ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2007年01月01日(月)  2007年もよろしくお願いいたします!
明けました(随分前に、な)。
そして、元旦生まれの私は、新年を祝う花火とともにひとつばばぁになりました。

年上の方からだけではなく、この頃は同年代からでも
「もう誕生日なんて嬉しくないよ」とか
「いっそのこと、来ていらん」とかいうセリフをよく聞きます。
何よりもダンゴな私は「えー、でもケーキ食べれるしー!」と思っていたのですが・・・

実際、自分の誕生日がくると、ちょっとだけ同意(すすり泣)。
今年はケーキを用意していなかったので、楽しみがなく、さらに大きく同意(本泣)。

あああー!
シワが増えて、白髪も増えて、クマがなかなか消えへんようになって(って、年中クマが住んでいるような気もしないでもないが)、ってなるんやわぁ!!!

と、叫んでみた。
身なりを気にしないので(気にしろ?)口だけやけど。

話はガラリと変わりまして。

「わあああ・・・おいし・・・そう?」
これまた口だけ(笑)。

こいつ(下)は、クリスマス用のカップケーキ。
安かったの。なんか半額になってたの。1ドル50セント。安さにつられたの。きっと、3ドルだったら買ってないわー♪

これでもか!と赤、緑、ピンク、紫色のクリームがたんまり乗ったケーキもありましたが、一応、クリームがまともなもんを選んだので見た目はそんなにまずくなさそうでしょう?(でも、味の予想がつくので、決しておいしそうには見えない)

え?
味?
聞かんといてー!(笑)

甘かったよ。
1人で2個は無理やね、っていうか、食べれるけど食べたくないね。
数人でやっつけましたが、みなさん、血糖値があがりまくりで少々目がうつろでした。

来年のバースデーケーキ(今年のクリスマスケーキも)は、日本製で行きたいと思います。

最後になりましたが、
2007年もどうぞよろしくお願いいたします。
010107.JPG 345×201 90K

■ 2007年01月02日(火)  おっさん
010207.JPG 234×306 52KRieu「・・・(ぐびぐび、ずちゅー)」

風呂上がりの一杯でアリマス。

常夏(?)のフロリダにも、冬はやってくるのか?(常春のマリネラにも冬はやってくるのか?)
時折、朝方に冷え込むことがあるので、Rieuのハラに自作のハラマキを装着。でも、上は半袖。誰かさんには「いーみなーいじゃーん」と言われるが、おなかは冷やしたらあかんねん、、、多分。←おなかを冷やしたことがないので、私にはわからないのである。

まるで、おっさん(笑)
ハラマキ無しでは、おっさんには見えないので・・・
ハラマキの「おっさんっぷり」への貢献度は、かなりかなーりデカイとみた!!!(まぁ、このガニマタっぷりも貢献度大な気がしないでもないが)

そして、Rieuはshotsさんに蹴りを入れたまま、眠りにつきました。。。

■ 2007年01月03日(水)  引っ越し準備をば・・・
私「日本へ帰るのんさぁ、荷物何でおくんのん?船便?」
shots「いや、実は船便高いねん」
私「は?」
shots「結構、高くつくのよ。調べてみたんだけど」
私「そうなん???」

「荷物、船便で一切合切送るんですよね?」
と、数人の方から聞かれました。聞かれた、つーより、同意を求められた感がデカイかもしれません。確かに、船便でチェストだのソファだの、ありとあらゆるものを日本へ送ったのよ、オホホホホって方も少なくはありません。

が、そんな方々ってのは、大抵『お金持ち』だったり『次の職場が引っ越し代を出してくれる』ってのだったり、するようです。

よって、お金持ちでなく、おもいっきり自費で引っ越さねばならない私たちには、そんなことできません。

船便が高くつくとは知らなんだ・・・
その上、追跡もできへんし、なくなることも多々あるし、壊れることも多々あるし、メリットないやん?

shots「そうなのよ。だから、引っ越し業者に頼もうかと思って」

そして白羽の矢が立ったのが、ぺりかーんさんとくろにゃんこさん。しかし、私たちの住む田舎近くには、両者の支店などありません。利用可能な一番近いぺりかーんさんはマイアミ、くろにゃんこさんはアトランタ。

shots「とりあえず、見積もってもらおうか・・・」

そうよね。サービス内容も大事やけど、金額も大大事よね。ただでさえ薄給で・・・(うぐ)

shots「ということで、段ボール何箱になる?」

はああああ?
そんな、いきなり言われても・・・

私「アメリカに来た時って、家から4箱、学校から4箱やったやろ?で、Rieuのもんが増えてるから・・・」
shots「10箱くらい?」
私「うーん、そうかなぁ」

そう。驚く程何にも買ってない私たち。増えたもんって、マジでRieuの服くらい。←しかも、その服もほぼ全部もらいもん。

shots「じゃ、10箱くらいってことで見積もりしてもらうから」

はーい、お願いしまーす。
shotsさんに頼りっきりの私。段ボールへの荷物詰めはやるから♪うふうふ。

■ 2007年01月04日(木)  Dr.N大好き?それとも・・・?
010407.jpg 234×312 59K
Dr.N「Rieuくんには、ちょおおおっと、この味は濃いんじゃないかぁ?」

またまたDr.Nをお呼びしております。こんなに頻繁に会えるのもあとしばらくの間だけ・・・とは言うものの、理由もなくお呼びしているわけではございません。まぁ、いつものことながら「ごはん食べていかはりません〜?」なんですけど(これが正当な理由になるのかはナゾ)。

今回も「よろしかったらタイカレーを取りに来てください〜」と言うておきながら、突然「ごはんもどうどすえ〜?」とお誘いしたのでした。決して、Dr.Nもヒマな方ではありませんので、いっつもいっつも大切なお時間を頂戴してええもんかいな、と後で反省するのですが・・・いつもすいません。

Rieu「あーあーあー(なにくってんのー?)」
Dr.N「ちょっおおっと、これは大人の味だぞう」
私「これこれ、Rieuの分もとったあるからっ!あとで食べよう、あとで」
Rieu「あーあー(あんたの、そのええにおいのするもんを、くれりー)」
Dr.N「なんだぁ?欲しいのかぁ?こんなの食べたらびっくりしちゃうぞう」

Dr.Nの服を引っ張りまくりのRieuたん。そんなににおう?確かに、家ん中が自家製ウナタレのニオイで充満しているようないないよな・・・

その後、Rieuにもウナギの骨のなーいくさくなーいやわらかーいところが与えられました。ウナタレもちょこっとだけつけて。ほんまは、こんな味の濃いもん食べさしたらあかんのんかもしれんけど。いっつも野菜ばっかり食ってるから、たまにはいいか?!(笑)

■ 2007年01月05日(金)  あ、Dr.Nが好きだったのね
010507.jpg 321×241 55K
Dr.N「ごちそうさまー」

お粗末様でございました。

Rieu「・・・」←まだ、Dr.Nの服を引っ張ってる。
Dr.N「お、Rieuくん、来るかぁ?」
Rieu「(いえーい!)」←その割には顔が笑ってないな・・・

どうも、Riueはウナタレではなく、Dr.Nが好き好きだったもよう。そっか、前から思ってたけど、やっぱりそうか(笑)。ラブラブなのね。一応、Dr.Nの向かいにはshotsさんがおるんやで?(何よりも、私がすぐ隣りにおるんやで?)

