ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2007年12月01日(土)  麗しのTaeさん、お元気ですか?
120107.jpg 344×199 66K
おひょー!!!
カツオです、カツオ。しかも、戻りカツオです。脂、ノリノリです!!!

Rieuたんが着れなくなった服をもらっていただいているTaeさんからいただきました。

そう、『もらっていただいてる』んです。一応、ボロボロのやつとか汚れたやつとかは除いてますが、それでも「これはちょっとー?」って思う服も送りつけられて(?!)るハズやのに。時々、新品なもんも中にはあったかもしれんけど、そんなんあっても数枚やろうに。どっちかちゅーたら、うちの方からお礼をせんといかんのんちゃうんかいな?と思ってまうくらいやのに。なのに「いつもありがとう」と、こうしてお礼の品をいただいて、こちらはとっても恐縮しております。ありがとうございました。

私「カツオもらったー」
shots「えええ?そんなの、気を遣わなくていいのに・・・」
shotsさんは心底申し訳なさそうにつぶやきました。
私「ま、また、今年の冬で着られへんようになるもんあるやろうから。それを送らせていただこう」
と、私は前向き(?!)です。
だって、すでに目の前にカツオが横たわっているんですもの・・・(笑)

shots「で、誰からもらったの?」
私「え?Taeさん・・・っつっても知らんか?会ったこと・・・ないわな???」
shots「知らない」
私「えええっとー・・・。先輩、じゃないしなー。んーと・・・。あ!Wくんの同級生。そいで知り合ったねん。ほら、うちと一緒で女の子もおっけーです!って感じのひと」
shots「・・・わかんない」
そらそうか(笑)
私「えっとー。あ!マニア倶楽部やっけか?あれ、くれたひと!」(『マニア倶楽部』がいかなるものか・・・(笑)あえて、ここでは説明すまい)
shots「ああ、ああ、わかったー。話しには聞いたことあるなー」

そうそう。Taeさんとうちの関係を説明するのって大変なんですわ(笑)
同じ大学でもないし、同郷でもないし。先輩?友達?○◯仲間?(さて、○◯には何が入るのか?!)

そーいえば、なんで知り合ったんやっけか?
・・・。
・・・!!
そっか!あのロクデモナイWくんが引き合わせてくれたんやったっけか!?そっか、そうやんな。あいつも、稀にええことするやん(「そこだけは感謝しとこうか、癪だけど」とTaeさんと話し合ったことがある気がする)

そんなことはさておき。
Taeさん、もう、何も送ってこんでよいですぜー。こっちは、もらってもらって助かってるんですから(モノを捨てれない人間なんで、わたくし。今まで、いらんようになった服って、わざわざ高い送料払ってタンザニアやらコソボやらに送ってたし。それを考えると日本国内に送るための送料なんて、安いもんやし)。その代わりといっちゃあなんですが、高知へお邪魔した時には、よろしくお願いしますだ。子供ぱーちーしましょうぞ。

■ 2007年12月02日(日)  テンションの高かった日
おお、思いっきりカツオの感想を忘れてしまっていました。

この戻りカツオのたたきセット。カツオとタレ、それからにんにくとネギも一緒に入っています。もう、わおー!って感じです(かなり興奮)。しかも、カツオはぷりっぷり!ああ、今までスーパーで買ってたやつって何だったの?!と思っちまうくらいに、どっしりぷりぷりしたカツオでした。

私「くんくんくん」
とりあえず、匂いを嗅いでおく・・・(笑)
私「あー!カツオやー!!!」←当たり前。

カツオまるかじりもゴーカイでええかなー?と、一瞬アホな考えが頭をよぎったんですが、Rieuたんも食べることやし、真面目にスライスすることにしました。

包丁を入れると、てりてりぴかぴかのカツオが出現。
いやーん!この青光りがステキー!!!(気持ちは盛り上がりまくり)やっぱ、特価で100g98円のカツオとは違うよなぁ!←一緒にすんな?

Rieuたんのお昼寝中に晩ご飯の用意を終え、スライスされたカツオは冷蔵庫へ。ああ、こんなに晩ご飯が待ち遠しかったことって、今まであったかしらん。

私「Rieuたん、Rieuたん、カツオ食おうぜーい!」←テンション高し。
Rieuたんとうちはシンプルに、タレのみでいただきました。もともとカツオ好きなRieuたんですが、今日の食べっぷりはすごかったっす。子供の舌は正直ですね。

shots「ただいまー」
私「カツオやで、カツオー!」←いつまでテンション高けりゃ気が済むねん?
shotsさん用のカツオは、にんにくとねぎをたっぷり。明日は、誰ともしゃべらん方がええで(笑)
私「おいしーやろ?おいしーやろ?」
まるで、自分が釣って来たかのような興奮っぷりは、12時間程続きましたとさ。

おいしかったです。ありがとうございました。

■ 2007年12月03日(月)  ムダ遣いセット
120307.jpg 355×195 50K
店員「いらっしゃいませー。今日は何をお探しですかぁ?」
shots「んー、いや、ちょっとまだ決めてないんで」
店員「それではこちらの『えー?!セット』はいかがですか?」
shots「『えー?!セット』?」
店員「ええ、こちらはキーボードとマウスがセットになりました『えー?!そんなもん買ってきたん?奥様の非難ゴーゴー』略して『えー?!セット』です」
shots「はぁ」
店員「こちら、キーボードもマウスもワイヤレスになりますから、他のモノと比べますと少々お高くなりますが、便利ですよー」
shots「はぁ」
店員「また、『奥様(怒りが?)大爆発!ビッグバン』略して『ビ!セット』こちらは、MacBookとAirMac Express ベースステーションのセットとなっておりまして、今ご購入されますともれなく・・・」
shots「あ、いらない、持ってるから」
店員「あ、そうでしたか。ありがとうございます。それでは、現在はMacBookをお使いに・・・」
shots「あ、ヨメがね。最近買ったからいいんですけど。僕のがね、ちょっと調子が良くなくて。いやー、新しいのが出たら買い替えたいんですけどねー。どうしようかなー」
店員「失礼ですが、お客様ご自身は何をご使用になっていらっしゃるんですか?」
shots「あ、まぁ、色々と」
店員「あ、そうですかー」←店員、やや困り気味。
shots「Mac Miniもあるしなー、ディスプレイもあれは手放せないしなー、うーん」
店員「あはははは」
shots「あー、じゃあさっきの『えー?!セット』下さい」
店員「え?あ、はいっ!ありがとうございます!」

というわけではないでしょうけど、突然宅急便で届きました。
makirin命名『ムダ遣いセット』

shots「ただいまー」
私「なんか、届いたけど?」
shots「ふーん」
私「今度は何こーたんな」
shots「キーボードとマウス」
私「はぁああ?もうすでに持ってるやんか!」
shots「今度のはワイヤレスなのっ!Rieuたんがいるから、コードがひっかかったらあれかなーと思って。ほら、危ないじゃん」
私「はぁー(ため息)」
shots「また、ムダ遣いしてー!とか思ってるでしょ!」
私「思ってるに決まってるやんか。壊れたんならまだしも。まだ、十二分に使えるやつがあるっつーのに。まぁ、前のんと比べたらまだマシやけど」
shots「前のん?」
私「ソフトとか、あの四角いちーさい子とか(=Mini)じゃい!」
shots「おほほほほほほ」
私「まぁ、ええけどなー。shotsさんが欲しいんなら」

数日後。
Rieu「がたん、ごとーん。がたん、ごとーん!」
私「Rieuたん、それ、確かにでこぼこしてるけど、キーボード・・・つーねん。shotsさんの大事大事やからなー?トラックやら新幹線やらを走らせるのはやめときー」

Rieu「でんちー、でんちー」
私「ああああ!マウス、解剖してるし!!!いつの間に、そんな知能をつけたねん、Rieuたんよ。て、どーでもいいけど、それもshotsさんの大事大事やからな。ほら、分解せんと。電池、ないないして?」
Rieu「だめー!」

キーボードもマウスも、多分すぐに壊れます・・・。

■ 2007年12月04日(火)  突然の贈り物
120407.jpg 333×235 62K
ああー、毎日つまらんなぁー。どっかから、お歳暮とかプレゼントとか贈られてけーへんかなー。突然送られてくる荷物って、大概shotsさんのりんご用品やもんなー。そんなん受け取っても、きゃっほー!!!っていう喜びがないもんなー。んー、こうなったら、自分宛にお歳暮とか贈ってみようかなー。あ、それじゃあ、何が届くんかわかってるから、きゃっほー!!!ってなれへんかぁ・・・。

と、時々ないものねだりをしたくなるmakirinです。もう、半分くらい病んでんじゃないかと、自分でも可哀想になるくらいに『何か』に飢えているようです(笑)←何かって、何?

ぴんぽーん。
私「はーい」
何か贈られてけーへんかなー?と思ってる割りには、結構居留守を使うわたくし。ですが、例のりんご用品がどしどし届くぜな日から、ちゃんとぴんぽんに対応するようになりました。
宅配人「宅急便でーす」
へーいへい。今度は何かいな。もしかして、新しいりんごさんじゃなかろうな?!と思いつつ荷物を受け取る私。ん?ちーさいな、軽いし。誰からや?

お!?
・・・あちゃー。
またしても、先を越されてしまった・・・。
なんと!ぷんぷい家からの贈り物(お歳暮?)ではないですかっ!
あああ、しまったー・・・。

ぷんぷい家に、何か贈ろう贈ろうと思いつつ(新潟から帰ってきた時から思ってたのに、そのままになっとるし)その何かを決めかねてたんですが。決めかねてるまま、何週間(つーか、何ヶ月?)たっとんねんー!みたいな(汗)

アメリカから帰って来た後も、お世話になったから何か贈らななーと思いつつ月日は流れ、その流れ行く月日に身をゆだねてたら、ぷんぷい家からお米が届き・・・。勿論、とっても嬉しかったんですが、その反面、あちゃー、やられたー!みたいな(笑)。ぷんぷいさんって、そーゆーとこ、もんすごいしっかりしてはるんですよね。礼に厚いというかなんというか。こっちがすっかり忘れてたことでお礼を言われたりして、へ?って思うこともしばしばあるし。

そして、また、今回もかー!!!
がびーん。
あー、もう、すいません、すいません。ほんとーにすいませんっ!ありがたいっす!

