ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2010年01月01日(金)  2010年っていったら宇宙の旅・・・はおいといて
あけましておめでとうございます(*^-^*)

年末年始は秋田に帰ってました。25日にうちとRieuたんだけ先に帰省して、秋田でshotsさんが帰ってくるのを、まだかまだかと待ってました。

そのshotsさんですが、
shots「お金がもったいないから、車で帰る」
と言って、譲りません。

うちも最初は車予定だったんですが、天気予報のねぇちゃんが寒波がくるとかなんとか言い出してたり。
母上様「市内はいいのよ、市内は。怖いのはその途中なの。山越えなきゃならないでしょ?凍ってるに決まってるじゃない。絶対ダメよ、絶対!」
って、母上様は言うし。うちは雪国の雪深さを全く知らんので、雪国に住んでウン十年の母上様の意見が正しいやろうし。それに、実際こまちの窓から深々と積もった雪を見ちゃってたんで、車は諦めてもらうしかないな、と思い始めてました。

私「諦めて、こまちに乗るように」
shots「29日(=出発の日)になったら考える」
私「はぁ?雪積もってるってば!」
shots「北海道でさんざ運転してるし」
母上様「昔の雪と今の雪は違うのよ!」
shots「大丈夫だって言ってるじゃん!」

強情で他人の意見を聞かないところは、父上様そっくりらしい。
母上様「交通費出してあげるって言っても、車で来るって言って聞かないのよ。死ななきゃわかんないのね!」
実の母、すでに突き放し状態(笑)
強情っぷりはうちも知ってはいますが、まぁ、風邪ひいたりしたら素直にこまちでくるやろう、そして、絶対風邪ひくやろう(虚弱だから)と思ってたんですが、珍しく元気らしいshotsさん。おかしいなー。

仕事納めの日(=出発の前日)も
私「まだ、車で行くって言うてますけどー」
母上様「死ななきゃわかんないのよ。ほっときなさい」
私「いや、今死なれても困るんですけど・・・」
母上様「っとに!みなが心配してるのに、全然聞かないんだから!」

そぉなんです。
うちが秋田にいる間に、母上様のお姉様、お友達Sさん、Sさんの元夫、ご親戚などなどから電話がかかってきては
「shotsちゃん、車で行くって言ってるんだって?!危ないから、やめなさいって言ってあげなさいよ!」
という台詞が飛びまくり。
その度に
母上様「こまちで来なさいって言ってるわよ。聞かないんだもの!(やや怒り気味)」
という声が、すぐ背後に聞こえる。うちは基本、関係ない!ハズなんですが、なんとなーく肩身の狭ーい思いをして、ちょっとちっさくなる。

あーあ、こんなに愛されてんのに。shotsさん、アンタ、親不孝もんよー(笑)

母上様「他所様が1番心配してるじゃないのねぇ。他人の子供のことをさぁ」
私「いつから、あんなに強情になったんですか?」
母上様「知らないわよー!18から家出てるんですものー。もう他人よ、他人!」
私「えー?!」
母上様「だって、もう20年以上一緒に住んでないのよ?知らない人よ、し・ら・な・い・ひ・と!」
私「いやいや、その18までですでに強情な兆しがあったとか?」
母上様「そんなことはなかったと思うけどー?それに、生意気なこと言ったらビンタだったものー。親には絶対服従よ!まぁ、でも、素直だったわよ」
私「へ、へえぇ・・・」
その反動?
と言いそうになりましたが、ソコはぐぐぐぅと飲み込みました。

結局、諦めてこまちで帰ってきたshotsさん。4時間かかるってのがネックやけど(願わくば3時間くらいで着いて欲しい!)、やっぱり、自分で運転せーへんってのは楽やろ?車で来るよりか、まだ安全やろしな。それなりの出費はあるけども。無事、皆で2010年を迎えることができて良かった良かった。

では、今年も宜しくお願いいたします! m( _ _ )m
皆様にとって良い年でありますよう!
grp0111231407.JPG 300×193 35K

■ 2010年01月02日(土)  今年の抱負(は1番下に)
010210.JPG 266×218 39K
すっかり忘れてました。
年越しそばを食らうRieuたんです。

23時。秋田に帰ってすっかり宵っ張りになっているRieuたん。本来なら、すでに寝てないかん時間です。なのに、
Rieu「りゅーたん、なんか、おなか、すいちゃったー」
平気でこんなセリフ↑を吐く、おバカちゃんになってしまいました。

私「そらそーやろ。もう夜の11時やがな」
Rieu「りゅーたん、なんか、たべたいなぁー」
私「ま、今日だけな、特別にな、おそばがあるねん」
Rieu「おそばぁ!」
私「そうそう。今日はな、大晦日いうてな、おそば食べて年越す日やねん。だからな、みんなで今からおそば食べんねんけどな」
Rieu「りゅーたんも!」
私「はいはい。用意するから待っといて」

Rieu「いただきまーす!」
がっつくお子様。
おそば、てんこもりですけど?

結局、全部食べました( ̄Д ̄;)

大晦日。
うちが小さい時も、確かに特別の日でした。おこた囲んで、紅白見て、除夜の鐘聞きながらあったかいおそばをズルズルーズルズルー。カウントダウンしたら初詣に出かけ、ベビーカステラとみかん飴とどんぐり飴買って帰ってくる。めっちゃ楽しいイベント。

うちもshotsさんも3、4歳からの記憶があります。この前生まれたばっかやん!と思ってたRieuたんも、インパクトの強い出来事なら記憶し続けるであろう年齢に達しています。

「そぉいえば、ちいさい時こんなことあったワ!(* ̄0 ̄*)」と、いつまでも覚えててくれるような楽しい思い出を作りたいと思います。

■ 2010年01月03日(日)  初ボーリング
grp0113003806.JPG 272×212 34K
秋田で、初ボーリングに行きました。
保育園友達の中には、すでに経験済みの子がいますが、Rieuたんは初めて!最軽量5ポンドの、指穴が5つあいてる特別ボールをもらって、ドキドキドキの初体験です!!!

