで某有名企業に永久就職できてんもんなぁ。ええなぁ」
shots「そーだよ」
私「一生、shotsさんに足向けて寝られんな(笑)」
shots「当たり前じゃん!一生下僕として働いてもらわねば!!!」
私「ほんまやなー。この就職の無い中、パーマネントにありつけてんもんなー。じゃ、さっさとエラくなってshotsさんのポスト用意してもらわんといかんな」
shots「そーだよ!さっさとエラくなってもらわないと!!!」

と言う訳で、Sさんヨロシクね♪

じゃなかった。
そのSさんから、いただいたお土産の紹介です。

shots「これ、Rieuたんへのお土産だってー」
私「何?」
shots「わかんない、開けようとしたら怒られた。Rieuくんへのお土産です!って」
私「ふーん、で、shotsさんへは?」
shots「コーヒー。っていうか、研究室に、だけど」
私「ふーん、で、うちには?」
shots「ない」
私「ない?」
shots「うん、ない」
私「あら、おかしいわねー。夫を制するには、嫁から!という鉄則を知らないのかしら」
shots「嫁が怒ってたって言っとこーか?」
私「あはは、ジョーダンやがな。うち、なんもしてへんし」
shots「確かに」
私「でも、Rieuたんのお土産をさー、ちゃーんと持って来てくれるってとこがスゴイよなー。会ったこともないのにさー。素晴らしいわ」

なーんていう会話がなされてたんですよー(笑)
って会話を暴露してんじゃなくって、お土産の紹介やっつーの。

大鉄道博でも見かけた(そして、買いかけた!あぶね〜)『ハシ鉄』
しかも、のぞみN700系!
何だこのスピード感!
いやーん、かっちょえー!!!

私「かっちょいー!」
Rieu「わああああー!のぞみだ!!!」
私「かっちょいーなー。まーのも欲しいなー」
Rieu「だめ!りゅーたんのだから!」
私「えー、だって、Rieuたん、自分でご飯食べへんやん」←あ、バレた。
Rieu「たべーる!」
私「いいなぁー。あ、でも、まーの、500系の方がいいなぁ」
Rieu「のぞみのほうが、かっちょいいよ!」
私「500系ものぞみやがな。あー、今度、見つけたら買おっかなー」
shots「頼んどこうか?」
私「いらんわっ!(笑)」

もー、このおハシ、ラインが素敵すぎ・・・♪
Sさん、ありがとうございます!!!
この際、家族3人とも『ハシ鉄』にしちゃおーかと思ってしまいました。これが、大鉄道博の前なら、きっとうちとshotsさんの分、買って来てた・・・(汗)

でも、問題は4つしか種類がないこと!
0系、N700系、ドクターイエロー、N700系さくら。
なんで、500系がない、500系がっ!(それは、型がチガウから)
作ってくれ、500系〜!
103010.JPG 275×192 17K

■ 2010年10月31日(日)  自分のお金でお買い物
103110.jpg 200×263 21K体操教室がマイカルSATYの横にあるので、体操後SATYに寄って買い物というのがお決まりのコースになりつつあります。

月に1度、もしくは、2週に1度くらいのペースでなら
スーパーで買い物=食玩ゲット!
の法則を許可してもいいんですが。
毎週はアカン。
毎週おもちゃ(しかも、基本どーでもいいようなおもちゃ)が1個増えるなんて、無理です。
「スーパーに行ったら、何かおもちゃが買ってもらえる」
と思われては困るのです。

という訳で、
「おもちゃは月に1個まで!」
という決まりを作りました。

Rieu「えー!」
意味わかってんのか、よくわからんのですが、とりあえず異議申し立て?

私「それ以外は自分のお金で買ってください!」
Rieu「は〜い」
かる〜(っていうか、ホンマに意味わかってる?)

Rieu「りゅーたん、これほしいなぁ」
私「あんまり欲しくないくせに・・・」
Rieu「ちがう!」
私「だって、オーズのおもちゃがないから、まぁ、しゃーないからコレにしよっかなーみたいな感じやし」
Rieu「ちーがう!」
私「ま、でもな、どっちにしろ、10月のおもちゃは買ったやろ?もー、買わへんで」
Rieu「なんで?」
私「なんでって?!月に1個って約束したやん」
Rieu「・・・」
私「先週、さほど欲しくもない電車とレールセット買ったやん。あんなん買わへんかったら良かったのにー。全然遊んでないし」
Rieu「あそーぶ!」
私「で、今日はゼロやろ?ウルトラマンゼロなんか、見たことないくせにー」
Rieu「これがほしいの!」
私「じゃあ、自分で買えば?」
Rieu「?」
私「まーのが買うのは、月に1個やけど。自分のお金でやったら、何買ってもいいって言うたやん」
Rieu「そっか!りゅーたん、じぶんのおかねでかう!」
私「でも、ゆーとくけど、お金って、使ったら減るからな?」
Rieu「?」
私「体操の後に、毎回毎回おもちゃ買ってお金使ってたら、今度、おっきいおもちゃ買いたいなーって思った時に、お金足りへんようになって買われへんってことがあり得るんやからな?」
Rieu「だいじょうぶだよ、りゅーたん、いっぱいいっぱいおてつだいするから。おはしもならべるしー、さらだもならべるしー、いっぱいだよー」
私「そっか。じゃあ、ご自分のお金はどうぞお好きにお使い下さいまし」
Rieu「うん」

食器を並べて10円(片付けはお手伝いではない)
窓を閉めて10円(カーテンもセット)
荷物を持って10円(地面にずりずり擦られるが)
頑張って貯めたのに〜。
ウルトラマンゼロフィギュアに395円かよっ!?
もったいな〜。

結局、買って帰って、家でちょっと遊んで。
あとは見向きもしとりません。
次はお金の使い方も学びましょうね。

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  

本館に戻る


---