Rieu「あーけーてー、とんのー、とんのー、のんのー」
私「へ?ああ、はいはい、開けます開けますがな」
ぺりぺりぺり。
うおっ!
私「かっちょいー!電車やでー、Rieuたん」
Rieu「がたんごとーん、がたんごとーん」
早速Rieuたんに奪われました(笑)

中身がなくなっても遊べるやーん!!!
ぷんぷいさん、すごーい!こんなん、よぉ見つけてきはったなー。すごーい!
う、うちにはこんなセンスのいい贈り物はできん気がする・・・。←さらに追い討ちをかけて、がびーん。

突然の贈り物、しかも、こんなかわいーのん、とっても嬉しかったです。病んだ心が癒されました(笑)。ありがとうございました。

■ 2007年12月05日(水)  シリまるだし男
120507.jpg 233×336 71K私「ちょっとー、Rieuたーん、ぱんつはこうや、ぱんつー。そんなさんむいとこで、遊んでやんとー。これー、ぱーんーつー!」
Rieu「がたん、ごとーん」
無視ですかいっ!(怒)

この頃、人の言うことを全く聞かへんようになってきました。遊ぶのに夢中で聞こえてへんのか、聞こえてるけど無視してんのか、本当のところはどっちなんやかわからんかったんですが
私「Rieuたーんってば!・・・ヨーグルト食べるー?」
って言うたら、こっちにたったか走ってくるんで、やっぱり、聞こえてるけど無視してるんでしょう。まだ2歳にもなってないのにー、そんな簡単に無視することを覚えてしまうのね(泣)

で、自分に都合の悪いことは無視し続けるRieuたんなんですが、今日はひどーい!
私「Rieuたん、ご飯はー?ほらー、にぎにぎ」
Rieu「・・・」
私「いるん?いらんのん?いらんのん?食べへんのん?じゃ、みそぷーぷは?」
Rieu「・・・」
私「知らんで、おなかすいてもー」
Rieu「・・・」
私「じゃ、ヨーグルトだけでも食べたら?」
Rieu「よーぐー!よーぐー!」
自分の好きなもんには反応する、らしい。

私「じゃ、お着替えして、公園行くかー」
Rieu「いらなーい」
む!今度は拒否り始めたぞ?!
私「え?行かへんのん?じゃ、まー1人で行ってくるから」
Rieu「・・・」
私「じゃーねー!ばいばーい!!」
Rieu「おそと!おそと!いっちょ、いくー」
私「さ、じゃ、ぱんつ変えよ、ぱんつ」
Rieu「・・・」
私「ぱんつ、ぱんつ」
Rieu「いらなーい」
私「いらん、ちゃうねん。ぱんぱんやんかっ!しっこでぱんぱんやー!ほら、ちゅるっとなー」
Rieu「いらなーい!!!」
たったかたー。別室へ走って行ってしまいました。
私「ちょっと、Rieuたんてばっ!そんな、シリ丸出しで、おかしーおかしー!いやー、おかしーなぁ、その、おシリ出したまま、遊んでんのんって。超おかしーわー」
Rieu「がたーん」
私「こっちおいでー!そこ、寒いやろー?ほら、Rieuたん!!!ぱんつ、はかな、お外行かれへんでー」
Rieu「ごとーん」
むむむむむ。かなりの強敵。

いつまでたっても戻ってきません。仕方がないので、抱っこしてストーブの前に連れ戻したら、また脱走!おいおい、別に今が夏ならそれで遊んでてもええけどなぁ。今、室温9度でっせ、あんさん。風邪ひくで、風邪。それでなくても、風邪ばぁーっかりひいてんねんからー。

私「Rieuたん!」
Rieu「・・・」
私「Rieuたん!!」
Rieu「・・・」
私「Rieuたん!!!」
Rieu「だめーのー!」
私「だめ、ちゃうわいっ!!!」
Rieu「んもー!」
私「んもー!って、こっちのセリフやわっ!」

ずーっとこんな感じです(笑)
これって、反抗期?
Yママ「いや、反抗期なんて、そんなもんじゃないよー。もっと!もっと、スゴイんだから。いやいやいやいやいやいやいやいや、って、こっちがおかしくなっちゃうくらいに、いやいやだから。1日中いやいや言ってんの。それに、やって欲しくないことを、全部するの。あ、これ、やって欲しくないなーってことを、すーべーてーするの。大変だよーん(笑)」

・・・。
か、覚悟しとこう。

■ 2007年12月06日(木)  積み木?
grp0112174446.jpg 311×233 62K
我が家にやってきた積み木(これまた、突然宅急便で届きました)って、いうかブロック?

『ピタゴラス積み木』
磁力によって、くっつける・積む・壊す・組む・組み替える・見立てて遊ぶ等ができるという。創造意欲わきわきの積み木だそうです。うちは知らなかったんですが、結構有名な『知育玩具』らしいです(うちには、どこからどこまでが『知育玩具』なのか、それすらわかりませんが)

最初は、うちらがつなげたブロックをRieuたんが壊す、というパターンやったんですが、この頃やっと「ナニカ」を作るようになりました。ま、ナニカって「クルマ」なんですけどね。で、クルマつったかて、車輪のついたブロックを2つつなげるだけなんですけどね(笑)。つなげれるようになっただけでも、成長成長!!!

この積み木、何十通りもの動物や乗り物が作れるらしく、確かに確かに、説明書には「キリン」だの「ロボット」だの「パトカー」だの、いろんな見本が載っています。こんなん作れる子て天才ちゃうか?!と思ってまうくらいの見本たち。まぁ、稀に、え?っていうのもあるんですが、そこはきっと偉大な偉大な想像力でカバーするんでしょう。

想像力・創造力ともに乏しいわたくしは、見本を見ながら作りますけどね(笑)
マネっこです。マネっこ。うふふ♪

■ 2007年12月07日(金)  かめさん洗濯
120707.JPG 311×233 58K
ふはー。やっと、かめさんを洗いました(バランスをとるために、一緒にけえきくんも洗いました)。Rieuたんがゲローンと吐いたミルクもかぶってしまっていたようで、かなりの異臭を発してましたからねぇ。汗やよだれやしっこ臭は我慢できる(うんち臭も大丈夫かもー?)けど、胃液の混じったミルク臭は、あかん。耐えられへん。

お洗濯後のかめさんは、ほんのり柔軟剤のかほり。いやーん、良い感じぃ!
ぬいぐるみも簡単に洗えるもんやねんな。洗濯機もこんなおっきいもん洗濯させられて、びっくりしたやろー。かなりの異音を発してたようやけど、壊れんでよかったわー。かめさんも、ぐるぐる大変やったなー。ちょっと、頸椎脱臼気味やけど、大丈夫?!

あとは、乾かして、毛玉を取って・・・と。

毛玉だけはちょこちょこ取ってたんですがねー、次第と薄くなってきてますわ、かめさんの生地が。でも、毛玉取らんと放っとくと、もんすごい汚らしいしなー。でもでも、あんまり取ったら、この手触りが失われて行くしなー。悩ましいわー(まるで、抜け毛に悩むおやじさんの心境です。髪の毛の洗い過ぎはあかんっていうしなー。でも、汚れが残ってるのもあかんっていうしなー。みたいな?)

来年にはどうなってるやろか、かめさん。まっくろけーで、ぺったんこーで、ぼっさぼさー、かな?でも、どんなに汚なっても、ほられへんやろなー。例え、Rieuたんがかめさんに見向きもせんようになったとしても。今度はうちが抱いて寝てるかも?!

かめさん、これからも末永くよろしくー。

■ 2007年12月08日(土)  洗ったのにー!
120807.jpg 322×224 53Kあちゃー・・・。
かめさん、洗ったとこやのにっ!早速、ミルクの洗礼を受けております。あーあ。

この頃、かめさん依存度がべらぼーにUPしているRieuたん。寝る時は勿論のこと、お風呂上がりのイッパイをいただく時も
Rieu「んー!んー!んー!」
と、ミルクを飲みながらかめさんを要求。
Rieu「んー!」
私「ん?」←しらばっくれ中。
Rieu「んー!」
私「ん?」←まだ、しらばっくれ中。
Rieu「んー!!!」
私「ん?」←思いっきり、しらばっくれ中。
Rieu「めかちゃー」
私「はいはい、かめさんねー」
あまりに態度がデカイので、ちゃんと「かめさん」って呼ばない限り、かめさんを手渡さないようにしております(笑)

さらに、台所やトイレにもかめさんをずりずり引きずってくるわ、公園にも連れて行こうとするわ。まるで、ライナスの『安心毛布』ならぬ、Rieuたんの『安心かめさん』です。ライナスは、1度毛布から一人立ちを果たしたようですが、Rieuたんはどうかなー。きっと、ミルク断ちや哺乳瓶断ちができるくらいに成長しても、かめさん断ちはできへんのやないかと思います。まぁ、うちも1、2歳で買ってもらったぬいぐるみ(ゴロンタ、といいます)含め、20体以上のぬいぐるみと一緒に寝てましたからねぇー・・・15歳くらいまで(笑)←カエルの子はカエル。

■ 2007年12月09日(日)  よそのママ好きなRieuたん
120907.jpg 222×348 71K
shots「なんなのー、あれはっ!!!」
私「へ?」
shots「なんで、Eママさんとは手つないでるわけ?!」
私「え?ああ、そうやで。EママさんとかKママさんとか、Rieuたん、自分の好きなママさんにはな、自分から手ぇつないでな、引っ張っていくねん」
shots「うちらが手つないだら、振りほどくくせにいいい?!」
私「そうそう。もう、前からやで。うちとは絶対手ぇつなげへんけど、お気に入りのママさんとは手ぇつないで歩いてるわ」
shots「むきー!」

おお、じぇらすぃもりもりのshotsさん(笑)
うちはもう見慣れてたんですが、shotsさんは初めてやったんや。Rieuたんが、他のママさんと手をつないでラブラブに歩いてるとこ見んのんって。

よく、親と触れ合ってたら子供は安心するとか言いますが、Rieuたんはそれが当てはまらないお子様でした。しかも、かなーり初期の頃から。そうですねー、把握反射(手のひらの内面をなでると、しっかり手を握る反射)がなくなった頃からですかね。こっちが手をにぎにぎしたら、手を払いのけましたもんねー。頭をなでなでしたら、明らかに逃げ回り、ついにはうちらの手を払いのけましたからねー。今では、生まれてちょっとしか生きてへんくせに、なんじゃその態度はー!と、シャレまじりに怒ることもできますが、そん時はかなりショックでした。え?なんで?みたいな。おまえなんかいらん!とRieuたんに言われているようで、悲しかったです。

そして、現在も。
明らかに、他のお子様と比べて、抱っこ回数も少なく、甘えもしないようです。手は勿論つながず、頭をなでなでしたらプイッと逃げられました。ああ、Rieuたんとおててつないで歩いてるEママさんが羨ましいいいいいいい!

・・・はぁ。
悲しい。ああ、Rieuたんと、おててつなぎたーーーーーーーーーーい!!!

あ!
寝てる間に手ぇつないだんねーん!!!
ナイスな考えー!と、寝付いたRieuたんのおててをにぎにぎしたら、
私「あ・・・手、引っ込めた(泣)」
思いっきり拒否られました(T T)
もう1回・・・とか思って、今度はそおっと手を重ねたら、数秒後には手が逃げていきました(大泣)

把握反射、かむばあっく!!!