先生は母上様。
ちゃんとした持ち方、ちゃんとしたステップからお教え下さっております。
がー。
きっちりしたフォームで投げれるハズもなく(笑)
線まで行って、
Rieu「えい!」
ごろごろごろー。
でも、Rieuたんは大喜び。
Rieu「がーんばれ!がーんばれ!」
めっちゃ応援してます。
私「がんばれ!がんばれ!」
うちも負けじと横で応援。
Rieuたんボール、いけえええぇぇぇええええ!

・・・ごろごろごろ。
・・・ぽて。

Rieu「きゃああああああああああああああー!」
1本しか倒れてませんが、すごい喜びよう。いっぱい倒した方がいいんだよー、ってのはわかってないようです。
Rieu「りゅーたん、たおしちゃった!」

しかし、表示されたスコアは『G』
おいおい。
『1』やろ!
どうも、ある地点から数秒後にピンが倒れないと、自動的にガターと認識するらしい。ボーリングにそんなハイテク機能があったなんて!って、そんなことどーでもええねん、数えろ、数えたれよ。せっかくの晴れ舞台(ちょっとチガウ?)やねんから!

その後、数回ボールを転がしたRieuたんは
Rieu「なんか、りゅーたん、のど、かわいちゃったー」
Rieu「りゅーたん、あいす、たべたく、なっちゃったー」
と甘えブリッコを連発し、自らボーリング強制終了。

とまぁ、こんな感じにRieuたんボーリング初体験は終了したんですが。
ボーリングに行ってうぷぷ♪と思ったことが・・・。
実は、母上様は、意外と負けず嫌いだった!!!(b^ー°)

うちよりもカッチョイーフォームで、ばしんばしん投げていらっしゃった母上様。
母上様「ボーリングなんて、ハタチ以来よ!ちょっと、あなた、若いんだから、もっとがんばんなさいよ!」(ちなみに、うちがハタチの頃の記念すべきスコアは28)
ストライク、スペアがとれないと
母上様「やっぱり、ボールが軽いとダメね」
スペアがとれると
母上様「ストライクじゃないとね!」
ストライクがとれても
母上様「カコーン!って音がしないのは、つまらないわ。昔は、すっごい音がしたんだけど。重いボールで、早く投げないとダメなのよ」
あれー?ってガターになっちゃうと
母上様「あ、レーンが左に傾いてるわ。いやだぁー、このボーリング場もボロだぁー」
あれれー?!って、またガターになっちゃうと
母上様「やっぱりね、言った通りでしょ?右に傾いてるのよ。どうしても左に行かないもの」
あれれれれー???って、またまたガターになっちゃうと
母上様「レーンの傾き直して欲しいわね。あーあ、いやんなっちゃう」

小心者のワタクシは
私「あ、そうですね。確かに左に傾いてるかも」
私「あ、そうですね。確かに右に傾いてますわ、左に行きませんもん」
私「あ、そうですよね。でも、子供用レーンやからねー」
と、その場に応じて辻褄の合うように答えるのでした。

■ 2010年01月04日(月)  じょり
010410.JPG 277×218 37K秋田ではTV見まくりRieuたんでした。キッズチャンネルで、毎日アンパンマンとポケモンがやってるんです。横浜ではうちがTVをつけないので、どっちも見たことがないハズ。うちにとっては、声優さんたちを当てるくらいしか楽しみがないこのアニメたち(ポケモンでは、その楽しみがかなり少ないが)。しかし、やっぱり、子供のココロをつかんで離さないナニかがあるんですねー。Rieuたん、キョーミシンシンです!

あー、めっちゃシンケンに。
微動だにせずに見とるわー。

あ、この間に髪の毛切りたい・・・。

私「髪の毛切るセットってありますー?」
母上様「あるわよ。おとぉさんの、あたしが切ってるんだもの」
私「あ、そうなんですか!」
母上様「そうよ、バリカンでねー。外に出ないからさ、あたしが切ってるので十分よ」
私「でも、バリカン使ったことないからなぁ」
母上様「何言ってるのよ!あなた、アメリカでshotsの髪の毛切ってたじゃない!バリカンで!!!」
私「でしたっけ?!」
母上様「いやぁねー、若年性なんとかじゃないのー?」
私「使ってたっけなー。ま、じゃ、使えるかな。貸して下さいー」
と、うちも適当なもんで。
shotsさんが使っていたというケープ(30年くらい前のブツだと思われる)とバリカンとはさみを借りて、へあかってぃんぐ、すたぁとですわ♪

ケープを装着しても、全く動かないRieuたん。
んー、いい感じー。
ふんふーん。
じょじょじょー。
ステキー。
ラクチン、バリカーン!(* ̄0 ̄*)オホ。

ん、ん?!
バリカンが。バリカンが、届かない!!!
隣室から電源をとっていたためか、コードをぴんぴんにのばしても左側に届きません。

私「ううううううー」
母上様「何、うううう言ってるのよー」
私「と、届かないんす。左側が切られへん」
母上様「貸してみなさいよー。大丈夫よー。こうやって、つまんで、ほら!」
じょり。
じょり。
じょり。
私「・・・」(内心、きゃあああああああああああー!と思っている)
じょり。
じょじょ。
じょり。
じょじょじょ。
じょじょじょじょじょりいいいー。
やけに軽快な音。

いや、慣れてはるからや。そうや、そうに違いないんや。
でも、見ない。でも、みみみ、見ないでおこう。

母上様「これじゃなくって、もっと短いアタッチメントにしてちょうだい」
私「あ、は、はい」
母上様「そうそう、1番短いのね」
じょり。
じょじょじょじょじょじょー。
う、ひゃあああああーーーー( ̄Д ̄;)

