ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2009年12月02日(水)  贈り物はいらないの、と言われたらサンタはどうするんだろうか?
いつの間にやら、12月。そろそろ探りを入れておかねば・・・。
私「Rieuたん、サンタさんからのプレゼント、ナニが欲しいん?」
Rieu「いらないの」
私「え?何もいらんの?」
Rieu「そうなの」
まさか、我が家の経済状況を知って・・・じゃないよな。
私「なんで?」
Rieu「だって、りゅーたん、もうほしいもの、ぜんぶ、もってるから」
私「そうなん?!」
Rieu「そうなの。だから、なにもいらないの」
私「そっかー。サンタさん、残念がるやろなー」
Rieu「さんたさんに、りゅーたんのとこに、こなくてもいいよ、っていっといてね。ほかの、おともだちのとことかいったりして、たいへんやろ?」
私「へーい」

「ほしいもの、ぜんぶ、もってるから」という台詞を読んで、
欲しいものは全て買い与えていらっしゃるのね!!!
と誤解されたら大変なんで、弁解しときます。我が家にあるおもちゃは、他のおうちと比較すると、かなーり少ないです(プラレールだけは、人並み以上に持ってますが)。モノを置きたくない&貧乏性なうちがおもちゃをホイサッサと買い与えるわけがないっ!プラス、おもちゃ屋に行かない&テレビを見ない生活が故に、Reiuたんが外界に溢れ返るおもちゃの山々の存在を知らないんです。

それにしても、なんて不憫なお子様・・・と、思っちゃいました(一瞬、なんてストイックなお子様!とも思ったけど)

ま、リクエストがないだけってことで、独断でサンタさんにお願いしておきましょう!(*^-^*)

■ 2009年12月03日(木)  ストイックな子の親は・・・?
shots「まーののプレゼント、どのピアスにしよっかなー」
私「・・・」
shots「ネックレスとか指輪とか、つけてくれんしなー」
私「・・・」
shots「つけっぱなしにできる、ピアスくらいしか、つけてくれへんしなー」
私「・・・」
shots「ブラブラぶらさがったピアスは、してくれへんしなー」
私「・・・」
shots「ふんふんふんー」
私「いらんもん買いなや・・・」

うちのはいいから、Rieuたんの2つにせーへん?
うち個人的に、ジオマグとかコロジカル、くみくみスロープとか欲しいねんけど・・・。
を!
それか、うちがshotsさん用プレゼントとして買うって手があったか!?
ムフフフフ。

■ 2009年12月05日(土)  メガネ好き
120509.JPG 211×261 26Kメガネ大好きRieuたん。
おおっと。メガネっ子が大好きなわけではないので、そこんとこ誤解のないよう!(3歳児にして、メガネっ子脳内カノジョとか、飼ってたらどーしよー。ソレはソレで、温かく見守るしかないよな)

ヒトのメガネを出してきては、ベタベタする手でこねくりまわし。低い鼻にひっかけて、ずり落としては喜んでおります。あー、でも、アラレちゃんメガネ、以外に似合うかも?!

■ 2009年12月07日(月)  チャリチャリ
いつもいつもいつも、休日をどうしようと悩むわたくしたち。連休なんかあると大変です。図書館と買い物くらいしかネタがないから。他の子は、一体何をしてるんだかー(だから、習い事やってば!)

私「そろそろ買うか」
shots「?」

私「Rieuたーん、自転車、欲しいー?」
Rieu「ほしい!」
私「ホンマに、欲しいー?」
Rieu「ほしい!」
私「Rieuたーん、自転車って、どんなんかわかってるー?」
Rieu「わかってる!」
わかってないくせに(笑)

わかってないってのは、わかってるんですが。クリスマスでも誕生日でもないのに、Reiuたん用チャリを買っちゃいました。本人はもーなんだか、嬉しくて嬉しくて仕方がないようです。
Rieu「りゅーたん、じぶんで、じてんしゃのって、おうち、かえるの!」
私「アホか!乗られへんくせに、どないして帰んねん!しかも、もう夜やろが!」(しかも、家から数kmは離れてるし)
Rieu「りゅーたんがああああああああー(泣)」
予想通りの号泣をさっくり無視して、無理くり車に乗っけて、家に帰りました。車内で何とか泣き止んだんですが、依然として自転車に熱いまなざしを注ぎ続けるRieuたん。そして、家に着いた途端、
Rieu「りゅーたん、おうちのなかで、のりたいなぁ・・・」

多分、Rieuたん最大の妥協&提案(懇願?)だったんでしょう。しかし、即座に言い放つ母親。
私「アホか!無理じゃ」(まぁ、どんな言葉を選んだとしても、却下→号泣は目に見えてたんで、特別優しい言葉での説明をしなかったっちゃーしなかったんですが、今思えば大人げない・・・。Rieuたんにしたら、なんで『無理』なのか、わからんかったハズ)
Rieu「むりじゃない!」
私「家の中でチャリに乗るアホがどこにおんねん」
Rieu「じゃあ、いまから、おそといく」
私「だから、もう真っ暗やっつってんねん!明日にしなはれ、明日に」
Rieu「いやだああああああー!まーのなんか、きらい!ぱーぱー!!!」
とパパに泣きつくも、うち同様に却下され、
Rieu「ぱぱなんか、きらいいいいいいいー!!!」
泣き続けるRieuたん。

私「明日明日。明日絶対に練習行くから。な、明日行こ。公園行こ」
Rieu「こーえんなんか、いかない!りゅーたん、じてんしゃ、のるの!」
私「ちゃうちゃう、公園で乗る練習すんねんやんか」
Rieu「りゅーたん、こうえんなんか、いかないの!」
私「わかったわかった。じゃあ、行かへん行かへん。練習な、練習しに行こ。じゃ、早く寝なあかんで。早く寝て、早く起きて、自転車乗る練習しに行こな」

何とかなだめすかして(アイスの力も借りましたが)、別の遊びへ誘導します。
私「ほらー、セミ、できたでー!」
保育園で流行りだした折り紙。とりあえず、チョー簡単なセミでつってみる。
Rieu「おお!ほんとだー!まーの、すごいね!!!」
いやぁ、それほどでもぉー。
Rieu「まーの、せみ、つくって!」
私「へ?ああ、はいはい」
Rieu「まーの、せみ、つくって!こんどはー、ちっさいやつ、あかちゃんね!」
私「はいはい、赤子ね」

