ねざめゆ

title: ねざめゆ(寝醒夕)

■ 2006年12月01日(金)  やっぱり?
120106.jpg 288×235 59K
Rieu「うえええええええええ」

あ・・・
やっぱり泣いとったんや・・・(苦笑)

わんわんの手と足をつけてただけでは泣いてへんかったから、気に入らへんのはマントか・・・

首が窮屈なんか?
進行方向にマントがあって、はいはいの邪魔なんか?
それともなんや、ええと「おれさまには、もっとかわいいのがにあうのじゃあー」と申しておるのか?

・・・やっぱ、首がぎゅーってしまってるからよねぇー(汗)
半・虐待になってしもーたら困るので。

私「はいはいはいはい。取る取る。取るからちょっと待ちなはれ」

かぼちゃ、てんとうむし、わんわん。
私のお気に入りは、勿論わんわんなんですが(かぼちゃは次点やな)、皆様はいかがでございますか???

shots「てんとうむしの、ちょっと変なのがいいんじゃーん」

■ 2006年12月02日(土)  ひろみちおにいさんらぶ♪←だれが?
120206.jpg 333×203 68K
Rieu「わーい、ひろみちおにいさんだぁ!」

と、言っているかは、いつもの通りナゾである。しかし、

私「わーい、ひろみちおにいさんだー!」
Rieu「?」
私「ナマで見たいなぁ・・・(じゅる)」

まるで、子供をダシにイケメン男優さんを追っかける日本の若ママンのよう。

ひろみちおにいさんって、12年も体操のおにいさんをやってたんですね。こんなに長くしてた人っておったっけか?やっぱり、私だけじゃなく日本中のママンからの支持を受けてたってことやない?

決してイケメンお兄さんではない(よね?)ひろみちおにいさん。なんで好きなんやろう?

イヤミのないところかしら?
あちゃー、こんなの恥ずかしくってやってらんないよってオーラが、ないからかしら?
あのベビーフェイスかしら?
やっぱり、笑顔かしら?

そして、知ったひろみちおにいさんの年齢・・・
shotsさんと同じやんけーーーーーー!

あがーん・・・(呆然)

同じ・・・同じ・・・shotsさんと同じ・・・(おいおい、なにをそんなにショック受けとんねん?)

■ 2006年12月03日(日)  かじかじ
歯が生えてきたRieu。(いや、結構前から生えとるけど)
なんでもかんでも、そこらへんにあるものをかじりまくりです。

段ボールをかじかじ。
コンセントをかじかじ。
けーたい。
テレビのリモコン。
財布。
皿。
スプーン。
ザル。
フライパン。
お玉。
本。
かじかじかじかじ・・・

Rieuが通ったあとに落ちているモノを拾うと、よだれでべっとり・・・
いやん。なめくじの粘液のようだ・・・

私「そんなんかじらんと、これ(=歯固め)にしときいや?」

と、数種の歯固めを渡すのですが、見向きもしません。本来の役割を果たせない歯固めは、床にぽいぽいとほったらかしにされたまま。

台所製品は結構すぐに飽きてしまったようで(かたすぎるから?)、お気に入りランキング上位を占めるのは、やはりけーたいとテレビのリモコン。ボタンがいっぱいあるからでしょうか?そして、壊れつつあるけーたい・・・すでに画面は映らなくなりました。リモコンも時間の問題であろうと思われます。

それから、本。おかげでshotsさんの本はよだれでべろべろして、よれよれです。

んでもって、ベッドルームにいる時は、ベビーベッドの柵。時には、けーたいを放り投げてでもかじかじします。

が、

私「Rieu!あかんてー!これは借りもんやねんから!!!」
Rieu「?(かじかじかじかじ)」
私「あっかっん、つーてるやろ!」
と、引きはがすと
Rieu「うえええええええ」
と、嘘泣き。

んじゃあ、これでどうや?!
と、ベッドの柵にぬいぐるみやタオルを巻き付けてみました。

Rieu「・・・?(かじ?)なんか、ちがうー」
別の場所へ移動。
Rieu「これもちがうー」
別の場所へ。
Rieu「また、ちがうー(ムッ)」

ふふふ。作戦勝ちってやつぅー?(どこがどう作戦なんだか?)

でも、気付けばタオルをむしり取ってかじかじしてたりするRieu。

Rieu「ばかめ。おれさまをだませるとでもおおもいか。ふふふ」

って、せめてニヤリとでもしながらかじかじすればいいものを・・・
そんな眉間にしわ寄せてまで、かじって楽しいもんか?と思う私でありました。
120306.jpg 333×250 61K

■ 2006年12月04日(月)  なんじゃこらー!(松田優作風)
120406.jpg 246×292 57Kアメリカでは、歯が生え始めるベイベーに『とあるモノ』を与えるそうです。

歯が生え始める時って、なんかむずむずして、時には痛がったり熱が出たりして、ご機嫌斜めになったりするそうで。そういや、Rieuも熱っぽかったような気がします。

で、その『とあるモノ』ってのが、むずむず感とか痛いような気がする感を抑えてくれるそうです。

Rieuはもう歯生えてるけど、渡してみよーっと。

Rieu「なんじゃこら?」

ぽい。

最初はぽて、っと捨てられましたが、もいっかいどうじゃー?と数回渡していると・・・

私「は!かんどるかんどる!」
shots「ほんとだー」
私「よぉこんなもんかじるなぁ。苦いのに・・・」
shots「それがいいんじゃん」
私「うわ、食っとる・・・」
shots「すごいなーRieu。makirinママンもキライとか言わんと、おれを見習えちゅー感じやなぁ!」
私「食卓に出たことなかってんから、しゃーないがな」

『とあるモノ』ってのは私の嫌いな食べ物『セロリ』でした。

しかし、なんでこんなもんをかじらせるんやか・・・
そして、なんでこんなもんをかじるんやか・・・
苦ないんかなー?香りもきっついと思うんやけどなー?
ま、でも、これで何でも食べる子になってくれるんなら、セロリでも人参でもピーマンでも(全部、私の食べず嫌いなモノである)なんでも渡したるでーっ?!

shots「それにはまずmakirinママンが食べないとねー」
私「食べる必要ないしー」
shots「ほら、Rieuがおっきくなって『はい、まま、あげるー♪』って言ったら食べないといけないんだよ」
私「そんときは『しょーちゃんにあげて♪』って言うから(笑)」

その前に、食卓に並べねばならんのだった・・・

■ 2006年12月05日(火)  なんじゃこら?(今日は疑問符付きで)でも、うまいかも?
120506.jpg 268×265 59K
Rieu「(かじかじかじかじ)」
私「いつのまにっ?!」