■ 2007年12月10日(月)  祗園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。と言ってもわからんか・・・
121007.jpg 288×279 63K
ぷんぷい家からいただいたカンカンの電車の中には、オシャレなお菓子が入っていました。その中の1つが、コレ。『タクシーチョコ』・・・って、単にチョコがクルマの形になってて、包装紙にタクシーの模様が描いてあるという、そのまんまのチョコなんですが、クルマ好きのRieuたんは真っ先に飛びつきました。

Rieu「ぶーーーーーうん」
クルマ遊びですな。ま、大人しく遊んでるから放っとこ。食べもんやってこと、知らんやろうし。

Rieu「ぶうーん!ぶっぶー!」
遊んでる遊んでる。むふふ。

Rieu「・・・」

Rieu「・・・」
ん?わけに静かやな。
私「Rieuたん、どーした?」
Rieu「なっかっちゃったー」
私「はぁ?なんて?」
shots「わかんない」
Rieu「ぶーぶー、なっかっちゃったー」
私「はあああ?なっかっちゃったあ?」
Rieu「ぶーぶー、なっかっちゃったーあ!!!」
はああああああ?

わ!
銀紙はがしてるやん!手はチョコだらけやし!!
shots「Rieuたん、そりゃ、あかんわー。これはがしたら、もう、ぶーぶーじゃないじゃん。あああー、融けて来てるしー!」
私「なくなっちゃったーって言うてたんや?そうなんやー」
shots「ぱくっ」
Rieu「ぶーぶー、なっかっちゃったーあああー(泣)」

チョコに気付いて、チョコを食べるかと思いきや。ぶーぶーじゃなくなったあ!と泣き叫んだRieuたんでした。

■ 2007年12月11日(火)  お、なんか、カワイイぞ?でも、これ、なに?
121107.jpg 288×269 63Kちょっと成長しました。ピタゴラス積み木遊び。
「クルマ」に「おめめ」がつきましたー!!!(笑)←「Rieuたん!おめめがあるで、おめめ!これ、つけよう!」って、うちがつけさせたんですが。
ちょっとばかし、まともなもんに出来上がったので、記念に撮っておこう。わはははは。

■ 2007年12月12日(水)  珍しく、有名スイーツとやらを買ってみた
121207.jpg 288×260 63K
横浜ランドマークプラザにある『ミセスエリザベスマフィン』で、マフィンを買いました。
左上から右回りに、チョコレート、ブルーベリー、マンダリンオレンジ、クリームチーズトップドチョコレート、マンゴープリン、フレッシュバナナ。

フレッシュバターと季節の素材を使ったマフィンは、お店で焼き上げられているようです。確かに、注文してる時に「◯◯焼き上がりましたー」とおばちゃんが裏から持ってきてました。その度に、あまーい香りが店内に充満。数個しか買えへんつもりが、6個も買ってしまった・・・。お会計の時になって、後悔したんですけどね。なんで、こんなに買うてもーてんやろ?!って(苦笑)←食べられへんとかじゃなくて、高いからである。

バナナはRieuたん。うちは、マンゴーとブルーベリーがあればいいな。願わくば、一口ずつお味見できれば幸せー♪(チーズのやつ以外)と言いつつ、しっかりお味見しました。

が・・・。
あ、あまい。
甘過ぎんか?バナナとかブルーベリーとかって、フルーツが入ってるんでしょう(流石にブルーベーリーは紫色してるからわかったけど、バナナはその所在がわかりませんでした)けど、そのフルーツの味がわからんくらいに甘い!コーヒーと一緒にいただく人にはいいんかなぁ?

なんか、どこででも絶賛されてるようなんですが・・・。これやったら、アメリカで食べてたマフィンの方がマシかもー。いや、確かに、美味しいんですけどねー、甘過ぎひん?うち的には、絶賛するレベルまでいきませんでした。もーちっと、甘さ控えめでお願いしますって感じ。

同じ理由で、Rieuたんは全く食べませんでした。あ、お子様には珍しいようなんですが、Rieuたんって甘いもん嫌いみたいなんです。ちょっとした甘さは大丈夫なんですが、砂糖べったりな甘さの食べ物は一切食べません。そのRieuたんが、バナナマフィンの上に乗っかってたバナナしか食べなかった(マフィン部分をあげたら、一口で終了しました)ところをみると、うちの味覚も一応マトモなんだと思います。

まー、でも、マンゴープリンだけはお気に入りに入れてもいいかなー。

といった感じだったので、それ以降、全く買いに行ってません。ランドマークプラザには、飽きるくらいに行ってるんですけどねぇ。いつも素通り。今度、気が向いたら横浜限定という「杏仁マフィン」を買ってみよう。

■ 2007年12月13日(木)  あーたーしーの、しーらーなーいーとーこーろーでぇー!
shots「あ、そうだ・・・。そういえばさー、毎日お昼ご飯の後にアイス食べてるんだよね」
私「・・・へえー。何アイス?」
shots「ハーゲンダッツ」
私「はああああ?!」
shots「(笑)」
私「はあげんだっつう?あれって、1個250円くらいせんか?」
shots「する」
私「それを食べてんのおおおお???」
shots「うん、そう。でね、よーく考えてみたら、結構かかってるなーと思って」
私「かかってるがなー!月20日食べたとして、5000円やでー?」
shots「うん、そうなの」
私「うちが頑張って、月曜日は牛乳がいつもより30円安いから月曜日に買いだめしてー、とか、今日は豚肉が安いから豚肉使ったメニューにしてー、とか、考えて、節約して・・・んのにいいい。ああ、5000円・・・」
shots「だから、そんなことしなくていいしっ!」
私「・・・」
shots「な、なに?」
私「・・・それ、100円アイスとかにせーへん?」
shots「うん、そうしようかと思って(笑)」
私「まぁ、shotsさん、タバコも吸わへんようなったし、お酒も飲めへんし、アイスくらいええけどなぁ?」
shots「うん。でも、あ!こんなに食べてたんだーと思って」
私「そうやな」
shots「・・・(笑)」
私「じゃ、明日からは100円アイスで」
shots「うん」

翌日
私「今日もアイス食べた?」
shots「うん、食べた」
私「100円アイス、美味しいのんあんのん?」
shots「うん、モウってやつがなかなかいい感じ」
私「ふーん。でも、それでええのん?」
shots「え?別に?」
私「だって、ハーゲンダッツが好きで食べてたんちゃうのん?」
shots「いや、そういうわけでは・・・なんとなく・・・」
私「へ?」
shots「ぶっちゃけ、なんでもいいかも・・・」
私「じゃ、100円アイスでよろしく」

「なんとなく」ハーゲンダッツを選んでしまうshotsさん・・・って、グルメなんですかねぇ?!

まぁ、ほんまに食べたくなったら買って下さい。他の旦那さんたちのように、毎日お酒を飲むとか、タバコは1日1箱とか、そんなお金がかかるヒトではないので。アイスくらいええわな。あ、でも、1日250円アイス1個って、ビール1本とかタバコ1箱とかと同じくらいの値段か?(もしくは、下手すりゃアイスの方が高い?)

でも、食べる時は、論文を読みながら「なんとなく」食べるとか、ぼーっとしながら「なんとなく」食べるとかやなくて、しっかり味わって食べるようにしましょう!ちゃんと250円分、味わって楽しむんやでー。

■ 2007年12月14日(金)  おさがり
121407.jpg 222×345 57KRieuたんの冬服がないんですよねぇー。かろうじて、数枚はあるんやけど・・・。
え?買え?!(笑)
ほら、うち、貧乏ですから。いや、毎日お洗濯してるから、上着もズボンも数着でこと足りるんですよ、おほほほほ。
shots「うそつき」
私「し、しつれいなぁっ!」
shots「枚数の問題じゃなくってさー、Rieuたん、寒そうだよー」
私「え?」
shots「こんな薄い服じゃあ寒いよっ!」
うちが冬用と思ってたのは、shotsさん的には「冬にこんなもん着ても、寒いわいっ!」レベルの服らしい。

ほかほかのコートもブルゾンもないし(ないねぇ。あ!ほら、ちょっとちーさいけど、去年着てたやつがいっこあるやん。あれ、まだ着れるやろ?え?着られへん?)
上着はつんつるてんで、うすっぺらいし(Rieuたん、成長したんやなぁー)
ズボンはシリが見えてるし(Rieuたん、めっちゃ成長したんやなぁー)←同じセリフを2回も使うな!
靴下は短いし(だって、それ、夏用やもん)
パジャマは薄いし(だって、それも夏用やもん)

冬用の服、買うたれよっ!
私「だ、だ、大丈夫!!!」←何が?
shots「寒いって!もう、フロリダじゃないんだからっ!」
私「んなこと、わかってるがなー。えっとー、外に行く時はー、これとー、これとー、これ着たらええやろー?ちょっと風通るけど、こんなけ着てたら大丈夫やろ。家ん中は、このフリースのんブアツイから、これで大丈夫やろー?それから、寝る時は・・・」
寝る時は?
私「スリーパー買いたいねんけどなぁ。Rieuたん、すぐお布団から出て行くから」
shots「買えば?」
私「んー、腹巻きも欲しいねんけどなー」
shots「買えばいいじゃん」
私「2つで、3000円弱か・・・」
shots「たかが3000円でしょー」
私「んー・・・どうしようかなー」
shots「・・・」
私「あ!そうや!これ、これ、うちの服着せたらえーねん」
shots「?」
私「これやったら、おなかもでーへんのんちゃう?」
と、うちの長Tを着せられてしまったRieuたん。

私「なかなかえー感じやん。Rieuたん、それ、あげるわー」
Rieu「・・・」←もしかしたら「いらない」と思っているかもしれない。
shots「・・・」←もしかしたら「それって、どうなん?」と思っているかもしれない。
私「ちょっと、長いなー」←ちょっとどころではない。
Rieu「たーこたーこ?」
私「ああ、たこさんみたいやなー」
Rieu「たーこ、たーこ、たーこ」
私「たーこ、たこたこ、くるんぱー♪」
Rieu「たーこ、たこたこー」
どうも、手が長くて、びよびよしてるものは「たこさん」らしい(笑)

私「ほら、ちょっと貸してみ。袖、切ったるから」

ちょっと年の大きい子からのおさがりならまだしも、ママンからのおさがりって聞いたことない・・・。ま、家の中だけならいいよね?!ね!?ね???

■ 2007年12月15日(土)  市電保存館へ行ってみた
121507.jpg 311×233 62K
市電保存館へ行きました。だって、入場料が100円ー!(300円から値下げ)

ここには、市電7両や部品などが展示されています。それから、今回は時間がなくて見てませんが、「鉄道模型コーナー」や「地下鉄コーナー」もあります。自分で持参した模型車両や備え付けの模型車両を運転できたりもするらしいので、Rieuたんがもーちっと大きくなったら、また行こうと思います。今は、展示されてる車両の中をうろうろするだけで満足っぽいし(笑)

うちは横浜に暮らしたことがないので、横浜で市電が走ってたなんて、全く知りませんでした。「これが走ってたんです!」って実物を見せられても、ふーん・・・。で、一体ドコを走ってたんー?と思うくらい。一応、鹿児島と長崎と大阪で市電には乗ってたんで、馴染みはあるっちゃあるが、そんな懐かしがる程昔のことでもないし・・・。ぶっちゃけ、ああ、市電が並んでるねーって感じでした。

しかし、
shots「うわーーーあ・・・。なんか、この車両だけ、覚えてるうー。なんか、子供の頃に乗ったような気がするー。ううー、でも、ものすんごい小さい時だと思うんだけどなー。1歳とか、2歳とかっ」
shotsさんの記憶の片隅には、ちろりろ走る市電が存在していたようです。もしかしたら、結構感慨深かったりしたんでしょうか。Rieuたんの相手を全くせずに、1人ですたこらどっかへ行ってしまっていたのは、むかーしむかしを思い出し、懐かしい気分に浸っていたからでしょうか。市電に限らず、そういう「モノ」が頭の中にちゃんと残ってるっていいですよね。Rieuたんにも、何かそういう「モノ」を残してあげたいです。

■ 2007年12月16日(日)  コてっちゃん
121607.jpg 311×233 58K
電車みたいに連結もしてないし、動いてもない。なのに、何が楽しいのか、Rieuたんよ!?ママンの存在など、まるで無視。つーか、今、君のちーこい頭の中は、この「市電」でいっぱいやろ?!