3匹のセミができあがりました(ちゃんと親子です)

Rieu「まーの、じてんしゃ、かいて!」
私「は?」
Rieu「じてんしゃ、かーいて!」
私「自分で描こうや」
Rieu「まーのが!」
私「はいはい」
Rieu「いち、に、さん、ね」
私「3台てことか?」
Rieu「そう。さんだい」
私「はいはい」
Rieu「・・・まーの?」
私「何?」
Rieu「さんだい、って、いち、に、さんのこと?」
私「そうやそうや。ちゃんとみっつ、描いたるから安心せえ」
Rieu「あ!だめ!ちっさいのも!」
私「え?ああ、チャリも親子サイズかいな」
Rieu「そう」
私「はいはい」
3台のチャリも完成。

何すんのかな?と思ってたら、
Rieu「まーの、てえぷ」
私「テープ?」
Rieu「てえぷ、ちょーだい」
私「はいはい」
Rieu「・・・」

テープでセミとチャリをくっつけてます。

Rieu「ちりんちりんー!せみさんもね、じてんしゃ、のってるの!」
私「おおー!ちゃんとサイズが合ってるわ!すごーい」
Rieu「すごい?」
私「すごいすごい!」
Rieu「せみさんもね、じてんしゃね、のるれんしゅう、するんだって!」

とにかく、チャリチャリゲットが嬉しかったようで。
よかったよかった(*^_^*)
120709.JPG 266×225 29K

■ 2009年12月08日(火)  カギ、おっけえー!
120809.JPG 277×201 37Kでも、『嬉しい』の気持ちだけで自転車に乗れるようになるわけではありません。三輪車を買ってもらえなかったRieuたんにとって、ペダルを漕ぐという運動自体が初めてのことなのです。

そして予想通り、そんな簡単に漕げるようになるわけもなく。練習と言って散歩へ出かけ、公園に行くまでに数回コケ。公園で数回コケ。また帰りに数回コケ。でも、泣くこともなく、練習を続けます。いーかげん、そんなにゴーカイに何回もコケたら
「もういや!」
って癇癪起こして、チャリへの興味を失うんじゃないかと思ったんですが。全くそんなことはありません。ちゃりー、まい、らぷ、です\(*T▽T*)/

おまけに、チャリを愛する心がすごい。ちょっとチャリから離れるだけでも、カギをかけます(図は、鉄棒にぶらさがるためにチャリにカギをかけるの図)
Rieu「まーの!まもっといてね!」
の一言とともに走って行って、そして、ソッコー帰ってきて、チャリにまたがる。
私「カギかかってるでー」
Rieu「あ、そっか!」
とカギを外して、颯爽と(?!)走り出して、またコケる。

ま、これで休日の時間つぶしはオッケーです。

■ 2009年12月10日(木)  育ってます♪
121009.JPG 266×210 42Kカブ幼虫、しっかり育っています。土の外に出すと、
「さむいさむい!」
「いやん、はずかし!」
と言わんばかりに、体をクネクネさせて、器用にもぐっていっちゃいました。

今はもう冬眠中でしょう。
寝る子は育つ。
しっかりと、おっきなサナギになってくれますよう♪

■ 2009年12月11日(金)  疑似カブ幼虫
grp1220222959.JPG 277×195 32Kお昼寝中のRieuたんです。
ゴロゴロ転がりながら、布団に巻き付き、落ち着いたところでストップして、また深い眠りへと落ちて行きました。

ちょっとカブ幼虫に似てたんで、撮ってみました(*^-^*)

■ 2009年12月13日(日)  ファティマって言ったら、アレよねー
保育園に着くと、靴箱に靴を入れます。ふと、
FATIMA
かわいいピンクの靴に、FATIMAと書いてあるのを見つけました。
ふぁちま?
きっと名前に違いないんだろうけど、ん?
もしかして、「ふぁっちゃん」って呼ばれてる、あの子か?

登園時刻退園時刻を記入する名簿を見ると、
やっぱり、ふぁてぃま!!!(ちゃんと漢字もあります)

天然縦ロールのオメメぱっちり女の子です(ママは日本人ですが、パパはインドネシア出身です)

ドキドキしながらママに聞いてみました。
私「なんで、ファティマってつけたんですかー?」
Fママ「パパがつけたんですよ。パパの国の言葉で、なんだっけなー、意味」
私「へええー」
Fママ「漢字は、私が考えたんですけどね」
私「かわいいですよねー。いやー、ファティマって単語が出てくるアニメがあるから、それからとったんかと思って」
Fママ「あ、なんか、あるらしいですね。私は知らないんですけど。どういう話なんですか?」
私「え?!ひ、ひとことでは、言えないですわー。でも、変なアニメじゃないですから!大丈夫です!FSS、ファティマって検索したら出てくると思います」
Fママ「じゃ、調べてみますねー」
私「ええええ(笑)」
Fママ「実はねー、最初は私がファティマで、って話もあったんですよ」
私「あ、ムスリム名?」
Fママ「そうなんですよ」
私「確か、同じイスラム教徒じゃないと結婚できないんですよね?」
Fママ「そうなんです。だから、パパと結婚する時に改宗したんですけどね」
私「そいで、Fママのムスリム名は?」
Fママ「恥ずかしいけど、アイシャです」
私「ええええええー!」
Fママ「あまり、言わないで下さいねー」
私「いえいえ、またそのアニメに出てくるから、びっくりしてまいましたわ」
Fママ「そうなんですかー」

ファティマにアイシャ。
すんばらすぃー!(>▽<)

そのママは、現在2人目を妊娠中。
となると、気になるのは名前、ですよねー。

私「次の子の名前は?」
Fママ「また女の子なんで、パパがもう必死になって考えてます」
私「そうでしょうねー」
Fママ「ファがね、サザエさんを見ていてね、赤ちゃんの名前ワカメがいいよ、って言ったら、即却下してました」
私「うん、それはするかも(笑)」
Fママ「また、私は漢字考えなきゃだわ」
私「もう、アニメに出てくるキャラで行きましょうよ!」
Fママ「どんなのがあるんですか?」
私「んー。ナニがかわいいかなー。ラキシスは無理やろー。クーン、エスト、メガエラとかイエッタとかいいなー・・・って、すいません、うちのシュミです。忘れて下さい(汗)」

次の御子は12月中旬誕生予定です。
お披露目、楽しみ!