私「あああああああ、なにかじってんのかと思たら・・・」

そう。後輩Yama-kunが大量に送ってくれた『うまい棒明太子味』
大事に大事に、しあわせをかみしめつつ食していたうまい棒。それを、食糧用段ボールの中からRieuが取り出してきたようです。

Rieu「なんだろう、このかみごこちぃー♪」

かじかじかじ。
ぽりぱきもしゃもしゃもしゃさくさくさくさく・・・

私「あああー。うまい棒ぺったんこやがな」

Rieuが飽きた頃(かみごたえがなくなった頃)、こそこそとうまい棒を食らおうと思っていた私ですが、

私「ああああああああー、うまい棒がコナコナになっとるうううう(泣)」

自然状態でちくわ状のうまい棒。もともと重量感溢れるお菓子ではないつーのはわかってたけど、コナコナにしたらもんすごい量が減って感じる。しくしく。

また、別の日。

私「まった、うまい棒かじってるわー」
Rieu「(かじかじかじかじ)・・・なんじゃこら?(もっと、かじかじかじ)」

後でコナコナになったうまい棒を食べるかぁ、とRieuをほったらかしにしていた私。なんや、今日はうまい棒にえらい執着しとるなぁ?

Rieu「なんじゃこら♪(じゅるじゅるかじかじ)」

はて?
じゅる、とな???

私「あああああああ!あんたっ、いつのまにっ!!!」
Rieu「?(じゅる?)」
私「あなあいてるがなー!!!」

Rieuの執拗なるかじかじ攻撃に、うまい棒の守りが破られたようです。

あなが開いていたのは一カ所だけでしたが、味をしめたRieuは、そのあなを求めてじゅるじゅる吸い付いていたもよう。

私「あんた・・・1歳にもなってへんのにうまい棒食うたらあかんがなー」

いや、ほっといた私が悪い!?(笑)

■ 2006年12月06日(水)  またしてもブタのもと
120606.jpg 268×247 51K
らん、らーらららんらんらん♪

『バニラキャラメルブラウニー』

名前からして、超甘そう・・・
だって、バニラとキャラメルとブラウニーやで???
そして、簡単に味の予想もできちゃいそう・・・

アメリカ人の好きなもんをなんでも混ぜてしまえ感が漂っているような気もしますが、こうやってそれにつられてご購入しちまう人がいるんですからねぇ・・・(しかし、アメリカ人てほんまにキャラメルとかブラウニー好きやのぅ)

試食。
私「ああっまああああ」

毎度毎度同じコメントで申し訳ありません。
でも、甘いからしゃーない。

第一声が「あっまーい」って、それってどうなんやろか?とちょっと思ってみたりもしますが、アメリカお菓子業界にちゃちゃをいれるような疑問は押し込みまして・・・

私「・・・あまい」

第二声も「あまい」でした。
うーん、どんなけ買い続ければ「おいしい〜!」と叫ばせるようなアイスに出会えるのだろうか?←私の選択が悪いのか?

そして、このアイスは前回以上に失敗でした。
いや、失敗ちゅーか、うちの嫌いな(ほんま、好き嫌いが多いなぁ)ナッツ臭がする。ちょっと味もする。でも、原材料のとこにナッツのナの字もないんだな。これは、ピーナッツのような気がするのだが。

ま、アメリカ製品やし。原材料を素直に全部書いてるわけ、ないよねー。あんなものやこんなものが入って、るよねー。はいはい、気にしない気にしない。

かなり、アメリカに順応したようだ。体型もそうならないことを祈るナリ。

■ 2006年12月07日(木)  泣き声の違い
Rieu「うえええええええええ」
私「はいはいはい。なになに?」

相変わらず続く夜泣き。

shots「マンマだってさ」

はいはいはいはい。作ります作ります。作らせていただきますがな。

すぽ。
Rieu「ちゅーうちゅーうちゅーう」

ふう・・・
今日はハラ減り泣きやったんかいな。

ハラ減り泣きの時は楽なんですが(ミルクあげたら泣き止んで寝るから)、本格的な夜泣きの時はミルクもぱしーん!と払いのけるわ、何しても泣き止めへんわ、大変です。

shots「ミルクが欲しい時の泣き方と、夜泣きの時の泣き方って、ちょっと違うんだよねー」
私「えー、そうなん?」

私にはわかりません。Rieuの身振り手振りでどっちかなー?って判断するか、もしくは考えてもないかも、そんなこと。最終的にミルク飲んだら、ああ、ミルク欲しかってんや?って感じ。

shots「なんとなく違う気がするんだよねぇ」
私「どういうふうに?」
shots「なんとなく」

・・・。
でも、優れた観察力を持っているshotsさんですから、もしかしたらその「なんとなく」ってのが当たりなんかもしれんねぇ。

んじゃあ、私もちょっくら観察してみっかねぇー。

Rieu「うええええええええええ」

・・・やっぱり、わからんわ。
断念すんの早すぎ?(笑)
でも、わからんもんはわからんし、最後にはどっちかわかるからええやん?って、夜泣きん時もミルク飲まずに寝ることってない気がする・・・

結局、ミルク作りに走るんやから・・・考える必要なし!

■ 2006年12月08日(金)  shots遺伝子
120806.jpg 222×317 75Kshotsさんはうつぶせで寝ます。

私「苦しないのん?」
shots「全然」
私「なんでうつぶせなん?」
shots「うつぶせで寝てみ、って」
私「無理無理。苦しいもん」
shots「ああ、女の子は胸があるからなぁ」

え?そーゆうことじゃ・・・ない気がしないでもないが。

私「そうそう、ぶちゅーってつぶされてな痛いねんで」
と、言っておこう。

Rieuはうつぶせで寝ます。かなり早い時期からうつぶせだったので、突然死とかすんなよー?とよく呼吸をチェックしたりもしていました。見た目はつぶれたカエルのようやし。

私「これはshotsさんの遺伝かな・・・」

■ 2006年12月09日(土)  makirin遺伝子
120906.jpg 268×235 50K私は仰向けか横向けで寝ます。

1人で寝ている時は、大の字が多かったです。今は横向いて、足もくるんと曲げて寝るのが普通になっていますが(妊娠中は仰向けでなんて眠れませんでしたし)。

shots「なんで両手あげて寝てんの?」
私「えええ?そんなん知らんやん。自然に?」
shots「疲れない?」
私「べつにー?楽ちんやで」
shots「ええええええー(意義アリって感じ)」

時々、Rieuは寝入りばなだけですけど、大の字になって寝ています。しばらくしたらごろんとうつぶせになるんですが。

私「ここはわしの遺伝子発動か・・・」

■ 2006年12月10日(日)  ジョージ系
121006.jpg 1327×1524 768Kなんか気になるこの髪型・・・

Dr.Sの奥様「なんか、リーゼントはいってますねぇー。セットか何かしてはります?」

いえ、ものすごく自然体なんですけど・・・(苦笑)