並ぶ市電に目移りしながら、1両1両しっかりと念入りにチェック。椅子に座ってみたり、ドアをスライドしてみたり、たかたか走ってみたり。
私「Rieuたん、おもしろいいい?」
Rieu「・・・(にやあー)」
お、おもしろい、らしい・・・(ー ー;)

わからない、うちには全くわからないナリ。もしかして、君もてっちゃん予備軍か?1歳にして、鉄道魂燃え上がりまくり?
shots「っていうか、すでに、てっちゃんでは・・・?」

きゃああー!
ちょびっとそうかなー?って思ってたけど、そんな、口に出して言わんといてぇー!120%現実になりそうで恐ろしひ(笑)。きっと、もーちっとしたら「プラレール!(欲しい)」とか「Nゲージ!!(買って)」とか「Zゲージ!!!(買えっ)」とか言うんやわー!!!
shots「高いのよねー、揃えると」
だからやがなっ!鉄道マニアがあかんちゅーてるわけやなく(だって、うちも十二分に◯◯マニアですもの。shotsさんはりんごマニアやし)、お金のかかり過ぎるマニアは避けたいのよっ!!(あ、お金かかるな、りんごマニア・・・)←だから、どっか他所様からいただけるんやったら、てっちゃん道を突き進んでもよろしくってよ(笑)

shots「俺のプラレールとか、メルクリンとかって、ドコにいったんだろー」
私「やっぱり、持ってたん?」
shots「当たり前じゃん!」
私「で、もうないのん?」←期待、大。
shots「ないんじゃないかなー。誰かにあげたんじゃない?」
私「あーあー」←かなり、残念。
shots「残って・・・は、ないだろうなぁ」
私「Rieuたん、この頃、異様に電車好きやからなぁー」
shots「男の子だったら、一度は通る道だよ」
私「そーなん?何が楽しいんかわからんわー。まぁ、模型が走ってんの見てたら、おもしろいこたぁおもしろいけど」
shots「最初は走らせるのが楽しいんだけど、その次に、いろいろと自分で組み立てるのがおもしろくなってくるのよ。それだけじゃないのよ。直流とか交流とかの勉強もできるんだから。メルクリンはね・・・(延々とつづく)」

カエルの子はカエル。
ということで、諦めよう(笑)

■ 2007年12月17日(月)  運転席に座らせてはみたものの
121707.jpg 244×313 60Kshots「Rieuたん、Rieuたん、こっち来てみ、運転席やで」
Rieu「・・・」
shots「こっちこっち。ほら、ここに座ってみー。ここをこーしたらな、電車が動くねん。がたーんごとーん」
Rieu「・・・」
私「どう?」
Rieu「・・・」
shots「興味なさそう・・・(悲)」
Rieu「ぷいっ」
shots「あっち(座席とかドア)の方がいいらしい(泣)」
私「まぁなー、運転席とかじっくり見たことないもんな。まだ、わからんのんちゃう」
shots「そして、実は、ここ、立ち入り禁止らしい」
私「はぁ?・・・あ、ほんまや(笑)」

注意される危険を冒して!?まで、立ち入り禁止区域にRieuたんを導いたのに。Rieuたんは、全く興味なしでした。shotsさんがハンドルを動かすのを、ぼーっと見てるだけで、しばらく見ると飽きたようで
Rieu「しょーもな」
と言わんばかりに、席を立ち、去って行ってしまいました。

まぁ、あのハンドルを操作したら、ほんまに市電ががたごと動くっちゅーんならおもしろいんでしょうけど。それやったら、うちもやってみたいなぁ!

市電保存館、今度はもっとじっくり見て回ろうっと。

■ 2007年12月18日(火)  発見!
121807.jpg 311×233 61K
shots「市電保存館、おもしろくなかったんでしょー?」
私「え?なんで?」
shots「楽しそうじゃなかったからー」
私「まぁ、見てるだけやしなぁ」

そう。展示車両を見てるだけやったからね、おもしろく・・・はなかったです、正直言うて。でも、模型を自分でコントロールして走らせれるやつとか、地下鉄の運転シュミレーターとかはおもしろそうやから、やってみたいねんけどなー(有料よ♪)。

それよりも何よりも!
実は、うちが興味津々やったんは、やはり・・・(何がやはりや?)
てっちゃんの存在よん!!!

有名な鉄道博物館じゃあるまいし、こんなちーさい市電保存館に「てっちゃん」っておるんかなー?
と、入館前からそこに興味があったんです。なので、Rieuたんを見ながら、ちろっと周りをチェックー(笑)

ちら。
ちらちら。
やっぱり、家族連れが多いな。
ちら。
あ!
てっちゃん、発見!!!
あ!
あっちにも!!!
数人いらっしゃいました!

じぃー・・・。←なんて、失礼なわたくし。

ひたすら写真を撮りまくるてっちゃんさんたち。皆さん、ビデオとかデジカメやなくて、ちゃんとしたカメラで撮ってはるんですよね(しかも、カメラは1つではない)。中には、三脚を立てて、じっくり構想を練ってから撮影されている方もいらっしゃいます。その度に、フラッシュとパシャーンという小気味良い音が鳴り響く館内。もんすごい真剣な眼差しを見て、うちは走り回るRieuたんが邪魔をせんかと心配でした。しかし、てっちゃんさんたちのココロは市電に釘付けなようで、そこらのジャリンコの雄叫びなど聞こえない様子。

ほんまに、おったー!
ええもん、見れたー(笑)

私「しかし、電車の何がえーんかねぇ?」
shots「そりゃ、いろいろでしょ。車体が好きな人もいるし、車輪が好きな人もいるし」
私「あー、Rieuたん、今そうやな。とりあえず、回ってるもんが好きみたい」
shots「それに、連結部分が好きな人もいるし」
私「は?連結??」
shots「そうだよ、みんないろいろあるんだよ」

うーん、うちにはわからん・・・。
ん?待てよ。うちの友人に「ふくらはぎが好き」とか「膝が好き」とか「長い前髪が好き」とかいう人がおるなぁ。
私「もしかして、うちが『血管が好きー!』って言うてんのとおんなじようなもんか?」
shots「そうそう、そんなもんよ。まー、ちょっと違うけど(笑)」

そっか、それなら納得。
じゃあ、車輪とか連結部分とか見てたら、ほおずりしたくなったり、コーフンしたりすんのかな?

え?
フェチと、マニアは違うって?!
フェチ:身体の一部や衣服・その他記号化された様々な物品・現象に「個性的」な執着を見せたり、性的興奮を示す様子。
マニア:普段から自己の得意とする専門分野に没頭する生活習慣を持つ人物。また、特定の事柄ばかりに熱狂的な情熱を注ぐ者や、その様子。

全然違いますね。いろんなマニアの方々、申し訳ありませんでした。
そーいやそーよな。shotsさんは「りんごマニア」やけど、新しいりんご買ったから言うて、コーフンせーへんもんなぁ(りんごをおかずにひとりえっちしてたら、大したもんやけど)。で、うちのは「血管フェチ」なんやな(特にコーフンはせーへんけど。ただ、とっても触りたくなるが。勿論、shotsさんの腕には血管が浮き出ます♪)

Rieuたんは、何マニアになって、何フェチになるのかなーん♪うふうふ。←こーゆーのを楽しむママンは、あまりそう多くない気がする・・・。

■ 2007年12月19日(水)  検便(お食事中の方、もしくは今晩のおかずがカレーだという方はご注意ください)
人間ドッグで検便があるらしいshotsさん。
shots「めんどくさーい、2回もとらなきゃなんないんだってー」
じゃ、1回のうんちで2回分取れば?とか思った私。だって、誰も調べられへんやろ、いついつのうんちやって。

shots「あー、めんどくさーい。えっと、今日とー、明後日、でいいのかな。朝は時間がないから、夜でいいかな」
私「っていうか、毎日うんちが出るんがスゴイな」
shots「出るよ、普通」
私「出ーへんわ、そんなもん」
shots「出しなさい!もうー!2週間に1回って、どうなのよ。どーなってんの、そのおなか」
私「今はもーちょっとマシやでー。1週間に1回くらいは出てると思うで」
shots「あー、もうー、信じらんなーい!食べたもん、ドコ行ってんの?」
私「毛穴?(笑)」
shots「ほんとに毛穴から出てんじゃなーい?」
私「え?くんくん。クサくないで」
shots「収支があってないでしょうがー!」
私「だから・・・、熱エネルギーになってどっか行ってて、カスはきっと再利用?もしくは、特殊な微生物がおって、全部分解してるとか?」
shots「ほんとにそーなんじゃなーい?おかしーよ、ほんとに・・・って、野菜食べなさいよ、野菜!繊維取らないから出ないんでしょ!」
私「取っても出ーへんけど?」

今に始まったことではない、うちの便秘道。小学生ん時くらいから、うんちは10日に1回くらいやったような気がする。そやから、検便の時はとっても困った。まぁ、家族のやそこらへんのイヌのうんちを入れちゃうなんてことはせーへんかったので、提出日の朝に頑張って出してたんやろうけど。

私「ところで、うんち、どーやって採んのん?洋式やん」
shots「それがさ、なんか、紙があるのよ。これを広げて、水の上に置くんだって」
私「へえー」
shots「で、この上にうんちしてー、採るんだって」
私「でも、その紙、沈まへん?」
shots「時間が経ったら沈むだろうねぇ」
私「いや、うんちしたら、重みで沈まへん?ってこと」
shots「いっぱいしたら沈むんじゃない?だから、最初にちょっとしてー、それから採取してー、あとのを出し切るんじゃない?じゃないと、全部出しちゃったら、そりゃ沈むだろうし」
私「えー、でも、最初のうんちでも沈みそうー」
shots「それは大丈夫でしょ。そんなに重くないし」
私「えー?そうか?もしかして、shotsさんのうんちって、浮いてんの?」
shots「んー?・・・よく覚えてないけど。浮いてるかなぁ?そんなに重くないと思うけど?」
私「そーなんやー?うち、そんな、浮いてるうんちって見たことあったかなー?」
shots「あなたの、比重が重いんじゃない?詰まってるんでしょ、中身が」
私「んー、そうかも。めっちゃ凝縮されてるかもな」
わはははは。実際んとこ、どーなんかしら。みなさんのって、浮いてます?沈んでます?