■ 2009年12月15日(火)  ひっさびさのインドカレー♪
grp1223084645.JPG 277×207 29K家の近くに「サティー」というインドカレー屋さんがあります。今日はソコの紹介、みたいなもんです。7月にOPENしたらしいんやけど、夕方通ってもお客がおらへん。お店のインド人と思われるおじさんが、寂しそげにチラシを配っているだけ。OPENして半年かー。B級グルメとして紹介される気配もないし。美味しくないんかなぁ?と思いつつ、もらったチラシを見てみると、第2号店であることが判明。もう1店は東京都渋谷区にあるんだが、なんで2店目が神奈川県中区?(しかも、中華街近くでもないし、伊勢佐木モール近くでもないし)ナゾである。

・・・。
行きたいなー。
と思い始めて、すでに数ヶ月。

やっと行けました!

タンドーリチキン付きのスペシャルランチか(1090円)カレー3種が味わえるサティーランチか(950円)・・・

私「えっとー・・・レディースランチ(850円)で」
やっぱり貧乏性。でも、見栄か意地か、1種類カレーランチ(690円)にはできなかった小市民なワタシ。

レディースランチはカレーが2種類選べます。
チキンとマトンを選んで、待つこと数十秒。
一気に運ばれてきました!
ナン、ライス、カレー、サラダ、マンゴーラッシー(チラシ持参でドリンクサービス。チラシなくても、ランチタイムは100円で提供。それ以外の時間帯でも250円やから安いと思うけど)

ウフー。
いただきます。

ふー。
うまー(*´∇`)

サラダは黒コショウがきいたドレッシング。チキンカレー、あまっ!しまった、辛くしてもらうの忘れてもた。辛くはないんですが、スパイスの存在を感じます。自宅では作れないカレー。マトンカレーは、もっとあまかった。でも、臭みは全くなし。ライスは言わずもがな、サフランライス(サフラン高いんで、これまた自宅では作れないサフランライス)。そして、お代わり自由のナンは、あーつあつのもっちもち。ちょっとバター臭いんですが、ま、それはうちがバター嫌いってだけで、大半の方は喜ぶんじゃないでしょうか。うめー。マンゴーラッシーも濃厚。うめーうめー。

そして、店員さんのサービスがまたすごい。

これでもか!と水を注ぎにやってきて、ナンが1/3くらいになると
店員「ナンのおかわりは、いかがでしょうか」
と聞いてくる。
そー言われたら、
「お願いします」
って言うしかないやーん!!!(笑)

性別、体型関係なく、おかわりどーですか?と聞いてくれるのって、日本人にはあんまりなくないすか?インド人やから、あんまり日本のワビサビがわかってないんやろなー。ま、そのおかげで、うちは恥ずかしがることなくナンのお代わりをすることができましたが!(ちなみに、お代わりしてたのは男の人ばっかでした)

12時前に入ったんですが、12時過ぎた頃、うちが店を出る頃には満席。なんや、心配して損したー。ちゃんとお客さんはいってるやん!よかったー。このまま、閉店しませんように。暇とお金が余ったら、また来ましょ♪

■ 2009年12月17日(木)  ちょこばなっちょ登場
餞別にもらった『ちょこばなっちょ』
そーいえば、作ったネタは出しておりませんでしたね。作りましたよ、作りました。かなり、作りまくりでした。過去形なのは、今は封印してるからです。前にも書きましたが、使うチョコの量がハンパねぇ!んでね。デブ道まっしぐられると困るんで、しばらく封印です、封印。

このマル秘玩具の封印が解かれるのは、Rieuたんの機嫌がチョー悪くてギャンギャン泣いてる時のみです。よぉは泣き止ませる手段です。んな、モノの力を借りずに、自力でどうにかしろ?いやいや、子育てしたことのあるママンならわかりますよね。子供が泣いて泣いて不機嫌極まりない時って、何を話しかけても、抱っこしても、ギューしても、チューしても、はっきり言って無駄です(勿論、性別や年齢、性格にもよりますが、聞くところ大体同意見)。とりあえず子供を冷静にさせんと、なーんの効果もありません。幸いなことに、男の子の場合、パニくっちゃってるオツムをコロッと転換させてあげるのが簡単です(女の子はいつまでもいつまでもいつまでーも覚えてるらしい)

小さい時なら
「あ!電車や!」
とか
「あ!めかちゃんがどうしたの?って聞いてるで!」
とかで、気をそらせてたんですが(そして、泣いてた理由を忘れるらしい。単細胞アタマ)今じゃ効果なし。今は、ズバリ『食べモノ』でつる!

でも、食べモノといっても、大好きなもやし炒めでは機嫌は直りません。『甘いモノ』でないとダメなようです(お砂糖の力って偉大だわーん)

そこで、でてくる『ちょこばなっちょ』
屋台の数倍は甘いんですが、まぁ、多めにみましょう。それで、機嫌が直ってくれるなら(笑)

甘いんでね、美味しいんですが、どうも表面がさらっつるっとしません。チョコの粘度の違いってのはわかってるんですが、市販の板チョコ溶かして作ってるうちはどーにもならんかも。すべすべバナナチョコを作る為に、ミルクでチョコを薄めたら固まらへんかったし。チョコがけバナナのくせに、おそるべし。

あ、Rieuたんさん、そんなに見つめても、固まるのは早くなりませんよー( ̄ー ̄;)
121709.jpg 222×266 25K

■ 2009年12月19日(土)  ネコカフェに行ってみた
保育園でインフルエンザが蔓延し(園児90人中40人が感染、保育士も8人が感染。その後、また増えたようだが)保育園登園自粛となっておりました。丁度、うちが仕事を辞めた時やったんで、1週間程、うちとRieuたんはぼーっとして過ごしました。