つむじが2つあるRieu。思いっきりshots遺伝子継いでおります。ものすごくセットしにくい髪型です。

私「かわいそうに・・・」
shots「なんでぇ?」
私「思春期になったら、大変やで。こんなセットしにくい髪型・・・」
shots「それはしゃーない」

まぁ、つむじが2つあると
「頭がいい」とか「アクティブだ」とか「成功する(何によ?)」とか、言われているので(でもshotsさんはアクティブか?成功したか?)、良しとしよう。

ああ、でも、どうしても『高橋ジョージ』を思い出してしまうママンであった(所ジョージよりマシ?)。

■ 2006年12月11日(月)  アメリカにいたのに・・・
私「なーなー、全然どっこも行ってないでー」

アメリカにいる先輩たちは、休みになると家族サービスということで旅に出るらしい。大抵、奥様が専業主婦なので仕方ない、んだそうだ。でも、仕方ないって言いつつも、自分も楽しんでんねんからええやん?って思うのは私の根性が曲がっているからかしら?

うちんところは、というと・・・
最初っから2人で働いてて、土日も学校行ったりなんかしてて、Rieuが宿ってからはそうそう遠くへ出歩くこともできず、生まれてからなんて2交代制で育児をしてるもんやから、土日くらいまったり仕事して休ましてくれ状態で。

先輩「アメリカに来たんだから、仕事なんか適当にしてアメリカを満喫しようよ!」

などというかるーい言葉を(結果も出せてない育児もしたことのないお方から)頂戴すると、思わずおめめがほそーくなって、こいつにはしばらくメール返信せんとこかな?とか思ってしまう私は、やっぱり心が狭いのかしら???

でも、流石にもうすぐフロリダを去るとなって・・・

私「キーウエストもタンパも行ってないでぇ」
shots「行ってないねぇ」
私「おもいっきり、Dr.S夫妻に負けてるで!」
shots「負けてるねぇ」
私「行かな!」
shots「行かなきゃねぇ」
私「どこへ?」
shots「どこへ?」
私「さぁ?」

一応、どっか行っとかんと損?みたいな感情が湧き上がってきたらしい(笑)

shots「どこ行くの?」
私「Rieuが行って楽しいかもしれんところ・・・」
shots「・・・」
私「やっぱり、ネズミの国?」
shots「かなぁ?」

と、いうことで!!!
土日でネズミの国へ行くことになりました。いざ、ゆかん!

■ 2006年12月12日(火)  初旅 with Rieuたん
さてさて、フロリダ最後の旅。Rieuにとっては、最初で最後の旅。
旅ってゆうたかて、車で4時間程のオーランドへ行くだけ。アメリカの規模からしたら、散歩程度(ってのは言い過ぎ?)。

しかし、旅の準備は大変です。
Rieuのベビーフード持ってぇー。それから、ミルク、哺乳瓶、哺乳瓶洗うやつ、ベビーフード、おやつ、溶かすジュース、薬、おむつ、それからええっとええっと・・・

それに着替えを入れたら大荷物。
おかしいなぁ、うちとshotsさんの荷物はちーさいビニール袋1枚で事足りんのに(それもどうかと思うが)。Rieuのもんを詰め込んだら、旅行カバンはパンパンでした。

ま、よいよい。移動は車やし。

昼ご飯用意してレッツゴーですわー!

ぶーん。

私「今日はどっからいくん?」
shots「んなの、ターンパイク(有料高速道路)使うに決まってんじゃん。安いし。時間がもったいない」←一等最初にオーランドに行った時は、途中まで下道で行った。ら、時間がかかった。

ターンパイクには所々にサービスエリアみたいなもんがあります。Rieuのおむつチェンジやら、カラダ伸ばしのために数回とまりました。これ(下の画像)はフォートピアースかどっかかな?なんか、オーランドに行く時毎回とまってる気がする。今回は違うトコで休憩しよーって言いながらとまったら、また同じトコやったりして。

そして、季節が変わろうとも、いつもいつも売っているオレンジとグレープフルーツ。パラソルの下に山積みになっています。確かに、お買い得な値段かもしれん。でも、きっと甘くないに違いない。でもでも、結構みんなダマされて買ってたりするのである。
121206.jpg 311×243 56K

■ 2006年12月13日(水)  ネズミの国に到着!
121306.jpg 222×305 58K
私「ついたでぇ〜!」
Rieu「・・・(むすぅ)」

相変わらずカーシートに座るのが嫌いなRieu。むっつりしてます。でも、まぁ、高速を使ったので車がそう頻繁に止まることもなく、比較的大人しく乗っていてくれましたが。

到着したのはもうすぐお昼になろうかという頃。車の中が暑かったので、外に出てびっくり。風が冷たい・・・

うちらの住んでいるところでは、12月になろうが1月になろうが、セーターとかマフラーなんて必要なし。でも、オーランドは結構寒くなるそうです。夜は、コート、セーター、マフラー、帽子がいるとな(毎年クリスマスにオーランドに来るという妹が言っていました)。

あー、でも、こういう冷たい風好きかも〜。久しく当たってないもん(1年半前のボストン以来)。

私「すずしー」
shots「寒いよっ!」
私「はぁ?寒ないがな。どこが寒いのん」←多分、それは私がshotsさんとは比べもんにならんくらいの脂肪を貯えているからであろう。
shots「日陰は寒いよ」
私「まぁ、暑くはないわな」
shots「寒いってば!」

突風ぴゅる〜〜〜。
shots「ほらっ!!!」

shotsさんのように「クリスマスには雪がないとダメ!」とまでは思いませんが、半袖で汗たらたら流しながらクリスマスツリー見てんのって、なーんかなぁ・・・って思うんで、寒いのはええねんけど。

私「Rieu、足、でまくりやな・・・」
shots「寒いかもねぇ・・・」
私「こんなに風が冷たいとは思ってへんかったから、おくるみも薄いのんしか持ってきてへんわぁ。大丈夫かな?」
shots「夜は寒いかもね」
私「うーん。そうやなぁ。コートとかいるって言うてたしなぁ」
shots「まぁ、早く帰ればいいか」
私「にょ?・・・そ、そうやけど」

あ・・・
やっぱり、花火は観れないのね・・・しくしく。

■ 2006年12月14日(木)  ネズミの国に到着したけど?
私「shotsさん、何に乗りたいん?」
shots「えー?なんか、ふわーっとしたのに乗って、空飛んでる景色のやつ。ほら、景色がいろいろ変わるやつ」
私「エプコットの?」
shots「そうそう。ものすごい待ち時間の長かったやつ」
私「ソアリンかー?」