私「ところでさー、昔ってどうやって採ってたんやろ?そんな紙なかったやろ?それに、サンプリングする棒もなかったやん」
昔って、割り箸持ってトイレに行かへんかった?うんち入れは、円形のプラスチック容器で、そん中に親指大のうんちを入れて下さい、みたいな感じやったような気がするんやけど。今はうんちサンプリング棒なるものがあるらしい。プラスチック製の綿棒みたいなやつで、うんちをぐりぐりするだけでおっけえなんやって。進歩したよなー(笑)

shots「トイレットペーパーを敷き詰めてたんじゃない?」
私「じゃ、ぼっとんの人は?」
shots「新聞紙の上とか?」
私「えー?!」
shots「だって、しょーがないんじゃない?俺は知らないけどね」

とまぁ、いつもならしーんとしているshots家ですが、その日はうんちネタで盛り上がりをみせたのでした。

shots「じゃ、採ってくるわ」
私「おー、いってらっしゃーい」
・・・。

じゃー。

私「どうやった?採れた?」
shots「うん、採れた。でも、紙が沈んでいって、大変だった」
私「やっぱ、沈むんやーん」
shots「それに、採ってる間に、残りのうんちがひっこんじゃった」
私「便意消失?あかんがな」
shots「ということで、もーいっかい行ってくる」
私「はーい、いってらっしゃーい。ごゆっくりー」

その間、
ばななうんちの人ってどーすんのかなー。絶対沈むと思うねんけどなー。しりをすぼめて、しゅぱ!って小刻みに出すんかなー。
とか、
げりぴーの人って、昔は大変やったやろうなー。親指大って指定があったもん。それに相当する分のうんちをすくって入れたんかなー。
とか、いろんな疑問が浮かんでは去って行きました。夜中近かったので、ちょっくらハイになってたんかも。だから、変なことばっか考えてたんかもしれません(笑)←もっと、有意義に時間を使おうや。育児で時間がないねんからさぁ・・・

もっともっと進歩した検便方法に期待します!

■ 2007年12月20日(木)  ギブミー駐車場
帰国後、すぐにクルマを買うつもりだった(らしい)shotsさん。しかし、未だにクルマのないshots家。というのも、マンションの駐車場が空いてないから。おかしーなー、部屋は30駐車場も30、なんで?(しかも、部屋は全部埋まってるわけやないのに)

管理人さん「本来は、一つの部屋に一つの駐車場がね、ついてるはずなんですけどね、クルマを持ってらっしゃらない方もいらしてねぇ。反対に、2台持ってらっしゃるところもね、結構あるんですよ。その方々が空いてるところを使ってらしてねぇ。だから、駐車場が空いてないわけで」

・・・。
ジャガーやベンツ、ブジョーを2台所有・・・。
はぁ・・・。
ブルジョアって、いやよねー(笑)
なんで、2台も持ってんのさー(それは、ブルジョアだからー)

というわけで、空く可能性もない駐車場を待ち続けて約1年(実は、アメリカにおった時から待ってたから、実際はもっと長いのだ)。もう、クルマは諦めるかー、クルマなしの生活にも慣れたし。と、120%諦めきってた我が家。

が、ある日のこと
管理人さん「もしかしたら、駐車場が空くかもしれんのですよー」
私「え?!そうなんですか?!」
管理人さん「多分、ですよ。まだ、わからないので、ね。でも、一応空きが出そうだってことだけでも、お伝えしておこうかと思いまして」
私「あ、ありがとうございます」

早速、shotsさんにメールで報告。しかし、数日後
管理人さん「先日お話した駐車場のことなんですがね、空きは出るんですよ。出るんですがね、村人会(=町内会みたいなもん)の決まりでは『2台目の方が優先』ってことになってるんですよ」
私「は?」
管理人さん「今、2台クルマを持ってらして、実際に止めてらっしゃる方もいらっしゃるんですが、他の場所に止めてらっしゃる方もいらっしゃいましてね。その方が、もし駐車場が欲しいと言われた時には、そっちが優先になってしまうんですよ」
私「はぁ・・・」
管理人さん「あと、居住年数の多い方が優先とかね、いろいろありましてね」
私「あ、そうですね、それは、そうですよね」
管理人さん「だから、shots家さんのご希望に添えるかどうかはわからないんですがね。私としましては、どうして2台目持ってる人が優先なのか、疑問がありましてねぇ。管理会社の専務とあと村人会の会長さんにね、そこんとこを相談しに行こうと思ってましてね」
私「はい」
管理人さん「そういうことなんで、もうしばらく待っていただけますかねぇ。すいませんねぇ」
私「あ、はい、ありがとうございます。管理人さんのお気持ちだけで嬉しいですんで。それであかんかったとしても、諦めますし。ま、でも、お願いします(笑)」

うちらんとこが駐車場を確保できるように、と管理人さんが働きかけて下さるということで、とてもありがたく、まぁ、うちらができることなんかないし、ただ待つしかないんですが・・・。

やっぱり、消えへん疑問・・・。
なんで、2台目が優先なんな?!

Eママ「え?何?それって、おかしくない?」
私「やっぱ、おかしいっすよねー?!」
Eママ「ふつーは、1台目じゃない?」
私「やっぱ、そーですよねー?!」
Eママ「なに?金持ち贔屓なの?」
私「さぁ・・・貧乏人はクルマなんか持つなってことですかねぇ?」

貧乏人のひがみなのかしら・・・。

■ 2007年12月21日(金)  サンタだ!
grp0119010027.jpg 300×253 82K
私「クリスマスになったらな、サンタさんがプレゼントをくれるんやでー。Rieuたん、何が欲しいー?」
Rieu「なに?」
私「そう、何が欲しい?」
Rieu「ほっちー」
私「いや、だから、何が欲しいー?」
Rieu「ほっちー」
私「・・・」
意思の疎通は、まだ難しかった。

私「電車がいい?ミニカーがいい?どっち?」
Rieu「どっちー」
私「他に欲しいもんあるかなー。本とかはいらんしなぁ」
Rieu「いらなーい」
私「やっぱ、電車かブーブーやな」
Rieu「でんちゃ」
私「電車がいい?」
Rieu「いーい」
私「ブーブー?」
Rieu「ぶーぶー」
shots「無理だってば・・・」
やっぱりー?(笑)
ちょっと、通じるかなー?って思って、やってみただけやん。

私「さーて、どうしようかなー。Rieuたん、サンタ知らんからなー。ぶっちゃけ、プレゼントなくても大丈夫なような気もするが(笑)」
shots「まーねー」
私「来年からでもいいけど。まー、でも、なー」
shots「買うの?」
私「一応なー。さて、何にしょーか?」
shots「とりあえず、トイザラスでも行く?」
私「そーやな、行っとくかー」

と、トイザラスへ。クリスマス直前やから、絶対混んでるってのを承知で出かけて行くなんて、うちらには珍しいこと。でも、かわいいRieuたんのためですものねー♪(実際は、直前まで用意してなかったというだけの話である)

毎度おなじみのジャックモールをてろてろとトイザラスに向かって歩いてると、いきなり赤い服の軍団がっ!走って、いや、滑って来た!しゅるーっと近付いて来る赤い服。うわっ、みんなローラースケート履いてるし!

Rieuたん、唖然?(笑)
とりあえず、サンタさんを刷り込むいい機会やと思ったんで
私「ほらー、サンタさんやー!サンタさんー!」
を連発しときました。
私「さーんーた、さん」
Rieu「さたーん、さたーん」
ん?!
私「さーんーた」
Rieu「さたーん」
ま、いっか(いいんか?)

■ 2007年12月22日(土)  リュックしょって、ローラースケートはいて、ビニール袋持ってるサンタさん
122207.jpg 233×311 81K
年齢も国籍もバラバラなサンタさんたち。小学生くらいの子もいました。
「メリークリスマス!」
と言って、お菓子を配っていました。

次から次へとやってくるサンタさん。Rieuたんは、わけワカメ状態。
だって、初めて見る赤い服&ローラースケート軍団に「メリクリ!」と言われて、無理矢理お菓子を手渡されるんですもの(笑)。もらったモノがお菓子であると理解してないんで(市販のおかしは食べてないから、わからへんみたい)
Rieu「・・・これ、なに?でんしゃ、でもないし、ぶーぶー、でもないし。こんなの、いらなーい」
と思っていたのかもしれません。大丈夫よ、Rieuたんがもらったやつは、後でうちが食べてあげるから♪

いやぁ、しかし、おもしろいイベントでした。

家に帰って調べてみると、ジャックモールで
『神出鬼没!ラッキーサンタのお菓子プレゼント』時間未定、午後数回、子供さん限定でサンタからお菓子をプレゼント !場所はグランモール(ツリー前)
つーのをやってたそうです。そっかー、これかー。来年やったら、Rieuたんももっと喜ぶかもなー。

ん?
あれ?
もしかして、これ、じゃないかも・・・。

実は、このローラーサンタさんが去った後に、ツリー前でお菓子を配りますーっていうアナウンスが入ったんですよね。勿論、そこにもとことこ歩いて行って、お菓子をいただいたんですが・・・。

『神出鬼没!ラッキーサンタのお菓子プレゼント』時間未定、午後数回、子供さん限定でサンタからお菓子をプレゼント !場所はグランモール(ツリー前)
って、こっちか?お子様限定ですーってアナウンスが釘を刺してたし、ツリー前に陣取ってやってたし。そうか、こっちかー。

あー・・・。こっちか・・・。ふーん・・・。

じゃあ、あのローラーサンタさんは何やってんやろ?ボランティア?あの、誰でも参加できます!ムードはそうかもしれんな。すんごいサンタ人数多かったし。イベントのサンタ役に、ちーさい子供は使わんやろうしなぁ(ツリーの前でやってた方は、数人のサンタ姿のねーちゃんがお菓子を配ってた気がするし)

あー、そういえば、ローラーサンタさんのお菓子は、スーパーのビニール袋から出て来とったなぁ(笑)

配ってたお菓子は、
イベントの方:駄菓子セットみたいなやつで、ラムネやらビスケットやらが数個、ビニール袋に入ってて、しっかり封もされてた。
ローラーサンタの方:1人に1個、手渡してくれるのは、サッカーボールチョコやったり、ホームメイドパイやったり、ラムネやったり、サンタによって違ってた。
と、見た目、子供からしたらイベントの方が豪華に見えそうですが・・・。

うちが、どっちが嬉しかったかというと、やはり
ローラーサンタさんの方でした(うちがもらったわけやないねんけど)

みなさん、楽しそうに配ってはったってのが、すんごい印象に残ってるんですよね。
お菓子の量とか質じゃなく、気持ちが勝ったって感じでしょうか。

来年も、来るといいなぁ・・・。←勿論、ローラーサンタさんの方ね。

■ 2007年12月23日(日)  お菓子のウマさに目覚めたか?
122307.jpg 311×233 64K
Rieu「じー・・・」
数人のローラーサンタさんにいただいたお菓子を見つめています。
Rieu「なんだろう、これは。なんか、くれたから、もらった、けど。なに?」

中に、ラムネが1個。
Rieu「!!!」
あ、なんか気付いた?
Rieu「とって、とって、とって!とって、のんのー!」
私「はいはい、あーけーて、やろ」
Rieu「あーけーて」
私「はいはい」

そっか、ハロウィンの時にラムネもらったな。それで覚えてたんかもしれへんな、これが
「甘い、もしくは、ウマい」
モノであるということを。

Rieu「とって!とって!とって!」
私「えええ?これもー?」
Rieu「とって!とって!とって!」
私「だから、あーけーて、やろ」
Rieu「あーけーて」
私「はいはい」

どうも、
Rieu「もしかして、いま、もらった、これらって、ぜーんぶ、うまい、のでは?」
と、思ったようです。いや、気付いたというべきか?