母上様「ほら、できたでしょ」
私「あ、ほ、ほんまやー」
母上様「あとは、はさみで仕上げてあげなさい、細かいところ」
私「は、はい」

ドキドキドキドキ。

チラ。

きゃああああああああああー!
変に短い場所が、い、い、いっぱいあるー。

・・・。
すまん、Rieuたん。
でも、アタマの後ろなんて、見ないよね。髪の毛なんて、なんぼでも生えてくるしね。許してね(>_<。)

■ 2010年01月05日(火)  ぶーどーじゃーRieuたん
010510.JPG 270×203 29K到着したその日は、雪が残っていた秋田。しかし、その後からは、それなりにあったかくい日が続き、到着時に積もっていた雪が溶ける一方で。雪遊び皆無やん!秋田に来た意味ないやん!(・'・;)と怒り悲しんでいたところ・・・。

横浜に帰る当日にどっちゃり降りました。
Rieu「きゃああああー」
私「ゆきやー!ゆきやでー!」
嬉しい悲鳴が2つ並んでいましたが、うちらはこの日、横浜に帰らんといかんのです。

すでに荷物(=着替え)は宅急便で横浜に送った後。今から濡れることはできません。ああ、雪遊びしたいのに遊ばれへん。ならば、せめて最後に雪かきだけでも!と出発直前に、Rieuたんと一緒に最初で最後の雪かきをさせてもらいました。

Rieu「おひょー!」
新年早々、けったいな奇声をあげて雪かきするRieuたん。もーちっと前に降ればよかったのにな。寒波ってばー、いぢわるやねんから。

その寒波は、うちらがこまちに乗り込む際にもいぢわるっぷりを発揮。
車掌「えー、こまち○○号は、強風のため発車できません」
えー?!

ぶおおおおおおー。
吹雪いとる吹雪いとる。
あはは、吹雪いとるわー(なぜか、面白い訳でもないのに笑う)
車掌「風が止み次第、出発する予定ですが、出発時刻は未定です」
いやぁー、発車してもらわんと困るんですけど?

結局、こまちは1時間15分遅れで出発。出発後は、雪をかき分けひたすら健気に東京へ向かうこまち。流石、雪に1番つおい子だね♪(と勝手に思っている)

こまち、ご苦労様でした。
雪かきしてくれたRieuたんも、ご苦労様(*^_^*)

■ 2010年01月06日(水)  なまはげ参上!
grp0116004347.JPG 159×357 33K前回は、きりたんぽくんがいた秋田駅。
今年は今年は?!
あ!
私「なまはげや!」
Rieu「びくっ」

なまはげ「ぐおおおおおおおおおおおおー!」
めっちゃ叫んでます(笑)

私「なまはげや、なまはげや!あ、でも、Rieuたん、なまはげ怖ないんやっけ?」
Rieu「こわくないよ!」
私「じゃあ、なまはげにタッチしてきて」
Rieu「・・・」
私「怖いんやーん!」
Rieu「こわくない!」
私「え?じゃあ、タッチ♪」
Rieu「・・・」
私「ほら!」
服をつまんで、なまはげに近づこうとすると(と言っても、15mくらい離れてるんですけど)
Rieu「やめてっ!!!」
マジでびびってます。
顔こわばってるし(笑)

Rieu「なかにね、にんげんがはいってるんだよね」
私「そぉやー」
Rieu「・・・」
私「でも、なまはげやで?」
Rieu「なまはげって、おになの?」
私「んー、そぉかも。角あるし」
shots「わるいごいねがー!ってくるんだよ。Rieuたんはどうかなぁー?!」
Rieu「りゅーたん、いいこ!」
私「じゃあ、平気やん、なっまはげなっまはげー!見にいっちゃおっかなぁー。ほら、みんな、一緒に写真撮ってるで?」
Rieu「まーの、いかないでっ!」

Rieuたんの中で『なまはげ』ってどぉゆぅ風に写ってるんでしょうか。

保育園にやってきたというサンタさんを信じてるんやもんな。
きっと、節分の鬼も怖がるんやろうな。
お面ってもんを、わかってないもんな。
面白いから、教えないでおきましょう・・・(ぐふ)

■ 2010年01月07日(木)  なまはげブルー参上!
grp0116004816.JPG 190×286 42Kま、こんな『なまはげ』なら、いらっしゃいまし♪って感じかなぁ(´〜`ヾ)

■ 2010年01月09日(土)  ぎゅー
Nくんが保育園でママとバイバイする時、「ぎゅー」しているというのを知り、我が家でも取り入れました「ぎゅー」制度。
保育園に着いたら、さっさと折り紙や絵本に走って行ってしまうので、家を出る時に「ぎゅー」します。うちが足を投げ出して床にぺたんと座って、Rieuたんがうちの足をまたいで座る。
で、「ぎゅー」( ̄∇ ̄*)

私「Nくんってな、ママがお仕事行く時、ぎゅーってしてー!もーいっかいぎゅーってしてー!って言うらしいで」
Rieu「へー」
私「Rieuたんは言わへんなぁ」
Rieu「それはね、Nくんは、ままが、すきすきなんでしょ?」
私「そうやろな」
Rieu「だって、りゅーたん、まーののこと、ちょっとだけ、きらいだから」
私「ええええええー!きらいやったんか!」
Rieu「まーのが、おこったときはね」
私「じゃあ、ぎゅーもせんでええな」
Rieu「それは、、、する」
私「なんで?きらいなんやろー?」
Rieu「すきすき」
私「ホンマかぁー?」
Rieu「ほんまほんま」
私「じゃあ、今日のぎゅーしとく?」
Rieu「しとくしとく」

この「ぎゅー」
別にRieuたんがやりたいと言ったワケでも、ねだったワケでもないので、別にやらなくても平気です。ま、やりたいのはうちの方やねんやろな。もーしばらくしたら「ぎゅー」なんかしてくれへんようになるんやろなー。