ソアリンとは、ハングライダー型のシートに乗って、カリフォルニアの空の旅を体験できるライドのこと。もんすごい人気があるようで、確かに昼過ぎに行ったらすでにファストパスが終了していたような記憶が・・・

私「で、どうやって乗るん?」
shots「交互にじゃない?」
私「やっぱりいー?」

Rieuも乗れたらええのに・・・
流石に、Rieuをハラに隠して乗ったりは・・・できへんもんなぁ。

shots「で、makirinは何に乗りたいの?すごいスピードでぶーんって行くやつ?エレベーターみたいなのが、ふわぁって落ちるやつ?ジェットコースター?」
私「いや、テストトラックも、タワーオブテラーも、ロックンローラーコースターも乗りたいけどぉ」(つーか、shotsさん、名前覚えとこうや?)
shots「乗ればいいじゃん」
私「1人ではイヤ」
shots「なんでぇええええ」
私「絶対つまらんて」
shots「乗ってみなきゃわかんないじゃん!」
私「いーや」
shots「えええええええええええ!来た意味ないじゃん」
私「shotsさんが乗りたいて思うもんなんて、滅多にないねんから。ソアリン行ったらええがな」
shots「ええええええええ。makirinの乗りたいのもー!」
私「まぁまぁ。とりあえず、ソアリン行こ」

叫ぶshotsさんをなだめて、エプコットに参りました。

ランド館。
おおお、やっぱりすごい列。3時間待ち。ファストパスも1時間半後。つーか、なんでみんなファストパスを使わんと?なんで3時間も待つのか、それがうちにはよくわからん。

とりあえず、ファストパス取って・・・メシでも食っとくかぁ。丁度Rieuのご飯タイムやし。うちらも、持参のおにぎり(貧乏クサイ・・・)を食ってしまわねば。

shots「makirin、、、多い(げぷ)」

特大おにぎり5つは多かった・・・
そら、コメ3合分やからな。多いわな。でも、食べてね。くさっちゃうからね。うふ♪

■ 2006年12月15日(金)  ソアリン乗ったけど?
1時間半後。
私「そろそろ行くかー?」

と、交互に乗って参りました。

しかしまぁ、乗ってる相手を待ってる間のヒマなことヒマなこと(笑)
Rieuもヒマだったでしょう。まだ歩けるわけでもないんで、抱っこされてるだけやし。朝からのドライブと突然の人ごみに疲れていたようで、途中から眠ってしまっていましたが。

私「どうやった?」
shots「え?良かったけど?」
私「よかったよかった」
shots「じゃ、次はmakirinの乗りたいのを・・・」
私「いいいいいいいいいいい、いーや」
shots「なんでええ?(泣)」
私「ソアリンもな、前めっちゃ面白かったから乗れてよかったけどな。今日はそんな楽しなかったねん。やっぱり、1人で乗ってもつまらんねん。shotsさん、どうやった?めっちゃ感動した?」
shots「それなりには面白かったけど・・・」
私「今回な、うち、めっちゃ冷静にみとったもん。あ、ここでこのニオイかぁとか、ああ、最後はディズニーランドに着くんやぁとか。もーんすごい冷静でな、楽しいちゅーのとちょっと違うねん。確かに面白かったけどな」
shots「まぁ、俺もすごい冷静に、どうやってこのGを出してるんだろう?とか考えてたけど・・・2回目だからじゃない?」
私「そうかなぁ?2回目でも、2人で乗ってたら、わいわい言うてたと思うで?」
shots「確かに・・・」

私の友人の旦那様はものすごい絶叫系が好きで、奥様を放ったらかしにして絶叫系ライドに乗りまくるそうです。
奥様「そんなん乗って、面白い?」
旦那様「面白ーい!もっと乗りたいなぁ、何回でも乗りたいなぁ」
と。

私も絶叫系ライド好き好きですが、どうもその旦那様とは違うようで。私の場合、shotsさんと一緒に乗るのがいいのであって(でも、shotsさんは酔ってまうからあかんねんけど。それに高所恐怖症やし)、もしくは友人と一緒に乗るのがいいのであって・・・つまりは、そのライドがいいのではなくて、そのライドに一緒に乗るという体験の共有がいいようなのです。

私「だーかーら、一緒に乗られへんねんやったら乗らん」
shots「えぇ・・・」

Rieuがおっきくなって、一緒に乗れるようになったら、3人で乗りましょ。

■ 2006年12月16日(土)  次はどこへ?
121606.jpg 243×324 61K
shots「次、どうするの?」
私「マジックキングダム行こか?」
shots「何それ?」
私「東京ディズニーランドと同じちゃ同じようなとこやな。Rieuが乗れそうなもんって、そこくらいにしかないかなーと思って」
shots「お城のあるとこ?」
私「そうそう」
shots「何で行くの?」
私「こっからやとモノレール乗って、、、それからボートに乗るらしい」
shots「ええ?モノレール時間かかるから、車で行こうよ。前、大変だったじゃん」
私「まぁな。でも、一回出て、マジックキングダムの駐車場に入れんのかな?」
shots「大丈夫でしょ」

エプコットの駐車場から一旦出て、マジックキングダムの駐車場へ車で移動です。マジックキングダムの駐車場のゲート前では、もう一回お金払えって言われたらどうしよう?と、もんすごいどきどきしてたんですが、大丈夫でした。

しかし、テーマパークを移動すんのって大変・・・
デカイよなぁ。流石、土地余りまくってるアメリカって感じやなぁ。

フェリーボートに乗って、到着しましたマジックキングダム。

私「げ・・・人、おおっ!」
shots「多いねぇ」
私「エプコットも混んでたと思ったけど、あれは空いとったほうやねんやぁ・・・」

お子様連れが多いのなんのって!
やっぱり、お子様に一番人気なんはココなんかなぁ。

■ 2006年12月17日(日)  パレードなんですけど?
さてさて。
マジックキングダムに着いて、一等最初に何をするか?!

私「Rieuのダイパー(=おむつ)変えな。ベビーセンター行くで、ベビーセンター!」

人がわさわさおるわ、ベビーセンターはひっそり建ってるわで、探すのも一苦労でしたが、なんとか到着。泣き叫ぶRieu(初めての場所は怖い?)のダイパーを変え、よろよろと外に出た時には・・・

私「な、な、な、なんでこんなに人が多いねんっ!」

明らかに増加している人の波。きっと、上から見たらうろうろする大量のアリンコ状態でおもろいやろな〜と思いつつ、人の少ない所かつベンチのある所を探し求めててくてくてく。ちょっときゅうけぇー。

私「めっちゃ多いやんか・・・」
shots「多いねぇ」
私「あ、、、もーすぐパレードなんちゃう?」
shots「そうなの?」
私「多分・・・」
shots「見んの?」
私「見てもええけど・・・Rieuにミッキーとかドナルドとか、刷り込んでないからさぁ?Rieuは『興味無し』やと思うでぇ?」
shots「(笑)」
私「でっかいネズミが踊っとる、みたいな」
shots「ネズミもわかんないんじゃない?なんか踊ってるみたいな」
私「得体の知れんイキモノがな・・・」

ディズニーキャラクターを全く知らない子供に取って、果たして『ミッキーさんパレード』は面白いのだろうか?ディズニーを楽しむには、前もっての刷り込みが必要なのではあるまいか?