■ 2007年01月06日(土)  トリ対ネコ
日本へのお引っ越し。ぺりかーんとくろにゃんこ。見積もりを頼んでみました。ぺりかーんなら、家まで荷物を取りに来てくれるとな。でも,その分割高に。くろにゃんこなら、アトランタからは取りに来れないので、アトランタのくろにゃんこ支店まで荷物を自力で送らねばなりません。少々、引っ越し料金はお安いのですが、アトランタまでの郵送料が余計にかかってしまいます。

shots「うーん、、、どうしよう?」
私「取りに来てくれるんやったら、ぺりかーんにしたら?」
shots「そうよねぇ・・・」
私「少々高くても、時間と手間がなぁ。うちら2人だけやったら、安いくろにゃんこにするけど」

shots「で、荷物、どう?なんか、増えそう?ほんとに10箱でいける?」
私「えー?わからーん。でも・・・わんわんもおるし、ジムもあるし。よー考えたら、うち、一時帰国した時にわんさか文学本持ってきたからさぁ」
shots「ああ、あの暗いの(=太宰)いっぱいね」
私「もしかしたら無理かも。12箱になったらどうとか、15箱になったらどうとか、聞いてみたら?」

問い合わせるshotsさん・・・(ありがとうー、ウフ♪)

くろにゃんこからは、すぐに丁寧な返事が返ってきました。しかし、待てども待てどもぺりかーんからは返事が来ません。

私「くろにゃんこに決まりやなぁ」
shots「うーん・・・」

そして、トリ対ネコの戦いは、ネコの勝利となったのです(やっぱり?)。

しかし、トリさんもおバカさんやなぁ。海外引っ越しなんて、十万単位の儲けがあるっつーのに。こーゆーとこは、しっかり押さえとくべきやと思うんやけどなぁ。うちんとこだけならまだしも、このあとに1件、さらに1件とお客を逃してしまうことにも気付かずに・・・

■ 2007年01月07日(日)  みーつけたっ!
010707.jpg 267×262 60Kわーい!見つけました!!!
期間限定品らしいハーゲンダッツアイス『ベイリーズ』

期間限定という単語にやられているわけではありません(珍しく)。もともと、ベイリーズが大好きなのです。

ベイリーズとは、アイリッシュウィスキーにクリーム、スピリッツ、チョコレートなどが入ったクリームリキュールです。お酒嫌いの私が飲めるリキュールは、アルコール臭がしなくて、甘いヤツのみ。よって、カルーア、モーツァルト、ゴディバ、ベイリーズくらいに限られてくるのですが、その中で一番好きなのがベイリーズ。

スーパーで『ベイリーズ』アイスを見つけた時には、即買いでした(見つけた時には、って・・・毎回アイスコーナーチェックしてるくせに・・・)。そして、即食。あやうく即完食しそうになりました(って、どのくらい大きいかわかります?勿論コレ、ビッグサイズですよ)が、理性がちょこっとだけ働いたので、ちゃんとshotsさんの分を残すことができました。

あー、うまかった!(勿論、甘かったけど)

■ 2007年01月08日(月)  アメリカ土産ってナニ?
そろそろ、日本にいる家族や親戚、親友たちへのお土産を買わねばっ!!!
と、張り切っているのは1人、私だけの様子。

shots「めんどくさいよ・・・」
私「あかんあかん。買うでー買うでー!」

shotsさんも私も、『あってもいいけどなくても困らへんモノ』って買いません。よって、Dr.S宅にあるようなオシャレな置物とか額縁とかには、きっと一生無縁でしょう。だって、なくても困れへんやん?と思ってしまう私(shotsさんがどう思っているのかはわかりませんが)。

でも、shotsさんは、自分が『コレが要る』って思ったモノは、値段が高かろうが買います。突然、パソコンが送られて来た時にはなんじゃこら?状態でした。

でもでも、『コレがあったら便利やねんけど』レベルのモノに関しては私に聞きます。

shots「ソファ、欲しい?」
私「いらん」

shots「もういっこテーブルっていうか、デスクが欲しいなぁ」
私「いらんがな、そんなん」

shots「卓上のスタンド欲しくない?」
私「そんなん、部屋のスタンド移動したらええがな」

そして、秒殺されるのでした。

私が『欲しいかも?』と思うモノすら買わないのは、根っからの貧乏性だからです。貧乏暮らしが長かったからね・・・ということにしておきましょう(根っから、というからには、生まれつきですがな?)。

しかーし、貧乏性な私は、実は実は!
ヒトに何かをあげるのが好きなのでした。単なる自己満足なんですけどね。きっと、相手が喜んでくれてるに違いない!と思って、喜んでいるという(貧乏でマジに食パンと豆腐で暮らしていた学生時代、送料5000円まで出して古着をタンザニアに送ったら、友達から「あほか!それでメシ食えや」と言われた)。

なので、お土産選び、大好き♪
大好き、なので、スーパーで物色・・・

し、しかし・・・
アメリカ土産って何をあげればええのんや?日常生活に使うもんなんて、日本によーさんあるし、間違いなく日本製品の方が丈夫で奇麗で役立つやん?アメリカ産のもんで、もらって嬉しいもんなんかある???

私「お、お土産なにがいい?」
友人「そんなーいらんよ。元気に帰ってきてくれるだけで」
私「いやいや。もう、買うって決めてるから、言うた方がええと思うでー」
友人「じゃ、フロリダの特産物」

ふ、ふふ?
フロリダの特産物ううう???
お、おれんじぃ?
わに?
・・・。

一向にお土産選びは進みませんです。ハイ。

■ 2007年01月09日(火)  秘密基地
010907.jpg 311×233 65K
shots「ただいまー、、、ってなにこれ?」
私「ひみつきち」

くろにゃんこから、段ボールがわんさか送られて来ました。受け取った私は、包みを開けるとすぐに数個の段ボールを取り出して・・・秘密基地を作ったのでした。

私「ほら、ちーさい時、秘密基地って作らへんかった?」
shots「作ったけど・・・荷物詰め始めてくれる?(怒)」
私「つめるやーん」
shots「時間ないんだからねっ!」
私「わかってるってー」
shots「わかってないっ!!!」
私「わかってるっちゅーねん。すぐ詰めれるってばー」
shots「ウソだっ!」
私「ダイジョーブ、ダイジョーブ」

私「わーい、Rieuたん、こっち来てみー。ほーら、秘密基地やでぇー」
Rieu「・・・(スタスタスタ)」←無視。

■ 2007年01月10日(水)  やった!
私「ほーら、Rieuたんったらー。ひっみつきっちぃー♪」←楽しそうな声で呼んでみる。
Rieu「・・・」←いぶかしげな眼差し。

えーい、わしが見本を見せたるっ。
私「ほーらほらー(どたどたどた)」←makirin、秘密基地へ突入。ちょっと、セマイ(苦笑)。
Rieu「・・・?」

あら?結構楽しい(笑)。

私「Rieuたーん。そっちから入ったら、トンネル通ってこっちに出てくるんやでぇ?ほーら、曲がるとこもあるんやでぇ?」
Rieu「(ちょっとはいってみよっかな?)」

やった?
Rieuが、秘密基地に足を(手が先?)踏み入れました。わーいわーい!