さて、何しよう?
とりあえず、買い物に行って、時間つぶし。
翌日。今日は、髪の毛切りに行こっか!
翌翌日。それから、今日は区役所に寄るついでに、横浜公園へお散歩。
その翌日。それからそれから、今日は風邪っぽいから小児科にでも行くか。
その翌翌日。あ、今日は皮膚科にでも。
んー。
だんだん、ネタがなくなってくる。耳鼻科、眼科は必要ないしー。
家におると、幼虫ごっことかさせられるから、晴れてるんならどんなに寒くても外に出たい。
チャリでブラブラすっかー。

そうや!丁度ええわ。
石川町あたりにネコカフェがあったはずや。ま、入るつもりはないけど、ちょっくら偵察に行こっと。

一応の地理をネットで確認し、
私「Rieuたーん、散歩行くでー!さんぽおおぉー」

石川町辺りを、ひたすらぶらぶらする。あまりに、ぶらぶらしすぎてネコカフェ通り過ぎてしまいました。おっと、ちょっと、戻って看板見よう。
Rieu「まーのぉ、なんで、もどるのー?」
私「え?ちょっと、ねこさんの絵があったから、見てみよっかなーって思って」
Rieu「あ!ねこがいっぱい!」
私「ほんまやなー、ねこの写真がいっぱい貼ってあるなぁ」
Rieu「ねこさんいるのかなぁ?」
私「ああ、お店の中にいっぱいおるみたいやで」
Rieu「へえー、すごいねー」
私「うん、すごい、高い(汗)」
Rieu「え?」

利用料金10分200円+ワンオーダー(ソフトドリンク300円)
30分で900円 ×2=1800円。
うーん、辛い。辛すぎる。

私「さて、どこ行こっかなー」
Rieu「まーの!まーの!なんで、どっかいっちゃうの?!」
私「え?」
Rieu「ねこさん、みてない!」
私「え?」
Rieu「ねこ、みたいの!」
私「ええええ?」
Rieu「りゅーたん、ねこみたいの!おみせ、はいって!」
私「入ってってあんた、めちゃくちゃ高いねんけど」
Rieu「たかくてもいいの!」
私「良くないわ!そんなん、自分で稼いでから言わんかいっ!」
Rieu「りゅーたん、ねこ、みたいのぃー(泣)」

ああああああ。泣いちゃった。
ふぅ・・・。
ま、いっかー。
ネコ好きへの更なる一歩を踏みださせてやるかー。
フフフ。

と、結局、期間限定お試しコース(50分+フリードリンク+クッキー980円・・・得なのか?得なのかっ?!得だよねぇっ)を2人分お買い上げ。

おやつ100円を買って、Rieuたんに持たせると、ネコしゃんたちが寄ってくるわ、くるわ!

さくら(三毛)、ルナ(ブラック)、むさし(茶トラ)、シェリー(ホワイト)がRieuたんに突撃っ!
でも、おやつがなくなると、どっか行きました。ネコらしい。
その他のネコは、お客を無視してヒナタボッコ。それまた、ネコらしい。

さっきまで、お金の計算をしていたうちの頭の中は一気にネコまみれ。
ああ、ネコネコ。エルモたんは元気だろうか。今のマンションでネコ飼っても、昼間誰もおらんから、やっぱり可哀想で無理。ああ、でも、ネコネコ。デブデブエルモたんに会いたいわぁ。なんで、shotsさんはイヌ派なのかしら、ぷんぷん。ま、でも、Rieuたんはしっかりネコ派に育ってるからヨシとしよう。

ああ、チョーかわいい。こんなにかぁいいネコに囲まれて、暮らしてみたーい!!!

ん、まてよ。よぉーく考えてみると、子供ってネコっぽくない?(イヌっぽい子供もいるのかしら?)
自分の好きなことだけする。嫌なことは(基本)しなーい。オリコウさんやけど、縛られるのはイヤ。イヌみたく、飼い主=親に忠誠を誓うわけでもなく。ふらっとやってきて、おやつもらって、ふらっとどっか行く。

特に、うちのRieuたんはその傾向アリぢゃん!!!

・・・。
ま、しばらくはこのネコもどきで我慢しましょかね。
grp0105154710.jpg 222×280 32K

■ 2009年12月20日(日)  中毒にご注意
grp0105154830.jpg 200×308 33K休日には入場制限までされるという!
別のフロアまで入場を待つ親子が並んでいるという!
噂のポケモンセンターに行ってみました。保育園自粛ついでに、さらに保育園をサボったので、今日は平日でございます。想像通り、がらっがらです。ま、平日も混んでたら、それはスゴイ!とポケモンの人気を認めますが(そんなこと言っちゃうと、中華街もがらがらである)

うちはゼニガメを求めていったんですが、そんな初代ポケモンのぬいぐるみなど、どこにもありません。時代は変わったのねー。でも、やっぱりピカチューがメインっしょ!って思ってたら、ポッチャマとかギザみみピチューとかがメインのようです。

ま、確かに、ポッチャマもかわいいわな。でも、進化したら全くもってかわいくないで?
そーゆー意味で言うと、ライチュウよりピカチュウ、ピカチュウよりピチューがかわいいハズ=ピチューの人気は納得、か。

そして、ピチューのナニに惹かれたのか、ピチューグッズを離さないお子様がココに1人・・・。

私「帰るでー」←連れてきて失敗だった、と後悔している。
Rieu「いや」
私「えー?だって、面白いもん何もないやん」←本当に、もっと楽しいモノがあるんだろう、だから並んでまで入場するんだろうと思っていた。
Rieu「もーちょっとー」
私「ふう。なんで、みんな、こんなとこに来たがるんだか」┐( ̄ー ̄)┌

客がいないため、ヤタラメッタうちらの周りをウロウロする店員が「ポケモンセンターへようこそー!」ってうるさいし、Rieuたんが売り物のぬいぐるみを抱えてるもんやから、汚したりせんかとヒヤヒヤ、店員の目が気になるし。
私「帰ろーや!!!」
Rieu「まだ!」
 
ロクにポケモンのテレビも見たことないくせに、何を物色してんねん!!!