「ほーら、ぷーさんかわいいねぇ」
「ミッキーさん、ミニーさんかわいいねぇ」
「あのあひるさんはドナルドっていうのよぉ」
そして、こうやって刷り込むには、ディズニーテレビや絵本、あるいはディズニーキャラクターのついた食器や服、そういったものが必要となってくる。

我が家にはない。そんなもんいっこもない。

よって、例えばRieuがこのままの環境で過ごしていったなら?

shots「ミッキーマウスの何がいいの?単なるでっかいネズミじゃん」

という子供、大人に育つのである(実例が近くにいるのでわかりやすいな)。

私「Rieu、もうすぐパレード始まるでぇ。でっかいネズミさんが踊り狂ってるからなぁ?・・・って」
shots「寝た・・・」

パレード直前で寝ました。
えっと、、、(絶句)
121706.jpg 321×241 66K

■ 2006年12月18日(月)  実際、大人2人もパレードはどうでもよかったらしい
shots「どうすんの?」
私「・・・ちょっとだけでも見て行く?音楽聞こえて来たら起きるかもしらんし」

とーくから聞こえて来るパレードの音楽。

私「まだ?」
shots「まだまだ。とーいよ」
私「・・・どこ?」
shots「え?すんごいあっちーの方」

私たちがいたのはシンデレラ城の丁度真ん前。まだパレードの先端すら見えず。寝ているRieuを抱っこしながら、ぼーーーーーっ。

shots「あ、見えてきた」
私「どこどこ?」
shots「あ、なんかが踊ってる」
私「あ、ミッキーやがな・・・」
shots「へぇー」

やっと見えて来た先端。やはり、先端はミッキーか。

ミッキー「ほにゃらら、ほにゃにゃーわああああ!」
私「なんかいうとる・・・」

お手てフリフリ、投げキッスミッキー。

私「そんなに踊り狂ってないなぁ(つまらん・・・)」
shots「!!!(笑)」
私「どーしたん?」
shots「ほうきみたいなのがいっぱい踊り狂ってる」
私「それは魔法のホウキくんや」
shots「わっはっはー。ミッキーより、ほうきがいい。いっぱいいるよ、いっぱい!」

変なとこがツボにはまったようだ・・・

shots「はぁ」

落ち着いたらしい。

私「じゃ、ホウキも行ってもーたし、行こか?」
shots「見なくていいの?」
私「ああ、べつに。ミッキーもミニーもべつに興味ないし。何がいいかなぁ。ドナルドは好きやけど、声がなぁ。ぷーさんもかわいいとはあんまり思ったことないしなぁ」
shots「なーんだ。好き好きなのかと思った」
私「いやぁ?でも、Rieuには刷り込むで(笑)」

■ 2006年12月19日(火)  イッツ・ア・スモール・ワールド
121906.jpg 311×233 65K
shots「どうすんの?」
私「どうしよか?なんか乗るんやったらパレードやってる今の間が空いてるハズやねんけどなぁ。Rieu寝てるしなぁ・・・」

私たち2人は、寝ているRieuとともにファンタジーランドのベンチに座ってまったりしていました。

shots「なんか乗ってくれば?」
私「だから、1人ではいややて言うてるやろー」
shots「だって、Riue寝てるし」
私「ちょっとそこらへん探索してこーか?」

Rieuが乗れそうな身長制限のないもんで、空いてるやつ空いてるやつ・・・

驚いたのは、ピーターパンとか白雪姫とかのアトラクションも待ち時間1時間とか2時間とかなこと。東京ディズニーランドでしか体験したことないですが、そんな1時間も待って乗るようなアトラクションやったかなぁ???同じ待つんなら、イッツアスモールワールドの方がええなぁ。

結局、どっこも空いてません。パレードが終わったらもっと混むかなぁ?
Rieuが寝てても、うちらが楽しめるやつ・・・

私「いっつあすもーるわーるど行こ。すもーるわーるど」
shots「なにそれ?」
私「えー?知らんのん?」
shots「知らない」
私「えっとな、人形が動いてんねん。ちゃららぁらーらぁ。ちゃららーらぁら♪(←冒頭部分)って知ってるやろー?有名やしー」
shots「知らない」
私「せーかいはひーとつぅ♪(←サビ部分)って歌ってるやつやがな」
shots「知らないもん」
私「ま、ええわ。知らんねんやったら行こ。うちも乗りたいし」
shots「Rieuは?」
私「待ち時間1時間とかやったから、寝てる間に並んどこ」
shots「それって、どんなのなの?」
私「え?東京のんとおんなじやったら、水の上をフロートでぷーんって行くんやと思うけど?(どんな説明やねん)」
shots「Rieu、大丈夫なの?泣いたりしたら?」
私「大丈夫やろ?怖くないし。泣いたら・・・まぁ、すぐに立ち去るちゅーことはできへんけど」

あと10数分というところで、Rieuが起きてくれました。でも、ボートに乗り込んだ時はまだ、ぼーっとしてたようです。

『世界の子供たちが各々の国の衣装で各々の国の言葉で平和を願って歌って踊っている』アトラクション、と説明したらわかりやすいのでしょうか?東京にあるのと同じです。ただ、こちらはアメリカにありますので、アメリカがクローズアップされているハズですが。

私は昔からこれが好きでした。絶叫とはほど遠いほんわかメルヘンチックなアトラクションですが、いろんな衣装の人形が各々の国を大袈裟に表現した建物や風景の中で踊っているのを眺めるのがとっても好きで、ボートが進むスピードはかなりゆっくりなんですが、あと3倍くらい遅くならへんかなーといつも思っていたものでした。

さて、それがRieu(とshotsさん)にわかるかどうか・・・

Rieu「@@@@@」
shots「ほーら、お人形が踊ってるで」
Rieu「$$$$$」

私はそんな2人をデジカメにおさめながら、でもでもしっかり人形も見つめつつ、『日本』コーナーを探していました。

私「日本ないなぁ」
shots「え?」
私「ほら、ここはエジプトやろ?国が違ってたやろ?イタリアとかアメリカとか」
shots「え?」
私「わからんかったんかいなー!?」
shots「ああ、そういわれてみれば、国旗があるねぇ」
私「で、自分の国の言葉で歌ってんねんで」
shots「へええええ」

わかってなかったんや・・・

私「だからな、日本があるはずやねん、どっかに」
shots「へええええ」
私「まだやと思うねんけど」
shots「ふーん」

どこや?