そして、トンネルの最後でいないいないばぁ!

Rieu「わっきゃっきゅあーあ」

やった!
ああああああー、なんか、すごーい達成感!じーんとくるわ、じーんと。

その後、得体の知れない物体(=秘密基地)に慣れ始めたRieuは、叩くわかじるわ、大変でした・・・
011007.jpg 311×233 46K

■ 2007年01月11日(木)  びっぐわんわん
011107.jpg 234×312 54K私「わーんわん。わーんわん。わわーん、わんわんわーん(アイアイ風)」

でっかいでっかいわんわんです。
ドラッグストアで一目惚れ。Dr.Nのお子様へのプレゼントとして買ったのですが、自分用にも欲しいなぁと思い始め・・・

滅多にモノを欲しがらない私が、じぃいいーっと熱いまなざしを送っていたので、shotsさんが我が家用にと買って来てくれました。

私「・・・これだけで特大段ボール一個かなぁ」
shots「持って帰るんだ?」
私「あああああああったり前やん。(折角買うて来てくれたのに)」
shots「余裕で段ボールに入るじゃん」←もっと詰めろと言わんばかりに。
私「あかんあかん。つめつめにしたら痛がるからあかん」←本気でそう思っている。
shots「痛がるわけないじゃん」←こっちも本気でそう思っている。
私「狭いって言うって」←これも本気。

私「きゃああああああ。ビニール袋に入らへん・・・」
shots「そんなの、ビニール袋に入れなくてもいいじゃん」
私「あかんがな。途中で雨に濡れたらどーすんのん!寒いやん」
shots「はいはい」←諦めたようだ。

結局、上下からビニール袋をすっぽりかぶせて防水することに。
でも、頭からかぶせたビニール袋は取っておこう。

shots「なんで外してんの?」
私「息苦しいから」
shots「ぬいぐるみは息してませんっ!」
私「いーや。苦しい」
shots「・・・わ、わかったから、早く詰めれば」←半ば諦め気味。
私「今から段ボールに入っとったらしんどいやろうから、最後に詰めるわ」
shots「・・・」

■ 2007年01月12日(金)  悲しすぎる貧乏おもちゃ?
011207.jpg 211×334 62Kshots「まさかソレは持って帰んないでしょうねぇ?!」
私「流石にな・・・」

モノ(っていうか家具?)がない我が家、ほんまに子供さんいはりますのん?と思っちゃうくらいに、おもちゃもまた少ないです。あやしい色使いのプレイジムと、あやしい色使いのぞうさんぬいぐるみと、母が日本から送ってきてくれたくるくる回ってぷっぷるー♪と音の出るおもちゃ(こんな説明では全くわかりませんな・・・)だけ。絵本もなけりゃ、積み木もない。

1歳になろうとしているRieuなのに、果たしてこんなおもちゃの少ない環境でいいのだろうか?
積み木くらい・・・
でも、日本に帰るし・・・
でもでも、積み木くらい・・・
でもでもでも、日本で探した方がええもんあるやろし・・・

じゃ、これで代用!
ぱち積み木。
いや、木ではないので・・・積み紙ハコ(汗)

Tom、In、Kawaや母が送って来てくれたレトルト離乳食や調味料、のハコ。
を、こーんなタワーが作れるくらいに貯めに貯めてみました。

貧乏丸出しですが、これやったら当たっても痛くないし、つぶれたらほったらええし、いいかなぁ・・・と。実際、Rieuは作ったタワーを壊すのが大好きなデストロイヤーなのでげしげしぶつかってるんですが、怪我もせんでいいかなぁ・・・と。←役立っていることを必死にアピール。

でも、もうすぐお別れです。
最後のゴミ出しの際に、ビニール袋に入れられて旅立っていくことでしょう。お疲れさまでした。

■ 2007年01月13日(土)  セリーヌディオンプロデュース?
011307.jpg 321×236 63Kさーて、お土産お土産!うふふふふ。

アホみたいに買いました。
父、母、弟、祖母、祖母。
shotsさんとこの父上様、母上様、弟君、親戚の方々(shots本家とか、分家とかなんとかかんとか)。
shotsさんの前の職場、つまり私の大学院時代の研究室(shotsさんと私が、先生と学生だったので、結局は同じトコロを示す)の教授、助教授、助手、ポスドクさん、秘書さん。

それから・・・
研究室の学生たち、つまりは私の後輩たちみーんな(=shotsさんの教え子)。数えたら10人以上おって、どうしようかと思ったけど、やっぱりひとりずつあげたいなーと思って、いろんなアイテムをば大量に購入。

それからそれから・・・
わざわざアメリカまで、贈り物をしてくれた私の友人たち(親しい友達みんなにするとまたしても10人以上になってしまうので、泣く泣く諦めた)。

バスローブ、タイピン、ふかふか靴下、ソルト&ペッパー、ミトン、香水、おもちゃ。
クッキー、チョコレート、ビスケット、コーヒー、紅茶、変なお茶。

誰々にはあれがいいかな、誰々にはこれかも?
なーんて考えながら選ぶの、ものすーんごい面白かったです。

で。
その中で、唯一載っけてみたのが『セリーヌディオンがプロデュースした香水』アメリカ限定版?セリーヌの写真が載ってるのがイイのでありましょう。その写真がこの香水の価格をえらく引き上げてんじゃないか?と思いましたが、仲良し3人組のTom、In、Kawa(何度言っても言い足りへんのですが、気力体力ともにへろへろになってた時に、いろんなもん送ってくれて本当に感謝しています。やっぱり、Rieu用の離乳食とか調味料セットとか食器とかが嬉しかったです。本当にありがとう。)へのお土産にしました。でも、ハコは邪魔なんでほっちゃった。←意味ないがなっ!