■ 2010年01月11日(月)  モノの数え方その1
私「いーち、にー、さーん、しー」
Rieu「いーち、にー、さーん、よーん」
私「ごー」
Rieu「ちがうっ!まーの、しーじゃない!よん!」
私「えー?なんでー?」
Rieu「よん!さいしょっからいくよ!」
私「いーち、にー、さーん、よーん、ごー、ろーく、ひーち」
Rieu「いーち、にー、さーん、よーん、ごー、ろーく、なーな」
私「はーち」
Rieu「ちーがーうっ!!まーの、なな!」
私「ひーち」
Rieu「なな!」
私「だって、ひちって習ったし!なんで、ななやねん」
Rieu「なな、なの!」
私「えー」
Rieu「ななって、いって!!!」
shots「きっと、保育園でそう言われてるんだよ。だって、いち、に、さん、よん、ご、ろく、なな、はち。よんこ、ななこ、よんほん、ななほんでしょ。しこ、ひちこ、って言わないでしょ。ちなみに『ひち』じゃなくって、『しち』だから」
私「えー?!」

Rieuたんの数え方はいいとして、7は『ひち』やろ?
3×7=21って、さん『ひち』、にじゅういち、やろ?さん『しち』にじゅういちなんか?!

■ 2010年01月12日(火)  モノの数え方その2
私「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、いーつつ」
Rieu「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、ごつつ」
私「は?」
Rieu「えへへー」
私「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、いーつつ」
Rieu「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、ごつつ」
私「いつつ」
Rieu「ごつつ」
私「いつつ!」
Rieu「ごつつ!」
私「ひとーつ、ふたーつ、さんつー」
Rieu「ひとーつ、ふたーつ、みっつ」
私「よっつー」
Rieu「あああー!まーの、まちがっちゃった?みっつだよ、みっつ」
私「さんつ」
Rieu「みっつ!」
私「そーやな、間違ったなー。じゃ、もっかいいくで?」
Rieu「いいよー」
私「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、いーつつ」
Rieu「ひとーつ、ふたーつ、みっつ、よっつ、ごつつ」
私「いつつ」
Rieu「ごつつ」
私「いつつ!
Rieu「ごつつ!」
私「ごつつ!」
Rieu「ごつつ!あ、まーの、また、まちがったでしょー」
私「間違ってるってわかってんかい!」
Rieu「ごつつ。うふふふふー」

日本語って、ムズカシー。

■ 2010年01月14日(木)  しったかRieuたん
011410.JPG 277×207 24K
私「あ、今日もパパと寝んのん?」
Rieuたんは、ドコか(主に足の裏と頭)がダレかとくっついてないと不安なのか、うちかshotsさんかどっちかにぴとっとくっついて寝ていることが多いです。大概、うちには腕枕を要求してきて、うちの胴体を体で踏みつけて寝ます。が、shotsさんに関しては、、、どっちかーっつーとshotsさんがRieuたんにくっついていってるような気がしないでもない(理由:寂しいから)

Rieu「きょうは、まーのと」
私「なんで?昨日パパと寝てへんかった?」
Rieu「あのね、りゅーたんね、いーこと、かんがえたの」
私「ふんふん、いーことって、ナニ?」
Rieu「ぱぱと、まーのと、こぉたいでね、ねたらいいんじゃないかなーって」
私「へえー」
Rieu「だから、きょうは、まーの」
私「明日は?」
Rieu「ぱぱ」
私「明後日は?」
Rieu「まーの」
私「明々後日は?」
Rieu「ぱぱ」

私「ふううーん」
Rieu「ね!?すごいでしょ?」
意味不明に嬉しげ(笑)

私「じゃ、昨日は?」
Rieu「んー、ぱぱ」
私「一昨日は?」
Rieu「まーの」
私「一昨々日は?」
Rieu「ぱぱ」
私「おお、そうかー。って、Rieuたん、さきおとつい、とか、しあさって、って知ってるわけ?」
Rieu「しってるよ!りゅーたん、さくらぐみのときから、しってたよ!」
あんた、まださくら組ですけどー?

そして、一昨日も一昨々日も、まーのと寝てますけどー!!!(そして、明日も明後日も明々後日も、まーのと寝ました)

■ 2010年01月16日(土)  1月の本
011610.JPG 222×277 33K
相変わらず図書館へ通いまくり、絵本代を浮かせているshots家でございます。
が、11月から絵本紹介がされてないっ!!!

あ・・・、すいません。

忘却してたわけではないんですが。
いや、ちゃんとネ「紹介してない、紹介してないやんっ、あかんやん、やらなあかんやんっ」という心残りじゃい感を抱きながら、年を越したんですヨ!ああ、もう切ないことこの上なかったわー(←ウソっぽくなってしまった)

でも、実際に紹介できてなかったら一緒やん・・・。

・・・あ、はい、本当にすいませんm( _ _ )m

一応、紹介しなくなっていた理由は幾つかあります。

まず、第一に、紹介したい!コレ、読んでみて!って思える絵本に出会ってなかったこと。
それから、シリーズに走っていたので、シリーズをちまちま紹介してもなぁー?と思っていたこと(五味さんシリーズとか、たまごにいちゃんシリーズ、14ひきシリーズ、バーバパパシリーズなど)
それからそれから、アンパンマンの紙芝居等、皆が知ってるようなものが多かったこと(うちが特にオススメしたいモノではなかったから、というのが本当のトコロですが)
あとは、Rieuたんがハマったけど、コメントが難しかったりとか?(笑)

あ!
そうそう。
それからね、Rieuたんもそろそろ話の内容を理解できるようになったことやし、ここらへんでイッパツいっとこーかっ!と、昔話や童話関連にチャレンジしてたからですわ。
カチカチ山とか、七匹の子ヤギとか、皿屋敷のおきくとか。
ここらへんって、めちゃめちゃ有名どころやから。今更、紹介する必要なくないですか?

ええっと、それから・・・。
絵本を借りに行ったのに、借りたのは全部図鑑だったりしたりもしたから。ブラキオサウルスとか、カブトムシとか。

なので、今年からは、感動した絵本があったら紹介することにして、あとは写真で
「こんなん借りました」
と視覚に訴えることにしました(単に、手間省いただけなんじゃねぇの?!)