私「あ!あった!!!」
shots「どれ?」
私「あれあれ!・・・韓国と混じってる?(がびーん)」

アジアをひっくるめているのか?
でも、あれは明らかに『日本』と『韓国』。着物とチマチョゴリ。ひとまとめにされてしまうのね。でも、顔は一緒。おかしいなぁ、おめめが細くないか?そんなに細いか?!

shots「アメリカ人から見たら、アジア人なんてみんな一緒だよ」

そうよね(泣)
だって、中国人か?え、ちがうの?じゃあフィリピン?とか聞かれたしな。shotsさんにいたっては、中国人から中国のどこから来たの?と聞かれてたもんな。

私「人形の写真撮んの忘れたっ!!!」

■ 2006年12月20日(水)  乗り物より食い気
泣くことなくイッツアスモールワールド体験を終えたRieu(でも、きっと、感動もなかったハズ)。寝起き頭も、ようやく回転し始めた様子です。

私「次は・・・カルーセルくらい乗っとく?」
shots「何?」
私「メリーゴーランド?つーのか?」

またまた、これも並びました。なんでメリーゴーランドに30分も・・・私の中ではあり得へん状況なのですが、Rieuの為Rieuの為。子供の為なら、親って何でもできるのだよ、多分(笑)。

無理矢理おうまさんに乗っけられたRieuは、おうまさんを串刺しにしている棒(上下するやつね)に興味を抱きますが・・・あとは興味無し状態。上下に動こうが、くるくる回ろうが、無表情でした。くすん(泣)。

私「つ、つぎは・・・ダンボ!」

なんでダンボごときに1時間も待たんといかんのじゃああああ!みんな、おかしいでっ!と思いつつ、並ぶ私。Rieuの為Rieuの為。ぶつぶつぶつ・・・

無理矢理ダンボさんに乗っけられたRieuは、やはり興味無し状態。上下に動こうが、くるくる回ろうが、無表情でした。えぐえぐ(大泣)。

大量の待ち時間を消費したので、もう夕方。

私「さて・・・ご飯か・・・」
shots「どうすんの?」
私「って、食うがな。さっき、探しにいっとってんけど、Rieuのベビーフードを広げてもよさげなとこがな・・・」

アトラクション探索と言いつつ、しっかり食べ物やさんもチェックしている私。だって、昼は貧乏おにぎりやったしな。夜くらいココで食べようや?(実際、過去にディズニーランドに来た時も、まともにレストランに入ったことがないのであった)

とは言うものの、Rieuがおるからちゃんとしたまともなトコには入れないんですけどね(笑)。それでもええ〜〜〜(目、血走りまくり)

入ったのが『コロンビア・ハーバー・・ハウス』(と、思う)
カウンターサービスのお店がね、ファンタジーランド近くになかったんです、ココしか。でも、入って正解でした。時間が早かったので、空いてたし。何より、おいしかったんやもーん!

クラムチャウダーとフィッシュ&チップスを前に、Rieu用にはベビーフードを用意して

私「いただきまー!」
shots「(もぐ)」
私「うまい?」←うちが聞かないと、shotsさんは自分からは決して感想を言わないのである。
shots「あ、うん。おいしいよ」

私はRieuと格闘中。shotsさんが半分たいらげたら交代。

私「うまーい。味濃いけど(笑)」

Rieuにあげたいが、この味の濃さはどうしたもんか・・・

私「魚の中身、食う?」
Rieu「?」
私「あーん」
Rieu「(あーん?)」
私「お、食った!」
shots「えらいねー!えらいねー!」

皿に手を伸ばすRieu。

私「おいおいおいおい」
shots「もっと、って」
私「(笑)味濃いから好きなんや!?はいはい。あーん」
Rieu「(もぐもぐ)」

皿ごと奪おうとするRieu。

shots「自分で食う、って」
私「わああああああかったっちゅーに!あげるから待っとき」
Rieu「んんんん!」

でも、最後はミルクなのね。
122006.jpg 246×278 61K

■ 2006年12月21日(木)  お疲れさまんさ
夕食を済ませた私たちは、早寝早起きさんのRieuのためにディズニーランドを去ることに。ほんまは花火を見せたかったんやけど、花火を見てしまうとRieuが疲れすぎてしまうであろうことと、駐車場から出るのにすごく時間がかかることを理由に却下されました。

私「で、ホテルってどこにあんの?」
shots「わからん」

ひょえええええ?

shots「大丈夫、今回はメガネがあるから」←前回は、メガネがなくてshotsさんはビビりながら運転して、ちょっぴり迷子になった。

しかし、すんなり見つかるわけもなく(笑)。
超適当すぎる案内地図が悪いような気もしないでもないが。

結局、ちゃんと着きましたけどね。ホテルに着いたら着いたで、フロントが混み混みでshotsさんはへとへとでした。Rieuもいささか疲れ気味(ホテルのフロント前のソファーにて)。目がすわってますな。

お2人とも、お疲れさまでした。

(Tom-chan、In-chanへ。Rieuの着てる服、お祝いにくれたやつです。ココに持って来たベビーフードも、服と一緒にくれた日本産のレトルトです。スプーンはKaw-chanがくれたものです。今日に限らず、活用させていただいてます。こんな遠くまで、送料もばかにならんのに、いっぱい送ってくれてありがとう。この御恩は忘れませぬ。いつか、何らかの形でお返しできたらいいな、と思っています。ありがとう!)
122106.jpg 311×233 56K

■ 2006年12月22日(金)  おてもやーん♪
122206.jpg 268×250 54K
日本は冬である。確かに、ココフロリダでも涼しい風が吹いておった。夜なんか寒いくらいであった。

しかし・・・
なんじゃこのRieuのほっぺたはっ!
まっかっか、ちびちびおてもやんやないかっ!!!

実は、これでも日焼け止め(これまたKaw-chanにいただいた日本産ベイベー用のものであるのだが)を塗りたくったのである。なのに、効果なし?!なんで、こんなに真っ赤になっとんねん!?いや、塗ってなかったら、もっとすごいことになってたかもしれんが・・・

私「痛そ・・・」
shots「大丈夫だって。女の子ならともかく。そうやって焼けて皮膚が強くなってくんだから」
私「えええー。でも・・・」

今まで昼間散歩もしたことのないベイベーに、いきなりアメリカフロリダの真昼の日差しはいかんやろ!!!

shots「だいじょーぶだいじょーぶ。ねー。おてもやーん♪」

■ 2006年12月23日(土)  やっぱり親子?
私「な、な、な、なんじゃあ、この写真は?!」
shots「あ、それ?2人して同じ格好して寝てたから、撮っといたねん」

オーランドから帰って来るなり、私とRieuは2人してベッドにころがりこんでしまったのであった(正しくは、Rieuを寝かしつけたまま私も寝てしまったのである)。

恥ずかしい・・・
申し合わせたように同じ格好・・・
でも、ちょっと嬉しいかも(笑)
122306.jpg 300×253 62K

■ 2006年12月24日(日)  めりくり
122406.jpg 222×317 52Kめりーくりすまーす!