お次はホームメイドパイ。
Rieu「もっしゃもっしゃもっしゃ」
私「おいしい?」
Rieu「お、い、ちー」
そうかそうか(笑)

さくさくさくさく、食べちゃった。
Rieu「あーけーて」
私「え?これも?」
Rieu「こえもー」
私「これ、チョコレートやで?食べられへんと思うでー?前、苦いって言うて、口から出したやん」
Rieu「とって、とって、てって!とって、のんのー!」
私「だから、あーけーて、やろ?」
Rieu「ああーけえてえええー。あけてっ!あけてっ!あけてっ!!!」
そんなジタバタするでない。ちゃんと開けたるがな。

そんなに、パイがおいしかったのかしら。でも、パイがおいしかったやら言うて、他のもおいしいとは限らへんのやでー?

チョコの銀紙をぺりぺりはがして、お口にぽい。
Rieu「もぐ、もぐ、も・・・べろおおー」
やっぱり、出したかー(笑)
私「だから、無理やって言うたやんかー」
Rieu「こっち!こっち!」
はいはい、パイねー。

大変でしたー(笑)
でも、Rieuたんの必死っぷりが、とってもおもしろかったです。

■ 2007年12月24日(月)  一応、イヴですからっ!
私「クリスマスケーキを買わねば!」

24日になって、突然何を言いだすのかと思ったら・・・。
遅いっちゅーねん!

shots「買うのー?」
え?不満?
私「買うの」
shots「別に、ショートケーキでいいじゃん。丸いの欲しいのー?」
そんなに不満???
私「うん、丸いのほっちーの」
shots「なんで、また突然?別にいらなーい、って言ってたじゃん」
私「うん。高いし、そんな食べたいとも思わへんから、いらん言うてたけど。Rieuたんに丸いケーキ食べさせたりたいなー思って。ほら、前のプリン、てづかみで食べてたやろー?おもしろかったからー。あんなんできんのって、誕生日とクリスマスくらいやろ?」
shots「まぁねー。じゃ、買えば?」
私「買うけど。でも、予約もしてへんし、売ってるかな?」
shots「どっかで売ってんじゃなーい?ほら、元町の、あそことか行ってみたら?」
私「キクヤ?」
shots「んー、名前は知らないけど、多分そこそこ。あそこの生クリーム好きなんでしょ?」
私「生クリームなんか、何食べたって好きにならへんわー」
shots「えー?だって、安っぽいから大丈夫って言ってたじゃん」
私「大丈夫なだけで、好きではないわいっ!それに、あそこのケーキ、そんなスキスキなわけやないし」
shots「そうなの?」
私「そうなの。うちの中では、ヤマザキのクリスマスケーキとかと同レベル」
shots「わかんない(笑)」
私「とにかく、めっちゃ好きなわけでもないから、ホールのケーキなんか、買いたくないの」
shots「じゃ、どーすんの?どこで買うの?」
私「うーん・・・」

元町で探そうってたかて、そんなにないやろうなー。「モトヤ」とか「霧笛楼」は予約じゃないと買われへんやろうし。ということで、横浜駅周辺で探すことに。
道すがら
shots「前買ったとこのにしたら?生クリーム平気って言ってたし」
私「タカノ?」
shots「んー、そんな名前だったっけか」←ほんまに、名前とか、全く覚えへん男やな。
私「じゃ、見てみるかー」
shots「じゃ、そごうね」

う・・・。
人が、人が・・・。
人だらけ。人まみれ。
胃粘膜に寄生したウマバエ幼虫のようだ(獣医にしかわからんってば・・・)
アンテノール、新宿TAKANO、アンリ・シャルパンティエ、シーキューブ、ルノートル、クイーンアリス・・・。
やばい。優柔不断なうちには決めきらん。←って、TAKANOで買う予定やったんじゃ?!

私「どーしよー・・・」
shots「適当に買って来てー。Rieuたん、ねちゃったから、外にいるから」
私「ええええええええー?どーしよー?どこのにしよー?」←やっぱり、目移りしたらしい。
shots「なんで?タカノで買うんじゃないの?」
私「あ、いや、うん、そー・・・するか」
shots「どこでもいいから、買って来てー」

私「・・・」
迷うこと数十秒。
んんんんんんんんんー!
あかん、もう、あかん!決めきらん!タカノでええ!←半分なげやり。

幸運にも、予約なしでもケーキは買えました。ま、種類は4つしかなかったですけどね。ゴージャスな数量限定のケーキは予約でいっぱい。ま、でも、並のケーキやったら、予約なんかせんでも買えるということがわかりました。それで十分やから、いいやー。

買ったのは、いちごどっさりのケーキ。これなら、Rieuたんも食べれるはず(いちごだけは)

夜ご飯には、一応チキンを食べ。
それなりに、クリスマスっぽいかもー?さーて、ケーキは何時に食べるかなーん?
と、ウキウキしていたわたくし。しかし、

shots「なんか、Rieuたん、眠そう」
私「は?まぢ?」
shots「うん、ごろごろしてる」
私「うわー、どうしよー。ご飯食べたん6時やから、ケーキは8時とか9時にしよーと思っててんけど」
shots「寝ちゃうかも」
私「Rieuたん寝たら、意味ないしなー。じゃあ、もう食べる?」

まだ7時ですが(ご飯食べて1時間もたってないし)

shots「Rieuたーん、ケーキ食べよ、ケーキ」
Rieu「けえき?」
私「そうそう」
shots「今度は食べる前に、写真撮っときなさいよー。いっつも忘れるんだからー」
私「はいはい」

ぱちり。
うーん、ウマそうなり。あ、でも、周りについてるナッツが邪魔かも。これは、shotsさんにぜーんぶ食べてもらおーっと。きっと、いちごはウマウマに違いないわ。うふふふふ♪
122407.jpg 288×258 71K

■ 2007年12月25日(火)  クリスマスケーキって、ろうそく立てたっけか?
122507.jpg 288×271 72K私「撮ったでー」
shots「ちょっと、早く早く!Rieuたんが、うるさいよー」
Rieu「ばたゆー!ばたゆー!!!」
私「ちょっと待ってなー」
がさごそ。
shots「え?何すんの?」
私「ろうそく立てんの」
shots「はあ?なんで?」
私「だって、ろうそく入ってたんやもん。入ってたってことは、立てろってことちゃうの?うちは、あんまり立てた記憶はないけど」

ろうそくを立てて、火を点けると、Rieuたんは大人しくなりました。ぱちっと電気を消します。
Rieu「なにごと?」
それから、ジングルベール♪を流してっと。
Rieu「え?だから、なにごとなりか?」
私「めりーくりーすまーす!ぱちぱちぱちー!Rieuたん、ふーってしてみ?」
いきなり、ふーの練習です。

意識して息を吸うことはできても、吐くのは無理やろ?シャボン玉しようとしても、まだちゅるーって吸い込んで飲み込んでもうて、できへんやろ?だから、練習練習。息を吐く練習よ!(シャボン玉だけのためじゃあないけど)

私「ふー!」
Rieu「ふうー」
火は揺れもしません。だって、ふーって言うてるだけやもん(笑)
ま、いっか。じゃ、shotsさん、横からふいーって吹いてあげて下さいな。まるで、Rieuたんが火を消してるかのように。

私「ふー!」
Rieu「ふうー」
shots「ふいー」
Rieu「ふうー」
shots「ふいー」
Rieu「ふうー」
shots「ふいー」

ろうそくの火が全部消えました。なんか、得意げ?!なRieuたん。
私「わー!Rieuたん、じょうずううー!ぱちぱちぱちー!」
Rieu「もっかーい」
私「え?」
Rieu「もっと、もっと、もっと」

火を点けて、ふー。
点けて、ふー。
また、点けて、ふふー。
何回繰り返したでしょうか。
度重なる努力の末、Rieuたんは「ふー」ができるようになりました。shotsさんの怪しげなふいーなしで、次々と消えていくろうそくの火。いやー、飲み込みが早いことー(別に、そんなに感動する程のことでもないが)

私「た、たべようや、Rieuたん」
Rieu「もっとー!」
私「ほらほら、いちごいちご」
Rieu「いちごー」
shots「じゃ、ナイフ持ってきてー」
私「え?いるん?そのままでえーやん。なんならてづかみでもおっけーやで」
育ちの良さ(←shotsさん)と悪さ(←うち)が、はっきりと出てますな(笑)

お行儀悪く、フォークで直刺し。
私「ほら、Rieuたん、自分で刺してみ?」
ぐさ。
ぐちょ。
ソッコー崩れました・・・(ー ー;)

Rieu「もしゃあああー」
私「うわ、Rieuたん、いっこずついっこずつー。だーれも取れへんからー」
shots「また、ゴリラみたいな顔になってるで」
私「ほお袋とかないねんから、いっこずつ食べなさいって!」

Rieuたんは、いちごに夢中。結局、スポンジや生クリームには目もくれず、8個のいちごをたいらげ
Rieu「ごっちゃまー」
はいはい(笑)
よく食べました!