私「もう帰る!」
Rieu「いや!」
メソメソするRieuたんを引きずって帰りました。ポケモン見てない子供のココロをも、とらえて離さないとは!マクドのポテトと同じように、ポケモンセンターには(いや、ピチューには、か?)麻薬作用があるのかもしれません。

■ 2009年12月22日(火)  忘れてました、酉の市にて
横浜市中区に住んでて、ナニが楽しみって、酉の市くらい。中華街もそんな行かへんし。なんで、夏祭りも秋祭りもないとね?!お正月も、神社周りに屋台がないってどゆことや!?っとに、11月の酉の市がなけりゃ、出て行ってやるぜ、横浜市!と暴言はいちゃうお祭り大好きなアタクシ(←異様に祭り&縁日が多い大阪に生まれたが故、のようである)

しかし!

「テキ屋って、あんな暇そうに座って、適当にモノ売ってるだけで、もーんすごい儲かるらしい」

という事実を知ってからは、ちょっと浮かれポンチすぎてはいけないと自粛気味。
楽して儲けさせてなるものか?!
酉の市に行っても、買わん。買わんぞー!!!
と、決心!(じゃあ、行くな?)

・・・。
私「Reiuたん、チョコバナナがあるでー!」
思いっきり負けてます(負けるのがわかってるんなら、決心すな。っていうか、自分からチョコバナナ勧めんな。っていうか、やっぱ、行くな!)
Rieu「・・・(もぐもぐもぐもぐ)」
私「Rieuたん、おいしい?」
Rieu「・・・(こく)」
私「まーのが作ったんと、これと、どっちがおいしい?」
Rieu「・・・こっち」
私「むかっ」
Rieu「・・・(びくっ)まーののも、おいしいよ」
私「ほんまにー???」
Rieu「ほんまに」←単なるリピート。

甘さはうちが作った方が断然甘いハズやねんけどなー。甘いレベルが上=ウマいレベルが上、ではないのかしら?(え?アタクシ的には、イコールです)あ、きっとカラースプレーがないからやわ、きっとそうやわと、負けを認めたがらないママンを無視し、チョコバナナを食べ続けるRieuたん。

Rieu「まぁのー。ちょこばなな、もおいっぽん・・・」
私「はぁ?!」
Rieu「りゅーたん、ちょこばなな、もおいっぽんたべたいの」
私「はぁ・・・」

祭りで怒るのもどーかと思い、結局バナナチョコを数回買わされ(ああ、バナナとチョコで、1本10円もしないのに1本200円か!)
あとは、りんご飴のおっきい方(原価20円以下とみた!なのに300円)
フランクフルト(多分これも30円以下が300円もする)
金魚すくい(想像つかず)
うーん。
思いっきり、テキ屋のにーちゃんねーちゃんに貢献しとる・・・。
・・・。
ま、いっかー。

楽しけりゃ、いっかー。
2012年に、地球滅亡すっかもしれんしー。我慢したら損やんな。うんうん。
このなんだかよくわかんないけど、皆が高揚しとる雰囲気の中で見る、一時の夢なんだ、これは。

私「いけー!きんぎょーすくえー!」
そして、なんか、ビミョーに上手で、でめきんを4匹もすくったRieuたんでした。
grp0105155017.jpg 211×270 22K

■ 2009年12月24日(木)  今年のクリスマスケーキは・・・
年末年末。
なんか忙しい気がする年末。それは、クリスマスプレゼント、クリスマスケーキ、秋田への帰省用お土産、年賀状などなど、用意せなあかんモノが多いからでしょうか。なんでか、すんごい気が急く。

と言いながら、直前まで何もしないワタクシなので、12月も半分が過ぎたよーって頃になってやっと、もーすぐクリスマスやなー準備せんなあかんよなーと思い始めました。でも、動いてなかった(汗)

動き始めなヤバイ?ヤバイ?とビビリ始めたのは、保育園の帰りAママさんと一緒になった時。
Aママ「りゅうたん、サンタさんに何お願いしたの?」
私「インロウマル」
Aママ「あ、そっちかー。うちの子ねー、仮面ライダーベルトって言うんだけど、どこにもないの」
私「えー?!」
Aママ「トイザラス回ったんだけど、1個もなくってー」
私「ヨドバシとか、ヤマダ電機とか?」
Aママ「も、ないんだー」
私「うわー」
Aママ「ネットで探したら、すごい値がつり上がっててー」
私「えええ?」
Aママ「流石に買えないって思ってさー。とりあえず、プレゼントはおいといて、ケーキ用意しようって思ってさー。どこか、予約した?」
私「してないしてない。もう、そんな時期か?」
Aママ「そうだよー。もうそんな時期だよー(笑)。で、ケーキは、シンケンジャーのケーキがいいって言うから、今から予約に行こうと思ってね。不二家がね、今日で予約締め切りっていうの聞いてさー」
私「今日で締め切り・・・」
Aママ「そうなんだ。電話して聞いたら、今日までです、って言われたんだ。だから、今から行かなくっちゃ!」
私「あー、うちも、一緒についてっていいっすかー?」
Aママ「勿論いいよ!りゅうたんも、シンケンジャーケーキ?」
私「多分(笑)」

Aママさんに会ってなければ、きっとケーキのことも忘却したまま24日になってました・・・。
毎年毎年、ドコで買おうかとか悩むのめんどくさいし、デパートで買うお高いケーキは、異様に高いくせに、うちが食べれないものがわんさかてんこもりやし(高級生クリームとかナッツとか。ま、だからお高いんですが)、今年からは庶民派で行きます!

近くのモールにある不二家に到着。
私「シンケンジャーケーキ・・・」
店員「すいません、売り切れになってしまいましてー」
キャー!やっぱり!?
Aママ「シンケンジャーケーキ売り切れなんだってー。どうする?ペコちゃんのにする?アンパンマンにする?」
私「Rieuたん、どのケーキがいい?」

Aくんはチョコケーキならどれでもいい、Rieuたんはイチゴがいっぱいならどれでもいい、とのことなので(そんなもんかい!)各々、それなりにお好みのケーキを予約することができました。

24日のケーキ受け取り当日、Aくんたちとは会えませんでしたが、きっとホクホク顔でケーキをほおばっていたことでしょう!