かなり時間とお金を消費してしまいましたが、文句も言わずに買物につきあってくれたshotsさん、ありがとうでした。

■ 2007年01月14日(日)  カートを堪能?
011407.jpg 321×241 54Kカラカラカラカラ〜。
小気味良い音をたてて、カートが移動しております。

私「もう、カートに(そうやって)乗れるんなんてこれで最後かもしれんからなー。しっかり楽しんで乗っときー」

アメリカのカートはデカイ。
そして、子供が乗ってるのは当たり前。
でも、明らかにあんた小学生(もしかしたら、高学年?)やろ!って子供も乗ってるのはどうかしら?差別してるわけではないけど、歩こうや。だから、そうやってぶくぶくぶくぶく太って・・・(うぐぐ)

私「日本に帰ったら、そんなとこに乗られへんからなぁー」
shots「だって、アメリカのカートデカイもん」
私「日本のカートがでかくたって、乗らしてくれへんってー。絶対怒られるわー」
shots「うーん、そうかなぁ」
私「多分『お客さまぁ、あのぅ、こちらにはお子様をぉ・・・』乗っけるな!って言われるって」
shots「そうかもねぇ」

危ないから?
行儀が悪いから?

ちょっと残念。

■ 2007年01月15日(月)  おこられチメ〜
shots「いい加減、荷物詰めないと間に合わないんだからっ!」
私「だーいじょーぶ、だいーじょーぶ」

毎日毎日、アセるshotsさん。
毎日毎日、秘密基地で遊ぶ私。

shots「平日は仕事ばっかで、荷物詰めらんないんだから、週末しかないんだよっ!だから、ほらっ、早くやって!(少々怒り気味)」
私「間に合うっちゅーのにー」
shots「間に合いませんっ!」
私「アメリカ来る時かて、ちゃんと間に合ったやんかー。間に合えへん間に合えへんって、ずっと叫んでたけどー」
shots「あんなぎりぎりまでやるのは、もうイヤなのっ!俺が引っ越しする時は、いつも引っ越しの1週間前に荷造りなんて終ってたんだから」
私「うちは、いっつも前日徹夜〜(ぬほほ〜ん)」
shots「それがイヤだって言ってんのっ!!!」
私「はいはい、わかったわかった」
shots「その、同じ言葉を2回繰り返すのはわかってない証拠っ!!!」

そんな青筋たてて怒らんでもぉ〜。
自称パッキング女王makirin様が本気になったら、1日で終るもーん。

shots「じゃ、終らしてよ」
私「だって、まだ使うもんいっぱいあるし」
shots「むきーーーーー!」

あ、shotsさんの血管が切れそうなので、、、仕方ない。Rieuには1人で遊んでもらって、私もやりますかー。

私「ふんふんふんふーん♪」
shots「もうコレ(=秘密基地)壊すよ」
私「え・・・」
shots「ナニ?(怒)」
私「はーいはい、どーぞ」

あーあ、秘密基地なくなってもーた。そして、部屋中段ボールの山でござーい。
011507.jpg 311×233 49K

■ 2007年01月16日(火)  きっとこれが最後です
011607.jpg 260×269 58K
最後の最後。

きっとこいつも超あまあまなヤツに違いない。
歯にも悪そうである(頭にも悪いかもしれない)。
だって『スティッキー・トフィー・プディング』(=ねばねばしてる、きゃらめるちっくにあまーい、ぷでぃんぐ)←プディングつっても、日本のぷりんとは似ても似つかないものです。どっちかつうとケーキっぽい。

あ、よく見たら期間限定や(笑)。
今回は、この言葉に魅せられたんかも・・・

私「いっただっきーまあーす」(おいおい、引っ越し準備はどないしてん?放棄?)

私「う・・・」

し、しなもんがキツい・・・

確か、『スティッキー・トフィー・プディング』つったら、イギリスのお菓子じゃなかったか?本場のやつを食べたことはないが、こんなにシナモンが入ってるとは思えん・・・

シナモン大好きアメリカ人向けに、味が改良されたのでしょうな・・・(遠い目)

ああ、マズい。
キャラメルの味もせんくらいにいばりまくってるシナモン。あんた、どっか行ってくれ。シナモンの存在がなければ、まだマシかもしれんのに・・・

私「まずいよおー(泣)」

アメリカ最後のアイス。
大・失敗でした。

shots「そんな変なもん選ぶからー」
私「む」
sohts「素直に、チョコレートとかにしとけばええもんを」
私「素直に、日本にないもんを選んだんやんかー」

でも、完食しました。
もしかしたら、今までに買ったアイスの中で、いーーーーーーちばんマズかったかもしれません。別にシナモン嫌いでもないのに。いや、むしろ好きな方やのに。こいつにはやられました。

ちーん(ご臨終〜)。

■ 2007年01月17日(水)  最後の晩餐
011707.JPG 333×250 71K
Dr.S夫妻がお別れパーチーを開いて下さいました。奥様の上品なお料理を堪能し、研究者の未来について語り合いました(笑)。

幾度か訪れたことのある場所だと認識したのか、Riueのヒトミシリ&バショミシリもすぐに治まり、わいわい楽しいときを過ごさせていただきました。ありがとうございました。

しかし、Rieuたんよ・・・
なんでDr.Nの服を引っ張ると?手を離すと、Dr.Nんとこへよたよた歩いて行くのです。Rieuたんの肩へと伸ばされたDr.Nの腕が、これまた優しく、まるで実の親のよう。きっと、癒されるのね。

Dr.Nんとこのお子様になっとくー?そしたら、かわいいお姉ちゃんとかわいい弟くんができるでー。そして、毎日の食事も、うちの作ったもんのように貧そなもんではないはずや。Fumifumiのうまうまなご飯やでぇ?

あ、うちがDr.N宅の子供になりたいかも・・・(食事こそが幸せ?)

■ 2007年01月18日(木)  アメリカ風なお引っ越し?(ベッドの移動だけね)
アメリカでは、引っ越し時にいらなくなったものを『Moving Sale』といった形で売りに出すのが普通です。うちの巨大な車も、ムービングセールで買ったようなもんです。

で、shots家も家財を売りに出せばいいのですが・・・
売れるもんなんて、ベッドとテレビとテーブルくらいしかありません。その上、私もshotsさんも、めんどくさがりなので、買うだの買わないだの、買うんならなんぼだの、といった交渉をするのが面倒で・・・

結局、ボスにもらってもらうことにしました。
ベッド、テレビ、テレビ台、赤ちゃん用スイング(ブランコのようなもの)、ベビーバス、おむつ入れ。

ボス「何でも置いていってください」
とおっしゃっていたのは、もしかしたら次のポスドクさんにあげるためかも?とみなで囁いていました(笑)。次のポスドクがすぐ決まってるんなら、車も置いてくのになーと、ちょっぴり無謀なことも考えていましたが、流石にそれは断念しました。