ついでに、本が好きな友人と「何か面白い本ないー?」と言い合ったりしているので、参考にもならないかもしれませんが、うちが読んだ本もタイトルだけ書くことにしました。子供向けの本にはコメントつけてましたが(今後もつけることがあるかもしれませんが)、うちが読んだものに関してはコメントはつけません。感じ方は人それぞれなので、先入観なく読んだ方が良くないかなぁ?と思うので(でも、参考までにうち的に面白かったもん順で並べときます)

ちなみに、Rieuたん用の本も、うちが読んだ本も、目の前に並んでる本の中から適当に選ぶのがほとんどなので、アタリは少ないと思いますぅ。あしからずー( ̄ー ̄; )ノ

■ 2010年01月17日(日)  1月の本その2
grp0123230151.JPG 288×208 33K
Rieuたん、ハマってます。
『ネズミなんていないでしょ?』ネズミ探しの本です。
『たのしいでんしゃ』今月のテーマ(←勝手にうちがテーマを決めただけ)は、ポップアップ絵本!
『のりものめいろ』iPhoneの無料ゲームに迷路があるんですが、それを必死こいてやってるんで、ポップアップ絵本でも借りてみました。大人にとっちゃあ、しょーもなーい迷路ですが、Rieuたん的には面白いらしい。
『からだ』1番のお気に入りです!ヒドい日(?!)には、3回くらい読まされ、、、というか、説明させられます。小腸・大腸の説明のところで、迷路遊びをするのがRieuたんの常です。

shotsさんが、暇さえあれば読んでるのが
『サメガイドブック』大人向けです。でも、シュモクザメ、トラザメ、アカエイ、オニイトマキエイなど、Rieuたんの大好きなこたちがわんさと載ってるんで、Rieuたんも眺めてます。

そして、うちは
『天使の牙』『アンテナ』『深紅』止まらなくなって、夜更かししました。
『リング』『らせん』『避暑地の猫』『闇の中の子供』『三毛猫ホームズの幽霊クラブ』『いまどきの神サマ』

■ 2010年01月19日(火)  あなたなら、どぉ答えますか?
Rieu「おとこのひとがひとり、おんなのひとがふたりいます・・・どぉ?」
私「どぉって、どぉゆぅこと?」( ̄Д ̄;)

うちの頭は腐ってるので、
おとーちゃんが1人で、おかーちゃんが2人ってことで、それはやっぱり、一夫多妻制度を公には認めてない日本社会ではダメなんじゃないか?そのおかーちゃん2人の仲も、おかーちゃんとおとーちゃんの仲も、円満にはいかんやろうし?
とか、
つきあってる2人の女の方の親友が、その彼氏を好きになった場合・・・。
とか。
まぁ、つまりは三角関係の話しか思いつきませーん!

Rieu「どぉですか?」
私「ええええー?」
どうコメントすればええねん?
って、Rieuたん、あんたは、ドーユー意味でナニを質問してるんですかっ!(決して、三角関係の話ではないことは確かである)

Rieu「ねぇ、まぁのー、どぉ?」
とりあえず、ナニか答えねば。
私「んー、男の人1人と、女の人1人がいいと思います!」

Rieu「じゃぁー、おとこのひとがふたりとー、おんなのひとがひとりは、どぉですか?」
私「う」

ブリちゃんの『3』のPV観たとこやったんで、アブナい妄想しか浮かびませーん!
とも、言えませーん!!!(/へ\*)

Rieu「どぉですか!」
私「んー、やっぱり、男の人1人と、女の人1人がいいと思います!」
あ!
私「ぱぱとー、りゅうたんとー、まーの、の3人ならいいと思います!」
Rieu「せーかい!」
正解?!
私「あ、ありがとうございます」
Rieu「いえいえ」

で、それが正解つーことは、最初の男1人女2人はナンだったんでしょうか?

■ 2010年01月20日(水)  那須ハイランドパークにて
那須ハイランドパークへ行ってきました。
はっきり言って、秋以降に那須に行くのは無謀です。今度は夏にしましょ、夏に。寒がりのshotsさんは、セーターも着込んでました。カイロ、いる?ってくらい寒い。売店やフードコートに置かれてあるストーブをココロの友として、連れ歩きたいくらいです。

なのに、ソコソコお客さんはいる。ビミョーにサビレ感が出てるし、ウリの7大絶叫コースターも待ち時間なしで乗れちゃうくらい空いてるんですが、潰れてないからチョー赤字ではないんでしょうね。もっともっと近ければ、何回も行きたい遊園地です。

というのも、子供向けライドがちゃんとあって、公園もどきもあって、子供も楽しめるからです。3歳やと、かなりの乗り物に乗れます(釣りや足湯もできます)

とりあえず、Rieuたんの好きなコーヒーカップ、行っときましょう!
shotsさんは酔うので、お休みですけどね。

しかし、いつまでたっても
ピースは3本なのね・・・。
4歳になったら、どーすんねんやろ?
それで年齢バレちゃうじゃないっすか・・・( ̄ー ̄;)←え、バレちゃダメなことでもするんですかぁ?
012010.JPG 280×213 31K

■ 2010年01月21日(木)  レゴスタジアムにて
grp0125130609.JPG 288×194 34Kあ、そいで、那須ハイランドパークのウリがもーひとつ!
レゴスタジアム!(他にも、期間限定で色んなイベントしてるようです。ガンダムワールドには行けんかったぁー)

わぁ、巨大昆虫や!恐竜や!ダースベーダーや!ハリーポッターや!モナリザや!