我が家でも、Rieuたんがケーキをもぐもぐもぐもぐ。最終的には半分以上食べたんじゃないか?!ケーキが晩ご飯、状態でした。

買ったのは、まるごとイチゴのタルト(HPでは2800円てあるのに、クリスマス料金か3600円もしたんですけど、なんで?)。生クリームの上に飾られたナッツがジャマでしたが、生クリームも適度に甘く牛乳味もせず(って、本来、褒めるべきところではないな・・・)カスタードスポンジはしっとり。いつもなら、生クリーム&イチゴしか食べないRieuたんが、スポンジ部分を食べてたんで、Rieuたん的にもアタリだったようですワ(*^-^*)
grp0105155133.JPG 270×216 30K

■ 2009年12月25日(金)  メリークリスマーぷ\(*T▽T*)/
grp0105155239.JPG 250×218 27K「サンタさんはこなくていい」「プレゼントはいらないの」
と言ってたんですが、突然
Rieu「いんろうまるが、ほしくなっちゃったー」
と猫なで声でスリスリしてきたRieuたんたん。

ま、でも、お安い御用です。早速、秘密裏にshotsさんに買ってきてもらいましょう。

shots「ない」
私「は?」
shots「インロウマルだけない」
私「はああああ?」
仕事帰りにヨドバシに寄ってもらったんですが、ないとな?!マジで?
Aママさん情報で、仮面ライダーW関連の商品(変身ベルトとか、武器たち)が、ヨドバシにもトイザラスにも、どこにもないってのは知ってたんですが。まさか、インロウマルもないとは?!

私「Rieuたーん、インロウマル、なかったらどうするー?」
Rieu「りゅーたん、あきらめる」
私「え?!そうなん?あきらめれるん?」
Rieu「うん。りゅーたん、いいこだから、がまんするの」
私「じゃあ、インロウマルの代わりに、例えばブロックとかプラレールとかが置いてあったらどうするー?」
Rieu「りゅーたん、それでがまんするよ!」
私「そっかー。でも、インロウマル、くれたら1番いいねんやんなぁ?」
Rieu「そーだよ。でも、りゅーたん、いいこだからね。いんろうまるなくても、だいじょうぶだよ。もーぎゅーばずーかで、がまんするよ!」
私「え?モーギューバズーカ?」
Rieu「そうそう」
モウギューバズーカの方が高いがな!!!

モウギューはさておき(笑)

「なくてもいい、あきらめる」
と言ってはいますが、そんなこたぁサンタさんが許しませんよっ!
早速ネットで検索です。

あったあった、アマゾンで。ソッコー見つかりました。ふぅ。一安心です。
しかも、お安い。
でも、シンケンマルとほぼ同価格、、、ってどゆこと?たかが、印籠・・・。黒い四角いハコやんか・・・。

まぁまぁ、Rieuたんが欲しいっつってるから、まぁ、ね。と、即購入することに。
shots「ラッピングに300円かかるけど、どうする?」
私「いらん。自分で包むから」
だって、ラッピングなんか見てないもん、Rieuたん。

注文2日後、ブツが到着。すげー、はやっ。やるな、アマゾン!
そして、これまた密かに買っておいたブロックとともに、100円ショップで買ったキラキラ包装紙とリボンでラッピング。shotsさん用の服も一緒に包んでしまへー!(*´∇`)

25日・・・。
私「Rieuたーん、起きやー、保育園、今日で最後やでー、Rieuたーん、あ!プレゼントが・・・」
Rieu「(がばっ!)」
はやっ!
Rieu「うわあああー!さんたさん、きてくれたんだああー!!!」
私「あれー?それって???」
Rieu「いんろうまるだー!やったー!!!」

大喜びの声と笑顔がある限り、サンタさんは存在し続けますね。

そして。
単なる黒い四角いハコと思っていたインロウマル。ヤラレましたー!
秘伝ディスクを全部識別し、各々のディスク装着時&シンケンマルでのディスク回転時の2種類ずつ音声が再生されます。ディスクの入れ替え遊びが、格段に楽しい!

ディスクの裏側にね、ナゾの溝があったんですよ。1枚1枚違ってたから、ナニかある!って思ってたんですがね。こんなとこで、溝の意味が判明しました。うーん、ディスク全部集めたーい!!!(でも、30枚以上あるから無理ぃー)

■ 2009年12月27日(日)  ロイヤルウィング(模型)
122709.JPG 266×227 36Kロイヤルウィング。
高級(!?)レストラン船。
何があっても乗るこたぁないわな。と思ってたんですが、ひょんなことから乗ることになりました。

なんでか、乗船券が当たったんです。
いきなり乗船券が送られてきて、はて???状態。
んなもん、応募したっけか?

HPのプレゼントサイトを見てみると、
ディナー中華バイキングペア招待券 1組2名様(14700円相当)
特別ご乗船券ペア招待券 10組20名様(4200円相当)

あー!!!
バイキングの方に応募したような気がする!それで、そっちは外れて、乗船券の方が当たったんやー。
ロイヤルウィングメールマガジンにも、当選者『shots様(神奈川県)』ってありました(大阪とかの人はどうするんだろうか?来るんか、横浜に?)

さて。
私「どうする?」
shots「乗りたいの?」
私「全然」
shots「じゃあ悩まなくていいじゃん?」
私「でも、もったいなくない?」
shots「それって、乗船だけでしょ?」
私「そう。お食事は別料金。1番安いのでもデザート2100円」
shots「たかっ!」
私「ちなみにディナーは5250円」
shots「そんなの食べないなぁー。んー、確か、職場の人が乗船のみで乗ったらしいけど、すんごい狭いトコに入れられたって言ってた」
私「デッキ使用って書いてある」
shots「好きにすればー?」
私「Rieuたんがな、お船に乗りたいとは言うてんねん。でも、実際乗ったら、すぐ飽きるやん?」
shots「だろうねぇ」
私「1番短いティークルーズでもな、1時間半も乗っとかなあかんねん。ランチとかディナーはもっと長いねん」
shots「じゃあ、乗るとしたらそのティークルーズだね」
私「でもな、出港が14:45やねん」
shots「昼寝の時間じゃん!」
私「そうやねん。なんとかもったとしても、乗ったらすぐ寝るとか、そんな感じ」
shots「ま、その方がいいけど?」
私「まぁ、そーやねんけど。で、どうする?」
shots「乗る?」

自分でお金を出しては、絶対に乗らないロイヤルウィングですが、チケットを無駄にする勇気もない。乗船のみの券なんか、人様にあげてもどうかと思うし。こりゃー、自分たちで消費するしかないかぁ。何よりも経験経験!