さて、じゃ、どーやってそのモノたちを運ぶのか?
大抵のヒトは、大型のワゴンやトラックをレンタルするらしいんですが、我が家は・・・

私「あの車に乗っけてしまへー!」
shots「乗るかな・・・」
私「ノルノル」←根拠なし。

私の適当な「ノルノル」発言に反して、我が家の愛車だっじくんの車内には、とーてー乗りません。テレビだの何だのは、後ろに乗るんですが、ベッドマットが・・・ちっ、役立たずの大飯ぐらいメっ!

shots「ベッドマット乗らない・・・(どうしようがーん)」
私「じゃ、上に乗っければ?」
shots「乗るかな・・・」
私「ノルノル!」←自分がやるわけではないので、思いっきり適当。

そーして、早朝からDr.Nにも手伝ってもらって、車にベッドマット2個を乗っける作業が始まったのです。

shots「はみ出してる・・・」

確かに、横にはみ出してます。

shots「大丈夫かな・・・」
私「大丈夫やって。みんな、もっとはみ出して走ってるやん」

普通のセダンにベッドマットを乗っけて、手で押さえながら走ってる車もおったし(あれのはみ出しっぷりはすごかった。しかも、手で押さえてるってどうよ?どんなけ力持ちやねん)。

何重にもひもが巻かれ、固定されて行くベッドマット(かなり無理があるような気がする)。
あー、すごーい!なんか、最後の最後に、やっとアメリカチックなことしてる気がするー!(かなり無理がありそうなことをやらかすのが、アメリカチック)
011807.jpg 321×241 54K

■ 2007年01月19日(金)  カモさーんカモさーん、動いてちょ?
011907.jpg 288×236 65Kうちの裏には池があります。とは言っても、珍しいことでもなく、むしろ池に沿ってぐるーっとアパートを建てましたって感じです。

朝夕の散歩では、池にいる巨大かめさん(すっぽん?)にパンをやり、時折パンをもらいに遠くから歩いてくるんやけど、着いた頃にはすでにパンはなくなってて、ご飯にありつけないどんくさいおとーさん&おかーさんトリ(昔紹介したことのある、気持ち悪ーい水鳥です)を追いかけ。そんな毎日をしています。

池には大したことないふつーの噴水があるのですが、その近くにいーっつもカモらしき物体がちょこん。

私「なーなー、あのトリさー、いっつも同じとこにおると思えへん?」
shots「は?あれ?ダミーだよ」
私「ええええええ?」
shots「もしかして、気付かなかったの?(くすっ)」
私「うそやーーーーーー」
shots「だって、来た時(2年前)から、ずっと同じトコにいるじゃん」
私「え?え?え?うそーん???確かに動かへんけど、あれは下に丁度とまりやすい枝があって、で、毎日そこにおるんやと・・・」
shots「だって、一日中あそこにいるじゃん。動いてないじゃん」
私「いや、だから、あそこが好きなんかと・・・」
shots「よく見てみー」
私「だって、時々揺れてるし」
shots「それは、水面が揺れてるからでしょ」

がびーん・・・
気付かなかったこの2年間。
ダマされてたんや・・・(しかも、私だけ?)

■ 2007年01月20日(土)  略してバカスプ
012007.JPG 288×256 74K私「あー、最後までバカやったなー、あのスプリンクラー」

かなり前から壊れていたスプリンクラー。雨の日もハリケーンの日もだばだば水を撒くのは、はいはいお勤めごくろーさん♪ですが、あやつ『撒けて』ナイし。水を撒き散らすためのパーツが取れたかなんかなんでしょう。時間になると、蛇口から溢れ出るかのような、ふとーい水の柱がぼぼーーーーっ。

何ヶ月前から壊れてたかなー?

うちの家から車に向かうには,丁度ソコを通らんといかんのですけどねぇ。まぁ、見てると面白いから、その時間になったらRieuを連れて間近で観察しているんですけど。たった5分の散水(放水?)ですが、足をバタつかせるRieuを抱っこしたままの5分ってのは、結構疲れます。

このバカスプとも、もうすぐお別れよ。日本にはこんなもんないからな。今のうちに楽しんどくんやでー(楽しんでるのは、むしろ私の方だったりする)。

■ 2007年01月21日(日)  日本やったらあり得ない?
012107.jpg 300×230 75Kうちのアパートがあるところは、幾つかのアパートメントが集まっていて『てぃーぼりー・あぱーとめんと・こみゅにちー』となっています。てぃーぼりーすぷりんぐす、てぃーぼりーてらす、こーとやーどてぃーぼりー、などなど。でも、うちんとこだけ、てぃーぼりーってついてないんですけどね・・・(外観も、とっても違うし)

こみゅにちー全体は、フェンスで囲われていて、ちゃんとゲートもあります(防犯のためですが、いつも壊れているので意味はないような気がする)が、アパートメント間は生け垣があるくらいで、簡単にスルーできます。

shotsさんはRieuを連れて、敷地内をよく散歩していたようですが、私はあんまり・・・(苦笑)

朝夕、そんなに暑くはないって言ったかて、涼しいわけでもないし。あ、涼しいかも?って一瞬思っても、数分後にはカンカンテリテリ、お日様にヤラレて溶けちゃいそうになるし。夜は夜でアブナいし。ゆったり散歩したのなんて、ハリケーンで街中停電になって、やることなくてヒマやった時くらいでしょうか。

で、もう最後やから、ってことで久々に歩いてみたんですが・・・

ハリケーンで倒れた電灯らしき物体が・・・直されることなく、放ったらかしになっていました(生け垣の向こうで、何かが傾いてる)。ええっとー、ハリケーンが来たんは1年以上前のことなんですけど?未だ、放置ですか?怠慢だー(でも、もう慣れっこ)。

そういえば、ハリケーンでぶっ飛んでったカワラが貼り変えられ始めたんもハリケーン到来から半年以上たってからやし。その作業具合も「一日一枚カワラを貼ろう!」みたいな超スローなもんやったし。怠慢だわー(でも、もう慣れ慣れっこ)。

■ 2007年01月22日(月)  さようなら我が家
012207.jpg 311×224 58Kいろいろお別れです。
さようならー、お世話にな・・・

電子レンジは壊れるわ、クーラーも壊れるわ、食器洗い器も壊れるわ、ドアは外れてるわ、ゴは大量にでるわ、雨は吹き込んでくるわ(勿論、窓を閉めてての話)、いろんなコトがありましたがっ・・・

お世話になりまし・・・た?

なんか、世話したったような気がしないでもないが・・・?それは気のせいか?