すげええええええー!!!
他にも、東京やみなとみらいの風景なども人形付きでディスプレイされてます。圧巻です。鳥肌でました。もぉ、単に、スゲェとしか言いようない(笑)

そして、ディスプレイだけでは満足しない子供たちのために、好きなだけレゴで遊べるコーナーもあります。

私「じいいいいいいいいいー」
とりあえず、ディスプレイの中にある、作んの簡単そうな家とか木を見つめてみる。

ささっ!
レゴプレイコーナーへ移動!
私「・・・」
できない(хх。)
どぉがんばっても、うちには作れない。どんなにレゴを見つめてみても、同じものなど作れやしない。

だったら、想像力を活かして・・・。

できない。
あー、想像力の欠片もないんだったわ、ワタクシ。

その点、こちらのお2人は、そーゆーの得意そうです。
がんばってぇー。あたしゃ、お手上げ (/´Д`)/

このレゴスタジアム、ブロック好きのお子様(って、ブロックで遊ばへん子供っつーのをあまり見たことないんですが)なら、1日いても飽きないんじゃないでしょうか?ちーさいレゴだけじゃなく、もっとでっかいバージョンもあるので、2歳とかでも楽しめると思います(ちーさいバージョンもあるので、大人も楽しめます)

うちらは遊園地で遊び過ぎ、入館したのが15時近かったもんやから(遊園地の閉園時間は16時)、Rieuたんは少し遊び足りなかった様子。蛍の光が流れてきちゃったんで、しぶしぶ退館&退園しましたが。

これまた、横浜の近くにこんなんあればなぁーと思います。でも、入館者が多くなって、大変か。1時間当りの料金制度とかになってまうかな?そうじゃなくっても、ブロック好きって年齢関係なくおるみたいやから、レゴ教室とかを併設すりゃーじゃんじゃん儲かりそうな気がするけどなぁ。

ま、時間制になったら、うちは行きませんけどね。フッ。

■ 2010年01月22日(金)  ゴーカートのりばにて
012210.JPG 270×215 32K
那須ハイランドパークにて、Rieuたんがハマったもの。
それは、ゴーカート。

勿論、3歳児は運転できません。
よって、shotsさんかうちの隣りに座っているのみ。

最初、shotsさんとゴーカートに乗ったRieuたん。乗る前は
Rieu「のりたい!のりたい!のりたい!」
ノリノリだったRieuたんですが、コースを1周してくると、かなり「ム」っとしてます。

怒ってる?
いや、スネてる?

私「どーした?」
shots「運転したかったんだって」
私「そーなん?」
Rieu「まあぁのおおおおおおおおお!りゅーたん、りゅーたん、うんてんしたかったのに、ぱぱがああああー!」
shots「そんな、号泣しなくても。できないんだもん、仕方ないじゃん」
Rieu「えっえっえっえっえっえっ(泣)」

試乗車展示とかあったら、絶対運転席に座ってハンドル握るんですもの。そりゃー、運転したかったよねぇ?

子供の時、車を運転することって密かな夢じゃありませんでしたか?(うちは、運転席に座らせてもらってて、ウィンカーだかワイパーだか何だかをがちゃがちゃやって、壊したらしいですが)ささやかな夢を叶えてやらねば!

私「じゃ、もっかい乗りに行こうや」
Rieu「だって、だって、だって、うんてんできないのは、いやなのー!」
私「じゃあ、ナイショですればいいやん」
Rieu「え?」
私「ナイショで。子供は運転したらあかんねんやろ?運転席には座られへんけどな。あの係のヒトが見えへんようになったら、Rieuたんが運転すればいいやろ?」
Rieu「そんなこと、できるの?」
私「できるできる。その代わり、遊園地のヒトが見えてきたら、ハンドルから手を離すこと。まーのが運転してましたよーん♪ってアピールするからな」
Rieu「うん」
私「じゃあ、もっかい行ってみよか?」
Rieu「うん!」

あー、こうやって、子供は大人を欺くことを覚えるんやろなーと思いつつ(笑)
2人で乗り込みます。
係員「車の運転の方は?あ、では、右がアクセル、左がブレーキです。いってらっしゃい!」
乗車場から離れると、スピードを落として
私「ほら、運転頼むで!」
Rieu「うん!」
ハンドルを託し。

私「あ、次、ヒダリヒダリヒダリ!あほか、そっちはミギやがな!」
私「そうそうそう。じゃ、次はミギにカーブしてるからな、ミギに切るんやでー。ほら、ちゃんと前見て」
Rieu「えへー♪」

このゴーカートは真ん中にレールがあるので、全くハンドルを操作しなくても変なとこに行ってクラッシュしちまっただぁー!って心配がありません。左右に1mくらい揺れるくらいですかね。反対にハンドル切っても、軌道修正してくれるし。

私「あ、見えてきた!もう終わりやでー。ほら、手ぇ離して!」
Rieu「さっ!」
係員「ありがとうございましたー」

私「ありがとうございましたー。Rieuたん、どうやった?」
Rieu「まぁのぉ、りゅーたん、もぉいっかい・・・」
私「あ、じゃあ、パパと乗ってきたら?」
Rieu「いや!」
私「えー?」
Rieu「まーのと!」

はいはい。
じゃあ、と・・・。

さらに乗り込むこと1回。
2回。
3回。
4回。

Rieu「りゅーたん、もーいっかい!」
えええええええー?