■ 2009年12月27日(日)  ロイヤルウィング(模型)
grp0105155445.JPG 266×227 36Kロイヤルウィング。
高級(!?)レストラン船。
何があっても乗るこたぁないわな。と思ってたんですが、ひょんなことから乗ることになりました。

なんでか、乗船券が当たったんです。
いきなり乗船券が送られてきて、はて???状態。
んなもん、応募したっけか?

HPのプレゼントサイトを見てみると、
ディナー中華バイキングペア招待券 1組2名様(14700円相当)
特別ご乗船券ペア招待券 10組20名様(4200円相当)

あー!!!
バイキングの方に応募したような気がする!それで、そっちは外れて、乗船券の方が当たったんやー。
ロイヤルウィングメールマガジンにも、当選者『shots様(神奈川県)』ってありました(大阪とかの人はどうするんだろうか?来るんか、横浜に?)

さて。
私「どうする?」
shots「乗りたいの?」
私「全然」
shots「じゃあ悩まなくていいじゃん?」
私「でも、もったいなくない?」
shots「それって、乗船だけでしょ?」
私「そう。お食事は別料金。1番安いのでもデザート2100円」
shots「たかっ!」
私「ちなみにディナーは5250円」
shots「そんなの食べないなぁー。んー、確か、職場の人が乗船のみで乗ったらしいけど、すんごい狭いトコに入れられたって言ってた」
私「デッキ使用って書いてある」
shots「好きにすればー?」
私「Rieuたんがな、お船に乗りたいとは言うてんねん。でも、実際乗ったら、すぐ飽きるやん?」
shots「だろうねぇ」
私「1番短いティークルーズでもな、1時間半も乗っとかなあかんねん。ランチとかディナーはもっと長いねん」
shots「じゃあ、乗るとしたらそのティークルーズだね」
私「でもな、出港が14:45やねん」
shots「昼寝の時間じゃん!」
私「そうやねん。なんとかもったとしても、乗ったらすぐ寝るとか、そんな感じ」
shots「ま、その方がいいけど?」
私「まぁ、そーやねんけど。で、どうする?」
shots「乗る?」

自分でお金を出しては、絶対に乗らないロイヤルウィングですが、チケットを無駄にする勇気もない。乗船のみの券なんか、人様にあげてもどうかと思うし。こりゃー、自分たちで消費するしかないかぁ。何よりも経験経験!

■ 2009年12月28日(月)  ロイヤルウィング(今度はホンモノに)
grp0105155611.JPG 288×216 28K頑張って(?!)乗って参りました、ロイヤルウィング!

乗船するとエントランスホールでバイオリンの生演奏がお出迎え。流石、高級客船!ちょっとだけ、豪華な雰囲気を堪能。せまーい階段を上って行き、豪華な室内を素通りしてサンデッキにでます。サンデッキには結構な数の家族連れがいました。乗船だけって人間が、うちら3人だけやったらどうしよーって思ってたんで(苦笑)、変な意味で一安心しました。

航路は、まずはみなとみらい付近をぶらついて、ベイブリッジを通過、ベイブリッジ越しにみなとみらいを眺め、シンボルタワーを横目に、ベイブリッジをまた通過して、大桟橋に戻ってくるというもの。

船が出港後、数分。
Rieu「・・・」
ああ、やっぱり。寝ちゃいました。ベイブリッジまでも、もちませんでした。多分、乗船中の1時間半ずっと寝続けると思われます。お船に乗った!っての、覚えててくれればいいねんけど・・・。

shots「これってさー、ベイブリッジの下通るってのが、ウリなんじゃない?」
私「そうなん?」
shots「多分」
私「でも、食事の人々、ベイブリッジも見ずにお食事してるけど?」
shots「そうなのよ」
私「窓も小さかったし、風も潮のニオイも感じへんで、船に乗って楽しいんかなぁ?」
shots「いーんじゃない、観光に来たついでに乗るんじゃないの?ここらへんに住んでたら、乗らないでしょ?」
私「ふーん」

お食事をすると、マジックがあったり、生演奏があったりと、乗船中ずっと飽きさせない演出があるそうです。だから、退屈しないし、料金に見合ったサービスがあるってことで、あの乗船料+食事料で納得するんですって。でも、それって、船に乗ってる意味あるん?と、やっぱり思ってしまふ。貧乏モノのひがみと言われたらオシマイですが・・・。

うち的には、サンデッキのみのロイヤルウィングでオッケーです。
潮のニオイが好きなので、それがないとつまらんし。真下から見るベイブリッジも、普通では見えない構造が見えて楽しいし。船と一緒にカモメが並んで飛んでて、お客の唐揚げとかポテトをねだりにくるのを見てるのも楽しい。ただ、風よけ、日よけがないので、真冬、真夏は避けた方がいいかと思います。

■ 2009年12月29日(火)  今年最後の写真は
122909.JPG 333×172 25K
ロイヤルウィングから見た、たくさんのキリンさんたちです。
赤と白のシマシマキリンです。

いや、クレーンですよ、クレーン。
正式名称『ガントリークレーン』コンテナの積み降ろし作業に使用されます。
でも、うちにはキリンに見えて仕方がない。かわいいキリン♪

遠目からしか見たことがないので、いつかキリンの足下から見上げてやろうと思ってます。働いてるトコも見れたらサイコー!

あれれ?
もしかして、巨大建造物フェチなのかしらん?あんまりビルには魅力を感じへんねんけど。タンカーとかダムとか城とか大好き。ベイブリッジの下通った時も、ワクワクしてたし・・・。年の最後に新たな自分を発見しました。来年も、新しい自分を探してレッツらゴーです!