■ 2007年01月23日(火)  すいません。日付はウソです
きゃー。
これはお詫びせねばなるまいな・・・

「なんか、時間経過が違うような気がするんだけど・・・」
「この日付って・・・」
「あれー?もう、帰国してなかったっけ?」

きゃーきゃー、きゅっああああーん。←ちょっとブリッコしてみる(内股でおしりフリフリ)。

ついに、複数の方に突っ込まれて、もしくは、疑問を持たれてしまいましたー。すいません、日付はウソです。本当に親しい友人程、なんじゃこの日付は?と思ってらしたことでしょう(でも、私が日付を気にしない部類の人間なので、その友人も「あー、日付意味ないんやろな」と気にしない場合が多い、かもしれない?!)。申し訳ありません。

shots「1月22日って、もう日本帰ってるし・・・日付、意味ないじゃん」
私「うぐ・・・」
shots「もう、アメリカにいないし」
私「・・・だって、画像、1日1個しかつけられへんし」
shots「そうだねぇ」
私「同じ日付で書いたら、前に書いたやつ消えるし」
shots「消えるねぇー」
私「ちゅーことで(汗)」
shots「時間を入れるようにしたら、同じ日付で書けるけど?」

と、数日前にshotsさんからもダメダシをくらったところだったのです。

んだば、日記上で我が家を去る時にでも、実際の日付を書こうかしらとは思っていたんですが・・・あと数日で、やっと我が家から脱出するんですけどね(笑)。脱出する前に、暴露してしまいました。ああ、気ぃよわー。

そうなんス、気ぃ弱いんス。だって、昔の日付で書き始めてから、実際にその日に書いてるわけじゃないから「今日は〜〜しました」とかいう文章が書けへんでねぇ・・・(笑)

ということなので、すでに過去のこととなっておりますが、実際のスケジュールについては、もう数日お待ち下さいまし(え?別に、そんなん教えんでもええって?)。

■ 2007年01月24日(水)  嵐のような最後の日
いよいよ我が家を去る日。片付けも終わり、掃除も終わり、ほっと一息。

結局、徹夜でした(笑)。
わっはっはー。でも、ちゃーんと間に合うやろ?うりうりっ、どうだっ!(と、shotsさんに詰め寄ってみる)

いやあ、それにしても大変でしたー。わははのは。何が大変って、ゴミ出しが。

大きなモノたち(ベッドマットやらテレビやら)は、ボスのところへ旅立って行きましたし。
その他、大きなモノ(テーブルや棚?)もDr.Sんとこへ旅立って行きましたし。
小さいモノたち(プリンター、電話、鍋、シャワーヘッド、トイレットペーパー、ラップや洗剤などの台所用品、掃除セット、洗濯セット、収納ボックス、使えそうなあらゆるモノ)もDr.Sんとこへ半押し付けたようなもんですし。

残るは、食器、汚れた鍋、シーツや毛布、いらん服、安っちい収納ボックス、安っちい棚、電気スタンド、掃除機などなどなど。これがね、なんか、結構かさばってしもて。

ゴミ袋何袋になったことか。そして、棚たちの重いこと重いこと。私とshotsさんとで、何度家とゴミ出し場を往復したことかっ!

私「ひーこらひーこらひいいいいー」←疲れを口で表す元気アリ。
shots「変わろうか?」
私「まだ大丈夫」

私「ふーはーふー。ひっひふー」←ラマーズ?
shots「変わろうか?」
私「あ、そうそう聞いてー」←shotsさんへの返事なし?
私「さっき持ってった棚、なくなってた!」
shots「え?」
私「ほら、清掃作業しとったおっちゃんらがおったやんかぁ?あのおっちゃんらが、ゴミ出し場んとこ行ったなー思とったんやけどな」
shots「持ってったんだ?」
私「そうそう、ソッコーやで。さっき出したのに」
shots「そうなんだ?じゃあ、奇麗なものと汚いもの分ければ、もっと持ってってくれるかもね」

と、ココロ優しいshotsさんは、ゴミ袋からゴミになろうとしている生活用品をがばーっと出し、整理し始めたのでした。優しい・・・

私「じゃ、もっかい行って来るわー」

次は何がなくなってるやろか?
重いゴミ袋を運ぶのは大変なのですが(しかも、暑いからね、ココ)、何が持ってかれてるか、を知りたい欲求の方が勝りました。

が。
そんなゴミ出し&ゴミ出し場チェックも数回やったら、汗だーだー、足がくがく。ただでさえ、太陽に弱いのに。

私「・・・」←もう、疲れて何も言えない。きっと、目はすわっていたハズ。
shots「変わるからっ」
私「う、うむ」

結局、shotsさんが大量に荷物出しをしてくれて、無事終了。

うちらの出したモノたちで溢れかえるハズのゴミ出し場は、おっちゃんらの持って帰るでぇ作戦によって、スッキリ!棚、スタンド、食器、鍋、収納ボックスなど数分でなくなってるもんもありました。おそるべし。でも、使ってくれるんやったら大喜びです。まだまだ使えるもんばっかりやったんで、使っておくれね〜と誰に言うでもなく、届くこともないメッセージをば、送っておきました。

■ 2007年01月25日(木)  男の約束?
grp0521182620.jpg 288×236 61KRieu「ねぇ、またあえる?」
Dr.N「ああ、きっと会えるさ」
Rieu「ほんとう?」
Dr.N「本当だとも」
Rieu「やくそくだね」
Dr.N「ああ、男の約束だ」
Rieu「やくそくやぶったら、さしちゃうよ?」
Dr.N「ああ、いいともー。でも、優しくしてくれよ?」

と、こんな会話をしているわけではないでしょうが(多分・・・)、なんだかそんな雰囲気(どんな雰囲気?)の2人。Rieuは、Dr.Nのズボンをしっかと握りしめていたりしますし。ばいばいするのは寂しいねぇ?でも、きっといつか会えるからね。

■ 2007年01月26日(金)  へその緒(ん、なんか、画像がデカイな)
012607.jpg 345×200 54K
私「ん?何コレ?」

なんか、ラップで包まれた怪しい物体。なんやろやー?冷たいぞ?はて?検討がつかへん・・・

がさがさがさ。

私「わああああー、なんじゃこらー」

開いてビックリ。

shots「へその緒(冷凍)」
私「へえええええええ。こんなんなんや・・・カタイなぁ」
shots「そりゃそうだよ」
私「こんな短いのん?」
shots「いや、もっと長かったよ。実験で使ったから、これはその残り。使った分は遺伝子取るのに切り刻まれてラボの冷凍庫に入って、あ、もう捨てたかな」
私「ふーん・・・」

じいいいいぃー。

私「じゃ!」
shots「ナニ?!捨てるの???なんか、へその緒は残しとくって言ってたじゃん。持って帰ると思って、わざわざラボから持って来たのにっ!こんなに長いへその緒持ってる日本人いないよ!」

いや、日本人に限らず、あんまりおらんと思うけど・・・?(実験に使う親もそうそうおらんような気もするけど・・・?)