ケーキもプレゼントもないですが(用意しろ?)、めりくりです。
Rieuたん、初めてのくりすます。
と、いうことでお帽子かぶせてみました。

早く、サンタさんにお願いできるようになるんやでー。

もし0歳児1歳児がサンタ制度を理解してたら、何をおねだりするんやろ?
高級なウマウマミルク?ふかふかベビーベッド?美味なベビーフード?それとも、ずうぅっと抱っこ?(間違ってもオーパーツ、とか言わないでね)

■ 2006年12月25日(月)  おめめきらーん!(オーパーツに反応?)
122506.jpg 242×323 35KRieu「水晶ドクロとか恐竜土偶とか石球とか、くれ」←やけに大人口調。
私「え?それはちょっと無理・・・」
Rieu「子供のためにやったら何でもできるんちゃうんかー!」
私「だって、高いし・・・呪いとかかかったらどーすんの?」
Rieu「ちっ。じゃあ、バミューダとかムー大陸とか、つれていけ」
私「ムー大陸博物館なら・・・」
Rieu「ふざけるなっ!」

がばっ!
・・・はぁはぁはぁ。
ゆ、ゆめか。

でも、shotsさんの息子やからなぁ、言い出しかねん・・・

■ 2006年12月26日(火)  決まらなーい
shots「makirin、アメリカで行きたいとこってどこ?」
私「えー?ナイアガラ?」
shots「・・・。寒いよ。冬はダメだって。凍ってるって」
私「凍ってはないやろー?滝全部は凍らんやろー?」
shots「でも、Rieuがさ耐えられるかな」
私「まぁ、な・・・『びびでばびでぶ』どころではないやろな」
shots「あとは?」
私「グランドキャニオンとかヨセミテとか、世界遺産系?ま、自然系やな」
shots「やっぱりなぁ、俺もそうだもんなぁ」
私「別に都会に行きたいとか思わへんし。にゅうよおくがすき!とか、かりふぉおにあいきたい!とか全く思えへん」
shots「ふーむ」
私「美術館とか博物館とかは行きたいけど、Rieu連れてゆっくりは見られへんしな」(行けたんなら、ボストンで行っとるっちゅーねん)
shots「そうなのよね」

ドコを経由して日本へ帰るか?
そろそろ考えな、いや、決めなあかん!つう状態になるまで動かない2人。やっとこさ考え始めたようだ。

私「つーかshotsさんの行きたいとこ、どこなんよ?」
shots「エリア51」
私「ほなそこ行けばええやん」
shots「無理だよ。調べたんだけどね、ツアーが今ないのよ。前まではやってたのに」
私「なんの?」
shots「エリア51に行けるツアーがあったの」
私「は?・・・そんなもんあるんや?」
shots「あったの。でも、今やってないの。自分でレンタカー借りて行くって手はあるにはあるんだけど、半日くらいかかるんじゃないかな」
私「行ったらええやん」
shots「砂漠だよ?車パンクでもしたら大変だし。トイレとか休憩するとここもないだろうし」
私「ふーむ」
shots「だから、無理なのよ」
私「でも、行きたいんやろ?」
shots「行きたいよー」
私「そやったら、行けばええやん」
shots「だから、Rieu連れては無理だってば!」

ふーむ・・・

shots「どうしようか?」
私「どうすんの?」
shots「決めといて」
私「おいおい」
shots「じゃ、考えといて」
私「ええええええー。shotsさん候補挙げてえや。そっから決めるから」

と、他人任せにしてしまった私。だってー、大体、どの都市に何があるか?すら知らんもん。何回もアメリカに来てるshotsさんの方が物知りさんやし。

別の日。

私「決まったー?」
shots「何が?」
私「どこ寄って帰るか」
shots「んー・・・ヒューストン」
私「・・・何すんのん?うちの妹、彼氏と一緒に日本に帰っとるで。あそこ、何もないし・・・」
shots「そうなのよね。じゃ、シアトル」
私「何があるん?」
shots「イチローがいる」
私「いらん」
shots「じゃあ・・・」

アトランタ、シカゴ、ワシントン、サンフランシスコなどなど。しかし、全部、私にはイマイチ。(同様にshotsさんにとってもイマイチらしかった)

shots「じゃあ、ハワイ」
私「日本人多そうやな・・・でも火山行きたいなぁ。溶岩どくどくしてんのん見たいわぁ」
shots「だから、それはRieuがいるから無理だって」
私「んー。じゃあ何すんの?」
shots「マリンスポーツとか?」
私「あ、shotsさん潜ってくればええやん」
shots「もう忘れてるよー」
私「フロリダでもスキューバ行かんかったしなぁ。もったいない」
shots「もう何年もやってないから怖いもん、、、ってそんなのはいいからっ」
私「で?」
shots「ハワイか、オーストラリアか、あとはオーロラを見に・・・」
私「オーロラ?」

突然なんでオーロラが出てきたのかナゾでしたが、ちょっと行きたい行きたい。昔、In-chanと一緒に行こう!と言っていたまま、放ったらかしになってたもん。

私「・・・でも、あれって、見れるかどうかわからんねんやろ?」
shots「そうなのよねー。あと、かなり寒いからRieuがねー」
私「それやったらナイアガラの方がマシやがな(笑)」
shots「まあね、そうなんだけどね。防寒具貸してくれるって書いてあったし」
私「その下に着るもんは持っとかんといかんと思うで?」
shots「ま、それはドコに行くにしろ、買わないといけないからいいんだけど。そゆことだから、考えといて」
私「はーい」

結局、決まらへんまま何日も過ぎました。

■ 2006年12月27日(水)  年とったなーと思うこの頃
私は昔から、いろんなことを想像して時間をつぶすのが好きなネクラな人間でした。

ろくに漢字も書けないくらいちっさい頃から
「ゆうかいされて、で、まっくろなとこにしばられてとじこめられて、しばらくしたら、たすけがきて」
とか、想像して心地よい時間を過ごしてましたし、もうちょっと大きくなってからは
「実は、私はなんとか組の姉御で、その事実を知らされずに育ってんけど、ある日それが明らかになって」
とか、ちょっと知的(どこが?)な想像に浸ってたりしてました。

それが今じゃ・・・
暮らして行くのに精一杯で、想像する時間もない。いや、気力がないと言った方が正しいかもしれません。例えば、ドコドコに行ってナニナニを食べている自分(やっぱり、食い気)、という超現実的な想像すらできなくなってしまいました。まぁ、もともと物欲がないので、そういう想像はしない方なんですがね。でも、その他の(昔やってような?)想像も全くしなくなったから、、、年をとるというのはこういうことなのでしょうか?