私「ぱ、パパと行ってきなされ」
Rieu「いや!」
私「いや、ちゃんとパパに言うとくからさー。Rieuたんが運転しますって」
Rieu「ほんまに?」
私「ほんまほんま」

しっかりとshotsさんに説明し、ちゃんとRieuたんに運転させるように!と念を押し(←勿論、小声で)
私「行ってらっしゃーい!」

私「おかえりー」
shots「まだ乗るんだって(汗)」
私「お!じゃあ、イッテラッシャイマシ」

Rieuたんの機嫌も直ったようです。
でも、何回乗ったんだかなー?これで、モトを取りましたって感じ(*´∇`)

■ 2010年01月24日(日)  江ノ島水族館へ行ってきた!
遠足で江ノ島水族館へ行ってきたRieuたん。
私「水族館楽しかったー?」
Rieu「たのしかったよ!ねこざめがいた!」
私「ねこざめ?ほぉほぉ。他にはー?」
Rieu「・・・わかんない」
私「えー?イルカショーとかは?見たんちゃうん?」
Rieu「あ、いたいた。いるか、いたよ」
私「それから?」
Rieu「んー、わかんない」
私「クラゲとか」
Rieu「お!いたよ、くらげも!ふっわーって!こっぷがいっぱいあった」
私「こっぷ?」
Rieu「そうそう。せんせいがね、さわっちゃだめって、でもね、○○ちゃんがさわろうとして、おこられてたの。りゅーたん、いいこだから、さわってないよ」
私「ほぉほぉ。コップもあったんかー。あと、ペンギンとかは?」
Rieu「んー、いたんじゃない?」
私「覚えてないんかいっ!」
Rieu「あとね、えいがいたよ、えい」
私「えい?」
Rieu「そうそう。しっぽがながいの」
私「ふーん、いいなぁ、いっぱい見て」
Rieu「まーのも、いきたいの?」
私「うん、行きたいわー。ネコザメ見たいわぁ」
Rieu「じゃ、いこっか!」
私「そうやなー、また行こかー」
と、これが遠足当日の夜(金曜日)

翌日(土曜日)
私「Rieuたん、今日はドコ行く?」
Rieu「すいぞくかん」
私「は?昨日行ったやん」
Rieu「でも、いきたいの!」
私「同じとこに?」
Rieu「そう」
私「って、言うてますけど」
shots「別にいいけどー?外、雨だし」←大雨でした。
私「じゃあ行くか?」

結局、遠足の翌日に、遠足で行った江ノ島水族館へ行くことに。
まぁ、こーゆー機会がないと外出しないんで、いいんですけどねー。

江ノ島水族館が『新・江ノ島水族館』になってからというもの、土日はもんすごいヒトで、駐車場もいっぱいって聞いて、全然行く気がなかったんですが。朝から行けばどーにかなるやろー、しかも雨やし!とプラプラ行ってきました。

うちの目当ては深海コーナーの『世界最大のダンゴムシ』と『クラゲ』
shotsさんのお目当ては『ウロコフネタマガイ』
Rieuたんのお目当ては???
Rieu「ねこざめ!」

なんで、ネコザメねぇー?!まだ、トラザメの方がかわいかよー!!!
いや、それを言うたら、なんで、ダンゴムシ???ってつっこまれそうなんで・・・。ヒトの興味は色々ってことで!

で、うちは『ダンゴムシ』の大量の脚をみて、ワクワクし。
shotsさんは死んじゃってた『ウロコフネタマガイ』に、ガッカリし。
Rieuたんは『ネコザメ』を・・・全く見てなかった。

旧江ノ島水族館がどーゆーもんやったか、うちは知らないので、新旧比較してどうとは言えませんが。こじんまりした水族館にしては頑張ってるなぁと思いましたし、実際に楽しかったです。子連れには、あのこじんまりさが具合良い。地味なりにイルカショーも頑張ってたし。しかし、イルカショーが屋外で、風が吹いて寒くて寒くて(Rieuたんは風邪ひきました)。もーちっとあったかくなったら、タッチングプールで思いっきりサメ肌触って遊びたいし、Rieuたんがもーちっと大きくなったら、体験学習館にも入って学習したいなぁ。

そして、クラゲコーナーにて、Rieuたんの言うてた
「こっぷ」
の意味がわかりました。なんで、こんなとこにグラスが?って、思ってスルーしてたら。ん?おお!グラスの中に、1匹ずつクラゲが入ってるではないかっ!
私「Rieuたん、これ、クラゲが入ってるで!」
Rieu「え?」
私「ほらほら、1個のグラスにクラゲ1匹」
Rieu「あー、ほんとだー。でも、ひとりだと、さみしいね」
私「んー、確かに。でも、2匹やと、せまいんちゃう?」
Rieu「そうかー。でも、おともだち、いないと、さみしいよ」
私「そうやなー。まぁ、でも、隣りの部屋におるからええんちゃう?ちゃんと、おるってこと、見えるし」
Rieu「え?くらげって、めぇ、どこにあるの?」
あ、そゆトコつっこまないでくださいっ。すいません、適当なこと言って( ̄ー ̄;)
012410.JPG 188×313 32K

■ 2010年01月25日(月)  妖精になるために
「海の妖精たち〜妖精になってパーティーに参加しよう〜」
また、変なイベントをしおってからに・・・。

んなもん、ならんくていいが!
単に背中にハネ着けて、走り回るだけやん!!!

さ、スルーしよう、スルー。

Rieu「じぃー・・・」
しまった。
思いっきり、見てる。

Rieu「まぁのー」
キタ!

Rieu「りゅーたん・・・あれ・・・」
非常に控えめにお願いしているもよう。

私「さ、めかちゃんはどこかなぁー」
Rieu「ぱぱぁー・・・」←半泣き。
ターゲットを変えたようだ(笑)

こそこそこそ。
小声で話し合う2人。

shots「あれ、欲しいんだってー。ほら、自分で言うてみ?」
チチ、敗北。

Rieu「まぁのー、あれ・・・」
私「はいはい、わかったわかった」
Rieu「やったー!」
ハハ、負けた、フリ(あくまで、フリ)

私「で、何なんすか、これは?」

キラキラスパンコールをはっつけたハネ(自分で作る)と光るスティックで、妖精さんに変身しよう!みたいな?