私「どう?」
shots「え?うまいよ?」

私「もぐもぐもぐもぐ」
shots「もぐもぐもぐ・・・。ねぇ」
私「何?」
shots「もしかして、この周りのナッツって、全部俺の?」
私「そう。頑張って♪」
shots「えええー?」

私「もぐもぐもぐもぐ」
shots「もぐもぐもぐ」
私「なんか、いちごの分、2500円分くらいRieuたんに食べられたって感じー」
shots「そうなの?」
私「いやいや。実際は、材料代だけやないやろうから、あれやけど。3700円全部が材料代としたら、の話やで」
shots「どうして?」
私「んー、スポンジとスポンジの間のクリームがすんごい少ないし、全体的にも少なくない?スポンジなんか安いもんやろうし。ま、いちごがメインなんやろうけどなー」←ナッツのこと、忘れてます。

今回のケーキは、高級というよりなんか家庭的な味でした。クリスマス用に、大量生産するから仕方んかもしれません。でも、イチゴは新鮮で甘くて高級っぽかったです。あと、生クリーム、これはやっぱり、美味しいかも。絶妙な甘さでした。

クリスマスやからといって、お財布のひもが緩んだかなー(苦笑)
来年は、もっと下調べして、じっくり考えて、予約でもして、買ってみよう。

■ 2007年12月26日(水)  かめも移動
やっとこさ、秋田へと出発できました(日記上で)

秋田へ帰る時は、あらかじめ荷物やお土産を宅急便で送ってしまいます。だから、身軽に新幹線に乗れるハズ、やったんですが・・・。

shots「ねぇ、かめさん、持ってったらー?」
私「えええー?」
shots「だって、かめさん依存度高いよ、異様に」
私「それは認める。でも、かさばるやんかー。デカ過ぎるわ、かめさん」
shots「軽いじゃん」
私「でも、邪魔やがな」
shots「知らないよー、泣き叫んでも」
私「どーせ、初日は夜泣きするやろうし」
shots「ずっと、続くかもよー。寝ないよー」
私「・・・」
shots「だから、持っていきなさいって」
私「だから、かさばって邪魔やって!かめさんがおらんーって泣いて寝ーへんかったら、shotsさんに持って来てもらうから」
shots「俺が行くまで何日あると思ってんの!」
私「・・・いっぱい」
shots「持っていきなさいって」
私「考えとく」

とっても、持って行きたくなかったかめさん。このかめ持って、Rieuたんを抱っこするかと思うと、げっそり。
しかし、持ってきました。ええ、持ってきましたよー!!!
shotsさんが来るまでの約1週間、ひたすら一人でRieuたんの夜泣きにつきあわねばならんかと思うと・・・。考えただけで、白旗揚げてこうさーん!って感じ。そっちの方がダメージ受けそうやし。かめさんがおったかて、夜泣きはするやろうけど、かめさんがおらんと寝入らへんような気もするし、150%くらいの確率で
Rieu「めかちゃー(泣)」
と、探し泣きまくるってのは目に見えてるんで。秋田がイヤなとこやと思われても困るなーとも思ったし。

あー、しかし、デブかめめっ!
旅行カバンの中身は、おむつとかめさんでぎゅうぎゅう。もー、他のもんは入りませんよー。

と、本当に入らなかったので、余分な着替えなんて持って行かへんかったんですよね。そしたら、新幹線の中で、しっこは漏れるわ、お茶をこぼしてシャツまでべっちゃりやわ。大変でした。すまん、Rieuたん。でも、着替えを持って来んつー痛いミスをしてしまったのは、かめさんのせいやからなー(←ウソです。忘れてたんです)と責任転嫁するダメママでした(笑)

ややハプニング有りの道中でしたが、無事秋田に到着。かめさんと一緒にねんねです。これで大丈夫。夜泣きでも何でもどーんとコイ!わははははあー!!!
122607.jpg 311×233 52K

■ 2007年12月27日(木)  懐かしいニオイ
夜中。
Rieu「ぎゃああああああああああああああああー」
きたか。やっぱり、きたか。マジで大夜泣きしよる(苦笑)
まぁ、絶対すると思ってたから、えーねんけど。

私「Rieuたーん、どうしたん?」
Rieu「ぎゃああああああああああああああああー」
私「これこれ、起きなさい。起きなさい」
Rieu「ぎゃああああああああああああああああー」
私「めかちゃんもおるでー」
Rieu「ぎゃああああああああああああああああー」
泣き止まへんなー。困ったなー。

何をしても泣き止まず。寝てるのを起こしても、そのまま泣き続け。あまりにすごい大声で泣き続けてたんで、2階に寝ていた母上様も降りてきてくれはりました。

私「あ、すいません・・・」
母上様「なに?夜泣き?」
私「ええ(苦笑)」
母上様「まぁ、初日は仕方ないわね。何かいる?」
私「んー、じゃあ、ミルクをお願いします」

その間も泣き続けるRieuたん。
いやー、珍しいわー。こんなに泣き続けるのも久々かも。shotsさんがおらんっての、わかってるんやろうなぁ。

母上様「ほら、これ」
私「ん?」
母上様「Rieuたん、お口開けなさい。ほら!」
私「っふ?」
Rieu「ぎゃああああああー、あ?」
私「は!泣き止んだ!」
母上様「これで、寝られるわね。あなたも一緒にお休みなさい」
私「はい、ありがとうございました。ところで、今のって何?」
母上様「きゅーめーがんよ、きゅーめーがん。知らないの?夜泣きと言ったら、きゅーめーがんでしょ。まぁ、また、明日ね」
私「あ、はい、すいませんでした。おやすみなさい・・・」

きゅーめーがん?
んー。どっかに匂ったことのあるニオイ。
んー・・・。
あ!ひやきおーがん!?
と一緒のニオイがするー。銀色やったし。でも、きゅーめーがんって言うてはったなぁ。ま、いっか。Rieuたん、泣き止んだし。このまま寝てくれればええねんけどな・・・。

私「おはようございますー」
母上様「あら、おはよう。あの後は大丈夫だったの?」
私「ええ、大丈夫でした。昨日のアレのおかげです。で、何でしたっけ?」
母上様「きゅーめーがん、うつきゅーめーがんよ。どーして知らないのよ!?有名でしょうがー」
私「ひやきおーがん?」
母上様「違うわよ、きゅーめーがんよ。ちょっと待ってなさい、箱箱。箱どこかしら。Rieuちゃんね、今日から、これ、飲ませなさい。うちの子も飲んだのよ。腸が弱くってねぇ」

『宇津救命丸』
400年以上、子供の薬の代名詞としてたくさんの赤ちゃんの健康を守ってきました。そしていつしか「夜泣きといえば宇津救命丸」といわれるようになりました。
小さなお子さまは、身体も神経もとってもデリケートで、その症状はかなり特殊で複雑です。それは、身体や神経が未発達のため、環境、気候、食事等の変化によって器官のバランスが崩れ、精神的症状や肉体的症状を起こし、更にお互いが作用し合っていろいろな症状を引き起こすからです。このようなお子さまの特殊な症状に、適合するように作られたお薬が小児五疳薬です。
成分:ジャコウ(麝香)、ゴオウ(牛黄)、レイヨウカク(羚羊角)、ギュウタン(牛胆)、ニンジン(人参)、オウレン(黄蓮)、カンゾウ(甘草)、チョウジ(丁字)

一方、我が実家にあったのは
『樋屋奇応丸』
「ひや、ヒヤ、樋屋のひや・きおーがん!」このCMソングでおなじみ、夜なき、かんむし等のお薬、樋屋奇応丸(ひやきおうがん)。永年にわたってお子さまをお持ちのママ達に親しまれてきたこのお薬を製造する樋屋製薬は380年の歴史を積み重ねています。
赤ちゃんは成長の過程でたくさんの生まれて初めてのことを経験します。ときにはそれが心身のトラブルの原因となり、様々な症状となってあらわれることがあります。小児薬樋屋奇応丸は長年使用経験のある動植物性生薬からなり、1粒の大きさが米粒の12分の1と極めて小さく、赤ちゃんにものみやすくなっています。
成分:ジンコウ、ジャコウ、ニンジン、ユウタン

へえー。同じニオイがするけど、中身はちょっと違うのね。なんとなく、きゅーめーがんの方が効きそう?!(←単に、入ってる生薬が多いから?)ま、実際に効くかどうかは、今から試してみます。昨日、泣き止んだのは、いきなりわけわからん異臭のするつぶつぶを食べさされてびっくりしたからやろうし(笑)。あんなに即効性があるんなら、毎回飲ませんのになー。

■ 2007年12月28日(金)  モモさんの独り言
122807.jpg 311×263 67K
モモ「ったく、また、きやがったぜ・・・」

モモ「わんわんわんわんわんわんわん!」
母上様「モモちゃん、吠えなくていいのよ。Rieuちゃん、Rieuちゃんよ。夏にも会ったでしょ」
Rieu「わんわーん」
モモ「わんわんわんわんわんわんわんわんわんわん!
母上様「吠えないの!」
Rieu「えへー」

モモ「なんで、わしが、おこられんと、いかんの、じゃー!(怒)」←注:モモさんは女の子です。

モモ「わんわんわん!」
母上様「モモちゃん!うるさい!!!Rieuちゃん、何もしてないでしょ!」
Rieu「なか、ないでー」

モモ「うるさい、わー!むきぃー!!!」

初日はこんな感じだったんですが、数日後には同じ釜の飯を食う仲間(Rieuたんが、モモさん用の鶏モモ肉を食べていました)といいますか、なんといいますか。ちょっくら、仲良しさんになってました。Rieuたんの布団にしっこをするという嫌がらせ(というか、多分モモさん的には「わしの、テリトリー、じゃ!」と思って、しっこしただけなんでしょうが)したんも、初日だけやったしな(笑)←前回のうんちよりはマシか?と、うちも半ば諦めた。

モモ「もっしゃもっしゃもっしゃもっしゃ」
母上様「あらあら、モモちゃん。Rieuちゃんの手からは食べるのねー。ストライキして、ママの手からは食べないくせに。じゃ、Rieuちゃん、モモちゃんにご飯あげてちょうだい」
Rieu「たべてゆー」
モモ「もしゃもしゃもしゃもしゃ」
母上様「あら、みかんまで食べるのー?あら、ビスコも食べるのー?Rieuちゃんがいたら、いろんなおいしいものが食べれるわねー、モモちゃん、いいわねー」
Rieu「たべ、てんのー!」
母上様「そうよ。Riueちゃんからもらいたいんですって、モモちゃん。仲良しさんねー!」

モモ「ごかい、すんなよ。わしゃ、たべもんに、つられてる、だけで、なかよし、なんか、じゃ、ないし。もらえる、もんは、もらっとく、だけじゃい」

今回は、滞在が長いですよ。よろしく、モモさん。

■ 2007年12月29日(土)  結論・・・親、頑張れ!
122907.jpg 311×233 61K
うちと母上様、Rieuたんの3人でお布団にごろごろ転がって、Rieuたんが寝るのを待ってたんですが、一向に寝ません。そーこーしている間に、うちと母上様とで子育て話に花が咲いてしまい、Rieuたんはご覧の通り。

私「Rieuたん、こっちおいでーや。寒ないのん?そんな畳の上にごろごろしてて」
母上様「あなたとあたしがしゃべってるから、スネてるのよ。放っときなさーい。眠くなったら、自分で来るでしょう」