私「確かに、うちのへその緒は桐の箱に入ってるけどな?Rieuのもそうできたらええけど、今渡されてもそんなん持って帰られへんやんか・・・」
shots「そりゃそうだけど・・・」
私「ほんなら、ほるしかないやんか」
shots「あーあ」
私「ちゃんと遺伝子取ってんやろ?ほなえーやん」

もっと前に持って来てくれたら、レンジでチンして乾燥させて持って帰んのに・・・と今更言っても仕方がないので、諦めましょうぞ。Rieuたん、へその緒がないー!って、将来怒んないよね?

■ 2007年01月27日(土)  退居までのスケジュール
12月28日 最後のお仕事。仕事の引き継ぎ、データや試薬の引き継ぎ。
 
12月29日 家の大掃除。電気、ガス、水道は今日まで!(らしいけど、夜中0時を過ぎても全部使えた。どうなってんや?アメリカって「やっぱり」「とことん」適当なんやなぁ・・・と思いつつ、掃除機ぶーんってかけてました)

12月30日 お家よ、本当にさようならー。

あら、何て簡潔に書けちゃうのかしら・・・
それは、私がなーんもしとらんからですっ!shotsさんのお仕事を書き込むと、かなり大量になるハズ・・・(苦笑)

アメリカでも、引っ越しする際には色々な手続きがあります。まぁ、日本でも同じなんでしょうけれど、言語が英語であるっていうだけで、めんどくさい度アップです。

まずは、アパート出るよーってオフィスに言わねばなりません。これが遅れると、ペナルチーとして家賃の2ヶ月分払えとか言われます。さらに、例えば1年契約で借りてたのに、8ヶ月しか住んでいなくて出て行くことになった場合とかには、1年分の家賃を払って行けとか言われます。それはアパートによるので、契約書をしっかりと読むことが大事です。←でも、契約書が途中で変わったり、オフィスにいる人によって言うことが違ったりするので、強気にしっかりと聞きまくることがもっと大事かもしれません。

それから、電気、ガス、水道、電話、インターネットなどを何時何時に止めてくれ、と連絡し(連絡しても、止まってないものもありましたが)。

銀行を閉めたり。もしくは、存続させるんならその手続きをし。

保険を解約したり。

住所変更の連絡をしたり(でも、アメリカは日本みたいにしっかりしてないので、住所変更完了したよって郵便局が言ってても、前の住所に郵便物が届けられちゃうし、職場の書類も「前の住所に送っちゃった、あはん」とか言われて届かへんかったりするので、やっても無駄なような気がする)。

その他、オプションとして、車を売るとか、家具を売るとか。

引っ越し休暇なんてものがあって、1週間くらい休んでいいんなら、色んなことをゆっくりこなしていけるんでしょうけれど。退居する2日前まで仕事しとったらねぇ・・・shotsさん、お疲れさまでした。

■ 2007年01月28日(日)  帰国までのスケジュール
で、またしても日付を無視して、この先の出来事が書かれるわけですが・・・

12月30日 マイアミに宿泊。

1月1日 ラスベガスへ。

1月8日 シアトルを経由して日本へ。

決まっている予定はこれだけでした。あとは予定無し。
この日程も、自分たちの意志によって決めたわけでなく、年末年始のラスベガスのホテル代がべらぼーに高いので、マイアミで時間潰そっか?とか、飛行機が満席でとられへん!とかで、こうなったのでした。

先に飛行機の席だけは購入しといて、あとは好きにすりゃあええやーって(笑)

shotsさん的には、ラスベガスにいる間にUFOのひとつでも見れりゃあ、ばっちぐー!でしょうし。
私的には、グランドキャニオンに行ければ、それでばっちぐー!

あとは、帰りの飛行機に乗る時に、Rieuが体調を崩してなければ。願うのはそれだけ。さてさて、どーなりますやら・・・

■ 2007年01月29日(月)  12月31日その1 やっとフロリダ観光!
2年近くいて、キーウエストもエバーグレイズもタンパも行ってない。かろうじて、オーランドには数回行ったものの、一体何をしとったんだわしらは〜!?え?・・・仕事、みたいな。そんなアメリカ留学。さみしー!(笑)

残された時間は1日だけ。行ける所には行っときたい。とは言っても、明日の出発予定時刻は5時。今夜は早く寝ねばなるまい。それに、長時間のおでかけって、Rieuにはチト負担が大きいやろうし。

shots「どっち行こうか?」
私「セブンマイルブリッジ通りたいって言うてなかったっけ?」
shots「言ってたけど・・・エバーグレイズの方がいいかなー」
私「気付いたら橋渡ってましたーってくらい、橋の存在に気付けへんらしいしなぁ。景色が奇麗ゆうたかて、運転してるshotsさんは見えへんしなぁ」
shots「それに、見て回るとこもないし」
私「じゃあ、エバーグレイズ?」

向かうは、エバー・グレイズ・ナショナルパーク。
フロリダ半島南端に広がる大湿原で、世界遺産に指定されている国立公園です。野生のワニ、鳥、魚、ジュゴンなど、熱帯から亜熱帯にかけての動植物が生息しています。その種類は400種類とか600種類とか、とにかく多いらしい。多くの動植物たちが1カ所に生息しているということで、極めて貴重な生態系を保つこの大湿原へは、マイアミから車で約1時間。高層ビルの建ち並ぶ都会から1時間離れれば、そこに野生動物がたんまり、か・・・流石アメリカです。

公園内に入るとすぐ右手にメインビジターセンターがあります。そこから、パークロードの終点フラミンゴビジターセンターまで、幾つかの観察スポット(キャンプスポット?)があります。とーりあえず、全部に止まるよねー(笑)

そいでは行きますかっ!

Rieu「ふええええええー」

な、なんじゃなんじゃ?!

shots「なに?どうしたの?」
私「カーシートがイヤって・・・」
shots「んなこと言われたって・・・ずっと車だよ」
私「これこれRieuたん、静かにしなされ」
Rieu「うええええええええー」
私「わ、わー、わああああーかったから」

「わかった」というのはウソで、何もわかってない。多分、自由になりたいんでしょうが、カーシートから降ろす訳にもいかんので、とりあえずミルクをば・・・

Rieu「うむ(ごきゅごきゅ)」

はー・・・
泣くたんびに何かを与えねばならんのかしらん。すでに、Rieuの片手にはカリカリおやつが握られているというのに・・・(Rieuの飲んでいるミルクが、ウワサの「ニップルをつければ即ミルク」という液体ミルクです。日本にもあれば楽チンやのになぁ)
012907.JPG 321×225 58K

■ 2007年01月30日(火)  12月31日その2 メインビジターセンターにて
メインビジターセンターでは、公園内の情報やクルーズの時間などがチェックできます。私たちはクルーズとかは行かないので、とりあえず公園の全体像でも見るかなーって感じだったんですが、ビジターセンターに入ってびっくり。なんか、資料館みたい。

この公園内で、どんな動物たちと会えるのか?どんな植物が生えているのか?また、その分布は?そういったものが、詳しく説明されています。

先が長い(であろう)ので長居はしなかったのですが、もっと時間があったら1時間くらいは平気で過ごせそうです。説明文は英語やから、日本語んときみたいにすーらすら頭に入ってこんでしょうしね・・・(笑)

ショップもあって、「野生動物」や「野鳥」「自然」の写真てんこもり!っつう本がたくさん置かれていました。手に取った「エバーグレーズ」という本には、ワニさんがいっぱい載っていました。

shots「そういえば、クロコダイルとアリゲーターってどう違うんだっけ?」
私「あ?・・・そういえば、どう違うんやっけ?」
shots「ここには、その2種類が住み分けして住んでるんでしょ?」

クロコダイルハンターっておったけど、アリゲーターハンターっておらんかったよな?クロコダイルの方が、かっちょいいのかしら?