そーいえば、さっきからピラピラを生やしたお子様たちが走り回っているような・・・(見てないフリしてた)
grp0128061641.JPG 255×217 27K

■ 2010年01月26日(火)  海の妖精って、クリオネか?
grp0128062949.JPG 200×286 29K完成しました『海の妖精』

・・・どーみても、どー色眼鏡かけても、妖精に見えねぇ(´_`。)
スティック持って、
Rieu「とぉ!しんけんじゃ、まいる!」
ですからね。

水族館では、後生大事に生やしておりましたこのハネ(まともに上着を着るとハネがつぶれちゃうので、後ろ前反対向きに着てます)、家帰った時には執着心ゼロでした(笑)

一方、キラキラスティックは、剣として戦いごっこに使用され。
お!これは、重宝させねば!って思ってたら、一瞬で壊れました(T_T)

儚い命でした。
さようなら、海の妖精。

■ 2010年01月28日(木)  初国立科学博物館
国立科学博物館へ行ってきました。
Rieu「ぶらきおさうるすは、おなかのなかに、いしがあって、それで、ごはんつぶしてるんだって!」
私「ああ、ニワトリみたいなもんやな。しかし、Rieuたん、よぉ知ってるなー!すごいなー!」
Rieu「それからね、ぱらさうろろふすは、うたうたうんだよー!」
私「ああ、あの頭のびろーんって出てるやつやな?鳴き声を共鳴させたってやつやな」
Rieu「それからね、それからね、ええっと、あたまのかたいの、なんだっけ」
私「パキケファロサウルスか?」
Rieu「そうそう!それはね、それで、たたかうの!ばーんって!」
と、いつの間にか恐竜に興味を持ち始めたRieuたんのおつむの幅を広げる為に。

Rieu「まーのー、きょうは、どこいくのー?」
私「国立科学博物館に、恐竜の骨見に行くで」
Rieu「え?きょうりゅう?!やったー!」
ノリノリ♪

しかし、
Rieu「ねぇ、まーの、きょうりゅう、どこにいるの?」
私「え?目の前におるやん?」
Rieu「だって、これ、ほねじゃん!」
私「そぉやけど?だって、恐竜、もぉおらへんもん。骨しかないねんもん」
Rieu「なんでいないの?」
私「死んでもーてん。白亜紀の終わりやっけかなぁ?確か、そこらへんで、みんな死んでもーてん」
Rieu「なんで?」
私「んー、隕石が落ちてきたからって言われてるけど、わかってへんみたいやでー。あとは、病気になったとか、卵がかえらへんようになったとか、エサが進化しちゃって消化できへんようなったとか?まぁ、いろいろ言われてるけど」
Rieu「ふーん」
私「だから、今はおらへんねんけどな。土の中から骨が見つかってな、こーんなおっきいイキモノがおったんやー!ってことになってん」
Rieu「これ(=ほね)うごかない?」
私「今は動かへんけど?Rieuたんが、寝てる時には動いてるかもよ?フフフ」
012810.JPG 288×191 27K

■ 2010年01月29日(金)  実際のところ・・・
012910.JPG 233×263 35K骨格標本よりも気に入ったのが、ティラノサウルスのミニチュア「テラちゃん」
そーよなー。こっちの方がいいよな(だって、肉付いてるもんな)

■ 2010年01月30日(土)  初アメヤ横丁
013010.JPG 299×189 28K
一緒に博物館へ行ったNくんと一緒に『アメ横』ってトコを歩いて帰りました。思いっきり『アメリカ横丁』かと思ってたんですが(なんでアメリカ?あ、でも、調べてみたらまるっきりハズレってわけでもなかった)『アメヤ横丁』なんですねー。

大晦日になると、必ずTV中継されるらしい。知らないヒトはいないと言われる『アメ横』
うふふ、あたくし、知りませんでした。

「カニカニ!毛ガニ、5000円が1000円!」
「大トロ1000円でいいよ!」
みんな、1000円かいなっ!?(笑)
ま、もともと、1000円で売るつもりのモノたちやねんやろうけどなぁ。

Nママ「・・・」
あ、Nママさんが立ち止まっている! Σ(゜д゜ノ)ノ

石○商店「大トロ、安いよ!1000円でいいよ!」
Nママ「ほんとに、大トロ?」
石○商店「ほんとほんと」
Nママ「ほんとにおいしい?」
石○商店「おいしいって!当たり前じゃん!ほら、これなんかどう?」
大きめの塊を選んで差し出すおっちゃん。値札には、とんでもない値段がかかれている。
Nママ「んー・・・」

流石、セレブ!
お買い上げです。
あたしにゃあ、1000円以上のモノを買う度胸がないので、スルー。
さらっと買えちゃうセレブがうらやますぃーくて、ちょっと横目でチラ見はするけど(笑)

買わん買わん。
買わんぞうー。
その後も、幾つかの誘惑(ゆず茶とか、昆布とか)を頑張ってスルーし。
やすーいカットフルーツだけはしっかりちゃっかり食べ。アヤシい風をふんふんたらふく吸い込んで、帰宅しました。

『アメ横』初体験をしたわけですが、タイや香港のマーケットを彷彿とさせる、なんだかヒトくさい商店街やなぁーと思いました。キラッと光るセンス・・・とか皆無。魚屋、洋服屋、八百屋、乾物屋、それから怪しさ満載な定食屋、そんなもんが入り乱れて並んでるカオス満杯ストリート。流石、闇市からスタートしたってだけのことはある。でも、なんか、ホッとするのはなぜでしょう。品物たちは、かなり粗悪なものが多いようなので(身スカスカのカニとか、腐ったいくらとか、数年前のマグロ、シャケとか。帰ってきてクチコミ調べて驚いた!)買いませんけど・・・(いや、貧乏なので「買いませんけど」じゃなくって「買えませんけど」ですが)あの雰囲気は、もう一度感じてみたーいカモ。

Nママさんが買ったマグロは、おもいっきり赤身だったそうです。しかも、スジスジ大量の(まぁ、スジスジコラーゲンは、熱を入れたらやらかくなるからいいか?!)

「石○商店めぇ〜!!!訴えてやるぅ!」
と、冗談まじりで怒りマーク気味の会話をしましたが・・・。
腐ってなかったようやし、身もスカスカじゃなかったって言うてたし。
もしかして、もしかしたら。
石○商店、実は良心的な店やったんかもしれんなぁ、と思いました。

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  

本館に戻る


---