あ、スネてんのか、それ?
かわいー!(笑)
クスッ♪と笑って、放置です。

私「Rieuたんて、shotsさんのちーさい時に似てます?行動とか性格とか」
母上様「そんなにRieuちゃんのこと、詳しく知らないからわからないわよー。でも、そうねぇ、親にまとわりついてこないところは似てるかもしれないわね。あと、ワガママ言わないし、素直だし」
私「へえー」
母上様「Rieuちゃん、ぎゃーぎゃー言わないでしょう?」
私「あ、言いませんねぇ。何か女の子はスゴイみたいですが。ぎゃおーってずっと泣いてるそうです」
母上様「イヤだわそんなの。捨てちゃいそうだわ(笑)。小さい時は、男の子の方が大人しいのかもね」
私「そーかもしれませんねぇ。稀に、すんごい凶暴な男の子もいますけど。shotsさんいはく、Rieuたんは明らかに自分のちーさい時に似てるらしいんで、Rieuたんはどう転んでも暴れん坊やにはならへんと思うんですが」
母上様「まぁ、似てないことはないわねぇ」
私「じゃ、shotsさんとshots弟さんって、全然違ってました?なんかね、うちの友達で子供が2人おるとこって、上と下とで、性格が正反対なとこが多いらしいんですよ。大概、上の子が大人しいいい子で、下の子が将来を心配するくらいの暴れん坊とか言うこと聞かん子とか」
母上様「そりゃあ上と下なんて、違うでしょうけどね。でも、それは親のせいでしょ?下の子は十分にかまったりできないから、ストレスがたまるんじゃないの?反対に、下の子にかまいすぎて、上の子がストレスたまって反抗する場合もあるじゃないの。2番目が生まれる時期にもよるでしょうけど」
私「ええ、まぁ」
母上様「かまってもらえなくて、ストレスがたまってるんなら、それをどうにかしてあげないとダメだし。親がね。親にしかできないわよ、そんなの。でも、かまってもらえないからって言って、何か悪いことをした時は、毅然として怒らないとダメだし。何か悪いことをした時はね、その時に怒らないとダメよ。あと、最初の最初に怒らないとダメ。最初に怒られないと、ああ、これはしてもいいんだ、って思うからね。うちの子たちなんて、おしりぺんぺんよ」
私「あはは(笑)」
母上様「あなたも、しっかり怒りなさいよ。今の親って、怒らないらしいけど」
私「ああ、なんかね、子供に嫌われるのがイヤで怒らへんって人が多いらしいですよ」
母上様「嫌うもんですか!おばかな人が多いのねー」
私「実際、Rieuたんはブランコに乗ってる子と激突したんですけど、その子も親も一切謝りませんでしたもん。後ろで親がブランコ押しとったんですよー。大丈夫?の一言もなくて、あらまぁ、って言われたんですよ。くそー、あのエセ関西人のおばはんめっ!」
母上様「さいてーねえ」
私「まぁ、ちゃんと見てへんかったうちが悪いちゃ悪いから、しゃーないんですけどね。でも、何か言うて欲しかったわー」
母上様「いやぁねぇ、そんな親ばっかりだと。でも、いつか自分にしっぺ返しがくるわよ、きっと」
私「くればいいけどー。世の中理不尽やからなー(笑)」
母上様「他人は放っときなさい。自分は自分でしっかりすればいいのよ。Rieuちゃん、ちゃんと怒りなさいよ」
私「あ、それは怒ってます怒ってます。おしりやなくて、手ぇはたいてます。やったらあかんことを、わざとやった時はね。時々、反射的に頭をすぱーんと叩いてもうて、あとでごめんごめんって言いまくってますけど。でも、ぱしぱしする人って、少ないですね。おしりとか叩くって人って、1人しかおらんかも」
母上様「今は叩いちゃダメってことになってるんでしょ?でも、昔はそんなこと言ってなかったものね。でも、今の方がキレる子供とか子供の犯罪って多いじゃないのねぇ?叩く叩かない関係なく、いけないことをした時は、いけないことだと教えないと。それは親であるあなたたちの義務よ。それに、親がしっかりしないと、親を見下した子になるわよ」
私「そーらしいですねー」
母上様「shotsって、ちゃんと怒ってるのかしら?」
私「ああ、それは、一応(笑)。ま、基本的に優しいですけどね。うちは、毎日ナニしたらあかんだこうだ、と怒ってるから、もう、Rieuたん聞いてくれへんのですよね。また、何か言うてるわーみたいな感じで」
母上様「じゃ、父親にしっかりしてもらわないとね」

と、Rieuたんの背中を見ながら、お話していました。
どんな子供に育つかは、親次第。
やっぱり、そうなんでしょうかね。
shotsさんとshots弟さんを見てる限りでは、この母上様にこの子あり!って思いますもん。

母上様「小さい頃から、shotsは何でも自分が納得するまでやるのよ。無駄なことだって、やってみないとわからないってタイプよね。それで、時間を食おうがいいのよね。あと、みんなの中に入って遊ぶってことはしなかったわねぇ。自分の好きなことをできるんなら、1人でも全然かまわないって感じよ。shots弟の方は、みんなの中に入って遊ぶのが好きだったわー。それからね、何をするにもね、お兄ちゃんを見てるからか知らないけど、じーっとみんながしてることを眺めてるのね。考えてるのよ、どうしようかって。で、頭で考えてじっくり考えてから、やるの。だから、端から見てたら、何をするのも、時間がかかってねー。歯がゆくて手を出しそうになるんだけどね」
私「今も、そのままですな(笑)」
母上様「そうよね。だから、根本は変わらないんだと思うわよ。みんなじゃないかもしれないけど。うちの子たちはね。すごくすごくちーさい時からね。三つ子の魂百まで、ってよく言ったもんよねぇ」

じゃ、shotsさんの子供やから大丈夫かー!?(笑)
いつも、このセリフで安心するわたくしでした。危惧すべきは、うちの子供でもあるということだが。あははん。そーいや、うちの子供の時のことって、誰に聞けばえーんかなー。母上様みたく、詳細に覚えててくれてる人なんか、おるんかなー・・・。Rieuたんは、心配せんでえーでー。ちゃんと、うちが覚えとくからな。

私「Rieuたん、Rieuたん!」
むぎゅー。
期待と不安の入り交じった気持ちで、Rieuたんをぎゅーっと抱きしめたら
Rieu「ふんっ!」
げしっ!
キックされました。
うざい!と言わんばかりのキックでした。
むむ。前途多難やわー。

■ 2007年12月30日(日)  言うは易し?
123007.jpg 311×233 50K2階があるのが嬉しいのか、Rieuたんは階段を上ったり下りたり。ひたすらそれを繰り返しております。(shots実家は、リビングとその隣りの部屋んとこが吹き抜けになっています。この写真は、リビングから撮ったものです)

外は寒いのでそうそう散歩にも行かれへんし、雪なら寒くても外に出てくんですが、雨模様な毎日が続いているので、ずっと家の中。階段をわっせわっせ上り下りして運動してくれるんはいいんですが、なんせ、まだ一人で(無事に)階段下りれませんからねー。もーちっと安定して下りれれば、放っといてもいいんですが。今は、下りるRieuたんの前や後ろから、落っこちへんようにガードせねばなりません。つまり、Rieuたんが階段に行くー!と言ったら、一緒に行かねばならんのです。

それが一日に数回ならまだしも、十数回、数十回、となると、
めんどくさー!!!
となります。

よって、Rieuたんが階段に慣れて来ると、下りる時だけ下から見張ってる、という形になりました。そうこうしている間に、Rieuたんは、階段の踊り場のところで、上から下の景色を覗いて遊ぶことを覚えました。Rieuたん的には、邪魔されずに一人で遊べるわーと言ったところでしょうか。最初は、階段の下からリビングへ走って行ったうちと目が合うだけで喜んでたのに、次は、いないいないばぁ。それから、おーいおーい!と呼びかけ遊び。満ち足りたRieuたんは、階段を下りようとするので、そーしたら、今度はリビングから階段の下へ直行。超機敏な動きが要求されます。

しまった、この方がしんどいかもしれんぞ?
と、今度はRieuたんと一緒に踊り場にいようとすると
Rieu「あっちー」
と押しのけられ。
どうも、下で俺様が顔を出すのを見てろ、と言っているらしい。

仕方なく下へ行くと、
ぱしーん?
は?!

あああああああー!
私「こらー!Rieuたん、ナニ、落としたー!?」
Rieu「にやー」
どうも、手に持っていた歯磨き粉を落としたようです。
直ぐさまRieuたんのもとへと飛んでって、
私「落としたらあかんやろーが!!誰かに当たったらどーすんの!?落としたもんが割れたらどーすんの?!」
と、怒ったんですが、Rieuたんはうちを無視。
なんてデンジャーなお子様かしらん!!!(ま、でも、そーゆーことを思いつくようになったのね)

母上様「どーしたのお?」
私「上からねー、モノ落としたんですよー」
母上様「何落としたのー?」
私「歯磨き粉」
母上様「じゃあ、いいじゃない。壊れたわけじゃないでしょー」
私「へ?」
え?
いや、母上様ああぁ?
昨日、怒る時は毅然と!って言うてはれへんかったっけ??
ほら、最初の最初に怒らんとあかん!とも言うてはれへんかったっけか???

母上様「怪我したわけじゃあないんでしょうー?」
私「ええ、まぁ」
母上様「じゃあ、いいじゃなーい。おもしろかったんでしょうよ、横浜に階段なんかないんでしょ?落ちるのがおもしろいのよねぇー、Rieuちゃん!」
え?
いいんか?
・・・。
ちょっと拍子抜けしたわたくしでした(笑)

■ 2007年12月31日(月)  びゅうちほー!
123107.jpg 300×277 74K
おせち完成(っていうか、お重詰め終了)でございますー!!!
私「すげー!ごうかー!」
母上様「大丸とか高島屋とかねー、いろいろ取り寄せたんだけど、ここのが一番マシね。値段に合った味と種類というか」
私「へえー」
母上様「いっぱい入ってても無駄じゃない?いつもは、お父さんとshots弟と3人だから。今年は、人数が多いから、いろいろ入ってるのを頼んだんだけど」
私「へえー」
母上様「昔は、全部作ったものよぉー」
私「そう、でしょうねぇ。うちには無理やわー」
母上様「でも、ほんとは数品でいいのよ。自分で作るのなんて、黒豆と、きんとんと、田作りと、なます、くらいでいいんじゃない?それくらいなら、あなたでも作れるでしょ?」
私「多分、ね。味の保証はないですけどね(笑)」

母上様の手作りのものも一緒に入ってますが、ベースになってるお取り寄せおせちはこちら。
ショップチャンネル 1年の集大成!『「萬福」21点セット』
五穀豊穣を願い、家内の健康と安全、子孫繁栄への祈りを込め、暦の節目に大切に食されてきたおせち。縁起のよい海の幸、山の幸を豊かに盛り込んでいます。

お取り寄せおせち、初めてみたー。詰めるだけでも楽しいもんですねー、いや、詰めるだけやから楽しい、と言うべきか?!だって、これ、全部作るとなるとしんどいですやんねぇ?数日かかるで。

年末ちゅーても、旦那様が休みやないとこもあるやろうし。休みやからっちゅーて、旦那様がずっと子供の相手しとってくれるわけでもないやろうし。おせち作りだけやなく、大掃除もあるやろうし。なのに、ちゃんとおせちを作るママさんたちって、すごーい!尊敬しますっ!

うちは・・・考えただけで無理っす!
理由:めんどくさいから・・・。お雑煮くらいは作るけど(笑)
かと言って、1万2万も出して、おせちをお取り寄せできるかと言えば、それも無理っす!(勿論、お金が余る程あったら、容赦なくお取り寄せするんやけどな)

shots「いーじゃん、別に。おせちなんか、なくったって」
shots「いーじゃん、別に。大掃除なんか、しなくたって」
shosさんが変わり者でよかったわ。←他所様の旦那様は、うるさいらしい(苦笑)「大掃除は済んだのか」とか「おせちくらい作れよ」とか。

まぁ、秋田に帰らん限り、こんな立派なおせちには出会えません(←断定)ので、ココロして食っておいて下され、shotsさん。Rieuたん、あんたもやでー。多分、黒豆しか食べへんと思うけど・・・。

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  

本館に戻る


---