だから『地球の歩き方アメリカ』をどんなけじっくり読んだところで、ココロにぴーんと入ってこないのです。どこかに行って何かをしている自分が想像できない。何かをしたいとも思わない。何かを食べたいとも思わなかったので、結構ココロもカラダも病んでいたのでしょう。

これはどうにかせねばなりません。このままじゃあイケナイ!

ということで、太宰治を読み始めました。
今までも何度も何度も読んだ本を。再び。←わざわざ日本から持ってきた。

え?
なんで?って???
あんたのやってることわからへんって?????

・・・。

えー?
わかるヒトっておらんかな・・・(しくしく)?

■ 2006年12月28日(木)  くらーいヒトが好き
shots「何読んでんの?」
私「太宰」
shots「またそんな暗い・・・」
私「そんなに本好きやのに、なんで文学読めへんわけー?面白いのに」
shots「何が面白いかわからないよ。『檸檬』だっけかな、感想文書けって宿題が出たけど、ぼろくそに書いたもん」
私「梶井基次郎なんつうマイナーなん(梶井を愛する方、すいません)を読むからやん。太宰を読んでみ?面白いから」
shots「ええええええー」←イヤそう。
私「読んでみって、ば」

と、私の愛書を渡してみる。

shots「・・・(ぱらー)」
私「(じぃー)」
shots「な、なんじゃこの文章はっ!(ぱたん)」
私「おいおい、そんな一瞬で閉じなやー」
shots「一気に読む気なくなった・・・なにこれ?『死のうと思っていた』って」
私「(爆笑)」

渡した本が悪かった???(笑)

shots「『死のうと思っていた。今年の正月、よそから着物一反もらった。お年玉としてである。着物の布地は麻であった。鼠色の細かい縞目が織り込まれていた。これは夏に着る着物であろう。夏まで生きていようと思った。』何コレ?何が言いたいの?」
私「(笑)じゃ、別のん別のん」
shots「もうやだよー。他のも一緒じゃん。暗いし。何がいいわけ?」
私「暗いのがええねんやん。こう、うじうじしてて、遺書書いて心中なんかしまくったりしてるところがええねんやん。あのくらーいのが好きやねんやんか、わからんかなぁ?」
shots「わかりませんっ!」
私「じゃ、他の走れメロメロスとか読めば?」
shots「あれは知ってる」
私「あれは暗ないやろ?」
shots「・・・どうかなぁ」
私「明るいネクラなんはいっぱいあるでー。死のうと思っていた、みたいなんじゃなくて」
shots「い、ら、な、い」

太宰がいいよねー!とか、芥川かっこいー!とか、漱石が、谷崎が、とこんな想いをわかってくれるのはFumifumiだけなんだろうか?30年生きてきて、たった1人にしか出会えてないねんから・・・Fumifumiの存在は、とても貴重である。

Fumifumiぃー!育児に追われて、読書する時間が減っているかもしれませんが、読んでますかー?また、文学話で盛り上がりましょうぞー。

■ 2006年12月29日(金)  決定!
あれ?エリア51って・・・

私「shotsさんshotsさん」
shots「何?」
私「ラスベガスにしょー」
shots「え?なんで?」
私「ラスベガスって、ネバダ州やんか。エリア51ってネバダ州やろ?」
shots「でも、遠いよ?」
私「でも、同じ州やからさー。UFO見れる可能性も高いんちゃう?」
shots「えー(笑)。それはどうかな?」
私「頑張ったらエリア51の近くまで行けるんやろ?」
shots「無理無理。でも、ナゾの郵便ポストまでは行ってみたいのよね。空軍基地の近くまでじゃなくていいから」
私「まぁ、射殺されたら困るからな。で、そのポストって何?」
shots「何もない誰もいないとこにポストがたってるの」
私「ふーん」←興味なさそうな返事。(たってるから何?と思ってしまふ)

私「まぁ、じゃあ、行けたら行くってことで。ラスベガスから行こうと思えば行けんねんやろ?」
shots「頑張ったらね」
私「ほなそれでいこー!」

ということで決定しました。幾日も悩んでいたのがウソのよう。
ネバダ州。何があるのか?ラスベガスは興味ないので、その他に何があるのか?エリア51も行けたらええなぁ。行かれへんかっても、UFO見れたらええかなぁ?あ、でも、連れ去られて何か埋め込まれたらどうしようかな?

エリア51ツアー、見つけました。今はやってませんが。(http://www.nevakan.com/tour/tour08.html

■ 2006年12月30日(土)  コレが食べたいナリ!
123006.JPG 320×232 73K私「エイリアンバーガー食べたい・・・」
shots「また、変なものを・・・」

何を言うっ!ナゾの郵便ポストに行きたいつー変わり者男が、そんなセリフを吐けるのかね???

エイリアンバーガーって、どんなんかしら?
何がエイリアンなのかしら?

真っ先に思ったのが、バーガーがエイリアンの形してるんちゃうかしら?ってこと。しかし、ネットで見つけちゃった画像(左図)を見る限りでは、んなことないし。

じゃ、エイリアン肉使用?いやいや、それはまずそうだ・・・
じゃ、エイリアンによって殺されたウシの肉使用?一番これがあり得るような気がする。

エイリアンバーガーのあるレストランは、郵便ポストの手前にあるはずなので、そこで休憩して・・・と勝手に予定。(でも、エイリアンバーガーが絵的においしくなさそうなので、どうでもいい感浮上)

shots「エイリアンマグカップ欲しーい!」
私「・・・」

■ 2006年12月31日(日)  2006年最後の日
123106.jpg 300×253 62K
2006年、今年もお世話になりました。
おかげさまで、Rieuも元気に育っております。
新しい年、2007年もよろしくお願いいたします。(と、アメリカで年越しをしている頃には、日本は新年になっているのだが)

てんとうむしの被り物をむりっやり装着させられて親に対する不信感を募らせつつあるRieuの写真で締めくくりたいと思います。(もっとカワイイ写真はなかったんかい?)

私「やっぱ変」
shots「そこがいいんじゃーん」

過去ログ  2005年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2006年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2007年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2008年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2009年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2010年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2011年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2012年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2013年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2014年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2015年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2016年 01月  02月  03月  04月  05月  06月  07月  08月  09月  10月  11月  12月  
2017年 01月  02月  03月  04月  

本館に戻る


---