■ 2009年12月31日(木)  毒吐いて、暴露して、で、近況報告してオシマイ!
今後、転職活動どうしよっかなーと悩んでおり「ました」makirinです。
そう。
「ました」←過去形。
悩み終わりました。

味○素で働いて、どーしようもない思いがこみ上げてきてました。
「なんで、こんな能無し社員に使われなくてはならないんだろう」
なので、もう派遣はしない、と心に誓いました。

大手企業がスゴイ人間の集まりと思ってはいけません。
確かに、出身大学はスゴイ。東大、京大、阪大、九大、北大、東北大、慶応、明治。それ、どこの大学?って思っちゃう大学出身のひとはいません(高卒組は別として)。でも、記憶力がすごいだけやったり、口先だけで仕事もせんとちょろちょろ動いてたり、あたしの美貌がかすんでしまうんで安全ヘルメットは絶対かぶりません!とか言って仕事してなかったり、会社に入ってしまえばこっちのもんよー!ってことで全く向上心もなく勉強しないようなひとがわんさといます。あと多いのは、コミュニケーション能力がないとか、人間関係構築できないとかいうひと。

あ、でも、まともなひともいますよ(汗)
仕事上でもプライベートでも、信頼して話ができて、ずっとつきあっていけたらいいなぁってひとも、ちゃんといます。

問題は、各部署にそーゆーまともなひとが1、2人しかいないということです・・・(部署には30人以上ひとがいるのだが)

そのまともなひとたちがどんなけ頑張っても、業績はグループリーダーがかっさらっていっちゃったり、口先だけうまい同僚や上司に仕事や責任押し付けられたり。研究する部署なのに、研究しないひとがエラそうにのさばってる。

目の前でそーゆーの見てると、イラッ(-゛-メ)ってくるんですよねぇ(口先だけで仕事もせずにエラくなれるのも、そのヒトの才能と器量だとはわかってはいるんですがね)

というわけで、味○素から『正社員で』ってスカウトされてたんですが、断ってしまいました。

「ええええええー?!もったいない!!!」
何人にこう言われたかっ!

確かに、もったいない。
この職がない御時世にね、大企業に入れちゃう通行手形、みすみす手放すか?!

派遣じゃないのがいいなー。
ポスドクはいややなー。
ベンチャーもいややなー。
バリバリの研究職はいややなー。
商品の下流を見たいなー。
正社員がいいなー。
終身雇用がいいなー。
と欲張りさんだったワタクシの欲求を満たしてくれるポストが、大した努力もなく手に入るトコまで来てたってのに!!!

ま、中を見ちゃったからってのもありますが(笑)、ある日の出来事がきっかけとなり
『キャリアを積む自分および自分の将来<<<<<まだ親に依存する時期にいるRieuたんとの時間』
ってなったのが、決定打だったように思います。

その日ってのは、うちが閣下のライブに行ってた日でした。ライブ後、ご飯を食べてしゃべくって、帰宅したのは夜中0時過ぎ。ドアを開けると、家はまっくら。あー、よかった、shotsさんも寝てるんやなー。

と思っていたら!

ドタドタドタ。
びくっ。

Rieu「まあのー」
私「り、りうたん!」
Rieu「おかえり」
私「ま、まだ起きてたん?!」
Rieu「そう」
おめめをこすりこすり、玄関までドタドタ歩いてきたのは、Rieuたんではありませんか!

私「寝てへんかったんか?!」
Rieu「まあのが、かえってこなかったら、いやなの」
私「帰ってきたがなー」
Rieu「かえってきて、よかった」
ううううううううううううううううううー(涙)

私「ごめんな、遅なって。Rieuたん、もう寝てると思ってたから」
Rieu「まあのー」
私「すぐお風呂入ってくるから。な、Rieuたん、お布団でごろんしとき」
Rieu「・・・」
廊下に座り込むRieuたん。

私「な、お布団とこ行っときや?まーの、さっさとお風呂入ってくるから!」
チョー適当に頭と体を洗い、数分でお風呂から出るとRieuたんが廊下に座ったまま!

私「これー!ずっと待ってたんかいなっ!!!」
Rieu「うん。まあのー、もう、どっか、いかない?」
ううううううううおおおおおおおおおおおおおおおおおー!(号泣)

私「もー、あほやなー。こっちおいで、こっち」
歯磨きと髪の毛を乾かす間、Rieuたんは洗面台にちょこんと座って、ずっとうちの横でうちを見つめていました。うちは、片手でずっとRieuたんを抱っこしたまま、歯ブラシやドライヤーを動かしてました。それでやっと安心したのか、
Rieu「りゅーたんねー、きょう、おかし、いっぱい、たべたの。それからー、ぱぱに、ちょっと、おこられたの。ちょっとだけねー」
などと、うちが出かけた夕方以降の話を始めました。

そう。
この日から、うちの転職に対する気持ちがガラッと変わったんです。

達成感のある、満足感の得られる、責任のある仕事をしたいなぁ。できれば、外資系で英語も使えればなぁ。海外出張とかも難なくこなして。あー、カッチョイー。
そう思ってた時も、自分のキャリア上での将来設計よりもRieuたんやshotsさんの方に重きを置いてたってのは同じなんですが、
『自分の仕事<Rieuたんとの時間』
って、『<』の数が少なかった!!!(あ、暴露しちゃった)

Rieuたんが巣立って行った後は、どうしよう。派遣でずっとやっていくのには無理があるし。使ってない獣医師免許は役に立たへんし。研究職にもどるにはブランクがありすぎるやろし。やっぱ、今、動かねばっ!そう思って転職活動してみっかーって思って、動いてたんですがね。最終的には、3歳のRieuたんと過ごせるのは今しかないやん、そう思ったわけです。そして『<』の数が増えてった。

ちゃんと土日一緒に過ごせて。
ちゃんと一緒に晩ご飯が食べれて。
ちゃんとRieuたんの小さな変化に気付けるくらいの、時間と心のゆとりがもてる。
そんな仕事があれば、やってみようと思います。

と思ってたら、shotsさんが研究費を当てて、うちを雇ってくれることになりました(笑)

ということで、癌センターにいます(爆)
shotsさんの仕事を手伝ってます。手伝うのを決めた理由は、今選択できるどの仕事よりも時間と心のゆとりがもてることと、疲れきった顔で帰ってくるshotsさんの役に立てるのなら、それもよかろうと、それだけです。小遣い程度の稼ぎにしかなりませんが、貧乏貧乏言いつつも結局はお金じゃないんよなぁ、人生って(´△`)とやけに納得してしまったワタクシなのでした。

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  

本館に戻る


---