なになに?
クロコダイルは・・・口を閉じても、上下の歯が見える(だから、悪そうに見えるんか?)、口先が細くとがっている、頭もとがってる?
アリゲーター・・・口を閉じると、下の歯が見えなくなる、口先が丸くて幅が広い

クロコダイルの方が獰猛そうに見えそうやなー。そやから、クロコダイルハンターの方がイカしてるぜ!って感じなんやな(実際、ヒトを襲うのはクロコダイルの方らしいし)。アリゲーターハンターっつうぱちもん、おらんのかな?

えっと、それから、住んでるとこも違うハズやねんけど・・・

・・・ま、いっかー!にゃはー♪←誤魔化したな?

↓地図をみるshotsさんと抱っこされてるRieu(左)。
真ん中と右はアメリカ人。shotsさんの方が、ちょこっと前に出とるっつうのを考慮しても、あー・・・やっぱり、ちーさいや、日本人って。
013007.JPG 300×222 71K

■ 2007年01月31日(水)  12月31日その3 ロイヤルパークビジターセンター&その他
ゲートを入って、一番最初にあるビジターセンターがロイヤルパームビジターセンターです。ここにはトイレ、開いてんのか閉まってんのかよくわからんギフトショップ、ジュースの自動販売機、それから大量の椅子があります。「なんとか教室」みたいなのもあって、インストラクターぽいおいちゃんが大勢の人を引き連れてぞろぞろとアリンコ行列を作っていたりもします。

ここもそうですが、幾つかのスポットには、自然を観察するためのボードウォークがあって、そこを歩きながら野生動物や植物を観察できるようになっています。

私「確か、入ってすぐんとこで、ワニがいっぱおるっつうことやってんけどなぁ」
shots「ここ?」
私「さぁ?」

トレイル(散歩道?)をちょこっと歩いてみましたが、いるのは野鳥のみ。しかも、ヒトに慣れきってて、近寄っても逃げもしません。

水かきがあるから、水鳥よな、これ。きっと、あんなウイルスやこんなウイルス、大量に持ってんねんやろうなぁ・・・

あまりに警戒心なさげなので、つかんだろかー!と思ったんですが、変なものに感染するのはイヤなのでやめました。昔は無防備にハトとかつかんで遊んでたんですけどね。無知ってすごいっていうか、おそろしい(笑)

私「おらへんで」

数分歩いただけで、諦め気味な私。だって、暑いねんもん!ほんまに冬なんか、ここ!?みんな半袖やしよぉ。

私「おーらへんでーーーーーぇ」
shots「まだ、向こうに道が続いてるけど・・・行く?」
私「行かん」
shots「じゃ、次んとこ行こうか?」

わっにわにー。わにさんはどこー?

しかし・・・
次々と観察スポットに止まっては、探しぃのってしてるんですが、わにさんの姿が見えません。景色も、森林ぽいところや、サバンナぽい(っていうか、サバンナ?)ところ、ソーグラス(すすき)だらけのところ、マングローブぽい(っていうか、マングローブ?)ところまで、色々。

私「わには?」
shots「いないねぇ」
私「わには???」
shots「さあ?」
私「わーにー!わーにー!」←そんな、わにコールをしても出て来ません!
shots「もう、ここらへんにはいないんじゃなーい?」←すでに、海に近くなっているので。

気付けば、パークロードの終点フラミンゴビジターセンター。ここには、フラミンゴロッジ、レストラン、売店、ガソリンスタンド、キャンプ場等があります。

が・・・
なんじゃ、このサビレ具合は???

と、とりあえず、ビジターセンターの中に入ってみよう。

が・・・
サビレとる。サビレまくりや。サムイ。超サムイ。ムー大陸博物館の方がまだマシ、ってくらいに寂しい雰囲気が漂っています。

shots「・・・」

そら無言になるわいな(笑)

私「・・・折角終点まできたのに。終点がこれ?」
shots「でも、このサビレ具合って、最近サビレましたって感じじゃないって。もう、かなり前からやばかったんじゃないかな?」
Rieu「?」

はあー・・・
終点やから、一等賑わってると思ってたのに(建物はよーさんあるけど)。これやったら、最初のビジターセンターでもっとゆっくりしとくんやった!

私「と、とりあえず、海でも・・・」

そう、そうよ!フロリダの端っこにいるんですもの。なんか、南に行けば行く程海が澄んでて奇麗って聞いたし。うーみーは・・・

私「・・・あが?」

がちょーん・・・一瞬、フリーズ。

私「shotsさん・・・これ海?」
shots「みたいだねぇ」
私「・・・」

なんで黄色?茶色?黄河ですか???
き、きたないー!最後の最後に、これかよっ!!!・・・えぐえぐえぐ。

私「・・・も、もと、戻ろうか?」
shots「そうだねぇ。何もないしねぇ」
私「悲しい・・・」

ビジターセンターの中に、なんでかしらんけどカブトガニの殻が置いてあった(展示、とは到底言えない程の適当な放置っぷりであった)けど、滅多に見れないであろうカブトガニの殻を見ても「けっ!」としか感じさせない、このフラミンゴビジターセンター。もし、もう一度エバーグレーズを訪れることがあったとしても・・・二度とココには来ません。ええ。絶対に。

そして、わにを探すべく、私たちはもと来た道を遡り、最もまとも、かつ、栄えていたロイヤルパームビジターセンターへ戻ることにしました。直行するので、1時間くらいのドライブです。遷移の過程を見るかのような、景色の変化を楽しみながら・・・

Rieu「・・・」
なんか、大人しいなー?
わ、寝とる?

途中下車なしのロングドライブになるので、途中でぴこぴこ泣かれたらどないしょー?と思っていたんですが、なんてお行儀良く寝てるのかしらん!おテテ揃えて寝てるわ。まるで瞑想してるかのよう。全く動きません。でも、いきなりおメメをカッ!と開いて「俺の前世はゴジラだ!」とか言われたら怖いなぁ。。。←言いませんて(苦笑)
013107.JPG 300×257 56K

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  

本館に戻る


---